ブルフェン インフルエンザ。 インフルエンザが原因の頭痛にブルフェンは大丈夫?

インフルエンザQ&A|厚生労働省

ブルフェン インフルエンザ

インフルエンザで使う解熱剤のブルフェンの効果や効能 ブルフェンというお薬は、体内で痛みや炎症の原因となるプロスタグランジンの生成を抑えて、炎症を抑えたり、痛みなどの症状を抑える働きがあります。 また、鎮痛効果以外に、解熱効果もあるお薬として幅広く使用されています。 このブルフェンというお薬は、 非ステロイド抗炎症薬(NSAID)の仲間の薬です。 インフルエンザに対して、一部のNSAIDの薬は副作用の概念から使用は禁忌とされているものもあるのですが、このブルフェンは、NSAIDの仲間でありながら、ロキソニンように比較的安全なお薬とされています。 第一選択としては、カロナールなどのアセトアミノフェンが使用されることが多いのですが、症状的に、カロナールではなく、ブルフェンの方が効果的とされた場合に処方されます。 ただし、処方されるのは、15歳以上の大人のみで、小児は基本的にNSAIDの薬は禁忌であるため処方されることはありません。 インフルエンザで処方されるブルフェン以外の解熱剤や抗ウイルス薬 インフルエンザでは、高熱が出るため症状緩和のために、解熱剤が処方されることがあります。 インフルエンザのときの解熱剤の第一選択は、子供・大人とも カロナールや アンビバといった、アセトアミノフェンを主成分としたお薬です。 解熱鎮痛剤には、他にもNSAIDの薬がありますが、こちらの薬の一部には、インフルエンザ脳症などの重い副作用が出る可能性もあるので、自己判断で飲むのは止めましょう。 また、インフルエンザを発症して 48時間以内の場合には、抗インフルエンザ薬が有効となるため、そちらが処方されます。 抗インフルエンザ薬の種類は、タミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタの4種類が近年のインフルエンザで有効とされています。 インフルエンザは、急激に症状が出ます。 子供や高齢者など免疫や抵抗力の少ない人は、症状が悪化することもあるため、高熱が続くようなら病院へ行きましょう。 解熱剤ブルフェンがインフルエンザの症状に効果が薄い理由 ブルフェンやカロナールなど、解熱鎮痛剤を飲んだのに全く熱が下がらないという経験をする人もいます。 しかし、インフルエンザで解熱剤を飲む目的は、高熱などで睡眠が取れない、身体がだるくて仕方ないなど、高熱によって身体に起こるつらさや不快感を取るために内服をします。 また、ブルフェンなどの解熱剤は緩やかに薬が効き始めますし、インフルエンザの菌には効き目はないので、ウイルスが体内にある限りは、完全に解熱することはありません。 高熱を出すと言うことは、体内の免疫をあげて、ウイルスと戦う防衛反応の1つです。 熱が完全に上がりきっていない状態で解熱剤を使用すると、身体がウイルスとの戦っているところを中断させる形になってしまいウイルスが優勢になってしまいます。 例え、一時的に熱が下がっても、完全でなかったために再び熱が上がりだし、さらに身体の不調がつづくでしょう。 無理に熱を下げることはあまりよくありません。 インフルエンザの場合、発症後48時間以内であれば、抗インフルエンザ薬が有効です。 抗インフルエンザ薬は、ウイルスの増殖を抑えて高熱を出しにくくするので、身体がおかしいと思ったら早めに病院を受診しましょう。 解熱剤効果だけでなくブルフェンはインフルエンザの頭痛にも有効 ブルフェンは、インフルエンザで起こる頭痛にも効果を発揮します。 主成分は、イブプロフェンで、ご存じの方も多いと思いますが、市販されている頭痛薬や生理痛に効く鎮痛剤にも含まれているものなので、1度や2度使用したことがあるという人も多いのではないでしょうか。 頭痛は、プロスタグランジンという物質が生成されることが原因の1つにあげられています。 ブルフェンは、プロスタグランジンの生成を抑制させる効果があるため、インフルエンザで起こる頭痛も緩和することが可能でしょう。 効果が現れるまでの時間は、大体服用してから1〜2時間後で、持続効果は大体、3時間〜6時間程度と言われています。 インフルエンザで頭痛がおきたとき、他の薬として、カロナールも鎮痛剤としては効果がありますが、カロナールと比べるとややブルフェンの方が強い薬だと言えます。 症状や年齢、妊娠中などを考慮して、頭痛の場合にはどちらかの薬が処方されることが多いようです。 インフルエンザで解熱剤を使用しないために日々必要な対策 インフルエンザは、感染力が強いため、あっという間に広がりを見せます。 インフルエンザは、例年11月頃に少しずつ患者がみられ、12月から2月下旬ごろまでピークを迎えます。 完全に予防できる方法は今のところありませんが、発症のリスクを下げるための予防は必要です。 例えば予防法で大事なことをいくつかあげてみましょう。 手洗い・うがいをこまめにする• 人混みの多い場所には行かない• 外出時はマスクをする• バランスの良い食事をとる• 首や喉元を温める• インフルエンザの予防接種を行う など、一般的な風邪予防と同じような対策をしておくと、少しでもインフルエンザのリスクを減らすことができます。 インフルエンザを発症して高熱や倦怠感などが3〜4日続くのは、身体がつらいです。 また、周囲に二次感染を起こしてしまう可能性もあるので、流行する前にできることはしておきましょう。

次の

解熱剤あれこれ

ブルフェン インフルエンザ

作用 【働き】 炎症をしずめて、腫れや発赤、痛みなどの症状をおさえます。 熱を下げる作用もあります。 ただし、対症療法薬ですので、熱や痛みの原因そのものを治すことはできません。 【薬理】 炎症や発熱を引き起こすプロスタグランジン PG という物質の生合成を抑制します。 プロスタグランジン PG の合成酵素「シクロオキシゲナーゼ(COX)」を阻害することによります。 この薬の仲間は「非ステロイド抗炎症薬(NSAID)」と呼ばれ、いろいろな痛みに広く用いられています。 熱やノドの痛みをともなうカゼにも使います。• 化学構造的には、プロピオン酸系に分類されます。 解熱、鎮痛、消炎作用を均等にもち、比較的副作用の少ない系統です。 注意 【診察で】• 胃腸の悪い人、腎臓や肝臓の悪い人など持病のある人は医師に伝えておきましょう。 病気によっては症状を悪化させるおそれがあります。• 喘息やアレルギーのある人も医師に報告しておいてください。• 妊娠中の人は、医師にお伝えください。 【注意する人】 鎮痛薬や解熱薬で喘息を起こしたことのある人は飲んではいけません(アスピリン喘息の人)。 胃潰瘍など消化性潰瘍のある人も基本的には避けます(特別な胃薬と併用して用いることがあります)。 また、血小板減少などで出血が心配な場合も控えるようにします。 そのほか、肝臓病、腎臓病、心臓病、高血圧、喘息などの人も病状により使用できない場合があります。 副作用のでやすい高齢の人も慎重に用います。 適さないケース..アスピリン喘息、消化性潰瘍のある人、血小板減少症など重い血液の病気、重い肝臓病、重い腎臓病、重い心臓病(心不全)、重い高血圧症の人、妊娠後期の人など。• 注意が必要なケース..喘息、消化性潰瘍の既往歴のある人、血小板減少など血液に異常のある人、肝臓病、腎臓病、高血圧症、心臓病などのある人またはそれらの既往歴のある人、潰瘍性大腸炎やクローン病のある人、インフルエンザやデング熱などウイルス性感染症にかかっている人、妊娠中、高齢の人など。 【飲み合わせ・食べ合わせ】• 市販薬も含め、他の薬との飲み合わせに注意が必要です。 抗凝血薬のワルファリン、抗血小板薬のアスピリン(バイアスピリン、バファリン)やクロピドグレル(プラビックス)、気分安定薬のリチウム(リーマス)、リウマチの薬のメトトレキサート(リウマトレックス)、キノロン系抗菌薬、さらには血圧の薬や利尿薬、免疫抑制薬、血糖降下薬など多くの薬と相互作用を起こす可能性があります。 服用中の薬は忘れずに医師に報告しておきましょう。• 飲酒は控えめにしてください。 多量のアルコールは、胃や肝臓の副作用をでやすくします。 【使用にあたり】• 食後すぐに多めの水(コップ1杯)でお飲みください。 頓服の場合も、できるだけ食後にあわせて飲んだほうがよいでしょう。 もし、空腹時に飲む場合は、軽食をとるか牛乳で飲めば、胃の負担が軽くてすみます。• カゼでは頓服が原則です。 頓服の指示がある場合は、症状のひどいときだけ使用してください。 よくなってきたら、早めに中止したほがよいでしょう。• 肩こりや腰痛、外傷などで使用している場合、漫然と続けず、痛みの程度により、減量や中止を考慮する必要があります。 症状がよくなったら、継続の可否についても医師とよく相談してみてください。 リウマチなど慢性的な炎症疾患は別として、鎮痛薬の安易な長期服用は好ましくありません。• 関節リウマチでは、よい効果がでるまでに2〜4週間くらいかかることがあります。 指示された期間続けるようにしてください。 【妊娠授乳】 妊娠中はできるだけ控えます。 どうしても必要な場合は、必要最小限の範囲で用います。 妊娠後期は避けなければなりません。 【その他】• 胃の副作用を予防するのに、胃腸薬が処方されることがあります。• 他の人、とくに子供には代用しないでください。• カゼなど感染症による発熱やノドの腫れは、ばい菌を殺菌駆除するための自然な防御システムです。 これを薬で無理に抑えれば、かえって病気そのものの治りを遅らせてしまうことさえあります。 とくにインフルエンザなどウイルス性の病気では、むやみに熱を下げればよいというものではありません。 効能 【効能A】• 次の疾患並びに症状の消炎・鎮痛//関節リウマチ、関節痛及び関節炎、神経痛及び神経炎、背腰痛、頸腕症候群、子宮付属器炎、月経困難症、紅斑 結節性紅斑、多形滲出性紅斑、遠心性環状紅斑。• 手術並びに外傷後の消炎・鎮痛。 【効能B】• 次の疾患の解熱・鎮痛//急性上気道炎 急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む。 用法 【効能A】 イブプロフェンとして、通常、成人は1日量600mgを3回に分けて経口服用する。 小児は、5〜7歳:1日量200〜300mg、8〜10歳:1日量300〜400mg、11〜15歳:1日量400〜600mg、を3回に分けて経口服用する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 また、空腹時の服用は避けさせることが望ましい。 【効能B】 通常、成人はイブプロフェンとして1回量200mgを頓用する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 ただし、原則として1日2回までとし、1日最大600mgを限度とする。 また、空腹時の服用は避けさせることが望ましい。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 もっとも多い副作用は胃腸症状です。 重症化することはまれですが、胃潰瘍など消化性潰瘍にも念のため注意が必要です。 とくに高齢の人、あるいは服用が長期になるときは気をつけてください。 人によっては発疹ができたり、喘息発作を起こすおそれがあります。 アレルギー体質の人や、もともと喘息のある人は注意してください。 そのほか、腎臓や肝臓の働きが悪くなったり、血液に異常があらわれることがあります。 リウマチなどで長期に服用する場合は、定期的に肝機能や腎臓の検査、また胃の検診を受けるとよいでしょう。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• ショック、アナフィラキシー様症状..気持ちが悪い、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、ゼーゼー息苦しい、めまい、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。• 消化管潰瘍・胃腸出血..胃痛、腹痛、吐き気、嘔吐、吐血(コーヒー色のものを吐く)、下血(血液便、黒いタール状の便)。• 腎臓の重い症状..尿が少ない・出ない、尿の濁り・泡立ち、血尿、むくみ、だるい、吐き気、側腹部痛、腰痛、発熱、発疹。• 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。• 重い血液成分の異常..発熱、喉の痛み、口内炎、だるい、皮下出血(血豆・青あざ)や鼻血・歯肉出血など出血傾向。• 重い皮膚・粘膜障害..発疹、発赤、水ぶくれ、うみ、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内のただれ、のどの痛み、目の充血、発熱、全身けん怠感。• 喘息発作の誘発..咳き込む、ぜいぜい息をする、息をするときヒューヒュー音がする、息切れ、呼吸しにくい。 【その他】• 胃痛・腹痛、吐き気、吐く、食欲不振、口内炎。• 発疹、かゆみ、じんま疹。• むくみ、肝臓や腎臓の働きが落ちる。 いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の

解熱剤あれこれ

ブルフェン インフルエンザ

ブルフェンの種類と特徴|ブルフェン100とブルフェン200 ブルフェンはイブプロフェンという解熱鎮痛成分を含むNSAIDs(非ステロイド性解熱鎮痛剤)に分類される薬の一つです。 ブルフェンは適度な強さの解熱鎮痛効果と比較的副作用が少ない安全面をもち合わせるバランスの良い解熱鎮痛薬という特徴を持ちます。 また、成分のイブプロフェンはその安全面から市販薬でもよく使われる解熱鎮痛成分の一つとなっています。 ブルフェンの効果と時間|頭痛への効果は ブルフェンは 腰痛や 関節痛、月経困難症( 生理痛)などの痛みや、風邪(上気道炎)の 喉の痛みや 発熱に対して 効果がある解熱鎮痛薬です。 ブルフェンの効能効果の詳細は以下の通りです。 ブルフェンの作用はシクロオキシゲナーゼという酵素を阻害することで、痛みや熱の原因となるプロスタグランジという生理活性物質の合成を抑制し、解熱鎮痛効果を示します 1。 一般的な頭痛はこのプロスタグランジンが原因の一つであり、ブルフェンを使用することで他の痛みと同様、頭痛も軽減されることが想定されます。 実際にブルフェンの成分であるイブプロフェンが配合されている市販薬のイブなどはその効能効果に 頭痛の記載があります。 頓服(症状が出たときに使用)の場合、空けるべき時間の間隔についても明記されていないものの、一般的に鎮痛剤は最低4時間程度は空けるのが安全と考えられています 3。 なお、ブルフェンの成分であるイブプロフェンを含んだ市販薬も4時間程度の服用間隔をあけるよう注意喚起されています 4。 上記のような点から、 ブルフェンの使用する間隔は最低でも4時間は空けるようにしましょう。 また、ブルフェンは5歳以上の子供に対しても適切な用量が設定されており、5歳〜7歳では1日量として200〜300mg、8歳〜10歳では1日量として300〜400mg、11歳〜15歳では1日量として400〜600mgとされており、年齢によって使用する量が異なります。 原則として、1日2回までの使用となります。 ・下記疾患並びに症状の消炎・鎮痛 関節リウマチ、関節痛及び関節炎、神経痛及び神経炎、背腰痛、頸腕症候群、子宮付属器炎、月経困難症、紅斑 結節性紅斑、多形滲出性紅斑、遠心性環状紅斑 ・手術並びに外傷後の消炎・鎮痛 イブプロフェンとして、通常、成人は1日量600mgを3回に分けて経口投与する。 小児は、5~7歳 1日量 200~300mg 8~10歳 1日量 300~400mg 11~15歳 1日量 400~600mg を3回に分けて経口投与する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。 ・下記疾患の解熱・鎮痛 急性上気道炎 急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む 通常、成人にはイブプロフェンとして、1回量200mgを頓用する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 ただし、原則として1日2回までとし、1日最大600mgを限度とする。 また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。 ブルフェン錠100/ブルフェン錠200/ブルフェン顆粒20% 添付文書 ブルフェンの副作用|眠気の有無は? ブルフェンは比較的 副作用が少なく安全に使用できる薬です。 その他には発疹(0. 眠気の副作用に関しても報告がありますが、その頻度は0. ブルフェンの成分であるイブプロフェンはいわゆる眠くなる成分には分類されない成分であり、基本的には眠くなる心配はいらないと言えるでしょう。 1 ブルフェン錠100/ブルフェン錠200/ブルフェン顆粒20% 添付文書 5 ブルフェン錠100/ブルフェン錠200/ブルフェン顆粒20% インタビューフォーム ブルフェンとロキソニンとの違いや強さ、併用など ブルフェンの他に代表的な解熱鎮痛剤に ロキソニンが挙げられます。 ブルフェンとロキソニンとの違い、どちらかが強いかや、併用の可否などについても確認していきましょう。 ロキソニンはブルフェンと同じNSAIDsですが、一般的に ロキソニンの方が作用がより速く出るとされています。 また、効果の強さも一般的には ロキソニンの方が強いと考えられていますが、人によってはブルフェンの方が効果を実感できるというケースもあり、カロナールも含め、薬の効き目の強さは個人の差による所も大きいと考えられます。 なお、ブルフェンとロキソニンを併用することは基本的にありません。 作用機序が同じ薬であるため、併用しても相乗効果があることは考えにくく、どちらか一つの解熱鎮痛薬を使用するのが一般的であり、効果が実感できない場合は、中止した上で別の薬を使用するのが通常の使用方法となります。 医師からの特別な指示があるような場合を除き、自己判断でこれらを併用するのはやめましょう。 ブルフェンとカロナールとの違いや強さ、併用など 代表的な解熱鎮痛剤とカロナールも挙げられます。 ブルフェンとカロナールについても違いやどちらかが強いか、併用の可否などについても確認していきましょう。 カロナールはブルフェンと違い、NSAIDsに分類されない解熱鎮痛剤です。 その作用機序は脳に直接作用して熱を下げたり、痛みを和らげる作用があるとされていますが、詳細な部分は未だに不明確な部分もあります。 カロナールの特徴として胃荒れなどの胃部不快感をはじめとした副作用が少ないことがあげられる反面、 作用は一般的にブルフェンの方が強いと考えられています。 ブルフェンとカロナールを併用することも基本的にありません。 ブルフェンとカロナールとでは、作用機序が違うものの、やはりどちらか一つの解熱鎮痛薬を使用するのが一般的であり、効果が実感できない場合は、中止した上で別の薬を使用するのが通常の使用方法となります。 ロキソニンと同様、医師からの指示があるような場合を除き、自己判断でこれらを併用するのはやめましょう。 薬を使用する際には必ず薬の説明書や添付文書を確認し、医師や薬剤師から指示された用法・用量で使用してください。 また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。 今回紹介した内容はあくまで一例であり、必ずしも当てはまらないケースがあります。 予めご承知ください。

次の