まだまだ 類語。 【まだまだ】の例文や意味・使い方

論文の書き方◆避けたいことば

それは、あまりに、どんぶり勘定的である。 この場合は「力不足」を使うのが正しいです。 彼は まだまだだね。

論文の書き方◆避けたいことば

「お客」「お客さま」は、俗語であるが、本講での提出論文では、俗語と考えない約束とする。

Next

【まだまだ】の例文や意味・使い方

では、「微力ながら」という言い回しは、どのようなシチュエーションや場面で使われるものなのでしょうか?続いては、「微力ながら」という言い回しの使い方について、考察していきます。 また、協力したり手伝ったりしても、相手が思うような成果を出せないかもしれません。 ただ「役者不足」は造語なので、「役不足」を使うのが適切です。

「全然」の類語・意味や別の表現方法(言い換え・言い回し):類語・類義語(同義語)辞典

褪せる are a little defficult Kanji, that are not learned in compulsory education , so generally we use あせる. 「役不足」の意味と使い方 「役不足」は「 やくぶそく」と読みます。

Next

【まだまだ】の例文や意味・使い方

「力不足」の類語には、「未熟」「不適任」「不十分」「荷が重い」「力が足りない」「生煮え」「器でない」「実力不足」などがあります。

Next

誤用に注意!「力不足」と「役不足」の意味の違いと使い分け

客商売の者は、論文の上でも、「無論」「勿論」「当然」「言うまでもなく」「申すまでもなく」といった表現を避けられよ。 ビジネスシーンで「未熟」という意味で使う「力不足」の類語には「至らない」「不束者」「若輩者」などがあります。

Next

論文の書き方◆避けたいことば

」 A: I guessed the original sentence like this: I still have a dream, but the color of my dream has faded slightly. 「ちからふそく」「りきぶそく」「りょくぶそく」とは読まないので注意してください。 主に、相手のことを手伝ったり協力したりする際に、相手に大して自分が言うパターンが多いように思います。 「絶対に」という表現を避けられよ。

Next

「微力ながら」の意味と類語・使い方と例文

これを読んだ読者は、なぜ、「まだまだ」に、カギを付けられているのか、考え込むこととなる。

Next