ウッディパル余呉。 ウッディパル余呉 【滋賀県湖北・長浜市余呉町/森のコテージ、キャンプ場とバーベキュー/スキー/アスレチックなどのレジャー施設です】

ウッディパル余呉! │ とりごなるキャンプな気持ち

ウッディパル余呉

に行ってきました。 今回は、GWだったのもあり、少し渋滞しました。 GWでしたが、すっかり油断していまして家を出てから、「あ、混んでる」と気づきました^^; チェックイン時間の、1時到着のつもりでしたが、少し遅れて2時くらいには到着。 ここに行ったのは今回、はじめてです。 ウッディパル余呉のキャンプサイトとしては、 樹間サイト、オートサイト、フリーサイト(ゲレンデの坂の部分)とあります。 今回は樹間サイトです。 樹間サイトは、坂道の横に段々になっているサイトです。 写真は坂の上から見下ろしたもの。 道の左側に駐車場があって、右側がサイトです。 道を挟んで車を停めて、そこから荷物を運ぶ形です。 坂を下っていくと、オートサイトがあり、 受付があり、入り口があります。 早速設営。 こんなかんじで、テントとタープを張りました。 (いろいろなものが移りこんでいますが・・・) 逆から見た図 ここはがあるので、設営後、早速いってきました。 翌日も行きましたので、そちらで説明します。 晩ご飯はBBQ&燻製 燻製はくんたま、生ウインナー、鮭。 BBQはウインナー、たれにく、豚肉など。 ご飯後、焚き火。 アンド、焚き火で焼きマシュマロ。 薪は350円/束で購入しました。 もう一歩乾燥していない気がしたので、乾かしつつ焚き火的な。 その後、焚き火でお湯をわかして湯たんぽに。 屋外の夜10時の気温は4度でした。 テント内は7度ぐらいでした。 うちは、このぐらいの季節でも電源サイトで、ホットカーペットを使うことが多かったのですが、 この日は電源なしでした。 うちの家族に聞くと、結構寒かったみたいです。 もうちょっと何か考えたほうがいいなぁ、と思っているところです。 つづきます。 Advertisement 関連する記事• 2013. 16 ウッディパル余呉についてまとめま~す。 琵琶湖北端付近の、木之本町で[…]• 2013. 11 ウッディパル余呉二日目です。 一日目はこちら。 朝起きても、そこそこの寒さでした。 サイトが山に面していて、その向きの関係で朝はサイトの大部分が日陰で[…]• 2013. 14 さてウッディパル3日目。 1日目はこちら。 2日目はこちら。 2日目の最後に書きましたが、3日目おきると10度ぐらいで、 前日よりも暖かく過ごせたよう[…] コメント (10件)• 過去記事 過去記事 カテゴリー• 299• 123• 110• 180•

次の

ウッディパル余呉を10回以上利用した我が家がブログで徹底検証。 : Kutikomi

ウッディパル余呉

私が書きました! フリーライターしま子キャンプとお酒と離島旅を愛する兵庫県民。 お酒にあう料理・景色・シチュエーションを日々探求している。 主なフィールドは関西一円と瀬戸内海沿岸エリア。 エンタメ系雑誌の編集部勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。 滋賀の魅力は湖畔だけにあらずアウトドアに限らず、滋賀県といえば琵琶湖! というイメージを持っている方は多いと思います。 実際、琵琶湖はとても素敵な場所で、ほとりには魅力的なキャンプ場が数多く存在しています。 しかし! 滋賀は高原や林間にも素晴らしいキャンプ場がたくさんあるんです。 そこで今回は、滋賀の山中にあるおすすめキャンプ場「ウッディパル余呉」をご紹介していきたいと思います。 ウッディパル余呉があるのは、滋賀県の北部に位置する「奥びわこ」と呼ばれるエリアです。 その中でも余呉地区は、もともと面積の9割近くが森林という大自然が魅力の地域。 そんな自然を活用したレクリエーション施設として誕生したのが、ウッディパル余呉です。 およそ7万平方メートルにもおよぶ広大な敷地には、キャンプ場や宿泊施設をはじめ、テニスコート、パターゴルフ場、グランドゴルフ場など様々な施設が揃っています。 ウッディパル余呉でキャンプをする場合、「コテージ」「オートサイト」「フリーサイト」「樹間区画サイト」から選ぶことができます。 コテージには6名用と12名用がありますが、0歳から1名に数えられるので注意してくださいね。 12名用のコテージは中央に広いリビングスペースがあり、就寝スペースも別でしっかり確保されています。 このコテージの場合はロフトが2か所と、1階に畳敷きになったスペースが1か所ありました。 コテージ近くで見つけたお花たち 子ども連れの方にぜひおすすめしたいのが、「賤ヶ岳バトルアスレチック」。 豊臣秀吉と柴田勝家が覇権を争った「賤ヶ岳の戦い」をモチーフにしており、全部を制覇すると2時間はかかるという、広大なアスレチック施設です。 ちなみに「賤ヶ岳の戦い」は別名「余呉の庄の戦い」といわれており、この余呉地区が舞台。 兜をモチーフにしたゲートなどもあるので、戦国ファンにとっても心躍る場所かもしれません。 アスレチックエリアにはトイレはありますが、自動販売機や売店がありません。 遊ぶ際には必ず飲み物を持参するようにしてくださいね。 大人も子どもも楽しめるアウトドアテーマパーク広大な敷地にバラエティ豊かな施設が揃い、大人から子どもまで楽しめるウッディパル余呉。 野営のような環境を楽しむキャンプ場とは少し違いますが、家族連れやグループキャンプ、またはテニスなどのレクリエーションも交えてキャンプを楽しみたい方には最適な場所ではないでしょうか。 自然を活かしたスワッグ作りなどのワークショップも行われているので、興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。 施設概要住所:滋賀県長浜市余呉町中之郷260電話:0749-86-4145HP: woodypal.

次の

ウッディパル余呉(滋賀) ホテル・旅館をお得に予約 【楽天トラベル】

ウッディパル余呉

出典: 滋賀県長浜市にあるウッディパル余呉は、宿泊施設だけでもコテージやオートサイト、フリーサイトなど多種多様な施設から選ぶことができます。 冬期は赤子山スキー場スノーパルとして営業しており、フリーサイトはスキー場としてスキー客に親しまれています。 宿泊するだけでなく、家族みんなで楽しめる設備も充実。 グランドゴルフやアスレチック、小さい子も安心して遊べる子どもミュージアムのほか、木工体験などさまざまな楽しみ方ができます。 アウトドアには欠かせないバーベキュー施設のほかにレストランもあるので、それぞれのニーズに合った楽しみ方ができます。 」から車で15分 公式はこちら: アウトドア初心者も上級者も満足できるキャンプ場 キャンプ場には予約なしで利用できるサイトも 出典: アウトドアブームの到来で、キャンプシーズン中はどこも予約でいっぱいですね。 ウッディパルのキャンプ施設のフリーサイトは予約不要で利用できるんです。 急に休みがとれた時など、突然キャンプがしたくなった人には嬉しいスポットです。 利用料金も1名500円とお手ごろなのがありがたいですね。 ただし冬場はゲレンデとして利用されている場所をフリースペースとしているため、車が40台ほど停められる程度のスペースがある平坦な場所以外はなだらかな傾斜地となっています。 混雑時は入場制限がありますので、あらかじめ予定が決まっている人は8区画あるオートキャンプサイトや11区画ある樹間サイトを予約するのがおすすめ。 オートキャンプサイトは開放感とプライベート性を両立した心地よいサイトです。 ペット同伴OKの樹間サイトはプライベート性が高いサイトで、まったり落ち着いたキャンプを楽しみたい人にぴったりです。 コテージは冬場も営業しているのでスキーを楽しむ人にもぴったり。 屋根付きのバーベキュー炉が各コテージにありますので、バーベキューも手軽に楽しめます。 予約しておけば食材を用意してもらえるプランもありますので、手ぶらで訪れることができます。 予約が必要ですが朝食もレストランでとることが可能。 スキーのできる冬場は、コテージの中であったかい鍋も楽しめます。 大人数で利用したい時は、団体利用にぴったりの「森の宿」森林文化交流センターがあります。 グループそれぞれに合った宿泊方法を選択できるのも、ウッディパル余呉の良いところです。 ウッディパル余呉には、子供も大人も一緒に楽しめる賤ヶ岳合戦を再現した巨大アスレチック施設「賤ヶ岳バトルアスレチック」があります。 賤ヶ岳合戦は、織田信長が亡くなった後の1583年の夏に起きた豊臣秀吉と柴田勝家との戦いです。 歴史好きにも、戦い好きの子供にも喜ばれるアスレチックの所要時間は全部回ればおよそ2時間ほど。 途中でアスレチック内の芝生部分でお弁当を食べて過ごすことも可能です。 しっかり体を動かして夜はテントやコテージでぐっすり眠れそう。 景品がもらえるイベントを開催していることもありますので、ホームページなどでぜひチェックしてみてください。 【基本情報】 営業時間:9:30~17:00 火曜日定休日 夏休み・祝日を除く 入場料:小学生以上一律490 円 幼児無料 但し、保護者1名に付き2名様まで 子連れアウトドアの味方!子どもミュージアム 出典: 突然の天気の崩れが起きても、アスレチックにはまだ早い小さな子がいても遊べる施設が子どもミュージアムです。 木の玉プールやピンボール遊びなど、ハンズ・オン 触って体験する のおもちゃがたくさん集められています。 月に一回は「ボラスタ」と呼ばれる遊びのスペシャリストのボランティアスタッフによるワークショップも開催されます。 アスレチックなどで思い切り体を動かした後は、子どもミュージアムで触れる遊びに熱中してみるのも良いですね。 ウッディパル余呉では木工体験などの体験メニューも用意されています。 木の枝やまつぼっくりなどを使った手軽なものから、バーベキューでも使用できそうなスプーンなどを作る本格的なものまでメニューはさまざま。 インテリアになるガラスプレートづくりもおすすめです。 子連れアウトドアのいざという時のために、あると嬉しい施設や体験メニューですね。 【基本情報】 営業時間:9:30~17:00 定休日:火曜日 夏休み・祝日除く 、年末年始 入場料:小人 340円、大人 490円 親子ペア 780円 大自然の中で楽しむテニスやパターゴルフ 出典: 大人の団体におすすめなのがグランドゴルフやパターゴルフ、テニスです。 山や森に囲まれながら汗を流すのは本当に気持ちが良いものです。 ラケットやクラブなどのレンタルもできるので、手ぶらで行っても楽しむことができます。 グランドゴルフは定期的に大会が開かれており、大会に参加するためのコテージ宿泊プランや団体向けの日帰りプランなども用意されています。 仲間同士で楽しむ休日レジャー施設として利用するのにぴったりですね。 スポーツだけでなく、そば打ち体験や里山アート体験など、室内で大人が満足できそうな体験メニューも用意されています。 キャンプなどで空いた時間に利用したり、スポーツやそばうち等の体験で訪れたり、それぞれ好みの楽しみ方ができそうです。 小さな子供からお年寄りまで、広い世代が利用できるメニューがそろいます。 たっぷり遊んだ後に家族やグループみんなで楽しく食事をとるのに嬉しい施設です。 余呉のお米や夏野菜など、余呉の食材や季節の旬の食材をふんだんに使った予約制のランチ。 月末の二日間だけ登場する、毎月変わるシェフ厳選のオリジナルカレー。 飽きさせない工夫がこらされたメニューがそろっているので、繰り返し訪れたくなりますね。 こちらのレストランでは宿泊者向けの朝食も提供しています。 余呉のおいしいお米を使用した食事を、和食と洋食から選ぶことが可能。 ゆったりとした朝の時間を過ごしたい人にぴったりですね。 【基本情報】 営業時間:11:00~14:00 定休日:火曜日 夏休み・祝日除く 料金:水源のめぐみランチ 1,200円 シェフオリジナルカレー 1,500円 アウトドアといえばバーベキュー!手軽なお弁当も 出典: ウッディパルでは手ぶらでできるバーベキューやお弁当の販売も行っています。 地元の食材をふんだんに使った素朴なお弁当「賤ヶ岳の合戦 七本槍弁当」は、自然の中で楽しく食べるのにぴったり。 雨の日も安心してできる屋根付き施設で味わえるバーベキューは、地元滋賀のブランド牛である近江牛を味わえるコースや子どもが喜ぶハンバーグやウインナーなどを盛り込んだコースなどから選ぶことができます。 お願いすれば火おこしをスタッフが手伝ってくれるので、初めてのバーベキューでも安心です。 好きな食材を持ち込めるバーベキューコンロだけのレンタルも行われています。 道具を持っていない人や、後片付けの手間を省きたい人にぴったりですね。 コテージに宿泊している人は、バーベキューだけでなくダッチオーブンが使えるコースや手軽に調理できるメニューも用意されています。 たくさんのプランの中から、自分たちにあった食事プランが組めるのがウッディパルの魅力の一つでもあります。 あたたかい季節はキャンプ、冬場はスキーと一年中レジャーが楽しめます。 グループや家族でのお出かけ先に悩んだら、琵琶湖ドライブとウッディパル余呉を候補に入れてみてはいかがでしょうか?.

次の