アサヒ ビール ジョッキ。 アサヒビール「生ジョッキ缶」、6月15日に限定再発売

日本初の「生ジョッキ缶」が発売!空き缶は再利用できる?

つまり、自宅などにおいて、飲食店で飲む樽生ビールのような味わいを気軽に楽しみたいという高い潜在ニーズがあるということです。 生ジョッキ缶と通常版の比較。 が、泡があることによって口当たりが滑らかになり、普段の缶ビールとは違った印象を楽しめる。

Next

「生ジョッキ缶」6月15日に再発売 数量限定で アサヒビール発表

アサヒビールによると、発売日の朝に店頭に並べるため前日までに店舗に届ける仕組みだという。 同社の担当者に開発秘話を聞いたところ……。

Next

アサヒ、「生ジョッキ缶」を6月15日に再発売 数量限定:大ヒット商品

スーパードライを通じて飲む人をワクワクさせたい。 4月6日にコンビニ向けで先行販売していたが、販売数量が想定を大きく上回り、出荷を一時停止。 あれ?「生ジョッキ缶」が日本初じゃなかったの?と思われた方、実は「日本初」の定義が違うんです! 本記事でご紹介の「生ジョッキ缶」は、フルオープン型のフタをもち、 自然発砲する缶を用いた日本初の商品なんです。

Next

「生ジョッキ缶」出荷再開、スーパーで20日から販売 コンビニは今後

アサヒビールは8日、缶ビール「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」の出荷を一時停止すると発表した。

Next

「生ジョッキ缶」出荷再開、スーパーで20日から販売 コンビニは今後

どんな傾向があるのか。 このように同商品が品薄になったことで、動き出したのが転売ヤー。 缶のフタを開けると、泡が自然に発生するビールが登場する。

Next

アサヒビールの完璧な戦略!『生ジョッキ缶』転売問題に「対応がスーパードライ」

開発にはおよそ4年を要し「この時期の発売になったのはたまたま」(広報)だそうだ。 20日からは全国発売したが、1日で一時休売していた。

アサヒビール「生ジョッキ缶」、6月15日に限定再発売

この塗料が生む小さな凹凸によって、缶を開けた振動で泡が立つ仕組みです。