あいち トリカエナハーレ。 あいちトリカエナハーレ2019「表現の自由展」が開催される 主催は日本第一党愛知県本部 現地の画像・様子 : まとめダネ!

愛知・大村知事の「明確にヘイト」発言に竹田恒泰氏「お前がいうな!」

あいち トリカエナハーレ

騒動が収まらないなかで今度は「 あいちトリカエナハーレ2019『表現の自由展』」が開催され、新たな論争を巻き起こしている。 「トリエンナーレ」で問題視されたのは、「表現の不自由展・その後」における展示内容だ。 元従軍慰安婦を象徴する少女像や、昭和天皇らしき人物の肖像を燃やす映像作品などに抗議が殺到し、一時展示中止へと至った。 10月8日には「表現の不自由展・その後」が展示再開を迎え、再び注目を浴びたことも記憶に新しい。 一方、10月27日に開催されたのが、ある政治団体が主催した「表現の自由展」だ。 また、ヘイトスピーチに反対する市民団体が会場施設に中止を申し入れたとも報じられている。 29日の定例会見で大村知事は「表現の自由展」の展示内容について、「報告でしか聞いていない」と前置きしつつ、「明確にヘイトに当たるのではないかと思います。 その時点で中止を指示すべきだった」と明言。 また「今後どういうふうに毅然と対応していくか検証して、きちんと対応していかなければならない」とコメントし、法的手段を講じられるのかも含めて検討していく考えを示した。 対して擁護派からは「表現の自由を行使した芸術なのに、なぜ問題視されるのか」「これはトリエンナーレに対するパロディであり芸術のひとつだと思う」といった反応が見られる。 また、「トリエンナーレで表現の自由を強調した大村知事が、今度はヘイトだと言う。 それは芸術に対するダブルスタンダードでは?」「不自由展の内容が表現の自由を認められたのに、トリカエナハーレが批判されるのはおかしい」という意見も上がっている。 (文=編集部).

次の

あいちトリカエナハーレはヘイトとか抗議されて大村知事には法的措置すると...

あいち トリカエナハーレ

騒動が収まらないなかで今度は「 あいちトリカエナハーレ2019『表現の自由展』」が開催され、新たな論争を巻き起こしている。 「トリエンナーレ」で問題視されたのは、「表現の不自由展・その後」における展示内容だ。 元従軍慰安婦を象徴する少女像や、昭和天皇らしき人物の肖像を燃やす映像作品などに抗議が殺到し、一時展示中止へと至った。 10月8日には「表現の不自由展・その後」が展示再開を迎え、再び注目を浴びたことも記憶に新しい。 一方、10月27日に開催されたのが、ある政治団体が主催した「表現の自由展」だ。 また、ヘイトスピーチに反対する市民団体が会場施設に中止を申し入れたとも報じられている。 29日の定例会見で大村知事は「表現の自由展」の展示内容について、「報告でしか聞いていない」と前置きしつつ、「明確にヘイトに当たるのではないかと思います。 その時点で中止を指示すべきだった」と明言。 また「今後どういうふうに毅然と対応していくか検証して、きちんと対応していかなければならない」とコメントし、法的手段を講じられるのかも含めて検討していく考えを示した。 対して擁護派からは「表現の自由を行使した芸術なのに、なぜ問題視されるのか」「これはトリエンナーレに対するパロディであり芸術のひとつだと思う」といった反応が見られる。 また、「トリエンナーレで表現の自由を強調した大村知事が、今度はヘイトだと言う。 それは芸術に対するダブルスタンダードでは?」「不自由展の内容が表現の自由を認められたのに、トリカエナハーレが批判されるのはおかしい」という意見も上がっている。 (文=編集部).

次の

あいちトリカエナハーレ2019展示物が意外と芸術作品だった件

あいち トリカエナハーレ

が、あいちウィルという施設で『あいちトリカエナハーレ』という展示会を行いました。 明らかに、『あいち』への抗議行動です。 「」を謳っていますが、芸術展とは言ってなかった様です。 現在取り沙汰されているのは『朝鮮かるた』の様です。 「ヘイトだ!」そうです。 『朝鮮かるた』は、2000年代に入ってから作られたものらしく、発売されたのは2005、6年頃とも聞きますが、何も知らない人が見るとを差別していると思ってしまう代物です。 でもこれ、「もう我慢の限界、アッタマ来た!」的に出て来た可能性があります。 日本人は、を下等と見たりしての差別心ではなく、「あ~もう嫌だ!」なのです。 そういう心情を過激に表したのが『朝鮮かるた』の可能性があります。 前、の犯罪が目に余る為に国会か何かの議題に揚がっていたくらいですから、日本本土内での人口は圧倒的に少ないのに余程酷かったのでしょう。 そんな時代の事を風刺しただけで、現在も変わらないとは思っていない、とかなんとか言い張れますから、いきなり「ヘイトだ!即中止!」とは行かないでしょうね。 まあ、は昔はそんなだったと判断されると、でが襲われたのは、「を差別しまくった仕返しが恐ろしくて先に殺して回った」のではなく、「や火災での混乱に乗じて強盗等に来るのは目に見えていたし、殺人も簡単にされかねないから暴走してしまったのだろう」になってしまうから、単に「ヘイトだ!」と騒いで考えさせない様にしてるだけかも。 他には、李承晩の人物画を焼いてるのがあります。 李承晩は、自ら権力を振り回した挙げ句に身に危険を感じて韓国から逃げ出した人である為、韓国の人は李承晩の事などなんとも思ってないかもしれません。 像のパロディについては、出鱈目な事を世界に言って歩いてる事への抗議ですから、これが解消対象の『ヘイト』なら、捏造が罷り通る事になってしまいますから、所謂『ヘイト』ではありません。 大村愛知県知事や氏と思われる人形を首吊りにしてますが、これも同じ事をやり返しているだけ。 大村氏側の方はOKで日本第一側は駄目だなんて事はありますまい。 愚かな日本人の墓のパロディもありますね。 米国国旗はの国旗に、日の丸は韓国の国旗になっていて、なにやら韓国や中国への抗議を書いた紙が貼ってある様です。 とか日本人達の事も書いてあるかもしれません。 このトリカエナハーレを行って駄目なら、も駄目でしょうに。 方や公金ブチ込んでもOKで、方や自前でやってる抗議活動に過ぎないものを「ヘイトだ!」と言って不適切だと批判するのはどうかしています。 あんな『不自由展』などやらなければ、トリカエナハーレは行われていないでしょうに。 日本人の心情からの訴えは駄目で、日本貶めを含む政治活動ならOKってんなら、日本から出て行け!です。 の捏造に対し、本当の事であるライダイハンを持ち出し、ライダイハンの粘土像を造る真似をやってましたね。 越韓の事に口を出すなと言って来そうですが、イギリスではライダイハンの事で韓国を批判する人達が出て来ましたから、日本も批判してやりましょう。 ライダイハンの事は事実であり、の捏造とはわけが違いますからね。 表現の不自由展なんぞやらなければ、トリカエナハーレなんぞもやらなかったでしょうから、トリカエナハーレを「ヘイトだ!」と喚くなら、「憎まれる事ばかりやるから憎まれ返されるんだろうが、バーカ」なのです。 の表現の不自由展は、私としては物凄く嫌です。 トリカエナハーレも嫌ですけどね。 yorozuya--shinbee.

次の