ころ な 名前 女の子。 女の子の名前で「ここな」!漢字と由来のセット80!

女の子の名前|古風、和風、日本的な名前と音のイメージ947選!

ころ な 名前 女の子

この記事の目次• 思いやり・愛らしさいっぱいの『ここな』27選 思いやりやまごころといった、根底からの愛情をイメージする名前をご紹介します。 愛情をイメージする名前 心愛・心々愛・来々愛・心優・心々七・心々絆・心結愛・光々愛・子々愛・好々愛・恋々愛・小恋七・小恋来・広々愛・広心愛 『心』と『愛』を組み合わせることで、真実の愛・無償の愛を感じます。 「愛情いっぱいに生まれてきたことに感謝する」 という由来や、 「愛情を持って育ってほしい」 という願いなど、愛情に溢れる名前になることでしょう。 幸せをイメージする名前 心和・心那・心々和・幸々和・倖和・幸来和・倖来那・幸々那・寿々和・寿々那・優心絆・心々絆 『那』には、広い心・ゆったりとした懐の大きさを示す意味があります。 『和』は平和を意味します。 「広い心でいつも落ち着いた子」 「本当の心の在り方を落ち着いて見つめることのできる子」 そんな穏かな女の子は、きっと心からの幸せを手に入れることができる気がします。 また、『和』は日本を表す漢字ですから、 「自国を愛する気持ちを大切に生きる女の子」に という願いを込めるのも良いですね。 [co-8] 雄大な自然から名づける『ここな』30選 自然のように大らかな心を持ち、すくすくと成長してくれる、そんなイメージを持つ名前をご紹介します。 樹木や草花をイメージする名前 木々愛・木々菜・心菜・心奈・胡々奈・心樹・木々樹・木々椛 『樹』や『木』は、大地にしっかりと根を張って育つことにちなみ、子供の力強い成長を願って名付ける漢字としておすすめです。 そこに、果実や植物を表す『奈』や『菜』を付けることで、女の子らしさ溢れる可愛い名前になりますね。 この漢字も、女の子らしく可愛いらしい印象を与えてくれます。 (他にも、花にちなんだ名前を、「」や「」で、詳しく紹介しています。 ) 自然界にある漢字を使う名前 湖々奈・湖々菜・瑚々奈・珊々菜・珊恋菜・小瑚奈・小湖名・小珊名・心梛・心凪・湖々凪・小々凪・小心凪 『凪』は、穏かな海を表す漢字です。 落ち着きや安らぎを与えるという意味から、 広い心の素敵な女の子をイメージさせてくれます。 (他にも、自然にちなんだ名前を、「」で、詳しく紹介しています。 ) 元気な夏をイメージする名前 広々夏・心夏・心々夏・木々夏・恋夏・恋々夏・来々夏・来夏・心来夏 夏が近づいて来ると、気持ちが大きく開放的になりますよね。 『夏』という漢字を使うことで、名前も活発で元気なイメージになります。 夏生まれの女の子には、夏を感じさせる元気な名前もおすすめです。 また、生まれ月に関わらず、 「夏のようにヤル気・活気に満ちた子に」 との願いを込めるのも良いでしょう。 (他にも、夏にちなんだ名前を、「」で、詳しく紹介しています。 ) 豊かな未来を創造する『ここな』23選 未来に向かって進む輝かしさを想像させてくれる名前をご紹介します。 成功をイメージする名前 心名・心々来・来々成・心成・光々成・光々名・光来名・晄々奈・晄心名・向成・向々名・向心奈・更心奈 『名』には、優れている・名声・評判という意味があります。 『晄』『晃』には、明らかではっきりしている、光が広がるという意味があります。 「成功する未来を胸に抱き、前を向いて歩む子に育ってほしい」そんな大きな願いを込めた名前はスケールが大きく、輝かしさを感じさせてくれます。 努力や勇気をイメージする名前 志成・志名・志心名・心直・心々直・志直・己々奈・己心名・己々菜・己々名 大きな志を持って努力を惜しまずに生きる子、輝ける未来に向かって努力する子に、という由来を持って名付けるのも素敵な名前ですね。 また、 「自分らしい未来、自分に真っすぐ生きる力」 という由来にすると、少し柔らかく、穏かなイメージをも感じさせてくれます。

次の

女の子で心(こころ)という名前はどう思いますか?

ころ な 名前 女の子

「役所に出生届を出したら受理されなかった」ということにならないよう、事前に名前に使える漢字か調べておきましょう。 辞書を引いて漢字の意味を調べることも大切です。 たとえば、「魅力」の「魅」の字は「もののけ、化け物」という意味があります。 将来子どもが漢字の意味を知ってショックを受けてしまうかもしれないので、悪い意味を持つ漢字は避けたほうが良いですね。 名前だけを見ると問題なくても、名字との相性が悪い場合もあります。 最近は当て字の名前が増えていますが、海(あくあ)や冠姫(てぃあら)など、あまりに奇抜な読みを当ててしまうと子どもが自己紹介のたびに苦労をする可能性が高くなります。 音にこだわりがあり、合う漢字がない場合は、ひらがなの名前にするのが無難でしょう。 名前の候補が複数ある場合は、姓名判断を参考に決めるのもおすすめです。 字画が悪くないかはスマホなどで簡単に調べられますよ。 女の子は結婚すると名字が変わる場合が多いので、地格と呼ばれる下の名前だけの画数の運勢を中心に見ると良いでしょう。

次の

綺麗で古風な女の子名前!和風でも今どきで可愛い名前84選 [赤ちゃんの命名・名づけ] All About

ころ な 名前 女の子

珍しい名前を名付けるメリット・デメリット 以前は「ひろこ」「みちこ」のように「子」がつく名前がスタンダードで、名前が被ることも多かったのですが、最近では 名前も多様化が進んでいます。 漢字を見ただけでは読めない名前や、驚くような名前も増えており、名付けをする人の想いやセンスがより求められる時代なのかもしれません。 それでは、周りとは違う珍しい名前にすることのメリットやデメリットについてみていきましょう。 メリット 珍しい名前のメリットには以下のものがあります。 すぐに覚えてもらえる• 他人とかぶらないので名前を呼ばれたらすぐにわかる• 初対面でも話のネタに困らない デメリット 珍しい名前のデメリットには以下のものがあります。 病院などで名前を呼ばれたり、書類に名前を書いたりするときに恥ずかしいことがある• いいことも悪いことも目立ってしまう• 口頭(電話など)で名前を伝える時に苦労する• 間違えて読まれてしまう 以上のメリット・デメリットを理解した上で、女の子の珍しい名前を具体的にご説明していきたいと思います。 文字数別!珍しい女の子の名前一覧 漢字の場合は一文字からだいたい三文字くらいまでが名前に適している文字数です。 一文字に強い願いを込めるのもいいですし、組み合わせることでさまざまな意味を持たせたり読み方も増やすこともできます。 それでは、文字数ごとの珍しい女の子の名前をみていきましょう。 漢字一文字 漢字一文字の名前は、 その漢字が持つ意味をそのままストレートに感じられる名前になるでしょう。 漢字の意味や音の響きだけでなく、苗字とのバランスなどにも注意する必要があります。 キリスト教をイメージする人もいます。 「ひめ」という響きも女の子らしくかわいいでしょう。 ことばを表す「言」と「風」が合わさった素敵な漢字です。 年号でも使われているので縁起がいいとも感じられます。 音楽が好きな女の子になってほしいという願いが感じられます。 左右対称でバランスがとれた形をしています。 計算に強い、国際的なといったイメージがあるでしょう。 その字の通り、「数が多い」とか「すべて」「あらゆる」というスケールの大きさをイメージする漢字です。 「はな」と読んでもいいですが、周りと被るのが嫌という人は「めい」と読むのもアリです。 読んだ時の音の響きも特徴的です。 漢字二文字 日本人の名前で多いのは漢字二文字の名前で、苗字とあわせてもバランスがとりやすいでしょう。 漢字の読み方や名前に込められる意味も多くなります。 響きもかわいらしく、覚えてもらいやすい名前でしょう。 笑顔が絶えない女の子になってくれそうですね。 名前としてもあまりない呼び名で珍しい名前と言えるでしょう。 音楽が好きな女の子になってほしいという願いが込められています。 「月の花」という神秘的なイメージもあります。 「ね」で終わる名前は珍しいので、そこも特徴的な名前です。 「あした」「希望」など前向きでポジティブな女の子になってほしいという願いが込められています。 漢字三文字 漢字三文字は名前に意味を込めやすかったり、当て字もしやすいので珍しい名前にしやすくなります。 人生で名前を書く回数はとんでもなく多いです。 文字数が多いと画数も多くなってしまうので、苗字とあわせてあまり多くなりすぎないよう注意が必要です。 女の子らしいかわいいい響きの読みでしょう。 「子どもは宝物だから」という理由でつけてもいいでしょう。 「子」がつきますが逆に新しさを感じます。 「翔ぶ(とぶ)」といった前向きなイメージがプラスされます。 名前の響きと使われている漢字から受けるイメージが印象的な名前です。 名前の響きや「麗」と言う漢字を使うことで女の子らしい印象を受けます。 「未来」が入っていて前向きなメッセージを持った名前です。 「古風・和風な」珍しい女の子の名前一覧 漢字がある美しい言葉の国である日本の名前を最大限に活かせる名前が「和風」を感じられる名前でしょう。 「古風・和風」を感じられる珍しい名前には以下のものがあります。 姉妹でつけても女の子らしくかわいい名前ですね。 そんな日本を感じられるので和風なイメージがする名前です。 日本語の美しさを表わす漢字です。 「美しい絹」というしなやかで美しい女の子の名前です。 「毬」に「小」を付けることでこじんまりとした女の子らしいかわいらしさを感じます。 「よしの」という名前の響きも和風で女の子らしい感じがします。 「花や植物に関連する」珍しい女の子の名前一覧 女の子には、 はなやかでかわいらしいイメージのある花にちなんだ名前が似合います。 花や植物に関連する珍しい女の子の名前には以下のものがあります。 読みの響きも「子」という漢字でも女の子らしさを感じられます。 難しいですが読むことができる人も多い漢字です。 華やかで純潔を象徴とし、美人を形容する花なので、女の子にぴったりな花です。 白く小さい花が女の子にぴったりです。 夜に白く香り豊かな花を咲かせます。 「中性的な」珍しい女の子の名前一覧 名前が多様化してきている最近では、 男の子でも女の子でもOKな中性的な名前が人気になってきています。 中性的な珍しい女の子の名前には以下のものがあります。 女の子らしくしたいなら「まり」と読ませることもできます。 「まり」だと女の子っぽいですが、「い」を付けることで中性的なイメージになります。 「かずき」と読ませても中性的なイメージになります。 「百獣の王」から、男の子にも多い名前ですが、女の子でも強い子に育ってほしいという願いでつける人もいます。 「季節に関する」珍しい女の子の名前一覧 日本は四季がはっきりしていて、 その四季折々の風景が目に浮かぶような素敵な漢字がたくさんあります。 これを名前に使わない手はありません。 それでは、春夏秋冬ごとにどのような漢字を使った名前があるのか見ていきましょう。 春を連想させる名前 春は「花」や「暖かさ」を連想させる漢字がよく使われます。 「耶」は疑問や反語を意味し、自分の意思をきちんと伝えられる人になって欲しいという願いが込められています。 その色合いを「碧」で表現し、生命力に満ちた春先の新緑をイメージした名前です。 特に日本人は桜への思い入れも強く、和の心もプラスされた女の子らしい名前です。 その晴れ渡った春の空を表現したその名のとおり爽やかな名前です。 「桃」一文字でなく、「芽生える」「恵む」といった意味がある「萌」をプラスすることでより春らしい女の子の名前になっています。 春の一時期だけ咲く桜の花と、「唯」の漢字で特別感やオンリーワンといった意味合いが込められている名前です。 その春の日の光と色鮮やかさを感じられる女の子の名前です。 その満開の桜を想像させる女の子の名前です。 2004年から人名に使うことができるようになった漢字です。 夏を連想させる名前 夏は「海」や「空」を連想させる漢字がよく使われます。 海のように大きな広い心を持った女の子になってほしいという願いも感じられます。 夏生まれで果物の名前を入れたいなら「杏」は女の子らしくおすすめの漢字です。 「羽」という漢字から、雄大で大きく羽ばたいていってほしいという願いが感じられます。 波が穏やかなさまを意味する「凪」ですが、「笑」を合わせることでより明るくはつらつとしたイメージになります。 「みそら」と読んでもいいでしょう。 「おりひめ」と読むとそのままなので、「しき」と読んで珍しさを出しています。 「沙」もサンズイなので三文字とも夏を感じさせる名前です。 太陽に向かって咲くひまわりは明るく元気な女の子をイメージさせます。 「海」はアクアとは読みませんが、「水」を連想させる名前です。 夏は海だけでなく、山や森林の青々と繁る木々の生命力を感じる名前です。 闇夜にほのかに光る蛍は、幻想的ではかなげなイメージもあるでしょう。 木蓮は外側が紫で内側が白い大きな花を咲かせます。 秋を連想させる名前 秋は「紅葉」や「月」を連想させる漢字がよく使われます。 「楓」の一文字でも「かえで」と読めますが、あえて二文字にすることで珍しさを感じる名前になっています。 木々がさまざまな色に染まるさまを表しているので、あえて読みを「いろは」にしています。 「あきら」は男の子でも女の子でもOKな名前です。 お祭りの賑やかな雰囲気や元気のよさを「秋」と関連させつつ一文字で表した名前です。 キラキラと輝けるような女の子になってほしいという願いが込められています。 「くりちゃん」だとそのまますぎるので、ほかの読み方である「りつ」という読み方にしています。 一見普通に見える「子」を付けると、逆に新鮮に感じるでしょう。 「楓」で秋らしさを感じる名前になっています。 そこから「るな」に「月」という字を当てて名前にすることがよくあります。 「り」と読んで名前に使われることはよくありますが、あえて「な」という読みの方で使っています。 冬を連想させる名前 冬は「雪」や「クリスマス」を連想させる漢字がよく使われます。 冬の寒さの中でも元気に育ってほしいという願いが込められています。 漢字の部首に「冬」が入っていて、冬の植物で名前にも使いやすい数少ない漢字です。 普通に読むと「ひじり」になりますが、珍しい名前ということで「きよか」と読んでいます。 冬生まれの女の子で「柚季」のように「柚」が付く二文字の名前は多いので、あえて一文字にすることで珍しい名前になります。 「賢い」「知徳に優れた」という意味もあり、そういう女の子になってほしいと言う願いが込められた名前です。 名付けでは「知性」や「感性」と言った意味が込められる名前になります。 控えめな印象を受ける名前が多い中、オレンジ色をイメージするので明るさを感じる名前になっています。 「白い結晶」で雪を連想させる冬の名前です。 「自然に関する」珍しい女の子の名前一覧 自然に関する漢字や言葉は多く、女の子の名前なら人工的なものより 自然に関するものにしたいと考える人は少なくありません。 それでは、自然に関する珍しい女の子の名前にはどのようなものがあるかみていきましょう。 「めもり」という名前も珍しいでしょう。 「ふうちゃん」と呼ぶと女の子っぽくてかわいいですね。 この名前を付けられた女の子もきっと海が大好きになるでしょう。 春生まれの女の子におすすめです。 「空」を使うことで珍しい漢字表記になり、無限に広がる空を連想させます。 「言葉を重ねた」珍しい女の子の名前一覧 言葉を重ねた名前は、 聞いた時に「かわいらしい」と感じるので女の子の名前ではおすすめです。 「々」はこの文字だけでは意味を持ちませんが、言葉を重ねる際にはよく使われる漢字です。 他にも、読みは同じで違う漢字は多数あるので、字面や画数、その漢字が持つ意味などで考えてみましょう。 他人の気持ちを考える優しい女の子になってほしいという願いが込められています。 「ねね」と読んでもいいでしょう。 「瑠璃」を連想するので、青々とした美しさや清らかさを連想させます。 水は身の回りにも溢れていて親しみやすいですが、「すず」と読ませる点でも珍しい女の子の名前です。 漢字の意味も名前の響きも、おっとりした穏やかな女の子の印象を受ける名前です。 「虹」を使うとメルヘンチックな女の子らしい名前になりますね。 そこから派生して「発展」「成長」という意味合いを持ち、かつ珍しい女の子の名前です。 「国際的な」珍しい女の子の名前一覧 将来的に海外で活躍してほしい、国内でも積極的に外国人と触れ合うようになってほしいということから、 外国の人でも親しみやすい名前にしたいという人が増えています。 ラテン語で「光」という意味です。 ヨーロッパでは男性の名前の愛称として使われています。 トルコ語で「聖人」を意味します。 イタリア語で「平和的な」という意味があります。 珍しい漢字を使った女の子の名前一覧 珍しい漢字を使えば珍しい名前にすることができます。 旧字体などで検討してみてもいいでしょう。 しかし漢字の中には人名に使えないものもあるので注意が必要です。 「水が湧きたち光るさま」を表わしています。 躍動感があって女の子らしい名前です。 色で言うと青をイメージするので、「あおい」と読ませています。 距離の単位で「マイル」があるので、夢や希望といった意味をもつ名前です。 「器の大きい人になってほしい」という願いが込められています。 「アラレちゃん」というアニメのイメージからか、活発で元気な女の子を想像する名前です。 「水を汲む」というように使われる漢字です。 そのためまだ珍しい名前でしょう。 おごそかでエキゾチックなイメージの名前になります。 右側の部首が「麗(れい)」なので「れい」と読ませています。 「カタカナ」の珍しい女の子の名前一覧 「トメ」「ヨネ」のように、カタカナの名前は昔は珍しくありませんでした。 逆に今は新鮮に感じるかもしれません。 カタカナの名前にすると 外国の女の子っぽい雰囲気になり、誰でも読みやすくなります。 ヘブライ語の「疲れた」が語源ですが、聖書にも「リア」という女性が登場します。 「リイサ」にすることで珍しい名前になります。 英語圏では男の子によくある名前でもあります。 また、お釈迦さまの母親の名前もマヤ(摩耶)と言います。 カタカナだと「赤毛のアン」を連想したり、フランス語だと数字の「1」を表します。 日本語でも「可憐」を想像する名前で女の子らしい名前です。 「月明かりのように優しく育ってほしい」という願いが込められています。 「リリカシャワー」という花もあります。 ディズニーのキャラクターのシェリー・メイを想像する人もいるかもしれません。 「ひらがな」の珍しい女の子の名前一覧 ひらがなは曲線が多く、 やわらか、しなやかというイメージを受けるので女の子にはぴったりです。 小さい子でも読み書きすることができます。 珍しい名前にしたいけれど間違って読まれたくはないという場合、ひらがなの名前はおすすめです。 アリスの世界観が好きな人も多いので、女の子の名前にすると「かわいいね」と言われることも多いでしょう。 困難に負けず最後までやり遂げる女の子になってほしいという願いが込められています。 ひらがなのほうが瑞々しく女の子らしくてかわいい感じになります。 女の子の名前を名付けるときのコツと注意点 名前は 生まれてくる子が最初にもらうプレゼントと言っていいでしょう。 そのプレゼントは一生モノなのですから、名前を考える人は本当に悩むと思います。 生まれた季節や漢字が持つ意味やイメージで考えてみよう• 個性的すぎる名前になっていないか確認しよう• 画数が多くなりすぎないようにすること• 名前に使っていい字なのか確認すること 以上4つの女の子の名前を付けるときのコツと注意点について詳しくみていきましょう。 子どもが生まれたときの季節からだと名前を考えやすく、大きくなってからも生まれた頃のことを思い出すことできます。 漢字には一文字にいろいろな意味があります。 「こういう女の子になってほしい」という願いを込めた名前にして、生まれてくる子へのプレゼントにしてあげましょう。 他人とかぶらないようにとひねりにひねった名前は、結局は親の満足のためであって、生涯その名前と共にある子どもが生き辛くなってしまったら意味がありません。 個性的すぎる名前は時に大変な思いをすることになる可能性があるということも考えて名前を決めるようにしましょう。 あまりにも画数が多いと、そのたびに他人より時間がかかったり、せっかくの名前を雑に書くようになってしまいます。 特に小学生のときや、学生でテストのときなど、複雑すぎる漢字だと名付けた人を恨むような気持ちにすらなってしまいます。 ひらがな、カタカナ、常用漢字と人名用漢字です。 見慣れている漢字でも名前には使えないものもあるので、出生届を出す前に使用できる漢字か確認しましょう。

次の