引越し 見積もり ヤマト。 【辛口注意】アート引越センターで見積もりを取ってみた!【引越し料金LAB】

引越しをクロネコヤマトで!?どんなプランが?気になる料金は?

引越し 見積もり ヤマト

【引越し作業】 作業員の方が途中で一人交代があり、3人の方が関与しましたが、どの方も丁寧な運搬で、傷や痛みもなく、汚れにくいようにする配慮もありました。 【サービス】 オプションはいろいろあったようですが、あまり細かいサービスは必要ないので家具・家電設置のみお願いしましたが、運び出し前の一時保管をサービスしてくれました。 【接客対応】 誠実で落ち着いた印象でした。 元気ばかりで暑苦しいのは苦手なので個人的には良かったです。 【料金】 妥当な相場だと思いました。 安さだけで選ばずに正解だと思います。 【総評】 全体的に教育が行き届いている印象です。 電話の受け答えや当日の対応、荷物の扱い等々どの点もきちんとしていました。 【引越し作業】 3階建ての二階の部屋からの引っ越してエレベーターもなく、炎天下の中での作業をしていただきました。 作業を見ているだけでもとても暑かったのですが、とても機敏に作業をしていただき、お手伝いをする準備もしていたのですが作業員お一人で40分くらいの速さですべての荷物を運び終えられました。 とても俊敏な動きですごいと思いました 【サービス】 植木鉢があったのですが、引越し中に壊れないように、しっかりと包んでいただき、うれしく思いました。 植木鉢も無事に引越しすることができました。 【料金】 お見積もりをしていただいた価格と同じ料金で引越しをして頂きまして、安心してお任せすることが出来てよかったです。 【総評】 気持ちよく引越しをすることができました。 とても、まじめで紳士的、そして一生懸命作業をする担当者さんにお願いすることが出来てよかったです。 【引越し作業】 荷造りの大部分を業者任せにしましたが、キッチンの道具など女性2人が手馴れた感じで丁寧・迅速に扱い見ていて感心してしまいました。 家具類の運搬もシートを敷いたりカバーをつけたりと、細かい部分での作業に魅力を感じました。 【サービス】 家具の設置や家電の配置についていろいろアイディアを出していただいて助かりました。 【接客対応】 良く教育された感じで、電話応対から当日の作業員の全員がきちんとした感じでした。 【料金】 特別安くはありませんが、自分たちでの作業がほとんどなく楽な引越しだったので価格通りの価値は充分あると思います。 【総評】 やはり大手ならではの信頼感がありました。 宅配便での丁寧配達のイメージは引越しにもきちんと反映されていました。 安心してお任せできる業者だと思います。 【引越し作業】 梱包は自分で行いましたが、積み込むのに分解・組立が必要な家具はスムーズに対応してくれました。 【サービス】 洗濯機の設置をお願いしていて、引っ越し先の都合でその場で設置できないトラブルがありましたが、返金対応してもらえました。 【接客対応】 速さ重視で、テキパキ作業をされる感じでした。 その都度確認してくれるので、安心できました。 【料金】 見積りを取った大手の中でも安かったし、見積り通りの料金だったと記憶しています。 ただ、積んでみると結構スペースが残っていたので、余裕をもって見積りをだされたのかもしれません。 【総評】 作業自体には満足しましたが、見積り時に余裕があることを教えてもらえたらもっと評価できたと思います。 【引越し作業】 てきぱき無駄のない動きで、あっという間に全ての荷物を搬出、搬入してくれました。 何点か引越しで壊れてしまったものもありますが、料金が安かったのと、長距離のコンテナ移動という点も考えると、まあ仕方ないかなと思います。 【サービス】 自分で梱包するのに困る観葉植物などはとても丁寧に梱包してくれて助かりました。 梱包材も足りなくなったら追加でいただけました。 【接客対応】 そんなにお話ししたりする暇もなかったけれど、皆さん黙々と作業してくださいました。 【料金】 うちに決めてくれればどこよりも頑張りますとの事で、3社に見積もりを取った中で一番お安くしてくれました。 【総評】 概ね満足です。 またお願いしたいです。

次の

クロネコヤマト「単身パック」の概要を解説!見積り〜当日の流れは?

引越し 見積もり ヤマト

荷物が少なめの人であれば、BOX単位で引っ越す「単身パック」がお得です。 そのため、クロネコヤマトの単身パックを検討している人もいるはずです。 しかし、予約や当日の流れがわからないと、申し込むのにも不安を感じるのではないでしょうか。 そもそも、単身パックがどのような引越しプランなのか分からない人もいるかもしれません。 単身パックは、「宅急便感覚」の気軽でお得な引越しプランです。 訪問見積もりが必要ないため、申込みも簡単です。 ただし、荷物量が制限されたり、最短でも翌々日以降の配達になったりするため、不便なところもあるのが実情です。 また、場合によっては、料金が割高になるケースもあるので注意が必要です。 このページでは、クロネコヤマトの単身パックの概要や、利用時の流れについて解説します。 また、検討するときの注意点についても後述するので、単身パックの利用を考えている人は参考にしてください。 この記事のもくじ• クロネコヤマトの単身パックとは? まずは、クロネコヤマトの単身パックの概要を簡単に理解しましょう。 単身パックは、BOX単位で荷物を運ぶ「宅急便感覚」の引越しプランです。 出典:) コンパクトでお得な引越しプランで、一人暮らし向けです。 クロネコヤマトでは、「 単身引越サービス」というプラン名になっています。 単身パックは、トラックをチャーターして引っ越すプランではありません。 複数のBOXを1台のトラックに載せて運ぶため、それだけ料金が割安になります。 単身パックはBOX単位の引越しになるため、 荷物量が制限されるからです。 クロネコヤマトの単身パックで運べる荷物量の目安は、以下のとおりです。 冷蔵庫(2ドア)• 洗濯機(4kg)• 電子レンジ• ダンボール10個• 衣装ケース3個• ふとん袋1袋• スーツケース1個• ダンボール15個• 衣装ケース3個• 荷物の種類によっては、収まる量が変わります。 クロネコヤマトの単身パックの場合、一人暮らし用の小さな家電ならBOXに収まります。 ですから、 荷物が少なめの単身者におすすめのプランです。 大きい荷物は単身パックで運べない ただし、冷蔵庫などが「家庭用サイズ」になるとBOXに収まらないため、単身パックは利用はできません。 また、ベッドマットレスや自転車などもBOXには積めないため、別送品として輸送することになります。 単身パックのBOXに荷物が収まりそうにない場合は、以下の記事で対象法を検討してみてください。 ですから、レオパレスなど家電備え付けの賃貸に住んでいる人に適しているプランです。 なお、3月20日~4月10日の引越しシーズンは、「単身引越サービス(mini)」を利用することができません。 この時期に引っ越すときは、「単身引越サービス フルサイズ」のほうを検討しましょう。 単身引越サービスの申込み〜当日の流れ ここからは、サービスの流れについて説明します。 とはいっても、基本的な流れは通常の引越しとほとんど変わりません。 単身パックでも、荷物の搬出・輸送・搬入は、すべて業者スタッフが行ってくれます。 ただ、小物の荷造りは自分でやることになります。 この点は、通常の引越しと同じです。 ただ、通常の引越しとは異なるポイントもあるので、その点については以下で順に説明していきます。 ヤマトの単身引越サービスは電話見積もり ふつう、引っ越しは「訪問見積もり」が必要になります。 でも、単身パックのようなプランはそれが必要なく、 電話での見積もりになります。 というのも、口頭でも荷物量を正確に伝えられるからです。 たとえば、「冷蔵庫、洗濯機、ダンボール10個、ふとん袋1袋、衣装ケース1個」という程度であれば、わざわざ訪問して確認してもらうまでもありませんよね。 ですから、気軽に見積もりを依頼できると思います。 ダンボールの調達は自分で 通常のプランならダンボールが無料でもらえますが、ヤマトの単身パックには付いていません。 したがって、ダンボールは別途購入する必要があります。 ダンボールを調達するには、以下の4つの方法があります。 【ダンボールの調達方法】• クロネコヤマトから単品購入する• 通販で資材セットを買う• ホームセンターで買う• 1枚単位でダンボールを買えますし、自宅まで届けてもらえるので便利です。 ただし、通販やホームセンターでも安価なものが売っています。 ですから、ダンボールがたくさん必要な場合は、少しでも安いところで買うことをオススメします。 また、ドラッグストアなどで処分予定のダンボールを譲ってもらうのも一つの方法です。 中古にはなりますが、もらうことができれば、ダンボールが無料で調達できます。 なお、 ダンボールの購入費用の目安は、3,000~5,000円程度です。 単身パックの場合は、この費用も含めて検討しましょう。 料金は前払い 単身パックは宅急便と同じような感覚なので、料金も集荷のタイミングで払います。 なお、支払いは「現金」と「クレジット」のどちらでも可能です。 ただし、クレジットカードで支払う場合は、事前に申告する必要があるため注意しましょう。 クロネコヤマトの単身パックは荷物が新居に届くまで日数はどのくらいかかる? また、引越しにかかる日数にも違いがあります。 通常、遠距離の引越しでなければ、荷物の搬出~搬入までは1日で終わるのが一般的です。 しかし、単身パックの場合は、荷物を集荷してすぐに輸送するのではなく、その地域へ運ぶ他の荷物を1台のトラックにまとめてから輸送します。 そのため、クロネコヤマトの単身パックは、最短でも「翌々日の配送」になります。 つまり、 新居に荷物が届くのは、最短で「集荷の翌々日」ということになります。 もちろん距離が遠ければ、配達されるまでの日数はさらに長くなります。 したがって、「単身パックでの引越しは通常より時間がかかる」ということを理解しておいてください。 利用する際は、そのことを踏まえてスケジュールを立てる必要があります。 ここまでの説明で、単身パックの流れについて理解できたと思います。 「通常プラン」と「単身パック」の流れで異なるポイントについてまとめます。 単身パックは「 電話見積もり」• 単身パックは「 ダンボールが有料」• 単身パックは料金が「 前払い」• 単身パックは最短でも「 翌々日配送」 これら4つのポイントが、単身パックの流れの特徴になります。 都合の良いこともあれば、不都合なこともあります。 そのことを良く踏まえて単身パックを検討しましょう。 ヤマトの単身引越サービスはダンボール回収が有料 なお、引越し後の「ダンボール処分」についても気をつけておきましょう。 一般的な引越しプランであれば、使用済みのダンボールを無料で回収してくれることが多いです。 しかし、クロネコヤマトの単身パックには、ダンボールの無料回収サービスがついていません。 依頼する場合は、 別途「3,000円」かかります。 単身パックは、確かに安いプランです。 しかし、資材の準備や引き取りに費用がかかるため、それらもすべて含めて安いかどうかを判断することが大切です。 クロネコヤマトの単身パックの予約方法 ここからは、クロネコヤマトの単身パックの予約・見積もりの方法について説明します。 とはいっても、方法はいたってシンプルで、予約方法は次の2つです。 ホームページから申し込む(見積もりフォームもしくはコールセンター)• 見積もり比較サイトから申し込む ホームページから予約する場合 クロネコヤマトのホームページを見ると、「見積もりフォーム」や「フリーダイヤル」があります。 もうすでにクロネコヤマトを利用することが決まっている場合は、ホームページから直接申し込むのが良いでしょう。 見積もりフォームの場合は24時間受け付けているので、いつでも申し込めるのがメリットです。 また、フリーダイヤルの場合は、その場でいろいろ質問できるのがメリットです。 いずれにしても、担当の営業所から電話がかかってきて、それに対応しなければいけないのは変わりません。 見積もり比較サイトから申し込む場合 しかし、どこの業者にしようか決まっていない場合は、見積もり比較サイトから申し込むことをオススメします。 なぜなら、 クロネコヤマトを含め、各社の料金やサービス内容をカンタンに比較できるからです。 「できるだけお得なプランを選びたい!」という人は、比較サイトを使って見積もりを依頼しましょう。 ですから、積極的に見積もりを集め、そのうえで良く検討することをオススメします。 単身引越サービスの予約は何日前に取るべき? それでは、単身パックの見積もりは何日前に取れば良いでしょうか。 クロネコヤマトの単身パックは、 申込み日より「翌々日以降の搬出」になります。 たとえば、5月10日に受付が完了すると、最短で5月12日に荷物を搬出してもらえます。 したがって、 最短で考えると、2日前までに申し込めば間に合います。 ただし、予約状況によって、すぐに受付してもらえない場合もあります。 とくに3月は予約が殺到するため、希望どおりの予定が押さえられない可能性があります。 ですから、 急な引越しでないかぎり、遅くても2週間前までには申し込んでおくべきです。 ちなみに、 クロネコヤマトでは「早期申込割引」があり、14日以上前に予約すると1,000円の割引があります。 このことからも、できるだけ早めに予約することをおすすめします。 クロネコヤマト「単身引越サービス」の各種割引 前述でも紹介しましたが、クロネコヤマトには様々な割引サービスがあります。 その条件を満たすことで、単身パックの料金はさらに安くなります。 割引の種類は、以下のとおりです。 【クロネコヤマトの割引】 割引の種類 割引き額 適用条件 WEB割引 2,000円OFF ホームページからの予約 平日割引 2,000円OFF 平日の引越し 早期申込割引 1,000円OFF 14日以上前の予約 複数BOX割引 1,000円OFF BOX2個以上の利用 たとえば、「WEB割引」「平日割引」「早期申込割引」の条件をすべて満たせば、5,000円の割引になります。 単身パックはもともとお得なプランですから、割引してもらえば、かなり安くなります。 単身パックでも料金が必ず安いとは限らない ただし、単身パックでも割増料金になったり、割引が適用されなかったりする場合があるので注意しましょう。 3月20日~4月10日は、引っ越し予約が殺到します。 引越しシーズンは、業者にとって最繁忙期です。 そのため、どこの業者も「強気の料金設定」になります。 クロネコヤマトも例外ではありません。 クロネコヤマトの単身パックの料金における注意点は、以下のとおりです。 単身パック料金の注意ポイント• ダンボールなどの資材費がかかる(3,000~5,000円程度)• ダンボールの回収サービスが有料(1回につき3,000円)• BOXを追加すると、料金は2倍3倍と高くなる• BOXに入らない荷物は別送費用がかかる このように、単身パックを利用するときの条件によっては、料金が高くなる可能性があります。 とくに、 BOXの追加費用と別送費用が発生すると、料金は数万円単位で高くなるので注意してください。 確かに、単身パックは「荷物が少なめの人」にとってお得なプランです。 また、申し込みも簡単ですし、何より訪問見積もりの手間がかからないのは助かります。 ただし、条件によっては、料金が思っていたよりも高くなることがあります。 ですから、他社からも見積もりを取り、そのうえで「一番安く引っ越せるのはどこか」を判断することが大切です。 引越し料金をできるだけ安く抑えたくても、どの業者を選べばいいか迷いますよね。 そこでオススメなのが 『 一括見積もりサービス』です。 一括見積もりとは、複数社にまとめて見積もりの依頼ができるサービスのこと。 カンタンな情報を入力するだけで、 各社の概算料金をWeb上ですぐにチェックできます。 ですので、「少しでも安い業者を選びたい!」という方にはとても便利なサービスです。 実際に私もサービスを利用したことがありますが、一人暮らしの引っ越しでも、一番高い業者と一番安い業者の差は 5万3,000円にもなりました! 依頼内容はいっしょなのに、引越し業者によって料金がこんなに違うなんて・・・。 もちろん、サービス内容にも納得した上で、一番安い業者を選びました。 一括見積もりは無料のサービスです。 引越し業者を選ぶ際は、ぜひ気軽に利用してみてくださいね。 一番安い業者がすぐに見つかる! サカイやアート、アークなど、有名会社からまとめて見積もりを取れるのが 『 引越し達人』です。 〈引越し達人の特徴〉• 大手から地域密着まで全国210社以上と提携• 最短30秒のカンタン入力で、各社の料金をWeb上で比較• 引越し料金が最大55%OFF• サービス内容や口コミもその場でチェック• お得な限定特典が豊富• 見積もりだけでもOK• 完全無料 『引越し達人』は各社の料金をウェブ上ですぐにチェックできるので、1番安い引越し業者が一発で見つかります。 引っ越し費用をできるだけ抑えたい方は、最大55%オフになる『引越し達人』で料金を比較してみてくださいね。 一番安い引越し業者が見つかる! SUUMO(スーモ) 電話登録ナシで一括見積もりできる! こちらは、リクルートが運営する 『 スーモ』の一括見積もりサービスです。 『スーモ』の特徴は、電話番号の登録が【任意】になっていること。 引越し業者とのやりとりをメールで済ませることができます。 「引越し業者からの営業電話に対応したくない!」という方には、スーモの一括見積もりサービスをおすすめします。 電話登録ナシで一括見積もりをゲットする.

次の

【料金相場表付き】クロネコヤマト引越センターの費用を50%以上割引く方法

引越し 見積もり ヤマト

引越し日・引越し人数 同じ荷物の量、移動距離であっても引越しをする時期により見積もり料金が上下します。 引越しを希望する人が多い3月・4月の繁忙期を選択すると概算料金は高くなります。 また、家族の人数が増えると荷物量も増えるため、輸送コストの関係から費用が高くなる傾向にあります。 現在の住所・引越し先住所 移動距離が長くなるほど実際の引越し料金も概算金額も高くなります。 旧居と新居の距離別で引越し費用の相場が知りたい場合はも参考にしてください。 また、住居にエレベーターがあるか・ないかといった点も、作業スタッフの人員数などに関わるため、見積もりに影響します。 運搬する荷物 家財は個数だけでなく、それぞれのサイズや取り扱い方によって運搬費用に影響があります。 単純に数が多ければ多いほど、引越し料金は高騰します。 お見積もりに際して個人情報の入力は不要です! 本シミュレーションでは、お名前や電話番号、メールアドレス等の個人情報を入力せずに、あなたの引越しの見積もり相場を把握可能です。 ネットで簡単な情報入力をするだけで料金がわかるので、面倒な引越し業者とのやり取りをせずに、お気軽に引越しにかかる費用を調べることができます。

次の