心配 かけ て ごめん 英語。 「心配している」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

英語で謝罪:ビジネスで礼儀正しさ、誠実さが「ごめんなさい」と共に伝わる6つのポイントと英語例文

心配 かけ て ごめん 英語

「心配している」は敬語にすると「心配しています」になります。 目上の人が自分や誰かのことを「心配している」という場合は尊敬語にします。 「心配なさっている」が「心配している」の尊敬語にあたります。 敬語の種類 敬語には「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」があります。 「心配している」は丁寧語の形で敬語にすると「心配しています」になります。 謙譲語の形で敬語にすると「心配いたしている」ですが、「心配」は目上の人に対して使う言葉ではないため基本的にこの表現は使いません。 尊敬語の形で敬語にすると「心配なさっている」になります。 使い方 「新しく入った人はあまりきちんと確認してくれないから心配しています」「一人暮らしを始めた子供のことを心配しています」「このところ寒い日が続いたからと、部長が皆の体調を心配なさっていた」などの使い方をします。 「心配している」の敬語表現・シーン別の例文 「心配している」は、丁寧語の形で敬語にすると「心配しています」になります。 相手の状態を思いやって不安になっているという心境を伝える言葉です。 しかし、ビジネスシーンでは相手に不安になっている、という心境を伝えても意味がない場合も多いです。 このため、ビジネスシーンで「心配している」の敬語表現を使う場合は「心配している」から、どうして欲しいのか、まで伝えた方が丁寧です。 「慣れていない作業を任せているので、分からないこともあるのではないかと心配しています。 一日に一度は進捗状況を報告していただけますか」「ご連絡が途絶えたので心配しています。 お忙しいとは存じますが、お電話いただけますか」などの使い方をします。 メールでの使い方 「このところあまりご連絡がないので何かあったのかと心配しております。 お忙しいとは存じますがまたご連絡くださいませ」「先日、ご相談いただいた商品の不具合は、その後いかがでしょうか。 前回の修理で問題が解決したかどうか心配しております。 まだ不調が続くようでしたら再修理を承りますので、ご連絡くださいませ」などの使い方をします。 ビジネスでの使い方 「心配している」はビジネスシーンでは自分が面倒を見ている相手や自分が管理しているものなど対して使う場合が多いです。 「元気がないようだから心配しています」などの使い方をします。 ビジネスシーンで「心配している」の敬語表現を使う場合は、「心配している」から、相手にどうしてもらいたいのか、まで伝えるようにした方が丁寧です。 「新しく入った社員は元気がないようだから心配しています。 もう少し大きな声で挨拶をしてくれると助かるのですが」「新しく導入したシステムがうまく機能しているか心配しています。 改善して欲しい点などあれば意見を寄せてください」などの使い方をします。 「心配している」と言われたときの敬語での返事 「心配している」という言葉は、相手の様子を見て心を痛めている、不安になっている、という意味を持っています。 このため、心配してもらう必要がないにもかかわらずそうさせていた場合は「そのような思いをさせてしまって申し訳ない」というような返事が好ましいです。 「ご心配をおかけして申し訳ありません。 通信サービスは復旧いたしました」「先方と行き違いがあったのですが、解決いたしました。 ご心配をおかけして申し訳ありませんでした」などの使い方をします。 手を貸していただけますか 「心配している」と言っている相手が不安に思っているようなことが実際に生じそうな状態にあるときには、その旨を伝えて手を貸してもらわなくてはなりません。 「ご心配いただきまして申し訳ありません。 なんとかしようとしているのですが、私では力不足です。 お忙しいとは存じますが手を貸していただけますか」などの使い方をします。 「心配している」は目上の人に使っても良いか 「心配している」は、相手を気にかけている、ということを表す言葉ですが、同時に相手の様子を見ていると不安になる、というようなニュアンスのある言葉です。 このため、目上の人に対しては使ってはいけません。 敬語表現では、目上の人の行動や仕事は、目下の人には理解できない部分が多い、という前提に基づいて言葉を選ぶ必要があります。 「心配」には、「相手の行動を理解している」「だからこそ不安になる」というニュアンスがあります。 このため、目上の人に使うのは避けなくてはなりません。 目上の人が心配だ、という場合は「お力になれればと思っている」「できることがあればお声をかけてください」などの言葉でその気持ちを伝えるのが好ましいです。 「心配している」の類語の敬語表現例 「案じている」は「心配している」と似通った表現です。 「そのことを思うと不安だ」「大丈夫だろうかと気にかかる」という意味です。 「このままでは洪水になるのではないかと案じています」「システムがダウンするのではないかと案じています」「交通網が麻痺しているようなので、出かけた父は帰って来られるだろうかと案じています」「取引がうまくいくかを案じています」などの使い方をします。 大丈夫ですか 「大丈夫ですか」も「心配している」に近い意味の言葉です。 「心配している」は、相手を思って不安になっている心境を言い表していますが、「大丈夫ですか」は、相手に問題が生じていないかを問いかける形の表現です。 「新しい案件を受けたようですが、うまくやっているか心配しています」は「新しい案件を受けたようですが、大丈夫ですか」と似通った意味です。 「方向音痴の貴方が、一人で海外旅行にいくなんて心配です」は「方向音痴らしいですが、一人で海外旅行に行くなんて大丈夫ですか」と同じような意味合いです。 手伝いましょうか 既に相手が困った状態に陥っている、という場合は「心配している」ではなく「手伝いましょうか」などの言葉を使った方が自然です。 「新しい案件に手こずってしまっているそうですね。 よければ手伝いましょうか」「パソコンの使い方が分からないのですか。 手伝いますよ」などの使い方をします。 力になりたい 目上の人を「心配している」という場合は、「心配している」の敬語表現を使うのは好ましくありません。 「力になりたい」の敬語表現である「お力になれればと思っている」などを使います。 「お手伝いできることがあればおっしゃってください。 お力になれればと思っています」などの使い方をします。 「心配している」の敬語表現を使いこなそう!.

次の

「迷惑をかける」は英語で?人に面倒をかけている時のフレーズ9選!

心配 かけ て ごめん 英語

「心配している」は敬語にすると「心配しています」になります。 目上の人が自分や誰かのことを「心配している」という場合は尊敬語にします。 「心配なさっている」が「心配している」の尊敬語にあたります。 敬語の種類 敬語には「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」があります。 「心配している」は丁寧語の形で敬語にすると「心配しています」になります。 謙譲語の形で敬語にすると「心配いたしている」ですが、「心配」は目上の人に対して使う言葉ではないため基本的にこの表現は使いません。 尊敬語の形で敬語にすると「心配なさっている」になります。 使い方 「新しく入った人はあまりきちんと確認してくれないから心配しています」「一人暮らしを始めた子供のことを心配しています」「このところ寒い日が続いたからと、部長が皆の体調を心配なさっていた」などの使い方をします。 「心配している」の敬語表現・シーン別の例文 「心配している」は、丁寧語の形で敬語にすると「心配しています」になります。 相手の状態を思いやって不安になっているという心境を伝える言葉です。 しかし、ビジネスシーンでは相手に不安になっている、という心境を伝えても意味がない場合も多いです。 このため、ビジネスシーンで「心配している」の敬語表現を使う場合は「心配している」から、どうして欲しいのか、まで伝えた方が丁寧です。 「慣れていない作業を任せているので、分からないこともあるのではないかと心配しています。 一日に一度は進捗状況を報告していただけますか」「ご連絡が途絶えたので心配しています。 お忙しいとは存じますが、お電話いただけますか」などの使い方をします。 メールでの使い方 「このところあまりご連絡がないので何かあったのかと心配しております。 お忙しいとは存じますがまたご連絡くださいませ」「先日、ご相談いただいた商品の不具合は、その後いかがでしょうか。 前回の修理で問題が解決したかどうか心配しております。 まだ不調が続くようでしたら再修理を承りますので、ご連絡くださいませ」などの使い方をします。 ビジネスでの使い方 「心配している」はビジネスシーンでは自分が面倒を見ている相手や自分が管理しているものなど対して使う場合が多いです。 「元気がないようだから心配しています」などの使い方をします。 ビジネスシーンで「心配している」の敬語表現を使う場合は、「心配している」から、相手にどうしてもらいたいのか、まで伝えるようにした方が丁寧です。 「新しく入った社員は元気がないようだから心配しています。 もう少し大きな声で挨拶をしてくれると助かるのですが」「新しく導入したシステムがうまく機能しているか心配しています。 改善して欲しい点などあれば意見を寄せてください」などの使い方をします。 「心配している」と言われたときの敬語での返事 「心配している」という言葉は、相手の様子を見て心を痛めている、不安になっている、という意味を持っています。 このため、心配してもらう必要がないにもかかわらずそうさせていた場合は「そのような思いをさせてしまって申し訳ない」というような返事が好ましいです。 「ご心配をおかけして申し訳ありません。 通信サービスは復旧いたしました」「先方と行き違いがあったのですが、解決いたしました。 ご心配をおかけして申し訳ありませんでした」などの使い方をします。 手を貸していただけますか 「心配している」と言っている相手が不安に思っているようなことが実際に生じそうな状態にあるときには、その旨を伝えて手を貸してもらわなくてはなりません。 「ご心配いただきまして申し訳ありません。 なんとかしようとしているのですが、私では力不足です。 お忙しいとは存じますが手を貸していただけますか」などの使い方をします。 「心配している」は目上の人に使っても良いか 「心配している」は、相手を気にかけている、ということを表す言葉ですが、同時に相手の様子を見ていると不安になる、というようなニュアンスのある言葉です。 このため、目上の人に対しては使ってはいけません。 敬語表現では、目上の人の行動や仕事は、目下の人には理解できない部分が多い、という前提に基づいて言葉を選ぶ必要があります。 「心配」には、「相手の行動を理解している」「だからこそ不安になる」というニュアンスがあります。 このため、目上の人に使うのは避けなくてはなりません。 目上の人が心配だ、という場合は「お力になれればと思っている」「できることがあればお声をかけてください」などの言葉でその気持ちを伝えるのが好ましいです。 「心配している」の類語の敬語表現例 「案じている」は「心配している」と似通った表現です。 「そのことを思うと不安だ」「大丈夫だろうかと気にかかる」という意味です。 「このままでは洪水になるのではないかと案じています」「システムがダウンするのではないかと案じています」「交通網が麻痺しているようなので、出かけた父は帰って来られるだろうかと案じています」「取引がうまくいくかを案じています」などの使い方をします。 大丈夫ですか 「大丈夫ですか」も「心配している」に近い意味の言葉です。 「心配している」は、相手を思って不安になっている心境を言い表していますが、「大丈夫ですか」は、相手に問題が生じていないかを問いかける形の表現です。 「新しい案件を受けたようですが、うまくやっているか心配しています」は「新しい案件を受けたようですが、大丈夫ですか」と似通った意味です。 「方向音痴の貴方が、一人で海外旅行にいくなんて心配です」は「方向音痴らしいですが、一人で海外旅行に行くなんて大丈夫ですか」と同じような意味合いです。 手伝いましょうか 既に相手が困った状態に陥っている、という場合は「心配している」ではなく「手伝いましょうか」などの言葉を使った方が自然です。 「新しい案件に手こずってしまっているそうですね。 よければ手伝いましょうか」「パソコンの使い方が分からないのですか。 手伝いますよ」などの使い方をします。 力になりたい 目上の人を「心配している」という場合は、「心配している」の敬語表現を使うのは好ましくありません。 「力になりたい」の敬語表現である「お力になれればと思っている」などを使います。 「お手伝いできることがあればおっしゃってください。 お力になれればと思っています」などの使い方をします。 「心配している」の敬語表現を使いこなそう!.

次の

「体調は大丈夫ですか?」英語で気遣うフレーズ25選!

心配 かけ て ごめん 英語

A ベストアンサー こんにちは。 日本語では判で押したように使う「迷惑」という社交辞令、英語では、もう少し具体的に何が迷惑か添える必要があります。 私なら軽く「I am always looking forward to your e-mails, but I hope I'm not taking too much of your time. 」とでも書きますね。 ちなみに「confuse(混乱させる)」と書くと、相手はなぜ混乱させていると思ったのかと考え込んでしまうと思います。 また、「私とのメールはご両親が心配なさってませんか?」というのは、お相手が高校生以下で、一日中あなたにメールを送っているような状態だから、ということでしょうか。 もしも、ご本人が18歳以上で、メールに費やす時間も短時間なら、親の話を持ち出すのは少々大げさだと思います。 例えば同じ意味のものでも、冒頭の表現に続けて「I hope it's not annoying your parents! 」という軽い表現から、「I'm sure your parents are being concerned. 」という重いものまでいろいろと考えられます。 余談ですが、とかくメールというものは、こちらが返信するから、あちらも返してくるわけなので、相手の返事の頻度を少なくしたいなら、自分が返す頻度を少なくするのが手っ取り早いです。 特に、すぐに返信すると相手はますます盛り上がり、そうなるとこちらも歯止めが利かなくなるので、一晩か二晩くらい置くだけでも、お互い、はるかにトーンダウンします。 メールばっかりで、他のことが手につかなくなっては本末転倒ですからね。 こんにちは。 日本語では判で押したように使う「迷惑」という社交辞令、英語では、もう少し具体的に何が迷惑か添える必要があります。 私なら軽く「I am always looking forward to your e-mails, but I hope I'm not taking too much of your time. 」とでも書きますね。 ちなみに「confuse(混乱させる)」と書くと、相手はなぜ混乱させていると思ったのかと考え込んでしまうと思います。 また、「私とのメールはご両親が心配なさってませんか?」というのは、お相手が高校生以下で、一日中あなたにメールを... A ベストアンサー アメリカに35年ほど住んでいる者です。 まだ締め切っていないようですので、私なりに書かせてくださいね。 囲まれている、包まれている、と言う外側からの表現もいいですね. その表現の代わりに、あなたがしあわせに溢れている、と言う中側からの表現をしてみました. Wish you be always filled with happiness. Wish happiness be always in you. Wish happiness be always with you. May God always fill your heart with happiness また、幸せと言う物があなたを引っ張っていく、と言うような表現で、 May happiness lead your life always. May your life be always fulfilled with Happiness. 最後のように、Happinessと大文字で書く事も、幸せ! と言うフィーリングを強調する為にもいい事だと思います. そして、monti55さんとここの皆さんへ、私から、 I wish you be always filled with Happiness! アメリカに35年ほど住んでいる者です。 まだ締め切っていないようですので、私なりに書かせてくださいね。 囲まれている、包まれている、と言う外側からの表現もいいですね. その表現の代わりに、あなたがしあわせに溢れている、と言う中側からの表現をしてみました. Wish you be always filled with happiness. Wish happiness be always in you. Wish happiness be always with you. May God always fill your heart with happiness また、幸せと言う物があなたを引っ張っていく、と言う... A ベストアンサー 気を使うというのは日本人独特の表現ではありません。 「わざわざしないで」という意味で、丁寧に言う場合は「Please don't bother to (相手の行動)」、親しい間柄では「You don't have to (相手の行動)」などと言います。 また、「私にはもったいない」という意味で「You're spoiling me. 」と言ったりもします。 「気持ちは嬉しいけど」を英語ではたいてい「お申し出はありがたいけど」と言いますので、「I truly appreciate your offer, but you really don't have to do that. 」などと書いてはどうでしょう。 ただし、日本であれ英語圏であれ、もしもプロの商売人が「無料であげる」と言っているのだとしたら、遠慮なく頂戴するものだと思いますが。 I will wait for you. どちらでも。 I will talk to you then. I wait for your call. or message いずれでも大丈夫です。 waiting for youだけを取り出すとリスクがある響きですが、ご指定の状況なら特に問題ありません。 不特定多数に対して waiting for you というとあらぬ誤解を招く事があります。 A ベストアンサー Gです。 追加させてくださいね. 状況が分かりました. すこし、愛情 異性への感情 も込めてもいいのかな。 ですね、これを、I hope you are not too tired. と変えることによって,もう少しやさしさの感情を入れることが出来ますね. もっと入れたいのであれば,I'm always worried when I see you so busy and tired all the time! という心配している,という感情を入れることも出来ますね. 基本は,You've gotta be tired You must be tired です. これをどのように,感情を込めるかによって,相手を「どのように」ねぎらう事が出来るかが変わってくるわけですね。 とagainをつけることで,文章の重みが変わってきますね。 また、I know you have to work hard but I hope you will take it easy once in awhile. と分かり易く、たまには無理しないでね. と出来ないのかもしれないけど,少なくとも無視しないでと願っています,というフィーリングを示す事ができるわけです. ねぎらいとは相手を思う気持ちです. その気持ちを伝える為には,そのための表現もする必要もある、と言うことですね. これが、単なる同性友達であれば、You sure look tired out today again! Come-on! Take it easy and don't work too hard! と言うラフな言い方をするわけです. 恋人であれば,Sweetheart, I'm concerned about your health whenever I see you are so tired from busy days! I want you to know I worry about you. と、忙しくて疲れているのを見ると心配でしょうがない. 審判しているんだ. と言う表現であなたの持つやさしさをあらわすことができますね。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 Gです。 追加させてくださいね. 状況が分かりました. すこし、愛情 異性への感情 も込めてもいいのかな。 ですね、これを、I hope you are not too tired. と変えることによって,もう少しやさしさの感情を入れることが出来ますね. もっと入れたいのであれば,I'm always worried when I see you so busy and tired all the time! という心配している,という感情を入れることも出来ますね. 基本は,You've gotta be tired You must be tired です. これをどの... A ベストアンサー I don't mind. は「気にしてないから大丈夫」というより、相手に「これしていい?」と聞かれた時などに、 I don't mind. 「全然オッケーだよ」 と言う感じの「気にしない」で使うことが多いように感じます。 おっしゃる状況だと、 Never mind. It's ok. などが一番広い意味で使えるのではないでしょうか? 言い方はたくさんありますが、そのシチュエーションに合ったものではないかも知れませんし、何に対して気にしていないのかが重要かもしれません。 相手が、自分の言ったことで質問者さまが気に触ったかな?と心配して謝ったことに対して「気にしないで」と言うなら、やはり never mind. It's ok でしょうか。 I really don't mind you saying that. とも言えそうかな。 言い方にもよりますが、返す言葉によってはちょっと卑屈っぽく聞こえてしまうものもあるかもしれません。 何かものを壊してしまって謝ってきたら It's no big deal. Don't worry about it. で、「そんなの大したことないから、大丈夫」と言うニュアンスで一番よいかなぁとも思いますし。 気の利いた一言…。 難しい…。 It's really ok with me. No need to worry. Please forget about it, will you? とか? あまり「いいよ、いいよ」というと反って気にしちゃうかもしれないので、 Never mind! We don't talk about it anymore, ok? 「その話はなしね」 みたいに言ったりしてもいいかもしれません。 I don't mind. は「気にしてないから大丈夫」というより、相手に「これしていい?」と聞かれた時などに、 I don't mind. 「全然オッケーだよ」 と言う感じの「気にしない」で使うことが多いように感じます。 おっしゃる状況だと、 Never mind. It's ok. などが一番広い意味で使えるのではないでしょうか? 言い方はたくさんありますが、そのシチュエーションに合ったものではないかも知れませんし、何に対して気にしていないのかが重要かもしれません。 相手が、自分の言ったことで質問者さまが気に... A ベストアンサー こんにちは。 アメリカ在住16年になる者です。 幾つか例をあげると、 Thank you for letting me know. You are so wonderful! I'm so sorry to bug you about this when you are busy. Good luck with your job! Thanks for the info. You just know everything! I'm sorry for taking your time asking all kinds of questions especially when you are busy. Have a wonderful day at work! とこんな感じか、と。 You are so cool (あなたはクールな人だ) Is there anything you DON'T know? (あなたは役に立つ事を沢山知っている) などなど。 他にも沢山言い回しはあると思いますので、参考程度にでもなれば幸いです。 こんにちは。 アメリカ在住16年になる者です。 幾つか例をあげると、 Thank you for letting me know. You are so wonderful! I'm so sorry to bug you about this when you are busy. Good luck with your job! Thanks for the info. You just know everything! I'm sorry for taking your time asking all kinds of questions especially when you are busy. Have a wonderful day at work! とこんな感じか、と。 You are so cool... 」・「オッケー」・「了解!」・「うん、いいよ。 」 的なやり取りで返事をしたい場合、 I see. All right. I got it. Yes, Yeah, 等の言い方がありますが、 一般的に良い使われ方や注意するべき不適切な用法とかありますか? 例えば日本語で上の例みたいな場合、 目上の方とかに「了解」は使わない方がいいって聞いたことがあったりしますが・・・。 また、普通なとき(ノーマルなテンション)と、くだけた時でなんとなく使い分けていたりしますが、そういうニュアンスであるとか。 (想定しているメールの相手は友人です) A ベストアンサー 注意点についてのご質問ですね。 「Alright. 」(「All right」は、ありがちなミススペル)などは目上の人に対しても友達に対しても使える無難な表現だと思います。 「I see. 」は「なるほど」ですから、必ずしも「賛成」という意味にはなりませんので注意。 つまり、「なるほど、それはそれとして聞いておくが、私は賛成できない」という意味も含みますので。 「ok. 」もそういうニュアンスを含む場合があります。 賛成の意などを表したいなら、もう一言付け加えておいた方が無難かもしれません。 「Yeah. 」は、わりと普通にみんな使ってしまいますが、きちんとした人は目上に対して使いません。 とかく国民性がカジュアルだと思われがちな米国の小学校に通っていた頃、先生に注意されたことがあります。

次の