本草学 者 ミイラ。 【国立科学博物館】スペシャルサポーターのビートたけしさんも登場!特別展「ミイラ 永遠の命を求めて」内覧会レポート

恐いけど神秘的!「ミイラ展」に行ってきました|感想・混雑・所要時間・グッズ

本草学 者 ミイラ

11月2日に東京・上野の国立科学博物館で『特別展 ミイラ 〜「永遠の命」を求めて』が開幕した。 その報道内覧会に本展のスペシャルサポーターを務めるビートたけしが来場。 時折り笑いを交えながら古代エジプトや古代アンデスゆかりの地など世界各地から43点のミイラが集められた本展の魅力を語り、多くの人に来場を呼び掛けた。 「ミイラを通じて、あらゆる方面の文化が見えてくる」 スペシャルサポーター就任時に「ミイラとなった人が生きていた当時の歴史や価値観、死生観など知れば知るほど面白くなるんだよね。 今からご対面するのが楽しみだ」とコメントしていたビートたけし。 この日は多くの報道関係者が集まる会場を一周しながら待ち望んだ時間を堪能。 ありのままの姿で展示されたミイラに深い感想を持った様子で、「今は技術が進歩していて、ミイラも壊す必要なくスキャンなんかで中がどうなっているか見られる。 そのままの形から様々なことが解るので、ものすごい進歩だなと思いますね」と率直な思いを述べた。 本展鑑賞後の囲み取材に登場したビートたけし 過去にも『たけしの万物創世記』をはじめ、数々のテレビ番組で科学や人類学の面白さを伝えてきたたけし。 世界最大級の『ミイラ展』となる本展の魅力を尋ねられると、「やっぱミイラってのは面白いね。 人間ってのは永遠の命が得られないことが解ると、どうにか(魂の)入れ物だけでも残そうとか、そういう人を偲ぶためにとか、いろんなことを考える。 ここには権力者はもちろん、そうじゃない人のミイラも展示されているけど、ミイラを通じてあらゆる方面の文化が見えてくるね」とコメント。 我々が抱くミイラの印象を超える展示に感動していた。 スペシャルサポーター・たけしが気になったミイラとは? 本展には世界各地から計43点のミイラが集結。 その中には「ミイラの双璧」と呼ばれる古代エジプトや古代アンデスゆかりの地のミイラも多く展示されているが、たけしは最も印象に残った展示として「やっぱり即身仏かな。 お経を読みながら亡くなったお坊さんがミイラになるっていう…」と、現存する数少ない即身仏《弘智法印 宥貞》をチョイス。 《弘智法印 宥貞》 日本 1683年頃 小貫即身仏保存会蔵 さらに「自分でミイラになりたくてミイラになった人の展示も迫力があったね。 現代人には計り知れない領域だけど、決して蔑ろにできないような凄い精神世界を感じたよ」と、国立科学博物館が保管する《本草学者のミイラ》も気になったそうで、東西の双璧だけでなく、その他の地域でも育まれたミイラ文化の奥深さに感心した様子だった。 《本草学者のミイラ》 日本 1832年頃 国立科学博物館蔵 さらに、たけしは世界中の人が注目するミイラの魅力について「建物なんかは今の時代でもその名残を見ることができるけど、古代の人がどんな格好をしていて、どれくらいの身長で、どんな喋り方だったかなんてことはなかなか想像できないよね。 そういうことの手がかりになるのが、生きてる時の形をやや保っているミイラだよ」と分析。 普段からみんなGoogleなんかで凄い数の検索をしていると思うんだけど、何かひとつのことに興味を持つと、もっと知りたい、もっともっと知りたいと知識への欲が沸いてくる。 やっぱり実物を見るというのは写真とは違う感動がある。 迫力が凄いよ」と語った。 「これを見て第2・第3の吉村作治が出てくるかも…」 「よく持ってきたね。 これだけあると保険が大変だと思うけど(笑)。 『よくぞここまで』と言えるくらいの数が集まったので、できるだけ多くの人に見てもらいたいですね。 特に子供に興味を持ってもらえたら、これを見て第2・第3の吉村作治が出てくるかもしれない」と、多くの人に本展への来場を呼びかけたたけし。 オフィシャルサポーターとして多くの人に来場を呼びかけた さらに、最後には「さっき博物館の先生に『産業革命の時のイギリスでは、よくミイラ燃やしてたなんて話もあるよね』って話したら苦笑いしてた。 経済が物凄い勢いで成長する時代になると人類は未来に残すべきものを簡単に処分しちゃう。 ミイラにもそういう歴史があった。 今も世界経済が急速に発展しているけど、もし、そんな時代が来ちゃったらちょっとおそろしい。 だから、小さいうちからしっかりとした教育をして、もっと文化遺産を大切にする風潮が上がればいいね」と自らの思いを述べた。 展示風景 本展には、南米、アフリカ、オセアニア、アジアの各大陸から計43点のミイラが集結。 土地や時代ごとに異なる死生観やミイラの存在意義を紐解くだけでなく、ミイラの製造方法や昨今の研究で解ってきた新知見など、多角的な視点から「ミイラとは何か」を考察した展示が行われている。 『特別展 ミイラ 〜「永遠の命」を求めて』は、来年2月24日まで東京・上野の国立科学博物館で開催。 ミイラを通じて古代の人々の価値観と叡智に思いを重ねてみてはいかがだろう。 関連記事.

次の

私もミイラになりたい|ウエチン|note

本草学 者 ミイラ

毎朝通勤電車に乗って会社で働いて帰宅して週末は映画を観て……なんだかいつも退屈で、生きてる実感がな~い! そんな毎日を送っているうちに、人の一生はあっという間に過ぎてしまう。 そう、命は永遠ではない。 だからこそ、日々を一生懸命生きなければ。 そんな神妙な気持ちで人生について考えられるような特別展「ミイラ『永遠の命』を求めて」に行ってきた。 あのビートたけしも神妙に!? ミイラを傍らに、いつになく神妙な表情のビートたけし 「ミイラ『永遠の命』を求めて」は、2019年11月2日~2020年2月24日まで、東京・上野の国立科学博物館で開催される特別展。 開催に先立ち、11月1日にメディア向け内覧会が行われた。 当日は、スペシャルサポーターを務めるビートたけしも来場して展示を興味深そうに鑑賞していた。 世界中のミイラが集う、貴重な特別展 「ミイラ展」は、最新の調査と研究手法を駆使した研究成果を踏まえ、南米、エジプト、ヨーロッパ、オセアニア、日本のミイラ、総数43体が展示されるもの。 ドイツのミイラプロジェクトを土台に構成した内容となっているが、日本独自の内容も多数含まれているという。 ミイラと聞くと「気持ち悪い! 」「怖い! 」と思う人も多いはず。 映画やドラマ、ゲームの中だと、人間を襲ってきて殺しても死なない感じの印象だ。 ところが、ミイラは壊れやすく、ちょっとでも館内の温度を上げるとすぐに壊れてしまうぐらい、脆いものなんだとか。 その脆いものをどんな人たちが守ってきたのか? そもそも、どんな人たちがミイラになったのか? ミイラを作った人たちはどんな人たちだったのか? そんな、ミイラを中心として人々の歴史や考え方、死生観を紹介している展示となっている。 世界中のミイラが集結。 中にはかなり生々しいミイラも。 ミイラなのに生々しいっていうのも変ですが 館内は、「南北アメリカのミイラ」「古代エジプトのミイラ」等、地域ごとにミイラが展示されており、歴史と背景、ミイラの特徴が解説されている。 中には、ちょっと怖い……と思ってしまうような展示もあるものの、様々な工夫が凝らされたミイラには、人間の知恵と人物に対する敬意が伝わってくる。 人間だけでなく、中にはネコのミイラもあり。 ミイラになってもネコはカワイイ! 「石膏でできたミイラマスク」。 これって『ジョジョの奇妙な冒険』の石仮面では!? 保存に使われた香辛料なども細かく紹介されている• ネコのミイラもあり! また、海外のミイラだけでなく日本のミイラも展示されているところにも注目したい。 解説によると「学問的な探求心で自らミイラになった唯一の日本人」で、江戸時代の本草学者 博物学者 のもの。 生前に自らの遺体を保存する方法を考案していたそうで、実際に後年掘り起こしてみたところ、本人が意図した通りにミイラ化していたのだとか。 す、すごい。 たけしが震えたという、自らミイラになった江戸時代の本草学者 博物学者 の姿 ビートたけしも震え上がった"日本人のミイラ" そんな感じで興奮しつつ、館内を巡っていると、何やらテレビクルーが。 邪魔にならないように避けながら通り過ぎて振り返ると、そこにはビートたけしが展示を鑑賞する姿が。 「ビートたけしのオールナイトニッポン」リスナーで3週連続でネタを読まれたことが人生における唯一の自慢である、元ハガキ職人の筆者。 まさか目の前で殿のお姿を拝見できるとは。 人生、何が起こるかわからない。 生きてて良かった。 その後、ビートたけしの囲み取材が行われ、「相変わらずミイラというのは面白いね」と展示の感想をコメント。 特に興味深かった展示として自らミイラになった日本人の展示を挙げ、「震えあがった。 すごい精神世界」と神妙な表情をしていた。 非現実的ながら、人々が実際におこなってきたミイラという現実の儀式を目にすると、誰もが神妙な気持ちになるに違いない。 ふと「生きるってなんだろう? 」なんて考えたときは、「ミイラ展」を覗いてみるといいかもしれない。 さすが世界のキタノ、半端ない数の報道陣が集まっていた 筆者がツタンカーメンに変身!? ちなみに、休憩スペースには、自分だけのミイラマスクができあがる『ミイラマスクチェンジャー』が設置されている。 早速、2種類のミイラマスクを選択して画面に顔を合わせて撮影してみたら、眼鏡をかけたツタンカーメンに変身! バチがあたったりしないのかなこれ。 展示を見終わったところに「ミイラマスクチェンジャー」なるものが• こんな感じに変身できる。 大丈夫かこれ こちらは無料で、QRコードを読み取ってスマホに画像をDLできるので、神妙に「ミイラ展」を鑑賞した後に、お試しあれ。

次の

『永遠の命を科学する/《特別展 ミイラ》柿の種は 賢者の石だったのか!?@国立科学博物館』上野・御徒町(東京)の旅行記・ブログ by ウェンディさん【フォートラベル】

本草学 者 ミイラ

エジプトのミイラ(所蔵) 古くは神秘的な力があると考えられることが多く、人工的なミイラ形成は、死者を後世まで残すなどの目的でから行われた。 数百年、数千年を経て、いまだ生前の面影を漂わせるミイラもある。 などの条件から死体の水分含有量が少ない場合にはミイラ化しやすい。 自然発生ミイラがのの中からみつかることが多いが、これは急速な乾燥をもたらす自然条件のほかに、そこにできる死体が脱水症状を起こして餓死するなどで死亡したものであるため、死亡時の水分量がもとより少ないという条件が整っているからと考えられる。 自然条件においては、成人一人がミイラ化するのに必要な期間は3か月と言われている。 こういった自然のミイラは全身が完全なミイラとなっている例は少なく、身体の一部分のみがミイラ化して残っている場合が多い。 自然環境において全身ミイラが少ない理由の一つとして、死体の中で最初に腐敗が進行するのがであることが挙げられる。 自然状態においては内臓が体外に出ることがないため、人体の完全なミイラ化は起きにくい。 ただし内臓が液化して体外に流出したり、野生動物に喰われたりしたあとに急速に乾燥するとミイラが形成されることがある。 そのため、人為的にミイラを作る場合には、を含めた内臓を摘出し、外部で火気などを用いて乾燥させ、あるいは薬品によって防腐処理をほどこした。 その内臓は体内に戻すか、副葬品の壷の中などに納めるなどの手段が取られた。 語源 [ ] 日本語の「 ミイラ」は16〜17世紀にポルトガル人から採り入れた言葉の一つで、: mirra は元来「」を意味するものであった。 また、漢字表記の「 木乃伊」は14世紀の『』巻3に回回人の言葉として出現し、中国語では「蜜人」というとしているが、おそらくは同じ語にもとづく。 『輟耕録』ではミイラを回回人の習俗として記し、手足をけがした人がミイラを食べるとたちどころに直ると記述している。 『』でも『輟耕録』を引用しているが、本当に効果があるかどうかはわからないとしている。 日本でもこの表記を中国語から借用し、「ミイラ」の語に充てるようになった。 16〜17世紀のヨーロッパにおいて、ミイラは一般的な薬として広く使用されていた。 そのため、ミイラを取ることを生業とする者が増えた。 なお、ミイラを取るためにはの中に入ったり、砂漠を越えたりする必要があることから危険がつきまとい、ミイラを探す人間が行き倒れることもあった。 彼らの死体がどれほどの確率で自然乾燥によりミイラ化したかは不明であるものの、このことを指して「 ミイラ取りがミイラになる」という言葉が生まれたなどとする説がある。 数多くの盗掘が行われ、近現代の研究を阻害する要因となったのは事実であるが、実際には本物のミイラを取りに行くよりも捏造品を売りさばくほうが楽であり、墓暴きの存在を諺の成立由来として扱うには信憑性が低い。 なお、薬としてのミイラはにも輸入されており 、江戸時代には大名の間で人気だったという。 ミイラの事例 [ ] 古代エジプト [ ] では、紀元前3500-3200年の()には人工的な遺体の保存が始まっていた。 ミイラ作りは来世・復活信仰と密接に結びついている。 遺体の保存が来世の一番の保証とされた。 エジプト神話で豊穣をあらわす神であるはセトに殺害され、のちに妻のイシスや冥界の神アヌビスの助けによってミイラとして蘇り、冥界の王となったという伝説がある。 このため葬儀やミイラ製作は、オシリスの神話にもとづいて行われた。 内臓を摘出したあとの死体を70昼夜にわたって天然()に浸し、それから取り出したあと、布で幾重にも巻いて完成させる方法でミイラが作成された。 包帯を巻いたミイラのイメージは、この古代エジプトのミイラ作成に由来する。 理性の場であると信じられていたを除いたとの臓器や組織は下腹部の切開によってすべて取り出され、脳の組織はから挿入した鉤状の器具によってかき出された。 取り出された他の臓器は「」と呼ばれる壷に入れられて保管された。 古王国時代は遺体を石膏で覆って彫像のようにする処置があり、第1中間期にはミイラマスク、中王国時代の第12王朝には人形棺が用いられるようになった。 犬、猫、ワニ、ヒヒ、トキなど、神の化身とされた動物のミイラも作成され、特に末期王朝時代以降に盛んになった。 後世になると松ヤニが染み込んだミイラは木の不足から工場やの燃料として使われ、一般家庭でも包帯を燃やして調理の火に使われた。 特に貴族のミイラは松ヤニが多く使われていたため重宝された。 肥料、薬、絵の具 としても使われた。 の考古学においては、エジプトから輸入されたミイラのが、研究目的だけではなくとして、の各地で行われた。 これらの興行的な解剖においては、記録などは通常行われず、このために貴重な資料が多数失われた。 当時のヨーロッパでは、外科的施術自体が見世物として行われており、特にに対する解剖ショーは人気を博していたという。 ヨーロッパ [ ] 詳細は「」を参照 アンデス [ ] 死者をミイラとする風習は南米アンデス地方でも見られる。 のミイラの特徴は膝を折り腹部に付けた姿勢()を取ることである。 製法は以下の通り。 死者の内臓と筋肉を取り除く。 次に、何らかの火力で乾燥させる。 最後に特定の姿勢に固定し、体全体を布で覆い、かごに収め、最後に副葬品と併せて再度布を巻くというものである。 紀元前200年ごろまで続いた ()は、形成期においてすでにミイラの製作に習熟していた。 が成立すると、特に高位の人物のミイラに対しては羽や装飾品、金属製の仮面を取り付けるようになる。 作成したミイラはに安置したり、に置いて、あたかもミイラが生きているかのように話しかけ、食事を供し、亡くなった近親者への愛情と尊崇の念を示し続ける。 中国 [ ] 古い文献(『』『』『』など)に入定ミイラの記述があり、『』では晋の元康8年(298年)に訶羅竭という僧が死に火葬に付されたが半焼けになってしまい、座したままでも崩れなかったため石室に安置して礼拝したと記されている。 『大唐西域記』ではが西域の僧のミイラについて言及している。 現存するミイラとしては韶州市南華寺にある代中期の禅僧の肉身仏()などがある。 なお、中国では現在でも即身仏としてミイラが作られている。 ただし、生きたまま苦行の果てに自死してミイラになるのではなく、自然死後に遺言によってミイラとして作られるものであり、全身に金箔を塗ることにより生前に近い形を保とうとしている。 中央アジア [ ] 現在は一部が中国・ロシアの範疇に入る広いでも、ミイラが発見されている。 「」として知られる古代のオアシス都市のミイラは、ブームで一躍知られるようになった。 西域は乾燥(砂漠)地帯で、ミイラができ上がるのに好条件であり、そのため中国におけるミイラは西域に多い。 の(1910年 - 1914年)で地区からミイラを持ち帰っており、当時日本が中ののに所蔵されて、現在でもそこで公開されている。 に属するで「」(別名:「シベリアの氷の女性」)が1993年に発見されて、現在はの博物館で公開されている。 にも高僧のミイラの習俗があり、などが有名。 但し、イチゲロフのように生き埋めでミイラになる例は稀であり、中国と同じく大多数は自然死後にミイラ化させたものである。 日本 [ ] の一部()では、が土中の穴などに入って状態のまま絶命し、ミイラ化した物を「 」(そくしんぶつ)と呼ぶ。 仏教の修行の中でも最も過酷なものとして知られる。 本来はを開くことだが、死を死ではなく永遠の生命の獲得とする考えである。 入定した者は肉体も永遠性を得るとされた。 詳細は「」を参照 奥州藤原氏のミイラ一覧 代 氏名 安置場所 没年 享年 備考 初代 清衡壇 3年 () 73歳 没年齢に関しては歯の状態から70歳以上と見られ、史料の没年齢と矛盾はないとされる。 また、死没日には大治3年7月16日(1128年8月13日)という説もある。 身長159cm、血液型はAB。 副葬品は紫絹の枕、銀・琥珀の数珠 太刀・小刀・金塊。 広範囲に渡ってが進んでおり、保存状態は他の3人と比べて最も悪い。 二代 中尊寺金色堂 基衡壇 2年? ) 50歳-60歳 没年齢に関しては50歳代で死亡、54歳-55歳、55歳-60歳、60歳前後という見方もある。 身長167cm、血液型はA。 副葬品は白絹の枕 稗入り 、水晶の数珠・刀。 三代 中尊寺金色堂 秀衡壇 3年 () 60歳-70歳 没年齢に関しては70歳前後という見方もある 身長164cm、血液型はAB。 副葬品は木の枕、泰衡の首の桶。 保存状態は他の3人と比べて最も良い。 四代 中尊寺金色堂 秀衡壇・首桶内 5年 () 20歳-30歳 頭部のみ。 没年齢に関しては歯の状態から、20歳代-30歳代、23歳-30歳、もしくは25歳と判断されている。 身長は不詳。 血液型はB。 顔に九箇所の刀傷 額に晒し首の釘跡。 社会主義諸国の指導者 [ ] では、過去の指導者を神格化する目的でその遺体をミイラ化()し、民衆に公開することがある。 ()、、、 ()、()、()など。 この場合強力な防腐処置によって腐敗を止めていると考えられている。 その他、生前の本人の希望によりミイラにされる遺体も存在する。 その他の国や地域 [ ] ニューギニアや西・中央アフリカ、アメリカ北西海岸、カナダ西海岸の部族は、死後の遺体を乾燥させ、または燻製にしてミイラにし、墓の上や家中に安置する風習を持っていた。 ニューギニア、アフリカにおいては、現在も続けている部族がある。 また、()にはがある。 防空壕で発見された女性のミイラ - 終盤のからにかけて(および)によって行われたでは、防空壕に避難した一般市民が一酸化炭素中毒などで死亡し、そのままミイラ化した状態で発見された。 架空生物・怪物のミイラ [ ] 江戸時代の見世物 にへの興味が高まったためとなどをつなぎあわせとしたり、ニホンザル、などを加工したのミイラ、・のミイラなどが盛んに作られた。 やのころには外国へ輸出されたり外国人の土産物にもなっていた。 には日本製の人魚のミイラが所蔵されている。 驚異博物館 かつて西洋諸国では宗教理論上世界のどこかに人魚が実在しているものだと信じられていた。 世界に渡った宣教師などが盛んに探し、日本などで生産されていたフェイクの人魚のミイラを持ち帰った。 人魚の他、日本で生産され主に欧州へと持ち込まれたフェイクの怪物のミイラは、、龍、、鬼などがあり、西洋で制作された、、三本脚のガマのフェイク・ミイラなどと共に、好事家に蒐集されたり、で展示されていた。 ミイラをテーマにした文化 [ ] 映画・小説・漫画・落語 [ ] ミイラは長期間死体が保存され不気味であると認識され、また1920年代にのミイラが発掘された後にら数名が謎の死を遂げたことが「」によるものとされ、人を殺すというイメージもあり、や書物にしばしば生き返って登場する。 映画ではのが製作した、モンスター役で知られる怪奇スター、主演の『』(1932年、原題: The Mummy)が始祖とされ、多くの後継作やリメイクが製作された。 『』(1981年)のように、同じく蘇った死者であると共演する作品も登場した。 日本でも1961年に製作の連続テレビ映画『』が放送された。 すでに死体であることから、通常人間が死に至るセオリー(を突き刺す・首をはねるなど)をおこなっても死なず(というよりももとから死んでいるのだから 動きを止めず)、そういった物語の登場人物たち、および読者・観客を恐怖させた。 なお、それらの場合ではやに弱いなどの特徴が見られる。 なお、『』(1999年)の原題は(リメイク元の『ミイラ再生』同様)" The Mummy"すなわち『ミイラ』であるが、現代日本の文化状況下において安直すぎると考えたことからか、日本公開時に直訳でない邦題が付けられた。 等の映像媒体において現在ではミイラは(の怪物)と対でを巻かれた状態でコミカルに登場することが多い(例:のCMなど)。 また、日本のコメディ作品『』では包帯の中身への興味を逆手に取り、ミイラ君の包帯が解けそうになり若干地肌が見えるという描写があった。 日本の・作品でも、恐怖度や攻撃力の高い敵役としてしばしば登場する。 ミイラ人間(初代)、ミイラーマン()、ミイラルゲ()、合成獣ミイラス()などである。 また、において系モンスターとして登場することも多い。 日本の漫画では『ミイラ先生』が有名である。 江戸時代の弾圧で殺されたのミイラが漏水を浴びて蘇る。 水を飲むと一時的に生きた人間と変わらぬ見掛けになれるため、顔がよく似たと入れ替わり、本格的に美しさを取り戻すため女生徒の生き血を吸おうとする。 にも「」という演目が存在し、や、 などが得意演目としていた。 内容としては上述の「ミイラ取りがミイラになる」をモチーフとしたものである。 脚注 [ ]• (スペイン語)• タンパク質が水分を失うことにより不可逆的変質をしているので、水分を戻すことにより生命活動を復活させることは、現代の科学では不可能である• 水分が蒸発してが活動出来なくなる前に腐敗菌による有機物の分解が進むため、特に内臓や脳の腐敗が顕著である。 ・木乃伊• 広辞苑は「 mummy の漢訳」とする。 李時珍. ,、1834• 粟屋剛、「徳山大学研究叢書 19」 2010年1月23日, at the. 和田, 浩一郎 日本語. 古代エジプトの埋葬習慣. 日本: ポプラ社• トールワルドの著書『外科の夜明け』() による• 『万国怪物大博覧会』南方堂、1993年。 文献 [ ].

次の