上野 樹里 レミ 電話。 上野樹里が和田唱と結婚、家系図まとめ。子育ては和田明日香、料理は平野レミ

上野樹里が和田唱と結婚、家系図まとめ。子育ては和田明日香、料理は平野レミ

上野 樹里 レミ 電話

「私、全然、テレビ見ないから、樹里ちゃんのこと、知らなかったの。 第一印象は『顔が小っちゃい』。 それで腰の位置が高くてさぁ。 あ、でも、腰は低い人よ(笑)」 そう話すのは、4月からスタートしたNHK『ごごナマ』で、毎週火曜の料理コーナーを担当している料理愛好家・平野レミさん。 その周囲には、個性豊かな人があふれている。 夫は『週刊文春』の表紙でおなじみのイラストレーター・和田誠さん(81)。 次男・率さん(37)はクリエイティブ・ディレクター。 その妻は、モデルで食育インストラクターの明日香さん(30)だ。 昨年5月には、長男でロックバンド・TRICERATOPSのボーカル・和田唱さん(41)が、上田樹里さん(30)と結婚し、個性派家族に人気女優が加わった。 レミさんによれば、樹里さんは「すっごい真面目」な人。 「樹里ちゃんは、最初から料理ができた。 一人暮らしが長かったからじゃないかな。 長いこと女優をしてきてるから、すっごい真面目に健康管理をしてて、健康や食べ物のことをとっても大事にしてる。 立派よ、すごく」 姑と嫁2人の3人で、和田家のキッチンに立つことも少なくないという。 「これやっといてって言うと、樹里ちゃん、早いんだよね。 あのコ、私よりせっかちみたい。 私が作るのを手伝っていて、その材料が残ると、ちょちょっとディップなんかを作ってくれて。 おいしいの。 残りものと残りものを合体させて、作っちゃうの。 手際もいいし、何より機転が利く」 レミさんは樹里さんと、よく電話で長話をするそうだ。 「今日、何作るの?」とレミさんが聞くと、「レミさんの本の巻頭に出ている料理を作ろうと思います。 材料、全部、買ってきました」と、樹里さんもうれしいことを言ってくれる。 「うちの唱がねぇ、外でご飯食べるの、大嫌いなんだって。 家で食べたいって言うから、私と電話でしゃべっていても、樹里ちゃん、『そろそろ、唱さん帰ってきますから、電話切 りますよ』って。 そんでご飯、作るんだって」 樹里さんはレミさんが刷り込んでおいたおふくろの味を再現して、唱さんの胃袋をガッチリつかんでいるのだろう。 嫁姑の確執は、こと、和田家においては皆無のようだ。 「そもそもさ、私が嫁なんて思ってないの。 奇麗なお姉さんが近所に引っ越してきたって思ってるの。 確執ってのは、こっちが望むからじゃない?和田家に入ったら、こうしなさいとか、何もないからさ、うちは」 少し遠い目をしてレミさんはこう続ける。 「本当はね、女のコが欲しかったけどさ、でも、だから、こんな奇麗な女のコが2人もね、それぞれ向こうの親御さんが立派に育ててくれて、学費も食費もかからないで、そのままうちに来てくれたわけでしょ。 それは本当にありがたい。 2人のご実家に感謝よね」.

次の

笑って泣ける!上野樹里さん&平野レミさんの嫁姑ストーリー

上野 樹里 レミ 電話

(撮影:松田忠雄) 「ドラマ『のだめカンタービレ』は私の代表作であり、青春であり、成長させてもらった作品。 その枠に13年ぶりに帰ってきました」 そう語るのは、放送中の月9ドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系・毎週月曜21時~)で主人公・万木朝顔を演じている上野樹里(33)。 朝顔は、東日本大震災で行方不明となってしまった母親への思いを抱きながら、監察医として死因不明の遺体と向き合う。 「レミさんは、本当に面白い方。 今年の母の日、私が風邪をひいてしまい、会いに行けなかったので、さくらんぼを送ったら『ありがとう。 さくらんぼって樹里ちゃんみたい」と言ってました(笑)」 2人の会話のやり取りの仕方もとってもユニーク。 「お互い話好きなので、電話だとつい長くなっちゃうんです。 時間のないときはLINEのボイスメッセージで『これはこうよね?』『それはこうですね』なんてトランシーバーのように交信しています(笑)」 最近はSNSなどでプライベートも積極的に公開している。 「結婚前は冷蔵庫の中も水のペットボトルがたくさん並んでいるだけでしたが、今はねぎやごぼうがはみ出しそうになっていたりしてちょっぴり恥ずかしい(笑)。 でもそれが主婦としての充実感かな、と思って楽しんでアップしています」.

次の

上野樹里の子供は何人?作らない、子供が苦手の噂も?

上野 樹里 レミ 電話

平均視聴率12%超えで夏ドラマの中でも好評だった『監察医 朝顔』(フジ系)。 「最終回が気になって樹里ちゃんに聞きたいんだけど、電話に出てくれないの~。 姑が最終回の内容をバラしちゃうのを恐れてるのかしら(笑)」 そう楽しそうに話すのは、料理愛好家の 平野レミ。 彼女がどハマりしていたのは、上野樹里が主演を務め、最終回を迎えた月9ドラマ 『監察医 朝顔』(フジテレビ系)だ。 「嫁姑」よりは「友人同士」 「樹里ちゃんが出てるから、このドラマは欠かさず見てましたよ。 そしたら毎回、号泣しちゃって」(平野、以下同) 上野は平野の長男でミュージシャンの 和田唱と'16年にゴールイン。 結婚報告ではこんなやりとりが。 「樹里ちゃんは和田家の家族旅行にも参加してくれるし、全然芸能人っぽくないのよ。 あたしのスタッフが事務所に集まって花火を見たときも夫婦で来てくれた。 翌日に早朝の撮影が入っていたのに、夜遅くまで付き合ってくれたわ」 上野が『朝顔』撮影の合間にあったオフ期間には、毎日のように会っていた。 「ふたりきりでプールに行ったり、ご飯を食べたり。 検事役をやったわよ~(笑)」 大胆な行動は、平野も負けていない。 うれしくなっちゃって、樹里ちゃんにいきなり電話して徳光さんと話してもらったのよね~」.

次の