急性 白血病。 急性骨髄性白血病の治療方法-化学療法|急性骨髄性白血病(AML)を学ぶ|がんを学ぶ ファイザー

急性 白血病 生存率

急性 白血病

寛解導入療法 第一段階となる寛解導入療法の目標は、文字通り「寛解」になることです。 この寛解とは、骨髄中に存在する白血病細胞が全体の5%以下の状態です。 通常7~10日間抗がん剤が投与されます。 その後、白血病細胞だけではなく正常な血液細胞も骨髄の中から減少します。 この時、赤血球や血小板が極端に減少した時には輸血が行われます。 白血球は輸血することはできませんので、抗がん剤の投与の後、自然に白血球が増えてくることを待ちます。 この期間は約4週間くらいです。 白血球が回復した時に骨髄穿刺を行い、寛解状態であるかどうかを調べます。 およそ8~9割の患者さんがこの段階で寛解状態になることが期待できます。 M3においては、他のタイプの治療で用いられる抗がん剤に加えてレチノイン酸というビタミンA誘導体(all-trans retinoic acid:ATRA(アトラ))が用いられます。 その為、寛解導入療法中には他のタイプの白血病の治療ではみられないアトラによる副作用と、出血をおこしやすい状況があります。 これを乗り切ることができれば、M3は急性骨髄性白血病(AML)の中でも非常に予後の良いタイプといえます。 白血病細胞を死滅させる化学療法により、多くの患者さんは治療中に不快な副作用や合併症を経験します。 考えられる副作用としては、脱力、吐き気、嘔吐、下痢、脱毛、貧血、血液凝固能の低下、食欲不振、 易感染性 ( いかんせんせい )(免疫力が低下し、細菌やウイルスに感染しやすい状態にあること)および口腔・咽喉の痛みがあります。 これらの副作用に関しての詳細は後述します。 その為、高齢者の方(65歳以上)では、年齢や体の状態、心臓、肝臓、腎臓などの臓器の状態を考慮して抗がん剤の量や投与日数を減らすことがあります。 また、ご高齢の患者さんや状態の非常に悪い患者さんの場合には寛解をめざすのではなく白血病細胞を減らすことを目的とした治療を行うこともあります。 このような場合は、治療後に寛解になる可能性は低くなりますが、副作用や合併症により命を落とす危険を考えるとこのような治療方法を選択せざるをえないのです。 地固め療法 寛解導入療法で寛解が得られたと判定されたら、血球細胞が回復したことを採血により確認した後、すぐに、第二段階となる地固め療法を行います。 この段階の目標は、寛解導入療法で5%以下になった白血病細胞を更に死滅させ、根治させることです。 地固め療法でも強い抗がん剤が使われますが、これも、治療後の白血病の再発を防ぐために必要な治療なのです。 最近では、この地固め療法で強力な治療を行う事で、以前行われていた地固め療法後の維持・強化療法がおこなわなくてもよいとされています。 地固め療法でも強い抗がん剤が使われるので、寛解導入療法と同様の副作用や合併症が現れます。 また、治療後に血液細胞が減少した際には、その程度に応じて赤血球や血小板の輸血が必要になることもあります。 地固め療法が終了し、効果判定にて寛解を維持していた場合は、急性骨髄性白血病(AML)のタイプや年齢や体の状態を考慮して、治療を行わずに経過をみる場合と造血幹細胞移植(骨髄移植、末梢血幹細胞移植、さい帯血移植)を行う場合があります。 この基準に関しては日本造血細胞移植学会よりガイドラインが出ていますので参考にしてください。

次の

急性骨髄性白血病(AML)で起こる合併症とは?|白血病大事典

急性 白血病

[どんな病気か] 血液中の血液細胞は、骨髄(こつずい)でつくられます。 初めは未熟ですが(芽球(がきゅう))、やがて成熟し、完全な細胞に分化します。 急性はこの成熟・分化の能力を失った未熟な細胞(白血病細胞(はっけつびょうさいぼう))が、骨髄内で無制限に増殖してくる病気です。 このため、骨髄での血液をつくるはたらきが低下し、貧血(ひんけつ)、好中球減少(こうちゅうきゅうげんしょう)(「 血液、造血器のしくみ」)、血小板減少(けっしょうばんげんしょう)といった血液組成の異常がおこってきます。 また、悪性の細胞が血液の流れとともに全身をめぐるために、いろいろな臓器に侵入し、そこに障害をおこします。 増殖する白血病細胞の種類によって、急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう)と急性(きゅうせい)リンパ性白血病(せいはっけつびょう)に大きく分けられています。 さらに、急性リンパ性白血病は3つに、急性骨髄性白血病は8つに分類されます(コラム「」)。 骨髄性白血病とリンパ性白血病の割合は、おとなでは4対1、逆に子どもでは、1対4の割合になります。 ペルオキシダーゼ染色という特殊な検査で反応する芽球が3%以上ある白血病です。 早期発見できれば、治癒(ちゆ)が可能です。 ペルオキシダーゼ染色に反応する芽球は3%未満です。 [症状] 疲れやすい、動悸(どうき)、息切れなどの貧血の症状のほか、発熱、寝汗(ねあせ)などがおこります。 歯肉出血(しにくしゅっけつ)、鼻出血(びしゅっけつ)、皮下出血(ひかしゅっけつ)などをおこしやすい(しゅっけつけいこう)がみられることも多く、とくに急性前骨髄球性白血病(きゅうせいぜんこつずいきゅうせいはっけつびょう)は出血がおこりやすいものです。 また、胸骨(きょうこつ)(胸の中央に縦に長く触れる骨)を指先で軽くたたくと痛む叩打痛(こうだつう)、リンパ節の腫(は)れ、肝臓と脾臓(ひぞう)の腫れなどもおこります。 [検査と診断] 診断には、血液検査と骨髄穿刺(こつずいせんし)が必要です。 白血球数は、増加していることが多いのですが、3分の1の人は正常よりも減少しています。 白血球中の悪性の白血病細胞の比率はさまざまです。 この白血病細胞が多数見つかることが診断の決め手で、確実な診断には血液の専門医の助けが必要です。 また、増殖している白血病細胞の種類がどれかを決めるには特殊な検査が必要なので、専門の機関で検査します。 [治療] 血液専門医のいる病院でないと治療を行ないにくいものです。 治療の目標は、いろいろな方法で白血病細胞を絶滅させ、正常な細胞の再生をはかることで、つぎのようにして治療を進めていきます。 なお、お年寄りでは、薬の副作用や合併症をおこしやすく、治療がむずかしいことが多いため、生活の質(QOL)を配慮した治療が行なわれます。 抗白血病薬は、白血病細胞だけではなく、正常な造血細胞やその他のからだの細胞も障害することがあり、貧血、好中球や血小板の減少が一時的に悪化したり、嘔吐(おうと)、脱毛、肝障害などの副作用がおこったりします。 このため、無菌室に入室したり、抗生物質を大量に使用したりして感染に対処し、たびたび輸血をして出血に備えたりします。 この状態を完全寛解(かんぜんかんかい)といいますが、この段階で治療を打ち切ってしまうと、必ず白血病細胞が再び増殖してくるので、10 6個(100万個台)程度に白血病細胞が減少するまで、治療を続ける地固め療法がたいせつです。 最近では、体内に残存している白血病細胞を絶滅させ、治癒の状態にまでもっていくために、免疫療法(めんえきりょうほう)などがさかんに行なわれるようになっています。 白血球抗原の形が一致する骨髄提供者(ドナー)から採取した骨髄を、静脈から輸血することで移植します(同種骨髄移植(どうしゅこつずいいしょく))。 移植後は、約1か月無菌室に入り、感染症や合併症の予防などの管理が行なわれます。 おとなに多い急性骨髄性白血病では、完全寛解の状態になる人が約80%で、子どもの急性リンパ性白血病では、完全寛解の状態になる子どもが95%を超えるほどです。 出典 家庭医学館について の解説 どんな病気か 血液は 血漿 けっしょう と呼ばれる液体成分(90%が水分)とそのなかに浮かぶ血球という細胞成分からできています。 血球には体に酸素を運ぶ赤血球、体に侵入してくる病原体と闘う白血球、そして血管に付着して出血をとめる血小板などがあります。 これらの血球はすべて骨のなかの空間( 骨髄 こつずい )でつくられます。 この造血幹細胞は自分自身を複製するとともに骨髄のなかで分化・増殖・成熟を繰り返してさまざまな種類の血球となり、血液のなかに送り込まれます。 このようにして人間の体では、血液中の各血球はなくなることなく常に生命維持に必要な数が保たれています。 造血幹細胞が骨髄のなかで分化・増殖を繰り返して成熟した血球に成長してゆく過程に異常が起こる病気のひとつが急性白血病です。 急性白血病では、造血幹細胞から成熟した血球となる過程の途中で成長することをやめてしまった不良品( 芽球 がきゅう または白血病細胞といいます)ができ、この不良品が骨髄中でどんどんと増えていきます。 役に立たない不良品が血球の工場である骨髄の大部分を占めてしまうと、正常な血液をつくることができなくなります。 増殖を続ける芽球はやがて骨髄からあふれ出て、肝臓や 脾臓 ひぞう などの臓器に 浸潤 しんじゅん して、塊( 腫瘤 しゅりゅう )をつくったり、臓器のはれを起こします。 原因は何か 抗がん薬や放射線などの治療のあとで起こる「 二次性白血病 にじせいはっけつびょう 」もありますが、大部分の白血病の原因は不明です。 症状の現れ方 急性白血病の症状は、正常な血液をつくることができなくなることによる症状と、芽球の増殖による症状に分けることができます()。 正常な血球(白血球、赤血球、血小板)をつくるスペースがなくなってしまうことによる症状には次のようなものがあります。 急性白血病で感染症を起こした時には、高熱が唯一の症状であることが多いようです。 けがをした時に血が止まりにくくなるだけではなく、何もしていないのにあざができたり、 びしゅっけつ が起きたり、重症な場合はや消化管の出血(胃、十二指腸などからの出血)が起こることもあります。 一方、骨髄のなかに増殖した細胞はそこだけにとどまらずに血液のなかに流れていき、肝臓、脾臓、リンパ節、歯肉などのいろいろな臓器に浸潤して臓器のはれを起こすことがあります。 また、芽球が集まって塊をつくり、その塊が神経などを圧迫していろいろな症状を示すこともあります。 検査と診断 体の不調を訴えて病院を受診した時に、血液検査の異常(血球数の増加・減少、異常細胞の出現)により急性白血病が疑われます。 白血病が疑われた場合は骨髄の検査を行い、診断を確定します。 骨髄は血液の工場なので、本来であれば吸引した骨髄血のなかには、まだ若い造血幹細胞から出荷直前の成熟した細胞に至るまで、各成熟段階のさまざまな細胞がみられるはずですが、白血病の患者さんの場合、腫瘍化した未成熟な白血病細胞で埋めつくされています()。 急性白血病はその細胞の染色(ペルオキシダーゼ染色)の結果によって急性骨髄性白血病(AML)と急性リンパ性白血病(ALL)に大別され、さらに染色体、表面マーカーなどの検査結果によっておのおのが細かく分類されます。 なぜ急性白血病を細かく分類することが大切かというと、個々の白血病によって治療法あるいは治療に対する反応性が異なり、治療方針を決定するのに役立つからです。 治療の方法 急性白血病と診断されたあと治療しないで放置すると、数日から数週間で死亡します。 したがって診断が確定すれば入院し早急に治療を開始する必要があります。 これを寛解導入療法といいます()。 この治療の目的は、骨髄中に満ちあふれる白血病細胞を百分の1から千分の1以下に減らし、骨髄にスペースをつくって正常の造血を回復させることです。 白血病細胞が百分の1以下(顕微鏡では見つからない状態)になり、血球数が正常化する状態を完全寛解(CR)といいます。 治癒という言葉を使わないのは、見えなくても体のどこかに白血病細胞がひそんでいる状態だからです。 急性骨髄性白血病と急性リンパ性白血病では、寛解導入療法に使用する抗がん薬が少し異なります。 骨髄性では65~80%、リンパ性では70~90%の割合で完全寛解が達成されています。 しかし、いずれの化学療法も、白血病細胞を殺すのみならず、正常な血液細胞も障害してしまうので、抗がん薬投与後は一時的に血液がつくられない状態になります。 赤血球、血小板は輸血で補うことができますが、白血球は輸血することができません。 白血球の減少に伴って細菌、 真菌 しんきん (カビ)による感染症のリスクが高まるので、抗生剤、抗真菌薬を投与し、その予防および治療を行います。 そのほかに、吐き気、嘔吐、脱毛、、下痢などの副作用が認められます。 したがって完全寛解が達成されたあとも、継続して体に残っている白血病細胞をゼロにするように治療を続けます。 これを 寛解後 かんかいご 療法といいます(、)。 急性リンパ性白血病では中枢神経に白血病細胞が残っていることが多いので、中枢神経を包んでいる液体(髄液)のなかに直接抗がん薬を投与することがあります。 寛解後療法には化学療法を1~2年継続する方法と、化学療法に続いてを行う方法があります。 どちらを選択するかは白血病細胞の、年齢、完全寛解達成までの時間などの因子を総合的に評価して決めます。 再発のリスクが高いと思われる患者さんには移植を、再発のリスクが低い患者さんには化学療法を継続するのが一般的です。 しかしこの方法では、再発のリスクを予測できない予後中間群の患者さんに関しては治療選択の指標とはなりませんし、これらの予後因子は必ずしも絶対的なものではありません。 そこで最近では、完全寛解に入ったあとの水面下の白血病細胞の量を、白血病の遺伝子異常などを利用して明らかにするMRD( 微少残存病変 びしょうざんぞんびょうへん )を用い、その推移をみて治療法を決定する試みもなされています。 治療成績 急性骨髄性白血病の場合、病型によって治療成績は多少異なりますが、化学療法で20~50%、移植で40~70%の治癒が期待できます。 再発した場合は化学療法だけでは治癒は期待できず、移植が唯一の根治治療となりますが、これによって20~50%の治癒が期待できます。 一方、急性リンパ性白血病の場合、化学療法、移植による治癒率はおのおの15~35%、45~55%と急性骨髄性白血病と比べて少し劣ります。 新しい治療法 化学療法も移植も、白血病細胞だけを選択的に攻撃する治療ではなく、正常な臓器や組織も同時に障害してしまいます。 しかし、一部の急性白血病では、白血病発症のメカニズム(分子病態)が明らかにされ、その分子病態に的を絞った治療( 分子標的 ぶんしひょうてき 療法)が試みられています。 急性骨髄性白血病の一種である急性 前骨髄球性 ぜんこつずいきゅうせい 白血病に対するオールトランスレチノイン酸(ATRA)療法はその代表例です。 この内服薬によって90%の患者さんが完全寛解し、70~80%の患者さんが治癒しています。 これ以外にも、急性骨髄性白血病の細胞表面に認められるCD33という蛋白質に特異的に結合する抗体に抗がん薬を結合させたマイロターグという薬剤も、治療に用いられ成果をあげています。 病気に気づいたらどうする 血液検査の異常により急性白血病が疑われた場合は、早急に血液内科専門医のいる医療機関を受診し、精密検査と治療を受ける必要があります。 矢部 麻里子, 山根 明子, 岡本 真一郎.

次の

急性骨髄性白血病の治療方法-化学療法|急性骨髄性白血病(AML)を学ぶ|がんを学ぶ ファイザー

急性 白血病

急性骨髄性白血病の治療が必要な期間はどれくらいなのでしょうか。 白血病は、血液のがんとも呼ばれる病気です。 その昔には、不治の病とも言われ、治る見込みがなく恐れられていました。 その言葉が表すように、白血病になった人はほとんど亡くなっています。 スポンサーリンク しかしながら、現在では、治ることも多くなり、完治も期待できるようになってきています。 確かに難しい病気ではありますが、白血病になっても希望を失わずに治療に専念することが大事です。 白血病のなかでも多いのが急性骨髄性白血病で、白血病全体の約60%になると言われています。 白血病には大きく分けて、骨髄性とリンパ性があります。 骨髄性白血病は、血液の作られる骨髄で、正常な血液細胞ができずに白血病細胞になってしまうものです。 主に骨髄芽球と呼ばれる未成熟な血液細胞ががん化することで増殖してしまいます。 このように血液細胞ががん化する原因については、ベンゼンなどの化学物質に晒されたり放射線を浴びる量が多すぎたりすることが大きく関係しているのではないかと考えられています。 急性骨髄性白血病では、その進行スピードが早いため、できるだけ早く発見し、直ぐにでも治療を始めていくことが大事になります。 スポンサーリンク その初期症状には、次のようなことが挙げられます。 赤血球の減少で、動悸が起こりやすくや息切れしやすくなります。 白血球の減少で、風邪などに罹りやすく、熱を出しやすくなります。 血小板の減少で、見に覚えのないあざや鼻血が出やすくなります。 このような症状に気が付いたら、早めに病院で検査を受けるようにしましょう。 血液検査をすることでかなりの精度で白血病の診断ができるようになります。 急性骨髄性白血病の治療では、抗癌剤や免疫抑制剤などが使われるようになります。 その症状やステージによって使用される薬は異なりますが、主治医の指示に従って治療を進めることが大事です。 また、白血病ではその治療期間が長くなる傾向にあります。 個々の症状に依存しますが、最低でも3ヶ月から半年、長いと1年となってくることもあります。 また、白血病細胞が消えて寛解になってからも再発の可能性は残っており、注意しなければいけません。 寛解後の5年間で再発しなければ完治とされますが、急性骨髄性白血病の5年生存率は約40%と言われています。 スポンサーリンク この記事は、気に入っていただけましたでしょうか? 少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。

次の