ドロップダウンリスト 削除。 エクセルでドロップダウンリスト(プルダウンリスト)を作成するを設定する(入力規則):Excel基本講座

前の選択で次の選択肢が変わる連動ドロップダウンリスト【Excel・エクセル】

ドロップダウンリスト 削除

1、プルダウンリストを設定したいセル範囲を選択。 3、表示されたメニューから「データの入力規則」を選択。 4、データの入力規則画面の<設定>タブから条件の設定をします。 入力値の種類は「リスト」、元の値には リストにしたい範囲を指定します。 数式を入力する必要はありません。 5、OKを押して完了です。 範囲を指定する方法は、「都道府県名」など、数が多い、または、プルダウンリストの内容が変わる場合に有効です。 空白について プルダウンリストの空白については、上記2つのリスト作成手順により意味が違ってきます。 プルダウンリストを設定したいセル範囲を選択。 表示されたメニューから「データの入力規則」を選択。 データの入力規則画面の<設定>タブから条件の設定をします。 入力値の種類は「リスト」、元の値には リストにしたい範囲を指定します。 数式を入力する必要はありません。 OKを押して完了です。 具体例:画像と共に解説。 ここで具体例を画像付きで手順を説明します。 「直接入力する方法」で空白を表示・削除する方法。 今回は下の画像の表で説明します。 空白を 表示する都道府県のセルにはすでに「東京都、大阪府、愛知県」が設定されています。 このセルに空白を設定します。 空白を 削除する都道府県のセルにはすでに「東京都、大阪府、愛知県、 空白」が設定されています。 このセルの空白を削除します。 1、 プルダウンリストが設定されているセルを選択。 都道府県の欄のセルです。 データタブのデータの入力規則を選択 3、表示されたメニューから「データの入力規則」を選択。 データの入力規則をクリック 4- (表示) データの入力規則画面の<設定>タブから条件の設定をします。 元の値で 全角スペースを入力。 (カンマ区切りで) 4- (削除)データの入力規則画面<設定>タブから条件の設定をします。 元の値で 全角スペースを削除。 上記画像の赤い四角の枠が空白を表しています。 表示する場合は全角スペースを入力して、半角のカンマで区切ります。 削除したい場合は全角スペースを消すだけです。 5、OKを押して完了です。 「範囲を指定する方法」で空白を表示・削除する方法。 下記画像で解説します。 好きなフルーツの欄にプルダウンリストを設定します。 範囲の指定は右側にあるフルーツのリストを使用します。 空白を 表示するセルにはすでに「スイカ、バナナ、みかん」が設定されています。 このセルに空白を設定します。 空白を 削除するリストにはすでに「スイカ、バナナ、みかん、 空白」が設定されています。 このリストの空白を削除します。 1- ( 表示) プルダウンリストを設定したいセルを選択。 1- (削除) プルダウンリストが設定されているセルを選択。 好きなフルーツの欄のセルです。 700データタブのデータの入力規則を選択 3、表示されたメニューから「データの入力規則」を選択。 データの入力規則をクリック 4- (表示 データの入力規則画面の<設定>タブから条件の設定をします。 入力値の種類は「リスト」、元の値をクリックでアクティブにしてから空白セルを含む範囲を指定します。 フルーツのリストで空白を含むD2からD5を選択しました。 元の値の欄には自動で数式が表示されます。 4- (削除) データの入力規則画面の<設定>タブから条件の設定を変更します。 元の値で、範囲を指定し直します。 ( 空白セルを含まない範囲を指定)。 フルーツのリストで空白を含まないD2からD4を選択しました。 5、OKを押して完了です。 リストに空白が追加されています。 リストから空白がなくなりました。 まとめ エクセルのプルダウンリスト(ドロップダウンリスト)で空白を表示・削除する方法は2つ。 「直接入力する方法」からと、「範囲を指定する方法」からです。 エクセルで「空白」とは「直接入力する方法」では 全角スペース、「範囲を指定する方法」では 空白セルです。 どちらの方法でも<データ>タブの「データの入力規則」から設定できます。 上記が今回の記事のまとめになります。 これであなたはプルダウンリストの空白の表示・削除についての方法で悩むことはありません。 実際の業務で活用してください。

次の

【エクセル2013】プルダウンリストを解除するには?

ドロップダウンリスト 削除

ドロップダウンリスト コンテンツ コントロールの使い方:Word ワード 2010基本講座• ドロップダウンリスト コンテンツ コントロールの使い方 スポンサードリンク ドロップダウンリスト コンテンツ コントロールの挿入方法• 開発タブを利用しますので、表示されていない方は をご覧ください。 操作手順• ドロップダウンリスト コンテンツ コントロールを設置したい箇所にカーソルを表示します。 [開発]タブの[コントロール]グループにある[ドロップダウンリスト コンテンツ コントロール]を実行します。 ドロップダウンリスト コンテンツ コントロールが設置されました。 まだ、ドロップダウンリスト内は空ですので、 次項のプロパティで設定が必要です。 デザインを設定する• ドロップダウンリスト コンテンツ コントロールを選択します。 [開発]タブの[コントロール]グループにある[デザインモード]を実行します。 「アイテムを選択してください。 」が選択状態になります。 「年代を選択」とキーボードから入力しました。 デザインモードを解除すると、下図のように変わりました。 プロパティを設定する• 詳細な設定を行います。 ドロップダウンリスト コンテンツ コントロールを選択します。 [開発]タブの[コントロール]グループにある[プロパティ]を実行します。 プロパティ ダイアログでタイトルやタグなどの設定ができます。 「コンテンツ コントロールの削除不可」の設定も可能です• ドロップダウンリストの設定を行います。 「アイテムを選択してください」を選択して、[変更]ボタンをクリックします。 表示名に「20歳未満」 値に「20」と入力し[OK]ボタンをクリックしました。 [追加]ボタンをクリックします。 表示名に「40歳未満」 値に「40」と入力し[OK]ボタンをクリックします。 [追加]ボタンをクリックして、[60歳未満]、[60歳以上]も追加しました。 ドロップダウンリストに登録した表示名と値が設定されました。 ドロップダウンリスト コンテンツ コントロールでドロップダウンリストからの選択ができるようになりました。 なお、ドロップダウンリストはコンボボックスと異なり、リスト以外の文字列を入力することはできません。 コンボボックス コンテンツ コントロールを削除する• プロパティでコンテンツ コントロールの削除不可に設定している時は、この設定を解除します。 タイトル部分をクリックしてコンテンツコントロールを選択し、[Delete]キーで削除します。 または、コンテンツ コントロールを右クリックして、「コンテンツ コントロールの削除」を実行します。 関連ページ• スポンサードリンク |||ドロップダウンリスト コンテンツ コントロールの使い方.

次の

エクセルでドロップダウンリスト(プルダウンリスト)を作成するを設定する(入力規則):Excel基本講座

ドロップダウンリスト 削除

重複しないリストをドロップダウンリストに表示する 入力規則 :Excelの基本操作• 重複しないリストをドロップダウンリストに表示する 入力規則 スポンサードリンク• Microsoft365ではUNIQUE関数を使って、重複しない一意のデータを取り出すことができるようになりました。 次項のような複雑な数式を考える必要がなくなりました、ただし、重複しない値を取り出すリストを作成する必要はあります。 UNIQUE関数で重複しないリストを作成します。 なお、元の商品リストはデータの増減に対応するために、テーブルにしておきます。 入力規則の設定を行います。 D3セルを選択して、[データ]タブのデータツール グループにある[データの入力規則]を実行します。 データの入力規則で入力値の種類で「リスト」を選択します。 F3 と指定すると、UNIQUE関数で取り出した配列のデータ全体を指定することができます。 重複しないドロップダウンリストが作成できました。 新たな商品「サクランボ」を追加します。 重複しないリストに「サクランボ」が追加され、ドロップダウンリストにも追加されます。 元のリストがテーブルになっているおかげです。 このページでは重複のあるデータから、重複のないデータを入力規則のドロップダウンリストに表示する方法について書いています。 下図のB列に入力されたデータをD3セルの設定した入力規則のリスト ドロップダウンリスト に、重複していないデータだけを表示します。 作業列を利用して、重複しないデータの行番号を調べて、重複しないデータのリストを作成します。 ROW -2 はF列のデータの始まりが3行目からなので、3行目が1になるように -2 で調整しています。 重複しないデータは INDEX関数を使って B列から取り出しています。 IF関数使わず NUM! その場合、 NUM! " ,1 とします。 これは入力規則で設定する数式です• 入力規則の設定を行います。 [データ]タブのデータツール グループにある[データの入力規則]を実行します。 データの入力規則 のダイアログボックスが開きます。 [設定]タブを選択して、入力値の種類で「リスト」を選択します。 [OK]ボタンをクリックします。 行数、列数はともに 0 とします。 高さは 重複しないデータのセル数を指定します。 幅は 1 としました。 入力規則のリストで重複しないデータをリスト表示することができました。 重複しないデータが入力されると、入力規則のリストに追加されます。 下図のように、 梨、桃 を追加したら、入力規則のリストにも 梨、桃 が追加されました。 スポンサードリンク |||重複しないリストをドロップダウンリストに表示する 入力規則.

次の