酵素ドリンク 効かない。 酵素サプリは身体にいい? 効果のあるものもあるけれど・・・

酵素ドリンクが効かない間違った3つの行動【正しいやり方で結果を出す方法】

酵素ドリンク 効かない

『写真:AFLO』 酵素ドリンク、酵素ジュース……。 生の酵素をとると、体の中で代謝を促してくれるという情報が氾濫しています。 でもそれはウソ。 酵素はたんぱく質です。 肉や魚、卵などと同じで、消化され分解されてしまうのです。 化学反応を促す触媒の働きをするもので、酵素なしでは生命活動は成り立ちません。 とても重要なものなので、外から補いたくなるのは人情。 そのためか、「酵素を食べて健康に」というブームは繰り返されています。 何度かのブームを経て、酵素ドリンクや酵素ジュースが流行りだしたのは2010年頃。 ダイエットにいいとか、きれいになれるとか、盛んにインターネットで宣伝され、ドラッグストアに並んでいます。 自然の原料を発酵させて酵素を増やした、などという製品も目立ちます。 現代人は、加工食品を多く食べ酵素をとる量が減っているので体の代謝が悪くなっている。 したがって、酵素を補給して体の代謝を活発化しましょう。 そうしたら痩せますよ、きれいになりますよ……。 でも、酵素ってなにか、知っていますか? 酵素はたんぱく質です。 たんぱく質は、20種のアミノ酸がつながってできた化学物質で、アミノ酸の配列によって種類が変わり構造が変化し、さまざまな役割を担うのです。 筋肉や内臓、皮膚や髪の毛などもたんぱく質でできていますし、血液中で物質を運ぶ役割を果たすヘモグロビンや、インスリンなどのホルモンもたんぱく質です。 人の体の中には、数万種類のたんぱく質がある、とみられています。 人は、肉や魚など食べ物としてとったたんぱく質を、消化により分解してアミノ酸や、アミノ酸が数個程度つながったペプチドにして、小腸から吸収しています。 そして、このアミノ酸を用いて体内でたんぱく質を作り出し、生命活動を営んでいるのです。 これらのたんぱく質の中でも非常に重要なのが、体の中で起きる化学反応を促す働きを持つ酵素。 生き物の体、生命はすべて、化学物質から成り立っていて、化学反応が止まったら死んでしまいます。 だから、外から補給する? でも、酵素もたんぱく質なのです。 肉や魚などと同じ。 加熱すると変成します。 生でとっても、肉や魚などと同じように、消化されてしまいます。 胃の中は強酸性。 食酢より酸性度は強く、食べ物はばらばらに。 さらに、胃液に含まれるペプシンという強力な消化酵素が、たんぱく質を細切れにし、そして、小腸で働く酵素が働いてアミノ酸にし、吸収されるのです。 そして、アミノ酸は体内のそれぞれの場所で再構成されて体の構成物になったり、しっかりと効く酵素になったりします。 消化器官の過酷な環境で、酵素ドリンクの中の酵素も、ばらばらに壊され、そのまま小腸から吸収され体内で活性を持つことなどありません。 わずかに、人の消化酵素と同じものを外からとった場合には、分解されずに消化酵素に混じって一緒に働いてくれる可能性はあります。 しかし、植物や動物に含まれる消化酵素と人のものは、違う場合も多く、ほとんどは消化管内でやっぱりばらばらになります。 「酵素は年齢と共に低下するので、補給する必要がある」などという広告もありますが、まっ赤なウソ、です。 結論を言うと、市販の酵素ドリンクや酵素ジュースに手を出すのは、止めた方がいいでしょう。 だって、酵素が効く、というニセ科学を利用しているんですよ。 そのような企業が、科学的根拠をもとにきちんと品質や衛生を管理して食品を作ってくれるとは、考えにくいと思います。 ニセ情報が氾濫している「食」の世界を、科学ジャーナリストが科学的根拠をもとに正しく読み解きます!.

次の

酵素サプリやドリンクを飲んでも便秘に効かない原因は?

酵素ドリンク 効かない

読みたい項目にジャンプできます。 酵素というとダイエットのイメージが強い昨今ですがが、実は便秘にも効くということをご存知でしたか? 酵素サプリやドリンクの口コミをみても、便秘が解消されたという喜びの声が多く見られます。 便秘がちな方にとっては特に嬉しい効果ですよね。 しかし、なかには酵素サプリやドリンクを飲んでも便秘に効かなかったという人もいるようです。 それどころか、便秘解消のために飲み始めたのに便秘が悪化したという人さえいます。 一体なぜこのような違いが生まれるのでしょうか。 酵素サプリやドリンクを飲んでも便秘が解消されない原因をまとめました。 便通目的でこれから酵素を取ってみようと思っている人は、ぜひチェックしてくださいね。 酵素が便秘に効く理由とは そもそも、なぜ酵素は便秘に効果があるのでしょうか。 便秘に対する酵素の働きを見ていきましょう。 消化をスムーズにする 便秘の原因の一つが、消化不良です。 暴飲暴食を繰り返したり栄養の偏った食生活を続けたりしていると、当然消化が追い付かなくなりますよね。 そうすると食べ物がしっかりと消化されていない状態で大腸に届き、便を体外に排出するための腸の蠕動運動が正常に機能しなくなってしまいます。 便秘を解消するためには、しっかりと食べ物を消化することが大切です。 そして、このときに必要となるのが酵素です。 消化は酵素の主な働きの一つであるため、酵素サプリやドリンクを飲むことで消化をスムーズにし、便秘を解消しやすくしてくれます。 腸内環境を整える 腸内には100種類を超える細菌が存在し、そのうち善玉菌には腸の動きを活発にする作用があります。 これに対して悪玉菌は、有毒な物質を作り出したり排泄しにくい便を作ったりすることで腸内環境を悪化させます。 悪玉菌は食べすぎやストレス、運動不足など様々なことを理由に増加していきます。 悪玉菌によって悪化した腸内環境を整えるためには、善玉菌を増やすしかありません。 酵素は腸にとって良い働きをする善玉菌を作ることができるため、便秘になりにくい状態にしてくれます。 自律神経系のバランスを保つ 自律神経と腸の働きには深い関係があり、交感神経が優位になると腸の働きは低下してしまいます。 反対に副交感神経が優位になると腸の働きは活発になります。 ストレスが溜まったときに便秘になりやすいのは、交感神経が優位になるためです。 酵素は内臓だけではなく自律神経系にも働きかけます。 酵素を取ることによって自律神経系が整い、腸の働きに影響を与えることができるのです。 酵素商品選びを間違うと便秘になる 酵素サプリやドリンクには、本来であれば便秘を解消する効果が期待できる物です。 にもかかわらず便秘に対して全く効果が見られない原因は、間違った酵素商品を選んでいるからかもしれません。 便秘に効く酵素商品の選び方のポイントを2つご紹介します。 添加物が入っていない 酵素商品は食物の消化を助け、腸内環境を整えてくれます。 しかし、それとは逆の働きをするのが添加物。 添加物は消化吸収を阻害する上に善玉菌の働きも抑えてしまうため、摂取していいことは一つもありません。 酵素商品を購入する前に、どのような成分を含有しているのかを必ず確認してください。 添加物には数えきれないほどの種類がありますが、甘味料・保存料・香料・着色料・酸味料といった、製造上必要のないものが含まれている商品は避けるべきであると言えます。 健康のために酵素を取るのですから、健康に悪いものを摂取する必要はありません。 ぜひ添加物が使用されていない生の酵素ドリンクを選んでください。 酵素がしっかり入っている 酵素というからには、どの商品にも酵素はしっかり入っているのでは?と思うかもしれません。 しかしこれは間違いで、中にはまともに酵素が含まれていない商品も存在するのです。 酵素エキスがもっとも多く含まれているかどうかは、原材料を確認すればすぐに見分けがつきます。 原材料に野菜や果物の名前が記載されていたり、「植物発酵エキス」と記載が上位にあるものは酵素商品の要である酵素エキスがしっかりと含まれています。 ですが原材料に「シロップ」や「ブドウ糖液」などの表示がある場合は、多くが酵素エキスを薄めてしまっているものであると考えられます。 原材料は含有量が多い順に記載する決まりになっているので、一番最初にシロップやブドウ糖液の記載がある酵素商品には酵素はほぼ含まれていないと言っても過言ではありません。 シロップやブドウ糖液などで薄められている酵素ドリンクは、酵素エキス100%のものよりもおいしく感じるかもしれません。 しかし、残念ながら酵素の効果はほとんど期待できないといえるでしょう。 好転反応の可能性も? 好転反応とは、漢方薬や健康食品などを初めて摂取したときに一時的に現れる身体反応のことです。 これは決して悪いことではなく、効果が出始めている証拠だと言えます。 酵素を飲んだときにも、一時的に便秘や下痢などの症状が出ることがあります。 これは、腸内環境が変わり始めている証拠です。 状態が悪化したと思い焦ってしまうかもしれませんが、あまり心配せずに続けてみてください。 好転反応はあくまでも一時的なものであるため、次第に症状は落ち着いてくるはずです。 しかし、症状が強く出すぎている場合には量を減らして飲むことをおすすめします。 酵素サプリ・ドリンクで便秘を解消しよう 便秘は万病のもとといわれるほど身体に多大な影響を及ぼします。 腸の機能低下やだるさ、疲労感につながるほか、長期的には大腸がんなどの生活習慣病のリスクファクターにもなり得ます。 ダイエットや美肌のために便秘の解消が必須なのはもちろんですが、健康のためにも便通を良くすることはとても大切なのです。 便秘には効かないという噂もある酵素サプリ・ドリンクですが、効果の高い酵素商品を正しく選べばきっと効果が現れるはずです。 便秘で悩んでいる人は、ぜひ酵素を試してみてくださいね。 そうはいってもどれが便秘に効くかなんてわからない!という方のために、 当サイトで特にお勧めしている酵素商品を紹介したいと思います。 chouchouおすすめ!便秘向け酵素商品厳選2選 当サイトでは管理栄養士さんに多数の酵素商品を評価していただいています。 このため、整腸に働きかける力が強いとされており、管理栄養士さんからも高い評価を受けています。 先述した 「便通に効く酵素商品の選び方のポイント」を基準にした場合はどうでしょうか? 1.添加物 みやびの植物酵素100は無添加ではありませんが使用しているのはカプセルの原材料がほとんどで、内容量を薄めたり効果を低減させるような成分は含まれていません。 2.酵素エキス みやびの植物酵素100には植物発酵エキスパウダーがもっとも多く含まれています。 このパウダーには黒糖が含まれていますが、植物発酵エキスに含まれる糖は発酵になくてはならない存在です。 しっかりと発酵した植物発酵エキスには酵素が豊富に含まれることが予想されます。 上記の点を踏まえても、みやびの植物酵素100は便通に働きかける作用を十分に持ったサプリメントであると言えます! 「みやびの植物酵素100について、もっと詳しく知りたい!」という方、 下記ページではみやびの植物酵素100に含まれる成分や効果についてを詳しく紹介しています。 もう一つのおすすめ「善玉元気」は、NHKスペシャルで特集され現役の医師も注目の腸内の善玉菌をサポートすると期待の「短鎖脂肪酸」を始め、752種類にも及ぶ有用成分「乳酸菌発酵エキス」が配合されたゼリータイプの酵素サプリメントです。 ゼリータイプのため、吸収性が早く善玉菌を増やしサポートすることで便通や腸内環境の改善効果があるとして多くの方に喜ばれています。 こちらも、先述した 「便通に効く酵素商品の選び方のポイント」を基準にした場合はどうでしょうか? 1.添加物 善玉元気においても完全無添加ではございませんが、公式サイトにはしっかりと不使用の添加物が明記されています。 もちろん、有害な添加物は使用されておりませんので安心して長期間続けることができるといえます。 2.酵素エキス 善玉元気には「植物発酵エキス」は多く含まれておりません。 しかし、より腸内に特化してアプローチする「乳酸菌発酵エキス」が752種類も含まれています。 ヒト由来の選び抜かれたエリート乳酸菌で腸内環境の改善に特化した働きや効果を発揮することが期待できます。 上記の点を踏まえた上で、善玉元気は便通や腸内環境の改善効果を十分に期待できるサプリメントであるということができます! 「善玉元気について、もっと詳しく知りたい!」と思われた方は下記ページにて、さらに詳しい成分や効果について知ることができます。 善玉元気にご興味がある方は是非、ご訪問ください!.

次の

【マジで危険】「飲む酵素」に全力で警鐘を鳴らしまくってみた

酵素ドリンク 効かない

sponsorlink ヨーグルトは便秘解消に効果あり? ヨーグルトが便秘解消に効くのは間違いありません。 ヨーグルトは乳酸菌が牛乳(又は豆乳)を原料に発酵したものであり、善玉菌の代表である乳酸菌やビフィズス菌を含んでます。 乳酸菌等の善玉菌は、腸内の環境(腸内フローラ)を改善する働きがありますので、便秘解消に効果があります。 しかし、ヨーグルトを食べているのに「便秘解消に効かない」「便秘が悪化した」という人がいるのは何故でしょうか? ヨーグルトが便秘解消に効かない理由 「ヨーグルトで便秘が解消した」という方がいる一方、 「毎日ヨーグルトを食べているが、便秘に効かない」という方もいます。 その理由は何故でしょうか? ヨーグルトを食べる時間 原因の1つにヨーグルトを食べる時間があるかもしれません。 いつ食べると効果的なのか、食前of食後、朝or夜のどちらが効果的かということです。 便秘解消が目的であれば、食後に食べるのが効果的です。 冷たいヨーグルトを食べている それと、冷たいヨーグルトをそのまま食べていませんか? これについては 「ヨーグルトで便秘が悪化」と関係があります。 そして、ヨーグルトが便秘解消に効かない理由がもう1つあります。 ヨーグルトが合っていない ヨーグルトと一言でいいますが、乳酸菌の種類は様々です。 ヨーグルトが便秘解消に効かない理由の1つに乳酸菌の種類があるかもしれません。 要は乳酸菌の種類があなたに合っていないということです。 同じ種類の乳酸菌のヨーグルトを1~2週間続けて食べてみて、何ら便秘解消に効果がない、ということなら、その乳酸菌があなたに合っていない可能性が大です。 他の乳酸菌で試してみましょう。 勿論、その前に食べる時間を変えてみる、ホットヨーグルトにして食べてみる、と言ったことはまずお試し下さい。 ヨーグルトで便秘が悪化 ヨーグルトは便秘解消に効果がありますが、中には「 ヨーグルトを食べて便秘になった」「便秘が悪化した」という方もおられるようです。 それは何故でしょうか? 原因の1つは冷たいヨーグルトをそのまま食べていることにあるかもしれません。 体内は温かいので、腸に届く頃には冷たいヨーグルトも温められ、ある程度活性化しています。 しかし、 体の深部の体温が低い人や腸が冷えている人の場合、乳酸菌の活動に適した温度までならないので、乳酸菌の働きが弱いです。 さらに、冷たいもので体内が冷やされることでダブルパンチです。 結果、「ヨーグルトを食べて便秘になった」「便秘が悪化した」という事が起こりうるのです。 そういった方にオススメなのが、ホットヨーグルトです。 冷たいヨーグルトをホットヨーグルトに変えただけで「便秘が解消した」という方がいますので、試す価値ありです。 ・朝が良いのか、夜の良いのか? ・食前が良いのか、食後・あるいは食事中が良いのか? 朝・夜のどっちが効果的? 基本は夜です。 何故なら、 腸が最も活発的に活動する「腸のゴールデンタイム」が午後10時から午前2時までですので、ヨーグルトを夜に食べるのが効果的です。 寝る時間に近いと、消化不良を起こし、睡眠に影響が出ますので、就寝する2~3時間前に食事を終えましょう。 基本は夜ですが、 朝食をヨーグルトに置き換えるヨーグルトダイエットの方法もあります。 ヨーグルトは栄養が豊富ですので、一食を置き換えることで、1日の総摂取カロリーを抑える事が出来、ダイエットに効果的です。 食前・食後のどっちが効果的? 空腹時(食前)にヨーグルトを食べると、胃酸で乳酸菌の数が減ってしまいます。 生きている乳酸菌が多いほど、腸内環境の改善に役立ちます。 従って、 ヨーグルトの基本的なが食べ方は「食後に食べる」です。 基本はそうですが、 ダイエット効果を期待するなら食前がおすすめです。 何故なら、食前にヨーグルトを食べることで、食べ過ぎ防止になります。 摂取カロリーが減ることで結果的にダイエット効果が出ます。 空腹時(食前)にヨーグルトを食べると、胃酸で乳酸菌の数が減りますが、死滅した乳酸菌は腸内で善玉菌のエサとなりますので、無駄にはなりません。 また、骨や歯を丈夫にしたいなら食前に食べるのがオススメです。 ヨーグルトを食べる効果的な時間をまとめてみます。

次の