生理 中 お腹 空 かない。 お腹がボコボコ(ポコポコ)鳴る・動くおならのような音原因は水やガス溜まり?

女性の頻尿と腹痛で考えられる病気!病院は何科へ行くべき?

生理 中 お腹 空 かない

女性の頻尿や腹痛が原因で考えられる病気は? 頻尿と腹痛の症状が同時に起きる場合、病気でなければ冷えや緊張といった原因が真っ先に考えられます。 ただ冷えや緊張に心当たりがない時や併せて何らかの異常がみられた時は、女性特有の病気が原因かもしれません。 症状の強さや併せてみられる症状から、特に可能性が高い病気をお伝えします。 間質性膀胱炎 間質性膀胱炎は最近知られるようになった病気で、患者の9割を女性が占めるという圧倒的に女性に多い病気です。 細菌感染で発症する膀胱炎とは違い、間質性膀胱炎は膀胱の近くの間質が炎症を起こし発症します。 間質とは臓器の実質以外の部分を指し、結合組織や血管・神経などがこれにあたります。 症状は頻尿や下腹部痛の他、下腹部の違和感や尿意切迫感、残尿感などで急性膀胱炎との違いは症状だけでは分かりにくいです。 間質性膀胱炎は原因や完治させる方法が未だ解明されていないため、治療が遅れると膀胱が委縮してしまう危険性もあります。 急性膀胱炎 急性膀胱炎の症状は間質性膀胱炎と同じで頻尿や下腹部痛・下腹部の違和感、尿意切迫感や残尿感ですが、発症のメカニズムは全く違います。 急性膀胱炎は尿管から侵入した細菌が膀胱内で増殖して粘膜に炎症が起こり、それが原因で頻尿や腹痛といった症状が現れます。 下腹部痛は細菌による炎症が原因で起きる痛みであり、悪化すると我慢できないほどの痛みになります。 急性膀胱炎と間質性膀胱炎は症状が似ていますが、見分ける一つの方法として 急性膀胱炎は尿の汚濁が強くなる傾向にあります。 (急性膀胱炎でも尿がほぼ汚濁しない場合もあるため、確実に見分ける方法ではありません) 急性膀胱炎は自然治癒する可能性がありますが、炎症の原因となる細菌を投薬によって死滅させないと、また再発する可能性が高いです。 素早く治療すれば3日程で症状は改善に向かい、再発のリスクも減らせます。 スポンサーリンク 子宮内膜症 子宮内膜症は生理中の血液量が多い人や下腹部の痛みを伴う女性であれば、誰でも聞いたことがある病気ですよね。 しかし子宮内膜症が原因で頻尿になると知っている人は、少ないのではないでしょうか? 子宮は膀胱の近くにある臓器なので、子宮内膜症が悪化すると子宮と膀胱が癒着する場合があります。 そうなると 生理の度に子宮と癒着している膀胱も刺激されるため、生理による腹痛と併せて頻尿の症状も起こります。 子宮頸がん 子宮がんは近年、20代・30代の若い世代に急増している病気です。 子宮頸がんも急性膀胱炎や間質性膀胱炎と同じく腹痛・頻尿を伴いますが、 決定的な特徴としておりものの異常がみられます。 おりものの色や臭いがいつもと違う状態が続き、頻尿や腹痛の症状がみられる場合、一度病院で子宮頸がんの検査を受けることをおすすめします。 これら女性特有(女性に多い)病気は、いずれも早期の治療により症状の悪化を防ぐことができます。 とくに子宮内膜症や子宮頸がんは、月経量の過多や不正出血が症状として現れるため、女性特有の病気であると気づきやすいといえます。 実際、尿路結石や腎盂腎炎、自律神経失調症などでも同様の症状が起きるので、自分で判断することはまず無理です。 そのため病院を受診する場合、 様々な病気の専門医がいる総合病院で診てもらうのがおすすめです。 総合病院だと疑われる病気によって最適な科を紹介してもらえますし、違う病院に再来院する手間を省くこともできます。 頻尿・腹痛と併せて生理痛や月経量の過多などの症状が見られたときには婦人科、その他の場合は頻尿器科を受診しましょう。 まとめ 腹痛や頻尿はものすごく身近な体の不調ですが、• 症状が改善しない• 腹痛、頻尿以外にも気になる症状がある このような状況の時は重大な病気を患っている可能性があります。 「頻尿も腹痛もよくあることだから…」と軽く考えず、少しでも早い段階で病院を受診するように心がけてくださいね。 スポンサーリンク.

次の

すぐお腹がすく人、すかない人の違いを紐解く

生理 中 お腹 空 かない

生理中に食欲不振となることで、身体への不安を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 生理中に食欲が減退するのはなぜでしょう? 生理前~生理中の食欲不振はPMSの影響? 生理前から生理中に食欲の減退などの症状が出るのは、月経前症候群(PMS)のためと言われています。 生理中はただでさえ精神的に不安定になってしまう、という方も多いかと思いますが、色んな症状が重なった上に食欲不振になり気分が落ち込むというのは非常につらいことだと思います。 生理中の食欲不振の原因は? 生理中に食欲が減退するのは、実は異常なことではありません。 生理前は、身体の中では女性ホルモンの影響で血液を押し出す準備がはじまります。 そのため、骨盤の中でうっ血状態が引き起こり、骨盤の中が充血します。 そうなることで子宮がだんだんと大きくなり骨盤にある神経を圧迫するため、下腹部が張ったような状態となります。 こういった症状が原因で、普段より強い疲労感や不快感を感じることが多く、それらに誘因されて食欲不振となることは異常なことではないのです。 生理が終われば解決する 生理中に下痢や便秘が起こる方も多いと思いますが、これも子宮が骨盤の神経を圧迫することで引き起こされると言われています。 「食事をすると便秘になる、よりお腹が張る」と感じ、食欲不振に拍車がかかる方もいらっしゃると思いますが、このような症状は生理が終われば解消するといえます。 生理が終わるまでは、ある程度の我慢が必要ですが、食欲不振にまかせて全く食事をとらないということはお勧めできません。 無理をしない程度に、自分のペースで食べられる物を少量ずつでも摂っていきましょう。 スープや流動食などが、食欲不振の際には食べやすいかもしれません。 食欲不振でも冷たいものは摂らない 食欲不振で固形物を摂ることが難しい時に、流動食は非常に助かる食物です。 しかし、生理中にこれらを摂る時気をつけたいのは、冷たいものは極力避けるということです。 ホルモンの影響でただでさえ血行が悪く、うっ血している状態が続いているところに冷たいものと摂取すると、さらに血行が悪くなってしまい症状が悪化することが考えられます。 つらい時は温かいスープなどを選ぶように心がけましょう。 少しでも栄養を摂ると考え、食欲不振とも上手につきあっていきましょう。 生理前に太るのは当たりまえ?!食欲増加の原因ってなに? 生理前や生理中に、異常に食欲がましてしまう。 そのようなこともありますよね? お腹が空いていなくても、食欲が出てしまう…。 なぜ、生理前にこのようなことが起こるのでしょうか? 生理前・生理中に食欲がとまらないのはナゼ? 生理前から生理中に、食欲が止まらなくなってしまう理由は「月経前症候群(PMS)」 によるものと言われています。 月経前症候群は、月経を促す女性ホルモンの影響で、生理の約2週間前頃から身体と心に起こるトラブルの総称です。 生理前の食欲増加は、血糖値が関係している?! 生理前になると、甘い物や脂っこい物が食べたくなる、といった方は多いのではないでしょうか。 これは、体内の血糖値が下がっているからと言われます。 なぜ血糖値が下がるのでしょうか。 エストロゲンとプロゲステロン 生理前の食欲増加、これは「生理の前」が特徴で女性ホルモンの影響で起こる症状です。 女性の心身のバランスは「エストロゲン」と「プロゲステロン」という女性ホルモンでコントロールされており、生理前に食欲が止まらなくなるのはこれらのホルモンの分泌量の変化によるものです。 血糖値が下がるのはエストロゲンの影響 生理の約2週間前からホルモンの分泌量が変化し、エストロゲンが過剰に分泌されます。 エストロゲンが過剰に分泌されると、インスリン感受性が上昇し血糖値が下がりやすくなります。 血糖値が下がると空腹中枢が刺激され、食欲が高まるのです。 普段ならあまり欲しくない、甘いものや脂っこいもの、炭水化物など血糖値の上昇に効果的なものへの食欲が増すのも、こういった理由からです。 「血糖値の安定」で食欲を抑えよう ・食事 過剰な食欲を抑えるためにも、生理前から生理中は血糖値を安定させる努力をしてみましょう! 食事の量は増やさず、回数を増やすことで、血糖値が極端に下がることを抑止できます。 また、空腹にし過ぎないことで、血糖値の急激な上昇を防ぐこともできます。 血糖値の急激な上昇は、血液中に血糖値を上昇させる物質がなくなった時に、身体が血糖値を上げる物質を渇望してしまいます。 そのため、糖質をとりつづけなければガマンできない心理状態になりやすく、過食を促進させてしまう危険性があります。 ・運動 血糖値の安定には運動も効果的とされています。 空腹を感じたら、いつもより長い距離を早足で歩く、階段を積極的に使うなど身体を動かすことを意識してみてください。 血糖値が安定し、空腹を感じづらくなることと思います。 また、どうしてもガマンできないときは炭酸水を飲むのも効果的です。 食欲を上手にコントロールして、生理にふり回されない身体をつくりましょう。 生理前は太りやすい 生理に関わる女性ホルモンは、生理前の身体の代謝を下げ栄養分を温存できる状態に持っていく働きをします。 そのため、普段よりも水分・塩分を細胞の中に溜め込みやすくなるため、むくみなどの症状が出やすくなります。 生理前から生理中はこれらの影響を受け、人にもよりますが1㎏~3㎏程度体重が増える可能性があります。 生理前・生理中は水分で体重が増えている 生理前に体重が増える理由は前述の通りですが、増えた体重はとても気になりますよね。 しかし、これらの体重増加のほとんどが水分と言われています。 ですので、生理前から生理中の体重増加は生理が終わることで解消される可能性が高く、そこまで気にすることはないようです。 生理前から生理中は体重の増加をストレスに感じるのではなく、月経前症候群からくる気分の落ち込みなどを解消してあげるように心がけましょう。 いつもどおりの食事量をまもろう 生理前の食欲がとまらない現象は「月経前症候群」の影響のため、体重増加についても重く考えないようにするのも大切ですが、甘えすぎもいけません。 毎月のことなので、その度に自分を甘やかし過ぎて「過食」を繰り返せば、チリも積もればで、徐々に太ってしまう可能性があります。 過度な食事制限は決してするべきではありませんが、食欲に任せての食べ過ぎもよくありません。 普段通りの食事量を守り、バランスよく食事を摂ることが大切です。 どうしても食欲が我慢できない、という方は食事量は変えず回数を増やしてみましょう。 どうしても甘い物が欲しい時も、小分けの物少しずつ食べるようにして、コントロールをしましょう。 生理後に体重が戻らなかった危険信号です。

次の

生理前・生理中の食欲不振!食欲がないときの原因と対策は?

生理 中 お腹 空 かない

生理周期が乱れ、徐々に経血が減少 閉経が近づくと、まず、「生理の周期」が開くようになります。 今まで、比較的、規則正しい周期で生理が来ていた人も、生理の間隔が乱れてきます。 出血量も、一時的に多くなりますが、その後、だんだん量が減少傾向に。 また、生理ではない時期にも、「不正出血」が見られることも増加します。 ただ、閉経前の兆候は、個人差が大きく、症状もいろいろあるのが実情です。 さまざまなプロセスを経て、そのうち生理の間隔が長くなり、1年以上生理がこなくなると、「閉経」となります。 個人差が大きい!『閉経前の兆候』 「閉経までのプロセス」は、実は、千差万別。 個人差が大きいのが特徴です。 まずは、先輩方が経験した「閉経前の兆候」のクチコミを見てみましょう。 個人差が大きい閉経までのプロセス 「1か月に2回も生理が来たかと思えば、今度は、2〜3か月こなかったりしました。 生理ではない時期にも、突如、不正出血がでることもありました」 「生理の周期がどんどん短くなりました。 若いときは、生理の期間が6日ほどあったのに、閉経前には、3日程度で終わってしまって、量も少なくなりました」 「3か月来ないかと思えば、今度は、毎月生理が来たり。 ありえないくらい、大出血するときもありました。 徐々に、また間隔が空いて、10か月以上生理が来なくなり、閉経しました」 「1回あたりの生理の期間が長くて、10日以上も続くことが増加しました。 量も多くてうんざりしていましたが、だんだん少なくなり、いよいよ閉経?と思ったら、また来たり。 3年以上も、生理のサイクルや量が乱れっぱなしで、ようやく閉経しました」 「量が多くなったり、少なくなったり、だらだら続いたり。 サイクルが乱れて、いつ生理が来るのか予測できないので、いつもナプキンを持参していました。 こういう期間が結構長くて、5年以上続いてようやく閉経しました」 「普通の閉経のように、サイクルが乱れたり、出血が多かったりということもなく、身内の不幸があったときのストレスで、突如、閉経しました」 参考になるのは「実母の閉経時の症状」 これだけ、個人差がある閉経前の症状ですが、クチコミの中で、「参考になった」という意見が多かったのは、「実母の閉経時の症状」です。 実母の経験談は、遺伝の関係で「体質が似ている」場合が多いので、閉経までの症状は似ているケースが多いようです。 FSHと合わせて、E2+LH検査も行うと確実性が増します。 確実に診断するために、FSHだけではなく、E2とLHというほかの2つのホルモンもあわせて測定することができます。 E2E2とは、エストラジオールというホルモンで、卵巣から分泌されるエストロゲン(女性ホルモン)の中で、最も活性が強いホルモンです。 LHまた、LHとは、脳下垂体から分泌されるホルモンで、これを検査すると、性腺機能の異常を確認できます。 より確実に調べたい場合は、時期をずらして、2回〜測定すると正確な状況が診断できます。 AMH血液検査 血中内の「卵胞から分泌されるホルモン」を調べる 卵巣内の「卵胞数」を調べる方法です。 AMHとは、アンチミューラリアンホルモンの略称で、育つ可能性がある卵胞から分泌されます。 血液検査で、このホルモンの量が低くなっていると、卵子の数が減っている状態。 つまり、「閉経が近づいている状態」かもしれません。 AMH値には、基準値がないため年代平均と比較する ただし、知っておきたいのは、「AMH検査には、基準値や正常値がないこと」です。 その理由は、卵子の数には個人差があり、もともと、「卵子の数が少ない」という場合もあるため。 AMHで閉経診断する場合の「判断基準」は、年代別の平均値との比較になります。 つまり、40代女性の平均値と、ご自身の実測値を比較することで、ある程度、閉経を予測します。 この検査は、月経周期と関係なく、いつ測定してもよい血液検査です。 確実性を求める場合は、FSHと合わせて、E2+LH検査を選択しましょう。 関連ページ そもそも更年期とは何なのでしょうか?何歳くらいになると、注意が必要なのでしょうか?女性なら、誰もが経験する更年期障害について詳しく知るための基礎知識をご紹介します。 女性の体調に、重大な影響を与える「女性ホルモン」。 実は、生涯のうちに分泌される女性ホルモンの量は、たったのスプーン1杯。 たったこれだけの量で、閉経を迎えるまでの間、女性の体を守っているスゴイ存在です。 更年期の不調は、女性ホルモンの急激な減少が原因となって、自律神経が乱れることが原因。 ホルモンの減少を食い止めることはできませんが、この急減が緩やかになれば、ひどい不調は緩和しやすくなります。 つまり、ホルモンは出せるうちは最大限に出すこと。 急な下り坂を緩やかにできれば、ソフトランディングも可能です。 ここでは、女性ホルモンの下り坂をなだらかにする基本ポイントをご紹介していきましょう。 全ての女性に必ずやってくる閉経。 そもそも閉経とは何なのでしょうか?更年期障害と密接な関わりがある閉経についての基礎知識をご紹介します。 閉経するとどうなるのか不安な女性のための症状事例です。 閉経すると女性ホルモンの恩恵をほとんど受けられなくなります。 そこで起こるのが、体調の変化。 起こりやすくなる病気や個人差について解説しています。 体調が乱れがちな「更年期」。 実は、女性ホルモンの乱れ具合は、「基礎体温」をつけるだけで、ある程度予測することができます。 しかも、「閉経が近づいているかどうか」も、「体温管理」で予測可能! ここでは、「基礎体温と女性ホルモンの関係」と「基礎体温」の測り方、活用方法について、詳しくご紹介していきましょう。 閉経すると、女性ホルモンの恩恵がなくなり一気に老化が加速します。 更年期からのアンチエイジングは、この加速度のついた老化を遅らせるために欠かせない対策です。 更年期障害はなぜ起こるのか?更年期の身体に起こる、さまざまな不調が起こる仕組みには、無意識のうちに起こる脳からの指令が関係しています。 脳と女性ホルモンの関係について知っておきましょう 更年期障害を引き起こす自律神経には、2つの重要な神経があります。 実は、この神経の乱れが、更年期不調の直接原因!ここでは、自律神経の役割について、ご説明します。 更年期の症状を引き起こす、きっかけとなるのが、女性ホルモンの減少です。 女性ホルモンとは、そもそもどんな役割を担っているのでしょうか。 2つの女性ホルモンについて、知っておきましょう。 更年期障害は、自律神経のバランスが崩れることが原因で起こります。 身体のさまざまな変化と深い関係のある自律神経について、まずよく理解しておくことが大切です。 女性ホルモンが乱れ、減少しつつある「更年期」。 更年期に起こる不調は、この女性ホルモンの影響で、「自律神経」が乱れることが、直接的な原因です。 不調を緩和するためには、おおもとになっている「女性ホルモン」を補充する方法も有効ですが、「自律神経」そのものを整えるのも効果的です。 ここでは、自律神経を整える6つの方法について、解説していきましょう。 更年期に起こる、のぼせやほてり、イライラや憂うつ感。 更年期障害といっても、現れる症状は実にさまざま。 症状だけ数えても、20種類以上にのぼります。 でも、その不調も、大まかには2種類に分けることができます。 体に現れる「身体的な不調」と、心の調子が悪くなる「精神的な不調」です。 どちらもつらい症状に変わりはありませんが、人によって、現れる不調の症状がかなり違いがあります。 それは、いったいなぜなのでしょうか?ここでは、症状の違いが出る原因について、詳しくご紹介していきましょう。 更年期障害が起こる原因は、女性ホルモンの減少が引き起こす自律神経の乱れです。 実際に、自律神経が乱れているのかどうかは、血液検査で簡単に調べられます。 これが、原因で起こります。 自律神経は、無意識のうちに、「呼吸や血流をコントロールする重要な神経」のこと。 「交感神経」と「副交感神経」の2つで成り立っていますが、このバランスが崩れると、様々な問題が起こります。 とくに、「交感神経」にかたよると、更年期の不調がどんどんひどくなってしまいます。 いま、ご自身の「自律神経」は、一体どんな状態でしょうか? 詳しく調べるには、病院で「血液検査」などをする方法がありますが、そんな検査をしなくても、自力で調べる方法があります。 ここでは、自分で「自律神経の状況を調べる方法」について、ご紹介していきましょう。 更年期になると、誰もが気になるのが、「閉経の時期」。 日本人の女性の平均閉経年齢は約50歳ですが、実際に閉経する年齢は、かなり個人差があるのが実情です。 では、実際のところ、「閉経が早い人」「閉経が遅い人」には、何か傾向のようなものがあるのでしょうか? 詳しくご紹介していきましょう。 更年期に起こる、さまざまな不調。 「のぼせ」や「めまい」、「イライラ」や「倦怠感」。 心身ともに、実に多くの不調が現れます。 でも、同じ「更年期」なのに、人によって「不調のひどさが違う」ことがあります。 実は、これと同じように、「季節」や「天気」、「住んでいる場所」によっても、不調に違いが出るのをご存じでしょうか? ここでは、更年期の不調が起こりやすい「季節」や「天気」、「居住地」について、詳しくご紹介していきましょう。 「閉経したはずなのに、突如出血…!?」こんなことがあった場合には、どうしたらよいのでしょうか?ここでは、考えられる4つの原因と、対処法について、ご紹介しましょう。 女性ホルモンが、急激に減少し始める更年期は、お肌も著しく変化を起こす時期です。 20代や30代のときとは、明らかに違うのが、お肌です。 まず、変化を感じるのは、お肌の乾燥。 今まで使用していた化粧水や保湿液では、乾燥を止められなくなります。 閉経を、まじかに迎える更年期。 「閉経すると、女じゃなくなるようで不安…」。 人にはいえない、こんな悩みを抱えている方も少なくありません。 先日(6月22日)に放映された、NHKの朝番組「アサイチ」でも、「閉経すると女じゃなくなるよね」という夫の何気ない言葉に、傷ついたという女性のお話が少し登場していました。 いま、更年期の症状に悩まされていると、「閉経したら楽になる」という期待感を抱きがちになります。 果たして、実際のところはどうなのでしょうか? 「更年期の不安を解消!」/日経BP社が刊行しているMOOKに、興味深い調査データがあります。 それによると、40〜65歳の女性1554人を対象に、「閉経前と閉経後、症状がつらかった期間の長さ」を調査した結果、「閉経後の方がつらい期間が長かった」と回答した人の方が多数! 残念ながら、閉経さえすれば楽になるというのは、少し違うようです。 詳しい内容を、抜粋してご紹介していきましょう。 更年期の女性が注意したいのは、「無月経=閉経」ではないことです。 生理が来なくなったからといっても、それは「閉経」ではなく、「続発性無月経」の可能性があります。 もし、ご自身の年齢が、まだ50歳以下で、生理が来ない状況が3か月以上続いているなら、閉経なのか、頻発性無月経なのかを、確認する必要があります。 ちょうど、更年期の年齢(45〜55歳)で、しばらく生理が来なかったら、疑われるのは、「閉経」か、まさかの「妊娠」です。 更年期の年齢で、妊娠する可能性はあるのでしょうか? また、閉経と妊娠の違いは、どのように判断すればよいのでしょうか? 詳しく、ご紹介していきましょう。 女性にとって、健康維持のためにも欠かすことのできない「女性ホルモン」ですが、20代をピークに、このホルモン力にも陰りが見え始めます。 最終的にその役割を終えるのは、閉経時期。 日本人の女性の場合、50歳前後で、その時期を迎えます。 初潮から閉経までの間に、ホルモン力が低下する分岐点がいくつかあります。 そのターニングポイントを、ご紹介しておきましょう。 20代、30代でも起こる!若年性更年期障害とは?40代の女性だけではない身体の不調の原因について詳しくご説明しましょう。 「PMS」という症状をご存知でしょうか? PMSとは、「月経前症候群」のことで、月経が起こる前になるとイライラしたり、気持ちが不安定になる症状のこと。 胸が張るという身体的な不調も、PMSの特徴です。 PMSは、年齢とは関係なく起こる症状ですが、PMSが強く出ている人ほど、更年期の症状も強く出やすいといわれています。 それは、一体なぜなのでしょうか? 更年期の代表的な症状に、「イライラ」や「憂うつ感」「不安」などの精神的な不調があります。 そこから、「更年期うつ」に発展してしまうことも、少なくありません。 実は、女性は男性の約2倍も「うつ」になりやすく、とくに更年期にさしかかる40代以降の女性に「うつ」が急増しています。 女性が、うつになりやすいのは、なぜなのでしょうか?ここでは、その原因について、詳しくご紹介していきましょう。 更年期に近づくと、出てくるさまざまな不調。 厳密にいえば、「更年期」とは、45〜55歳の年代です。 でも、最近では、30代〜40代前半でも不調に悩まされる女性が増加し、この世代を「プレ更年期」と呼んでいます。 プレ更年期で、もし更年期のような不調が出てきたなら、その原因は、更年期の女性の不調とは、違う理由かもしれません。 更年期障害が起こる年齢は、個人差がありますから、年齢だけで判断することはできませんが、原因は正しく知っておいた方が、正しい対処法を取ることができます ご自身の不調の本当の原因は、何なのでしょうか? 詳しく解説していきましょう。 更年期に起こる、さまざまな不調。 これは、「女性ホルモンの急減」が原因ですが、不調を引き起こす決定的な原因のひとつに、「血流とリンパ」があります。 更年期障害が起こる仕組みをカンタンに解説すると、以下の通り。 この司令塔がおかしくなると、血流が悪くなり、さまざまな不調が起こりやすくなります。 つまり、不調改善のカギは「血流の悪さを改善すること」。 ここでは、その理由と5つのポイントをご紹介していきましょう。 動悸がしたり、のぼせや多汗があると、てっきり更年期の不調だと思いますよね。 でも、ここで注意したいのが、この症状とよく似たほかの病気がある点です。 それが、「甲状腺ホルモン」の病気。 更年期の不調とよく似た症状が出るのが特徴です。 (甲状腺ホルモンの病気の症状) ほてり、のぼせ、動悸、息切れ、イライラ、多汗、疲れやすい、体がだるい、眠れない、集中力が続かない、冷え性、むくみ、物忘れ、脱毛など 更年期になると、月経のサイクルが乱れた上に、経血量にも大きな変化が現れます。 これも、閉経が近づいていると起こる典型的な更年期の不調ですが、なかには、別の病気が原因になっている場合もあります。 「ありえないほど大量出血した!」とか、「1か月も月経が続いてる!」といった月経トラブルの場合、更年期が原因ではなく、「子宮筋腫」が原因かもしれません。 更年期が原因なのか? 筋腫が原因なのか?症状の違いを解説します 更年期の不調の中でも、ついつい放置してしまいがちなのが「月経がらみの症状」です。 ここで注意したいのが、「子宮がん」と「卵巣がん」のこと。 実は、この2つのがんに共通しているのが、「不正出血」の症状なのです。 「更年期と思っていたら、実はがんだった!」という深刻な事態に陥らないためにも、不正出血が続いたら、早めの対処が必要です。 子宮がんや卵巣がんの場合、更年期の不調と似ている症状には、ほかにもこんなものがあります。 ちょうど、40代から増加し始める症状で、「変形性頸椎症(へんけいせいけいついしょう)」という病気があります。 首の骨が変形することが原因で起こる症状で、更年期の症状と実によく似ています。 実は、「変形性頸椎症」が原因の方も、最初の病院の検査では「更年期障害」や「字膣神経失調症」と診断されてしまっている場合も少なくありません。 ここでは、この「変形性頸椎症」について、詳しくご紹介していきましょう。 疲れやすくなったり、体のどこかがしびれたり、ときには痛みも感じたり…。 こんな症状があったら、もしかすると、それは「帯状疱疹(たいじょうほうしん)」が原因かもしれません。 更年期とよく似た「帯状疱疹(たいじょうほうしん)」の症状は、体がだるくなる、体がほてる、皮膚がしびれるなど。 「帯状疱疹(たいじょうほうしん)」とは、いったいどんな病気なのでしょうか? ここでは、その症状と原因、治療法について、詳しくご紹介していきましょう。 更年期と似た症状が出る病気には、あまりにもスタンダードなものもあります。 それが、「貧血」です。 貧血になると、立ちくらみがしたり、動悸がしたり、イライラすることも多くなります。 しかも、ひどくなると「生理不順」の症状まで出ることも少なくありません。 では、「更年期」と「貧血」の違いは何なのでしょうか?それを、見極めるには、どんな方法があるのでしょうか? 詳しくご紹介していきましょう。 耳鳴りやめまい、肩こり…。 更年期になると、よくある不調ですが、これを、「てっきり更年期の不調だ」と思っていたら、実は「狭心症」だったというケースがあります。 耳鳴り、めまい、肩こり、腕の痛み、背中の痛み、食欲不振 どれも、更年期の不調でよく出る症状ですが、狭心症と更年期の不調を見分ける方法はないのでしょうか? また、そもそも「狭心症」とは、どんな病気なのでしょうか? ここでは、「狭心症」になると起こる症状やその原因についても、あわせて詳しくご紹介していきましょう。 更年期になると、「何もやる気がしない」や「うつうつ気分」になる方が増加します。 「体のだるさ」を併発している方も、少なくありません。 これも、女性ホルモンの乱れが引き起こす「典型的な更年期不調」ですが、実は、女性ホルモンの乱れだけが、主な原因ではないかもしれません。 その典型例が、「たんぱく質不足」。 これは、「お肉や魚などを制限している」、「偏食」している方に多い原因で、20〜40代の女性の多くが「実は、たんぱく質不足」という話もあります。 もし、このような食生活をしていて、「うつうつ」気分がある方は、食生活を改善するだけでも、症状が和らぐ可能性があります。 詳しく、見ていきましょう。 イライラしたり、落ち込みがひどかったり…。 「精神的な不調」が起こりやすいのも、更年期特有の症状ですが、もしかすると、それは「低血糖症」が原因かもしれません。 「低血糖症」とは、「血糖値が低下して起こる症状」のこと。 実は、血液中の糖分濃度が低下すると、「イライラ」したり、「落ち込み」やすくなり、「心の不調」を引き起こしやすくなります。 もし、日ごろの食生活が偏食がちな方は、今出ている心の不調は、更年期が原因ではない可能性があります。 ご自身の状況は、いかがでしょうか? 詳しく、解説していきましょう。 「骨粗しょう症」と聴くと、「老人になってからのハナシでは?」と思いがちですが、実は、そうでもありません。 「骨粗しょう症」とは、骨がスカスカになって、もろくなる病気です。 骨の主な成分は、カルシウムやリン、マグネシウム、たんぱく質。 とくに、骨を固くするカルシウムが減少すると、骨密度が低下して、「骨粗しょう症」になってしまいます。 更年期に、「体のあちこちが痛む」と、「更年期障害の一種かも?」と思いがちですが、実は単なる関節痛ではなく、「骨粗しょう症」が原因だったというケースも少なくありません。 実際、手首痛やひじ痛で病院に行ったら、「骨粗しょう症だった!」ということも!! ここでは、骨粗しょう症について、詳しくご紹介していきましょう。 「関節が痛む」。 「つかれやすくなった」。 「年のせいかなぁ…」とも思える症状なので、ついつい放置してしまいがちですが、もし、「こわばり感」も感じるなら、「リウマチ」の可能性も否定できません。 「リウマチ」は、身体の節々が痛んだり、ひどくなると、指などが変形してしまう病気ですすが、実は、圧倒的に女性に多い病気のひとつ。 しかも、「50代半ば〜60代半ば」の患者数が最も多く、発症年齢の平均は「40代前半」。 まさに、更年期のいま、起こりやすい病気のひとつです。 女性に多い、「腸の悩み」。 とくに多いのは「便秘」ですが、「下痢がち」という方も少なくありません。 更年期になると、「便秘」や「下痢」は、「よくある症状」とはいえ、もしそれが断続的に続いているなら、それは、もしかすると「単なる便秘や下痢」ではなく、「過敏性腸症候群」という病気かもしれません。 実は、この病気。 「消化器系の外来診察を受ける人の半数以上」を占めるといわれるほど、発症率が高い疾患のひとつ。 病院で検査をしても、「胃や腸に問題はありません」といわれるケースがほとんどという、困った病気でもあります。 この「過敏性腸症候群」とは、一体何なのでしょうか? その原因と対策とは? 詳しく解説していきましょう。 更年期になると、「物忘れが増えた」「うっかりミスが増えた」という症状も出やすくなります。 これも、「女性ホルモン」の減少が原因で、記憶力を維持する「神経伝達物質」が減少するため。 体が「ホルモンの減少」になれてくれば、徐々に症状は落ち着いてきます。 でも、ここで注意したいのが、実は、「若年性認知症」だったというケース。 更年期に出やすい「物忘れ」とよく似た症状が出るため、対処を誤ることも少なくありません。 更年期とよく似た「若年性認知症」の症状 物忘れが多い、うっかりミスが増える、怒りっぽくなる、気持が不安定になる、落ち着きがなくなる 更年期になると、ほとんどの人が、「何らかの不調を感じる」もの。 でも、その「症状の重さ」には個人差があります。 もし、他の人と比べて、「症状がひどすぎる」という方は、もしかすると、実は「自律神経失調症」かもしれません。 更年期障害とよく似た「自律神経失調症」の症状 ・更年期障害の症状がひどい ・日常生活が普通に遅れないほどで、寝込むこともある ・精神的な不調がとくにひどい 「自律神経失調症」とは、一体何なのでしょうか? また、「自律神経失調症」と「更年期障害」の違いとは? 詳しくご紹介していきましょう。

次の