相続 税 計算 シミュレーション。 【東建コーポレーション】相続税簡易シミュレーション

原会計事務所

相続 税 計算 シミュレーション

法定相続人の数は最大5名まで可能 (6名以上になると計算が行われません)• 全ての財産を法定相続人が取得したものと仮定• 被相続人及び相続人はすべて居住無制限納税義務者に該当するものと仮定• 「配偶者に対する相続税額の軽減」「一親等の血族(代襲相続人となった孫(直系卑属)を含みます。 )及び配偶者以外の人への相続税の2割加算」は個別相続税額を算出する際に自動反映(配偶者に対する相続税額の軽減の適用を受けるには相続税の申告が必要です。 納付税額がゼロになったとしても申告は必要なので忘れないようにしてください。 子は実子のみと仮定(養子は対象外)• みなし相続財産の反映は死亡保険金のみ(死亡退職金等は対象外)で、死亡保険金はすべて法定相続人が取得したものと仮定• 死亡保険金は「保険料負担者(契約者:被相続人)」「被保険者:被相続人」「受取人:法定相続人」である保険契約を想定• 代襲相続に関しては、相続人と代襲相続人の比率が1対1の場合のみ対応(代襲相続人が複数になる場合の計算には対応しておりません)• 団体信用生命保険契約が付いている住宅ローンは、被相続人が亡くなったことにより、保険金で補填されて無くなるため、債務の欄に入力する必要はありません。 シュミレーション上、数字の入力が万円単位であるため、また端数処理の関係上、実際の計算結果とは若干の誤差が生じる場合があります。 当シミュレーションでは、相続税の総額試算(配偶者の税額軽減、被相続人の1親等及び配偶者以外の者への2割加算適用前)、及び各個人毎の納付税額を1万円未満を四捨五入して金額の表示をさせています。 財産の取得割合を変化させてシュミレーションした場合に死亡保険金が非課税枠を上回る部分に関して、指定した取得割合に応じて自動で各相続人に配分される仕様です。

次の

相続税の計算方法(簡単シュミレーション)

相続 税 計算 シミュレーション

相続税の計算シュミレーション ステップ1 課税価格の合計額を算出 相続税の計算シュミレーションでは、まず、課税価格の合計額を算出する必要があります。 相続税は、相続により取得した財産(本来の相続財産)にそのまま課税されるわけではなく、本来の相続財産に加算されるものがある一方で、本来の相続財産から差し引きされるものもあります。 つまり、課税価格の合計額の相続税計算シュミレーションの式は、次のようになります。 つまり、生命保険金、死亡退職金は、非課税枠を超えた分だけが、みなし相続財産として本来の相続財産に加算されます。 債務控除の対象となる債務は、租税公課、公共料金、借入金、賃貸不動産の預かり敷金、保証金、未払いの医療費などになります。 保証債務、遺言執行費用、相続税の申告費用などは債務控除の対象となりません。 香典返戻費用は葬式費用に含まれません。 相続税の計算シュミレーション ステップ2 課税遺産総額の算出 相続税の計算は、課税遺産総額にもとづき行います。 相続税の計算シュミレーションにおける課税遺産総額は、ステップ1で算出した課税価格の合計額から基礎控除額を差し引きして算出します。 課税遺産総額=課税価格の合計額-基礎控除額 課税価格の合計額が基礎控除額の範囲内であれば、相続税はかかりません。 基礎控除額は次の計算式で計算します。 相続税の計算シュミレーション ステップ3 相続税の総額の算出 相続税の計算シュミレーションのステップ2で算出した課税遺産総額を、法定相続人が法定相続分で相続したものと仮定して各相続人の相続税額を計算し、これを合計して相続税の総額を算出します。 例) 課税遺産総額が9000万円、相続人が被相続人の妻、長男、次男の3人の場合 課税遺産総額を法定相続分で分けると、妻4500万円、長男2250万円、次男2250万円となります。 これを次の相続税速算表に当てはめて、各人の相続税額を出します。 なお、実際の納税額については、さらに控除が受けられる場合があります。 たとえば、被相続人の配偶者については、「1億6000万円」または「課税価格の合計額のうち配偶者の法定相続分に相当する額」までは相続税がかかりませんから、上記の例でも妻の実際の納税額はゼロになります。

次の

相続税の計算方法(簡単シュミレーション)

相続 税 計算 シミュレーション

相続税の配偶者控除を利用すれば、配偶者の相続税が相続財産1億6000万円まで無税になります。 とても強力な優遇措置です… 税理士に相談して、もっと節税しよう! 計算機の結果はあくまで、簡易に計算したものです。 相続手続きや相続税申告に精通している税理士に相談することで、相続財産の評価や各種特例措置の適用を正しく行い、今の計算結果よりもっと節税することが出来るかもしません。 また、まだ相続が始まらない段階であれば、生前贈与などの事前対策も丁寧にアドバイスしてくれます。 相続税の計算結果が気になる方は、ぜひ一度、相続税に強い税理士に相談し、 「どれくらい節税できそうか」を試算してもらいましょう! 相続税計算機の利用方法 法定相続人の情報 「配偶者の有無」を選択してください。 配偶者以外に法定相続人(子、両親、兄弟姉妹)がいる場合は、「他の法定相続人」を選択してください。 他の法定相続人がいる場合は「法定相続人の人数」を入力してください。 他の法定相続人の人数には、配偶者を含みません。 相続財産の情報 「財産総額」の欄に、 万円単位で金額を入力してください。 すべての相続財産の合計額から、債務と葬式費用を引いた金額を入力します。 計算結果 必ず「計算」ボタンを押してください。 「計算」ボタンを押さなくても一部の金額が自動計算されますが、すべての値が反映されません。 相続税計算の内容 「相続税合計」は、配偶者控除を適用する前の、すべての相続人の相続税の合計です。 「配偶者」は配偶者の相続税額ですが、法定相続分を相続したとして配偶者控除を適用しますので、0円になります。 「他の相続人1人当たり」は他の相続人1人当たりの相続税額です。 「配偶者控除適用後の相続税合計」は、配偶者控除を適用した後の、すべての相続人の相続税の合計です。 それぞれの金額は、 万円単位にて小数点第三位を四捨五入しています(百円の位まで表示されます)。

次の