パソコン 腱鞘炎。 キーボードやマウスで腱鞘炎になる原因と手首が疲れない予防対策を解説|とにかく、すきなことだけ

肘の腱鞘炎はパソコンが原因?3つの対策で痛み改善!

パソコン 腱鞘炎

近年パソコンは仕事にはなくてはならない存在になっています。 しかしその一方で、パソコンによる体への不調が多くなってきました。 今回はその中でも、キーボードやマウスの操作による「パソコン腱鞘炎」についてお話します。 腱鞘炎とは? 腱鞘炎という名前は聞いたことがあるけれど、そもそも何なのかをあまり知らないという人が多いと思います。 そもそも腱鞘炎とは何なのでしょう? 「腱」とは骨と筋肉を繋げているヒモのようなものです。 そして 、「腱鞘」とは腱が骨などにぶつかってしまわないように保護するものです。 腱鞘の「鞘」は「さや」とも呼びます。 刀の鞘と同じように、筋肉を収めているのが腱鞘なのです。 では、イメージしてみて下さい。 「鞘の中で刀をガチャガチャと抜き差しし続けると刀はどうなりますか?」 刀も鞘もボロボロになってしまいますよね。 このように 「腱鞘炎」とは、腱を使い過ぎてしまうことで炎症が起こることを言うのです。 そして、パソコン腱鞘炎は長時間のキーボードやマウスの操作などによって腱が働きっぱなしになってしまうことで起こります。 パソコン腱鞘炎の症状とは? では、パソコンを使っている時にどのような症状が現れたらパソコン腱鞘炎の可能性があるのでしょうか? ・手首や親指の付け根に痛みがある ・手首からひじに不快感がある ・手や腕にしびれがある ・手首や親指の付け根が腫れて熱くなる ・手に力が入らない ・腕がだるい感じがする このような症状がある場合、パソコン腱鞘炎の可能性があります。 毎日の仕事で使うパソコン。 パソコン腱鞘炎は、ほおっておくとどんどんと悪化してしまいます。 そのため、気が付いたら早めに対策を取ることが大切なのです。 パソコン腱鞘炎の原因とは? 対策をするためにはまず、パソコン腱鞘炎の原因を知らなければなりませんね? パソコン腱鞘炎の原因は主に3つあります。 1、 手首や指の使い過ぎ 一つ目の原因は、手首や指の使い過ぎです。 キーボードやマウスなどを使っている時、腱や腱鞘は常に働いている状態になります。 これによって、腱や腱鞘に炎症が起こってしまう事で腱鞘炎になってしまうのです。 2、 キーボードやマウスを操作する時に力が入っている キーボードやマウスを使う時に必要以上に力が入っていると腱鞘炎になりやすくなってしまいます。 手首や指に無駄な力が加わり続けてしまう事で、筋肉が疲れて硬くなってしまい、炎症が起こりやすくなってしまうのです。 3、 パソコンを使う時の姿勢 パソコンを使う時の姿勢が悪いと腱鞘炎を引き起こしやすくなります。 姿勢が悪くなってしまうと肩周りの筋肉が上手く使えず、ひじから手首の部分だけを使ってパソコンを操作します。 そのため、ひじや手首に大きなストレスがかかってしまい、腱鞘炎になりやすくなるのです。 また、 長時間座っている姿勢が続くと下半身が全く使われず、血流が悪くなってしまいます。 特にふくらはぎは「 第二の心臓」ともよばれ、流れてきた血液を筋肉のポンプ作用を利用して重力に逆らって心臓に押し戻す役割があるのです。 そのため、筋肉が使われずに動かないと全身の血流が悪くなってしまうのです。 血流が悪くなってしまうと、全身に酸素や栄養が行かなくなってしまい、筋肉の柔軟性が失われ、腱鞘炎になりやすくなってしまうのです。 加えて、パソコンの操作は肩や首にも大きなストレスになります。 そのため、肩こりになる人も多くいます。 肩こりは肩周りの血流の悪さによって起こりますので、その血流の悪さは腕に大きな影響を与えます。 つまり、 肩こりと腱鞘炎はセットで起こるもの と考えても良いでしょう。 パソコン腱鞘炎の対策 1、 正しい姿勢を心がける パソコン腱鞘炎にならない為には「姿勢」はとても重要です。 パソコン操作の姿勢のポイント ・足の裏をしっかり床につける ・背筋を伸ばす ・ひじの角度は90度 ・手首が曲がらないようにする これらのことを心掛けて腕や手首への負担を減らしていきましょう。 しかし、長時間続けていると姿勢はどんどん崩れて行ってしまいます。 姿勢の崩れは、長年のあなたの癖。 筋肉や骨格などのバランスが崩れることによって起こってきます。 そのため、一人で改善するにはとてもむずかしいのです。 そういった時は 整体や接骨院など体のプロに頼ることをおすすめします。 筋肉をほぐし骨格の矯正を行い、血流の面から改善していくことで、姿勢だけでなく、腱鞘炎の起こりにくい身体づくりをしていくことが出来ます。 2、 こまめな休憩 腱鞘炎は手首の使い過ぎによって引き起こされます。 1時間に1回は休憩をはさんで手首を休ませてあげましょう。 また、長時間の座り姿勢は血流を悪くしてしまいます。 軽いストレッチやマッサージなどを行い、筋肉をほぐすように心掛けましょう。 3、 血流をあげる 日頃から血流を上げていくことで、筋肉に疲れが溜まりにくく腱鞘炎になりにくい環境を作っていきましょう。 血流をあげるにはお風呂が効果的です。 少し温めの38ど程のお湯に15分以上しっかりとつかりましょう。 この暑い時期、ついついシャワーで済ませてしまいがちですが、湯舟に浸かることで腕だけでなく全身の疲れを取ることが出来ます。 まとめ 現代病ともいわれるパソコン腱鞘炎。 しっかりと対策をして痛みのでにくい身体を作っていきましょう。 整体屋ぎんでは、血液循環・歪み改善整体という技法を使い、施術を行っていきます。 骨格の矯正だけでなく、体全体の血流から改善していく事で、根本の原因から改善していきます。 また、当店は一宮唯一の高濃度酸素オイルを使い、血液の循環に対してもアプローチしていきます。 酸素オイルはオイルの中に高濃度の酸素が含まれており、それを皮膚から体内へ直接取り込むことができるのです。 取り込まれた酸素によって筋肉に溜まった乳酸が分解され、筋肉が柔らかくなって血流が上がります。 もし、腱鞘炎 でお悩みの方は、当店にご相談ください。 そして共に学んでいきたい・魅力をつけたいという方を増やしていきたいと思っています。 共により魅力溢れる人間力を身に付けたいという方を是非ご紹介下さい 無料メルマガ登録は下記の URLから行えます。

次の

腱鞘炎?SEさん必見のパソコン時の手の痛みの防止策と対処法

パソコン 腱鞘炎

「激しい運動なんかした覚えは全くないのに、右肘が痛い… えっ、パソコンのし過ぎが原因なの!?」 毎日、パソコンばっかりしている私が、なんで肘が痛くなったのか、原因がわかった時は、かなりの衝撃でした… 実は今、デスクワークをしている方で、 肘の腱鞘炎に悩んでいる人は、とても多いんです! パソコンのし過ぎが原因なので、それを完全に断ち切ればすぐ治ります。 でも、痛みを我慢して、そのままパソコンを使い続けていると、ある日突然、 「ギャアアア!!」 と 悲鳴をあげたくなるほどの激痛がして、最悪、手術しないといけないかも… 「それは怖い!今すぐ病院に行かなくちゃ!」 と恐ろしくなってしまった方も、いるかもしれませんが、ちょっと待ってください! 軽症の場合は、 自分でできる範囲の、簡単な対策でも、症状を抑えることができます。 私も、それでなんとか良くなったので そこで、今回は、 パソコンのし過ぎによる、 肘の腱鞘炎の対策ついて、お話したいと思います。 「今、ちょっと肘が痛いな~」と感じている、パソコン漬けのあなた! 今すぐ、これから紹介する、 私がやっている3つの対策を、ぜひ試してみてくださいね。 腱鞘の「 鞘」は、「 さや」とも読み、 刀の鞘と同じようなものだと考えると、イメージしやすくなると思います。 腱を収める鞘、それが 腱鞘です。 刀を、鞘の中で、 ガチャガチャ抜き差しの繰り返しをしてたら、どうなるでしょうか? 私は侍ではないので、実験はできませんが、 刃も鞘もボロボロになるはずです。 腱鞘炎は、これと 同じような現象が、 体の中で行われている、と考えれば、腕を痛めつけてるのは、すぐわかりますよね? キーボードをカタカタ押したり、マウスを小刻みに動かしている時は、 常に腱も働きっぱなしの状態なんですね。 極論を言っちゃえば、やっぱり、安静にして、腕をダラーンと伸ばして、 何もしないのがいちばん良いんです。 じゃあ、具体的にどうすればいいのか、次は、その 対策について、詳しくお話していきますね。 私の中では、この サポーターを使う、というのが いちばん効果的だと思っています。 「痛くなったら、とりあえず、サポーターをつけましょうか!」 と言いたいくらいです。 ここで、 「数千円とかする、本格的なサポーターを買わないといけないの? これなら、病院で診てもらったほうが安上がりじゃ… 」 と不安になった方もいるかもしれませんが、 1000円以内で買える、安いサポーターで十分です。 私が使っているのも、Amazonで数百円で買ったヤツですから~ 笑 スポーツ選手が使うような、キツく締め付けるような高級なものは、まったく必要ありません! パソコン使用時に使うので、むしろ、そんなもの使ったら、 血止まって大変です 苦笑 1日中使うこと前提で、 締め付け感や圧迫感の少ないものを使いましょう。 安いサポーターなら、ほとんど大丈夫だと思います。 だから、 メーカーとかは気にせず、数百円のヤツを買っとけばOK! ちなみに、私は、 肘が痛い時にしかつけません。 痛みが取れたら、すぐに付けなくなります。 確かに、圧迫感が少なくても、多少は腕を圧迫してるのは、間違いないですからね… 常につけっぱなしはオススメしません。 肘に痛みを感じた時• パソコンを使っている間だけ この状態の時だけ、サポーターをつけるようにしています。 でも、 1日つけっぱなしにしてても、 痛くなったりすることはないので、そこまで神経質に考えなくても大丈夫です。 心配だったら、 痛くなくても、サポーターしながら、パソコンして下さい。 むしろその方が、肘には良いと思うので。 この辺の判断は、ご自身で決めてみてくださいね。 ストレッチ ストレッチは、 パソコン後の休憩中にやっています。 1時間に1回は休憩して、 その都度ストレッチをするのが理想です。 とは言っても、毎回やるのはめんどくさいという人もいるので、ストレッチの回数に関しては各自で好きなだけやってください。 ただし、休憩だけはしっかり取るようにしましょう。 前腕部のストレッチ 1. 腕を床と平行になるように前に伸ばす 2. 反対側の手で指を手前に反らす 上下に。 どちらも15秒~20秒くらいを目安に 3. 反対の腕も同様にストレッチ このストレッチをすることで、 手首から肘にかけての筋がほぐれます。 実際にやってみると、パソコンで曲げっぱなしだった腕には、とても効果的です。 姿勢 パソコン画面に 前のめりになった姿勢は、重心が前に来てしまうので、 腕に大きな負担をかけてしまいます。 文字などが見えにくくて、顔をモニターに近づけてしまうことは、ついやりがちですが、 なるべくしないように注意しましょう。 正しい姿勢に直すは、こちらの動画で紹介されている、 背もたれにタオルを置く方法が、かなりオススメです!.

次の

パソコン腱鞘炎の手首の痛み対策!予防ストレッチ方法や治し方を徹底解説!

パソコン 腱鞘炎

- もくじ -• この炎症が、腱鞘炎の正体です。 多くは関節まわりのこわばりや痛みをともないますが、腫れ、しびれなどの症状が現れることもあるようです。 スポーツをする人や楽器奏者、物書きなど手を酷使する職業の人に多いと言われていた腱鞘炎ですが、近年はスマホやパソコンが原因で発症する人も増えてきているようです。 特にマウス操作に使う指と、キーボードのシフトキーやリターンキー(エンターキー)を押す指に負担がかかりやすく、また長時間の作業を繰り返すことで、手首や前腕にまで痛みが広がるおそれもあります。 たとえば親指の付け根に痛みやしびれが生じた場合、コップをつかめなくなったり、りんごの皮むきができなくなったりする。 さらに症状が中指や薬指などに広がると、ズボンの上げ下げをするにも痛みやしびれが走り、トイレに行くたびに悲鳴をあげる……なんてことにもなりかねません。 そのままにしておくと、スマホやパソコン操作はもちろん、文字を書いたり箸を動かしたりといった日常的な動作にも支障をきたす可能性があるので、早めの対処が不可欠ですね。 とはいえ、仕事などでパソコン操作が必須の人に、「手を使わないように」というのは酷な話。 可能な限り手を休めつつ、以下の予防と対策を施してみてください。 【パソコン腱鞘炎の予防と対策】 ・その1:痛みが生じたら安静に! スマホやパソコンを極力使わない。 重いものを持たない。 料理もしない。 指に負担をかける動作をお休みする時間を作りましょう。 ・その2:初期症状にはアイシングが有効 痛みが生じて2、3日は、アイシングが有効です。 保冷剤を使う場合は、凍傷にならないよう、タオルなどに包んで行って。 ・その3:慢性的な痛みには保温が有効 痛みの発症から数日が経過したら、手や手首を温め血行を促進しましょう。 お灸や温湿布も効果的。 ・その4:テーピングやサポーターで固定 テーピングやサポーターで患部を固定すると、手を動かしやすくなります。 筋力の補強にもなるので、試してみてください。 ・その5:手指のストレッチをする 腱鞘炎の予防にも対策にもなるのがストレッチ。 作業中も、1時間に一度は手指や手首、前腕部を伸ばしてほぐす習慣を身につけて。 ・その6:パソコンアクセサリーを使う デスクトップの場合はリストレストやハンドレストを、ノートパソコンの場合は傾斜をつけるスタンドを採用することで、手指や手首にかかる負担を大幅に軽減することができます。 ・その7:整形外科を受診する! なかなか治らない場合は、専門医に相談が鉄則! 痛みや腫れ、しびれなどの症状には、「変形性指関節症」や「リウマチ」といった原因が隠れているおそれもあるので、まずは整形外科を受診してみて。 注射や塗り薬で楽になったというケースも多数! パソコン腱鞘炎の予防には、正しい姿勢も重要。 この機会に手や手首への負担軽減のため、現在のパソコン利用の環境を見直してみましょう。

次の