シマンテック ブロード コム。 アクセンチュア、シマンテックのサイバーセキュリティサービス事業をブロードコムから買収完了

アクセンチュア、ブロードコムからシマンテックのサイバーセキュリティサービス事業を買収 :日本経済新聞

シマンテック ブロード コム

米アクセンチュア(Accenture)は2020年1月7日、米ブロードコム(Broadcom)からシマンテック(Symantec)のセキュリティサービス事業を買収することに同意したと発表した。 アクセンチュア・セキュリティが展開するマネージドセキュリティサービス(MSS)などを強化する狙い。 買収条件は非公開。 ブロードコムは昨年11月に、シマンテックのエンタープライズセキュリティ事業の買収を完了した。 買収額は現金107億ドルで、法人向けセキュリティ製品事業(エンドポイントセキュリティ、クラウドセキュリティ、DLPなど)とサービス事業(SOC、MSS、インシデント対応サービスなど)が含まれる。 現在のシマンテックは、ブロードコムのシマンテック・エンタープライズ事業部門(Symantec Enterprise division)としてビジネスを展開している。 今回は、このうちサービス事業をアクセンチュアが買収するもの。 アクセンチュアでは、この買収と統合、マネージドサービスの強化を通じて、顧客企業に対しエンドトゥエンドでのセキュリティサービスを提供できると述べている。 ピックアップ• 日本の縮図となる都市で、補助金200万円と手厚いサポート• レノボのクリエイター向けデスクトップPC、プロ漫画家の目にはどう映る?• 余ったらどうする?足りなくなったら追加できる?• AMDが映像プロダクション向けPCを展開• 優勝賞金100万円のeスポーツ大会出場選手の裏事情• 人気のデュアル水冷シリーズに第10世代Core最強モデルが登場!• HUAWEI P liteシリーズの最もお手頃なモデルを詳しく紹介!• リフレッシュレート240Hzの液晶ディスプレーも搭載• 開発環境プリインストール済み!! ボリュームゾーンに投入される有力SIMフリースマホ2機種を比較!• このアクセス速度を体験したらもう戻れない• ファーウェイのノートPC「HUAWEI MateBook」シリーズは3モデル!• または私はいかにして心配するのを止めてキーボードが打てるようになったか• フレーバーだけでなく、デバイスそのもののデザインや質感にも徹底的にこだわりぬいた• ノイズキャンセリングもコスパも強力!• これ1台でなんでもこなせるモバイルノート• ゲームも写真も動画も大容量化でストレージは危機的状況• Open NAT機能やゲーミングデバイス優先LANポートなどを搭載!• NVMe SSDでOSやアプリの起動も高速!• 第10世代Coreにタッチパネルも入って約1. 32kg! 1日使えて、価格もお手頃• 週アス読み放題で、独自コンテンツ盛りだくさん.

次の

アクセンチュア、シマンテックのサイバーセキュリティサービス事業をブロードコムから買収|アクセンチュア株式会社のプレスリリース

シマンテック ブロード コム

本ブログは、英語版ブログ「」の翻訳です。 先日しました。 この発表の中でBroadcomはいくつかの重要な変更について言及しており、それらはSymantecユーザーのメールセキュリティ環境に重大な影響を与える可能性があります:• 今後はエンドポイントセキュリティ、Webセキュリティ、DLPにフォーカスし、電子メールセキュリティやその他の製品への投資は行わない。 研究開発費(40%)および売上経費(82%)を削減し、全体で10億ドル以上の支出を削減する。 Global 2000の顧客ベースにのみフォーカスし、コマーシャルアカウントには注力しない。 Broadcomは過去にハイテク企業(最近ではBrocadeとCA Technologies)を買収した際にも、大幅にコストを削減して最大のクライアントにのみ集中する戦略をとっており、Symantecについても同じシナリオに従うことを認めています。 この戦略の元では、製品のサポートが終了してEOLを迎え、テクノロジーの研究開発やサポートへの投資が行われなくなり、多くの顧客が取り残される恐れがあります。 この買収は、 Symantec ユーザーのサイバーセキュリティ環境にどのような影響を与えるでしょうか? Symantecの電子メールゲートウェイは元々、フィッシング、なりすまし、マルウェア攻撃に対する有効性が他社と比べて劣っており、その状態が長年続いています。 Symantecはまた、URLサンドボックス、なりすまし攻撃に対する階層型防御、DMARCベースの電子メール認証、およびが最も危険な脅威を防ぐ為に必要としているその他の機能の実装でも、大幅に遅れていました。 そしてSymantecは脅威の可視化についても立ち後れており、どのユーザーや部門が攻撃者によって狙われているかについてのインサイトを十分に提供してくれないため、アダプティブな制御による保護が難しくなっています。 残念ながらBroadcomは今後の電子メールセキュリティへの投資を約束していないため、これらの課題は今後も解消されない恐れがあり、Symantecユーザーは引き続きリスクに晒され続けるかもしれません。 多くのセキュリティ運用チームはフィッシング攻撃への対応に多くの時間を費やしており(では45%)、電子メールゲートウェイのパフォーマンスが低い場合、セキュリティチームへの負担が過大なものになる可能性があります。 組織をより良く保護するために、今できることとは Symantecユーザーの皆様は、メールゲートウェイがどれくらい有効に動作しているかを、すぐにでも評価することをお薦めします。 Proofpointにご相談いただければ、24時間以内に最小限の構成で、無料で簡単で手間のかからない評価を支援させていただきます。 また、当社のソリューションを30日間無料でご利用頂き、お客様にProofpointのテクノロジーを実際に体験していただくことも可能です。 から無料トライアルにお申し込み頂けます。 セキュリティ環境の再構築をお考えであれば、是非Proofpointにご相談ください。 Symantecのメールゲートウェイのお客様のために、2015年にMcAfeeがメールセキュリティから撤退したときと同じ移行プログラムを提供致します。 Fortune 100、Fortune 500、Fortune 1000、およびGlobal 2000企業の第1位の選択であるProofpointのメールセキュリティプラットフォームへの移行を是非ご検討ください。 また、""と題したWebinarも公開しておりますので、併せてご検討ください。

次の

アクセンチュアがブロードコムからシマンテックの法人向けセキュリティ事業を買収

シマンテック ブロード コム

米アクセンチュア(Accenture)は2020年1月7日、米ブロードコム(Broadcom)からシマンテック(Symantec)のセキュリティサービス事業を買収することに同意したと発表した。 アクセンチュア・セキュリティが展開するマネージドセキュリティサービス(MSS)などを強化する狙い。 買収条件は非公開。 ブロードコムは昨年11月に、シマンテックのエンタープライズセキュリティ事業の買収を完了した。 買収額は現金107億ドルで、法人向けセキュリティ製品事業(エンドポイントセキュリティ、クラウドセキュリティ、DLPなど)とサービス事業(SOC、MSS、インシデント対応サービスなど)が含まれる。 現在のシマンテックは、ブロードコムのシマンテック・エンタープライズ事業部門(Symantec Enterprise division)としてビジネスを展開している。 今回は、このうちサービス事業をアクセンチュアが買収するもの。 アクセンチュアでは、この買収と統合、マネージドサービスの強化を通じて、顧客企業に対しエンドトゥエンドでのセキュリティサービスを提供できると述べている。 ピックアップ• 日本の縮図となる都市で、補助金200万円と手厚いサポート• レノボのクリエイター向けデスクトップPC、プロ漫画家の目にはどう映る?• 余ったらどうする?足りなくなったら追加できる?• AMDが映像プロダクション向けPCを展開• 優勝賞金100万円のeスポーツ大会出場選手の裏事情• 人気のデュアル水冷シリーズに第10世代Core最強モデルが登場!• HUAWEI P liteシリーズの最もお手頃なモデルを詳しく紹介!• リフレッシュレート240Hzの液晶ディスプレーも搭載• 開発環境プリインストール済み!! ボリュームゾーンに投入される有力SIMフリースマホ2機種を比較!• このアクセス速度を体験したらもう戻れない• ファーウェイのノートPC「HUAWEI MateBook」シリーズは3モデル!• または私はいかにして心配するのを止めてキーボードが打てるようになったか• フレーバーだけでなく、デバイスそのもののデザインや質感にも徹底的にこだわりぬいた• ノイズキャンセリングもコスパも強力!• これ1台でなんでもこなせるモバイルノート• ゲームも写真も動画も大容量化でストレージは危機的状況• Open NAT機能やゲーミングデバイス優先LANポートなどを搭載!• NVMe SSDでOSやアプリの起動も高速!• 第10世代Coreにタッチパネルも入って約1. 32kg! 1日使えて、価格もお手頃• 週アス読み放題で、独自コンテンツ盛りだくさん.

次の