高橋尚子 名言。 高橋尚子

小出監督の名言は教え子に引継がれる|マラソン大会で高橋尚子さん、有森裕子さんに感謝の言葉をかけよう!

高橋尚子 名言

でも、本当にそうなのでしょうか? たしかに、トップアスリートの中には、うまれつき体格やセンスに恵まれていた人もいます。 しかし、大抵の場合は、何か特別なものを持って生まれた訳でも、特殊な練習をしている訳でもありません。 毎日努力し続けるという、「誰にでもできそうで、実はとてつもなく難しいこと」をやり遂げたから、その場所で笑うことができたのです。 世の中のほとんどの人間は凡人です。 わたしたちはその「誰にでもできそうで、実はとてつもなく難しいこと」を実行できなかったがために、アスリートを見て「天才だから」と、予防線を張って自分を守るのです。 しかし、違いなんてありません。 高橋尚子さんは素晴らしいランナーですが、だれもが高橋尚子さんのような方になれる素質はもっているのではないでしょうか。 そこで今回は、苦しい時、悩んでる時に励みになる名言を紹介します。 努力の大切さを教えてくれる名言 世の中のほとんどの人間は凡人。 だからこそ、努力を続けられるか否かが、成功するしないの差になるのですね。 わかっていることですが、それがなかなかできないのが人間。 高橋選手は「努力の天才」だったのかもしれません。 人以上やって人並み。 人の倍以上やってようやく。 アスリートはもともと天才なんだと思っていた自分が恥ずかしくなりました。 学生時代テニスをしていた私。 この言葉に励まされて毎日練習していました。 どれだけの練習をしたら高橋尚子さんのようなトップランナーになれるのでしょうか。 実際に大きなことを成し遂げた人の言葉はとても心に響きますよね。 "ちょっとだけ頑張る" ことを、毎日続けてみよう 頑張ることに疲れていませんか?そんな人は自分に負担をかけすぎです。 ちょっとだけでいいんです。 でも、毎日続けてみましょう。 すべての1日が精一杯頑張ったという1年にしたい これって素敵な言葉ですが、とてつもなく難しいことですよね。 でも、やっぱり当たり前のことを当たり前にできるから高橋尚子さんはトップアスリートになれたのでしょうね。 苦しい、何も見えない時に刺さる名言 何も咲かない寒い日は、下へ下へと根をのばせ。 やがて大きな花が咲く 誰にでも苦しい日はありますよね。 仕事でミスしたり、上司に叱られたり・・・どうしようもない日。 でもそんな日もいつか大きなことを成し遂げるために必要な土台なんです。 これは陸上部の監督がよく選手へ贈る言葉で、高橋尚子さんの座右の銘です。 つらくても折れない精神力の根源なのでしょう。 痛い目にあったとしても、失敗すらできない人生よりずっと楽しい 逆境を楽しむとはよく言った言葉ですよね。 楽しんだもの勝ちです。 高橋尚子さんは大学時代目立った選手ではありませんでした。 苦しい日もたくさんあったことでしょう。 そんななか金メダルをとった彼女はこうして自分を鼓舞していたに違いありません。 明日からまた頑張ろうと思える名言 最後に、毎日毎日頑張っている女性のみなさんに高橋尚子さんのこれらの名言を贈りたいと思います。 強く、世界で活躍している高橋尚子さんは女性の憧れですよね。 アテネオリンピックでは、1歩1歩確実に歩んでいく高橋尚子さんの姿からたくさんの感動をもらいました。 そんな彼女の言葉は女性のみなさんの支えになってくれることでしょう。 よかったことの現実も、悪いことの現実も、次へ向かう糧にしたい。 もう走れないほど練習しても、一晩寝ると不思議と走れてしまう。 負けるのが恥ずかしいとは思っていません。 長い階段を一気に上がろうとすると途中でへばってしまう。 でも一段ずつ確実に上がっていけば、時間はかかっても頂上まで上がることができる。 今あれこれ考えるより、そのちょっとの間に、腹筋とか何かをしたほうが良い。 アテネに向けて1日、1日を全力を尽くしたと言えるようにしたい。 まとめ 今回は、マラソン選手である高橋尚子さんの名言を紹介しました。 いかがでしょうか? へこんでも、へこたれずに進んでいく高橋尚子さんの前向きな姿勢がわかりますね。 もし何かでつまづき、自分には向いてない、才能がないと逃げそうになったときには、ぜひ高橋尚子選手の言葉を思い出し、基本に立ち返ってみてくださいね。

次の

小出義雄の名言

高橋尚子 名言

高校時代の恩師の言葉が女子マラソン金メダルの原点 日本女子陸上界初のオリンピック金メダルに導いた精神。 高校時代の陸上部の恩師、中澤正仁監督からの言葉を胸に高橋尚子は結果が出ないときも走り続けた。 「何も咲かない寒い日は下へ下へと根を伸ばせ。 シドニーオリンピック女子マラソンのレースで多くの人の記憶に刻まれているのは34km付近のシーンだろう。 シドニーまで応援に駆け付けた沿道の家族を確認すると高橋はサングラスをサッと放り投げた。 それが合図のようにここから一気にラストスパートをかけ、ルーマニアのリディア・シモンを振り切り笑顔でゴール。 2時間23分14秒のオリンピックレコードを叩き出し、 日本女子陸上界に史上初となるオリンピック金メダルをもたらした。 真夏のフルマラソンは最も過酷な競技ともいわれるが、高橋はレース前に「あとたった42. 195km」と言っている。 そしてレース後には 「短く、楽しい42. 195kmでした!」と愛嬌のある笑顔を爆発させた。 高橋の練習量はマラソン選手の中でも群を抜いていることで有名だ。 1本のマラソンを走る前に40kmを15本、30kmを35本程度走り、追い込み期は酸素の薄い3500mの高地で月間1200km以上走り込む。 オリンピックで金メダルを獲るという強い思いで、これだけの距離を走ってきたからこそ「たったの42. 195km」と言い切れたのだろう。 高橋はシドニーオリンピックの翌年にはベルリンマラソンで2時間19分46秒の世界記録を塗り替えた。 圧倒的な練習量から湧き起こる自信が大記録を生み出している。 28才でオリンピック金メダルを獲得し、世界のトップランナーにまでに成長したが、もちろん調子の良いときばかりではなかった。 岐阜商業高校時代まで遡ると、全国都道府県対抗女子駅伝の岐阜県代表に選ばれるのがやっとの選手で、全国大会の本番では9人に抜かれ、 区間順位は全国で下から3番目の45位だった。 そんな高橋の原動力になったのが、高校時代の陸上部監督、中澤正仁から送られた言葉だった。 「何も咲かない寒い日は下へ下への根を伸ばせ。 やがて大きな花が咲く」。 これは元三洋電機副社長、後藤清一氏の言葉で著書の『リーダーズノート』にも収められている名言だが、山梨学院大学の2期生として箱根駅伝を2度走った中澤自身も大学時代に上田誠仁監督からこの言葉を送られ、心の支えにしてきた。 長距離ランナーの苦しみや喜びを知っている者たちが駅伝のたすきのごとく、この名言を教え子たちに語り継いでいる。 高橋はテレビ番組やインタビューで座右の銘を聞かれると、必ずこの言葉を返している。 社会人になってからマラソンに転向し、3年間は芽が出なかったがこの言葉を胸に1歩1歩走り続けてきたのだった。 それでも心の炎は消えることなく、なおもアメリカで走り込んだが、練習中の転倒による怪我などから右足首を骨折してしまう。 ようやく足首が完治すると今度は肉離れをくり返し、関係者はレースを休むことを薦めたがそれでも高橋は走り続けた。 何も咲かない寒い日は下へ下へと根を伸ばし、大きな花を咲かせるために。 度重なる怪我で高橋尚子の時代は終わったともささやかれたが、強行出場した復帰戦の2005年東京国際女子マラソンでは、オリンピックのときのようなラストスパートをかけ、見事に復活優勝を成し遂げた。 高橋のマラソン人生を振り返ってみてもわかるように、 最初から花が咲くことも、花が絶えず咲き続けることも難しい。 陽の光を浴び、水を吸収ししっかり根を張り成長してこそ、大きな美しい花が咲くのだ。 マラソンや筋トレのように常に数字がつきまとうと結果が出ないと焦ったり、諦めたりしなくなりがちだが、 苦しいときに踏ん張るからこそ、根が伸びるのだ。 根を伸ばすことをやめなければ、やがて大きな花が咲くだろう。 文/山口愛愛.

次の

「何も咲かない寒い日は下へ下へと根を伸ばせ。やがて大きな花が咲く」高橋尚子【名言ニュートリション】

高橋尚子 名言

トレーニングを日常の一部にしてみよう 愛称「Qちゃん」、今なお人気を誇る元マラソン選手、高橋尚子の言葉である。 「朝、顔洗う、歯を磨く、腹筋する」(Tokyo FM「JOGLIS:ライズTOKYO presents 高橋尚子 Keep On Running」2016年7月30日放送回) 2000年のシドニー五輪では、オリンピック記録となるタイムで金メダルを獲得。 翌01年のベルリンマラソンでは、2時間19分46秒の世界記録で優勝。 樹立した五輪記録、世界記録、日本記録は、その後、複数の選手に塗り替えられたが、上記2つのレースを含む、出場6大会連覇を達成するなど、 一時代を築いたランナーである。 笑顔を絶やさぬ温厚な人柄もあり、今なおメディア露出は絶えず、根強い人気を誇っている。 長距離走の選手は、競技特性から体型は細いが、ウエイトトレーニングと自重トレーニングとを問わず、いわゆる「筋トレ」を行っている。 2017年8月現在で世界記録を保持するポーラ・ラドクリフや、リフティングまで行っていた野口みずきらは、 積極的にウエイトトレーニングを取り入れた代表格。 中には、2015年に、まだ2度目のマラソンで日本歴代8位(当時)を記録した前田彩里のように、「筋トレ嫌い」を公言する選手もいる。 だが、そんな前田も、その重要性を理解し、渋々ながらも筋トレに取り組んでいる。 だが、長距離選手の筋トレには、異論もある。 例えば、2015年から箱根駅伝3連覇を達成する 青山学院大学の原晋監督は、腹筋運動を否定する。 腹直筋の肥大は余分なエネルギー消費を招くため不要という持論から、選手たちに腹筋運動を行わせていない。 長距離ランナーの腹筋運動の是非を問うことは、本稿の目的ではない。 腹筋が割れていた高橋尚子にせよ、意図的に割らないようにする青山学院大学の駅伝チームにせよ、それぞれに結果を出している。 ここでは、方法論が違うと述べるに留める。 問われるのは、方法論よりも、トレーニングの習慣付けだ。 今回紹介する言葉は、高橋尚子が出演するFM番組において、リスナーからの質問に答えた際の発言である。 「ランニング以外に、筋トレもしたほうがいいですか?」との問いに、「絶対、したほうがいいです」、「筋トレが、物凄い相乗効果を生んでくれる」と回答。 ジムに行かずとも、ベッドの上での腹筋背筋などを、10回20回でもいいから実践することを勧めている。 「朝、顔洗う、歯を磨く、腹筋する。 なんか、そんなような感じで、身体の一部、生活の一部に、こう加えてしまうと、すごく楽にね、筋トレをすることができます」と。 ジムに行くのが億劫と感じるのなら、シャワーを浴びに行けば良い。 発想を変えて、そのついでにトレーニングをすれば良いのだ。 長距離のランニングを負担に感じるなら、短時間走ることから始めれば良い。 高重量の挙上が苦痛なら、低重量から始めれば良い。 そのうち走行距離は伸び、挙上重量も上がってくる。 習慣化されれば、トレーニングしないことで不快感が催されるようにすらなる。 まずは、「朝、顔洗う、歯を磨く、腹筋する」、そんな軽い乗りから始めよう。 文/木村卓二.

次の