ワゴン アール。 欠点はここ!スズキ新型ワゴンRの口コミ評価・評判

ワゴンRオイル漏れの意外な原因 » 安田自動車

ワゴン アール

今の日本の自動車メーカーは、国内よりも海外市場を重視する。 大半のメーカーが、世界生産台数の80%以上を海外で売るためだ。 特にセダンは海外の好みに応じて開発されるので、国内ではサッパリ売れない。 その結果、国内の売れ筋は日本のユーザーに焦点を当てて開発された軽自動車と5ナンバーサイズのコンパクトカー、少数のミニバンとハイブリッド専用車で占められる。 軽自動車は売れ行きを下げたといわれるが、2017年1~2月の販売台数を見ると国内販売全体の36%に達している。 2014年頃が過剰に売れただけの話で、今でも国内の主役は軽自動車といえるだろう。 ワゴンRは全高が1650mmとなる背の高い軽自動車で、大人4名が快適に乗車できる居住性を備える。 後席を畳むと広い荷室になる。 今はホンダN-BOX/ダイハツタント/スズキスペーシアといった全高が1700mmを上まわりスライドドアを備えた軽自動車が人気だが、これらのミニバン的な機能を必要としないユーザーは、ワゴンRのような全高が1600~1700mmの軽自動車を選ぶと合理的だ。 広い室内を備えながら燃費も優れており、価格はスライドドアを備えた車種に比べて10~15万円は安い。 まずはこのサイズの軽自動車を検討して、広さなどに不満を感じたらN-BOX/タント/スペーシアに選択肢を広げると良いだろう。 全高を含めてサイズはほぼ同じで機能も似ている。 外観は、新型ワゴンRでは3種類ものフロントマスクを用意。 標準ボディは、FAとハイブリッドFXがオーソドックスなデザイン。 ハイブリッドFZは、ミニバンのヴェルファイアやヴォクシーを連想させる。 そして上級のワゴンRスティングレーは、LEDポジションランプ、方向指示器、LEDヘッドランプを縦方向に配置して、中央のグリルを強調した。 一方、ムーヴの標準ボディはシンプルだ。 上級のカスタムは、LEDポジションランプを装着するなどで質感を高めている。 フロントマスクは水平基調で、狭い全幅をワイドに見せる効果がある。 軽自動車に多いパターンだ。 ムーヴと比較すると、ワゴンRは個性的。 以前から背の高さを強調すべく、標準ボディはヘッドランプを縦長にデザインしていた。 この傾向が新型ではさらに顕著になり、従来型との識別もしやすい。 新型ワゴンRはボディサイドにも特徴を持たせ、リヤ側のサイドウィンドウを少し狭めて、ボディ中央のピラー(天井を支える柱)を太く見せている。 運転席から後方を振り返った時の視界が悪そうだが、リヤサイドウィンドウを狭めた部分が助手席ヘッドレストの陰に隠れるため、視界をあまり損なわない。 それでも後席に座ってスライド位置を前方に寄せると、圧迫感が少し生じる。 ムーヴは水平基調のデザインだが、ボディ後端のピラーが少し太い。 一長一短だが、後席に座る同乗者の視界を考えた場合にはムーヴの方が実用的だ。 最小回転半径は、標準ボディで見ると両車ともに4. 4mで小回り性能は同等になる。 ・勝者:ムーヴ 内装の質感は両車とも互角の水準だが、新鮮味があるのは設計の新しいワゴンR。 新型ワゴンRでは、速度計などが収まるメーターパネルをインパネの上部に配置している。 このレイアウトを採用した目的は、インパネの水平基調を強調して車内をワイドに見せるためだが、結果的にメーターを見る時の上下方向の視線移動が抑えられた。 半面、メーターを見る時は視線が左側へ寄りやすい。 この欠点を補うのが、デュアルブレーキサポート装着車に備わるヘッドアップディスプレイだ。 フロントウィンドウの手前に半透明の小さなディスプレイが持ち上がり、速度やカーナビの進行方向を表示する。 エアコンのスイッチは横長で、比較的高い位置に備わるから扱いやすい。 ムーヴのインパネは一般的な形状で、メーターがハンドルの奥に配置される。 エアコンのスイッチはATレバーの左側にあるが、位置が少し低い。 両車の比較は一長一短だが、ワゴンRの場合、多くのユーザーがデュアルブレーキサポートと併せてヘッドアップディスプレイを装着する。 そこを考えると、インパネはワゴンRが少し機能的で形状も凝っている。 ・勝者:ワゴンR 前席の居住性は両車ともに互角だ。 全車がCVT(無段変速AT)を装着してATレバーがインパネに備わるため、前席も後席と同様のベンチタイプになる。 座面のサイズに余裕があり、ゆったりと座れる。 後席では差が付く。 ムーヴは座面の柔軟性が乏しく、腰の収まりが良くない。 加えて床と座面の間隔が不足しており、足を前方に投げ出す座り方になる。 ムーヴの座り心地を前後席で比べると、後席はかなり劣っているといえるだろう。 チャイルドシートを装着するならば問題は生じないが、大人4名で乗る場合には後席の居住性を確認したい。 その点、ワゴンRはあまり不満がない。 シートアレンジが多彩なので前席に比べると座面の柔軟性は下がるが、違和感は抑えられた。 後席の広さは両車とも同等だ。 身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ2つ半。 前後方向の余裕はLサイズセダンと同等かそれ以上だから、足を投げ出すムーヴでも窮屈には感じない。 後席の頭上にも握りコブシ1つ分の余裕があり、空間効率は両車とも優れている。 ・勝者:ワゴンR 荷室の広さは両車とも同等だが、シートアレンジで差が付く。 新型ワゴンRは従来型と同じく、後席の背もたれを前方に倒すと座面も連動して下がり、フラットで広い荷室に変更できる。 後席のスライドは左右独立式だ。 後席の不満のない座り心地と、多彩なシートアレンジを両立させた。 また、新型ワゴンRの助手席は、座面を持ち上げると背もたれをほぼ水平になるまで前方に倒せる。 後席の格納と併用すれば、長い荷物を積みやすい。 ムーヴは後席のスライドは左右独立式だが、背もたれを前方に倒した時に座面が下がる機能はない。 そのために広げた荷室の床に小さな段差と傾斜ができる。 助手席を水平になるまで倒す機能も備わらない。 荷物を積む時に開閉するリヤゲート開口部の地上高は、ワゴンRが先代型よりも40mm高まって700mm。 ムーヴは660mmに抑えたから、荷物の出し入れがしやすい。 ・勝者:ワゴンR ワゴンRのエンジンは、ノーマルタイプ/ハイブリッド/ターボの3種類。 ハイブリッドはモーター駆動を伴うが、動力性能はノーマルエンジンとほぼ同じだ。 ムーヴはノーマルタイプとターボを用意する。 ワゴンRで売れ筋のハイブリッドとムーヴのノーマルエンジンを比べると、動力性能の違いは僅差でも実用回転域を中心にワゴンRが扱いやすい。 ワゴンRの最大トルクは6. 1kg-m(4000回転)だから、先代型の6. 4kg-m(4000回転)を約5%下まわるが、回転が直線的に上昇する。 クせのない実用的な性格だ。 これに比べてムーヴは、4000回転を超えた領域で加速が活発化する。 最大トルクの数値は同じでも、発生回転が5200回転と高いこともが影響した。 車重も異なり、ワゴンRは売れ筋のハイブリッドFZが790kg。 ムーヴX・SAIIは820kgだ。 これもわずかな違いだが、エンジンの性格と相まって運転感覚に違いが生じた。 ただし登坂路などでは、ワゴンRはエンジンノイズが少し耳障りだ。 ターボは両車とも動力性能に余裕があり、自然吸気の1リッターエンジンに匹敵する性能を得ている。 従ってあまりシビアな話にはならない。 最高出力は両車ともに軽自動車で実施される自主規制の上限となる64馬力。 最大トルクはワゴンRスティングレーハイブリッドTが10kg-m(3000回転)だ。 ムーヴは9. 4kg-m(3200回転)になる。 車両重量はワゴンRスティングレーハイブリッドTが800kg、ムーヴカスタムRS・SAIIが850kgだから、軽くて性能の高い前者が有利だ。 その代わりワゴンRのターボは、1500回転付近で少しゴロゴロしたノイズを感じた。 それでも総じて性能は高い。 ・勝者:ワゴンR ワゴンRのセーフティパッケージには、赤外線レーザーと単眼カメラを使った緊急自動ブレーキが備わる。 車両に対しては時速100km、歩行者については60kmを上限に緊急自動ブレーキを作動させる。 価格はヘッドアップディスプレイを含めて5万9400円だ。 ムーヴのスマートアシストIIも赤外線レーザーと単眼カメラを使うが、歩行者は警報のみになる。 車両に対する緊急自動ブレーキの作動上限速度は時速50kmだ。 以上の点ではワゴンRが有利だが、ムーヴでは後方に向けた音波センサーを備え、ATレバーがR(リバース/後退)にある時の誤発進抑制機能が備わる。 価格はフロントウィンドウのトップシェイドガラスを含めて6万4800円だ。 機能と価格のバランスではワゴンRが若干充実している。 ・勝者:ワゴンR.

次の

欠点はここ!スズキ新型ワゴンRの口コミ評価・評判

ワゴン アール

今の日本の自動車メーカーは、国内よりも海外市場を重視する。 大半のメーカーが、世界生産台数の80%以上を海外で売るためだ。 特にセダンは海外の好みに応じて開発されるので、国内ではサッパリ売れない。 その結果、国内の売れ筋は日本のユーザーに焦点を当てて開発された軽自動車と5ナンバーサイズのコンパクトカー、少数のミニバンとハイブリッド専用車で占められる。 軽自動車は売れ行きを下げたといわれるが、2017年1~2月の販売台数を見ると国内販売全体の36%に達している。 2014年頃が過剰に売れただけの話で、今でも国内の主役は軽自動車といえるだろう。 ワゴンRは全高が1650mmとなる背の高い軽自動車で、大人4名が快適に乗車できる居住性を備える。 後席を畳むと広い荷室になる。 今はホンダN-BOX/ダイハツタント/スズキスペーシアといった全高が1700mmを上まわりスライドドアを備えた軽自動車が人気だが、これらのミニバン的な機能を必要としないユーザーは、ワゴンRのような全高が1600~1700mmの軽自動車を選ぶと合理的だ。 広い室内を備えながら燃費も優れており、価格はスライドドアを備えた車種に比べて10~15万円は安い。 まずはこのサイズの軽自動車を検討して、広さなどに不満を感じたらN-BOX/タント/スペーシアに選択肢を広げると良いだろう。 全高を含めてサイズはほぼ同じで機能も似ている。 外観は、新型ワゴンRでは3種類ものフロントマスクを用意。 標準ボディは、FAとハイブリッドFXがオーソドックスなデザイン。 ハイブリッドFZは、ミニバンのヴェルファイアやヴォクシーを連想させる。 そして上級のワゴンRスティングレーは、LEDポジションランプ、方向指示器、LEDヘッドランプを縦方向に配置して、中央のグリルを強調した。 一方、ムーヴの標準ボディはシンプルだ。 上級のカスタムは、LEDポジションランプを装着するなどで質感を高めている。 フロントマスクは水平基調で、狭い全幅をワイドに見せる効果がある。 軽自動車に多いパターンだ。 ムーヴと比較すると、ワゴンRは個性的。 以前から背の高さを強調すべく、標準ボディはヘッドランプを縦長にデザインしていた。 この傾向が新型ではさらに顕著になり、従来型との識別もしやすい。 新型ワゴンRはボディサイドにも特徴を持たせ、リヤ側のサイドウィンドウを少し狭めて、ボディ中央のピラー(天井を支える柱)を太く見せている。 運転席から後方を振り返った時の視界が悪そうだが、リヤサイドウィンドウを狭めた部分が助手席ヘッドレストの陰に隠れるため、視界をあまり損なわない。 それでも後席に座ってスライド位置を前方に寄せると、圧迫感が少し生じる。 ムーヴは水平基調のデザインだが、ボディ後端のピラーが少し太い。 一長一短だが、後席に座る同乗者の視界を考えた場合にはムーヴの方が実用的だ。 最小回転半径は、標準ボディで見ると両車ともに4. 4mで小回り性能は同等になる。 ・勝者:ムーヴ 内装の質感は両車とも互角の水準だが、新鮮味があるのは設計の新しいワゴンR。 新型ワゴンRでは、速度計などが収まるメーターパネルをインパネの上部に配置している。 このレイアウトを採用した目的は、インパネの水平基調を強調して車内をワイドに見せるためだが、結果的にメーターを見る時の上下方向の視線移動が抑えられた。 半面、メーターを見る時は視線が左側へ寄りやすい。 この欠点を補うのが、デュアルブレーキサポート装着車に備わるヘッドアップディスプレイだ。 フロントウィンドウの手前に半透明の小さなディスプレイが持ち上がり、速度やカーナビの進行方向を表示する。 エアコンのスイッチは横長で、比較的高い位置に備わるから扱いやすい。 ムーヴのインパネは一般的な形状で、メーターがハンドルの奥に配置される。 エアコンのスイッチはATレバーの左側にあるが、位置が少し低い。 両車の比較は一長一短だが、ワゴンRの場合、多くのユーザーがデュアルブレーキサポートと併せてヘッドアップディスプレイを装着する。 そこを考えると、インパネはワゴンRが少し機能的で形状も凝っている。 ・勝者:ワゴンR 前席の居住性は両車ともに互角だ。 全車がCVT(無段変速AT)を装着してATレバーがインパネに備わるため、前席も後席と同様のベンチタイプになる。 座面のサイズに余裕があり、ゆったりと座れる。 後席では差が付く。 ムーヴは座面の柔軟性が乏しく、腰の収まりが良くない。 加えて床と座面の間隔が不足しており、足を前方に投げ出す座り方になる。 ムーヴの座り心地を前後席で比べると、後席はかなり劣っているといえるだろう。 チャイルドシートを装着するならば問題は生じないが、大人4名で乗る場合には後席の居住性を確認したい。 その点、ワゴンRはあまり不満がない。 シートアレンジが多彩なので前席に比べると座面の柔軟性は下がるが、違和感は抑えられた。 後席の広さは両車とも同等だ。 身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ2つ半。 前後方向の余裕はLサイズセダンと同等かそれ以上だから、足を投げ出すムーヴでも窮屈には感じない。 後席の頭上にも握りコブシ1つ分の余裕があり、空間効率は両車とも優れている。 ・勝者:ワゴンR 荷室の広さは両車とも同等だが、シートアレンジで差が付く。 新型ワゴンRは従来型と同じく、後席の背もたれを前方に倒すと座面も連動して下がり、フラットで広い荷室に変更できる。 後席のスライドは左右独立式だ。 後席の不満のない座り心地と、多彩なシートアレンジを両立させた。 また、新型ワゴンRの助手席は、座面を持ち上げると背もたれをほぼ水平になるまで前方に倒せる。 後席の格納と併用すれば、長い荷物を積みやすい。 ムーヴは後席のスライドは左右独立式だが、背もたれを前方に倒した時に座面が下がる機能はない。 そのために広げた荷室の床に小さな段差と傾斜ができる。 助手席を水平になるまで倒す機能も備わらない。 荷物を積む時に開閉するリヤゲート開口部の地上高は、ワゴンRが先代型よりも40mm高まって700mm。 ムーヴは660mmに抑えたから、荷物の出し入れがしやすい。 ・勝者:ワゴンR ワゴンRのエンジンは、ノーマルタイプ/ハイブリッド/ターボの3種類。 ハイブリッドはモーター駆動を伴うが、動力性能はノーマルエンジンとほぼ同じだ。 ムーヴはノーマルタイプとターボを用意する。 ワゴンRで売れ筋のハイブリッドとムーヴのノーマルエンジンを比べると、動力性能の違いは僅差でも実用回転域を中心にワゴンRが扱いやすい。 ワゴンRの最大トルクは6. 1kg-m(4000回転)だから、先代型の6. 4kg-m(4000回転)を約5%下まわるが、回転が直線的に上昇する。 クせのない実用的な性格だ。 これに比べてムーヴは、4000回転を超えた領域で加速が活発化する。 最大トルクの数値は同じでも、発生回転が5200回転と高いこともが影響した。 車重も異なり、ワゴンRは売れ筋のハイブリッドFZが790kg。 ムーヴX・SAIIは820kgだ。 これもわずかな違いだが、エンジンの性格と相まって運転感覚に違いが生じた。 ただし登坂路などでは、ワゴンRはエンジンノイズが少し耳障りだ。 ターボは両車とも動力性能に余裕があり、自然吸気の1リッターエンジンに匹敵する性能を得ている。 従ってあまりシビアな話にはならない。 最高出力は両車ともに軽自動車で実施される自主規制の上限となる64馬力。 最大トルクはワゴンRスティングレーハイブリッドTが10kg-m(3000回転)だ。 ムーヴは9. 4kg-m(3200回転)になる。 車両重量はワゴンRスティングレーハイブリッドTが800kg、ムーヴカスタムRS・SAIIが850kgだから、軽くて性能の高い前者が有利だ。 その代わりワゴンRのターボは、1500回転付近で少しゴロゴロしたノイズを感じた。 それでも総じて性能は高い。 ・勝者:ワゴンR ワゴンRのセーフティパッケージには、赤外線レーザーと単眼カメラを使った緊急自動ブレーキが備わる。 車両に対しては時速100km、歩行者については60kmを上限に緊急自動ブレーキを作動させる。 価格はヘッドアップディスプレイを含めて5万9400円だ。 ムーヴのスマートアシストIIも赤外線レーザーと単眼カメラを使うが、歩行者は警報のみになる。 車両に対する緊急自動ブレーキの作動上限速度は時速50kmだ。 以上の点ではワゴンRが有利だが、ムーヴでは後方に向けた音波センサーを備え、ATレバーがR(リバース/後退)にある時の誤発進抑制機能が備わる。 価格はフロントウィンドウのトップシェイドガラスを含めて6万4800円だ。 機能と価格のバランスではワゴンRが若干充実している。 ・勝者:ワゴンR.

次の

【スズキ新型ワゴンR】1月20日マイナーチェンジ発売!最新情報、ワゴンRスティングレー、燃費、サイズ、価格は?

ワゴン アール

お買い間違いによるご返品や交換には送料などの費用が発生いたしますのでご注意ください。 汎用タイプのシートカバーについて【あらかじめご了解の上ご利用ください】 商品のタイトルや説明文の中に「汎用」と書かれた商品は車種・年式・型式を問わずご利用いただけるフリーサイズのシートカバーです。 普通に装着可能ですが、車種によってピッタリと装着いただけない部分もございます。 車種専用におつくりしたものではありませんので細部までのフィット感を重視される場合はお勧めしません。 あくまでも汎用はそれぞれ商品によってデザインや座り心地、コストなどを重視した商品です。 後席は1枚もののベンチシートカバーで、左右の分割シートや肘掛などがある場合はカバーに隠れます。 また、前席も頭と背中がつながったバケットシートなどには着きません。 シート純正パーツ(レバーなど)をカバーで隠してしまうことがあります。 シートベルトを出す穴はございますがピタッと位置が合わないこともあります。 汎用タイプはシートのカバーとして汚れや傷から守り、おしゃれに楽しんでお使いいただけるものです。 「フィット感が悪い」「思ったものと違う」とのお客様のご都合によるご返品や交換には、往復の送料がかかったり、開封後には返品をお受けできないこともございます。 予めご了承のうえご利用ください。 デザインやアイテム数だけじゃない!Z-styleなら充実のサービスで安心して購入できます! 全商品セール価格!で、いつでもお買い得! シートカバー全国どこでも送料無料! いつでも定価の30%以上の割引価格でお安くご購入いただけます。 新商品や特別割引商品などもアリ!どんどんアクセスしてください! シートカバーの送料は日本全国どこでも無料で承ります。 (ハンドルカバーやカーアクセサリーなどは600円〜と代引手数料がかかります。 常時在庫アリ!即日出荷可能! 代引き・先振・クレジットが選べる! 土日を除き、ご注文の次日には出荷可能(振込は確認済)です。 基本的に平日の午前中に代引きでご注文いただいた場合、その日の夕方には出荷可能です。 お支払いは代引きでのお届け、または銀行・ゆうちょの指定口座へのお振込み、クレジットカードのいずれかを選択していただけます。 各種車種別専用設計が選べる! どなたでも取り付け簡単で安心! 各車種別に細部までぴったりとフィットするの専用設計、型式や年式を問わず装着していただける汎用タイプを愛車の車種や型式によってお選びいただけます。 どなたでも簡単に装着していただけますので安心してご利用ください。 商品と同封の説明書で簡単に装着。 困った時はお問い合わせください。 品質保証付きで安心! アフターサービスも親切丁寧で万全! 到着後1か月保証は品質保証で安心です。 もしもの時も大丈夫です。 (お客様の色・形の好みや装着感、装着後の傷み・汚れを除きます) 装着方法などの商品にかかわるご質問には、電話やEメールなどで丁寧に対応いたします。 専門の女性スタッフが明るく応対いたします。 北海道・沖縄・離島 など地域によりお届け時間指定ができないことがあります。 送料無料の商品を含まず複数商品を買われた場合は送料は 600円がかかります。 返品の送料・手数料については、初期不良の場合は当社が、それ以外のお客様都合による返品はお届の際の送料も合わせてお客様にてご負担いただきます。 jp 返送先住所:〒544-0015 大阪市生野区巽南3丁目10-21 担当者 :株式会社ケアスター 三艸 克伯 お取り置きについて 個人情報について お取り置きをご希望の場合は1週間以内の期限となります。 必ず1週間以内でのご決裁をお願いします。 1週間を過ぎますと代引は自動的に出荷となりますのでご了承ください。 当社は個人情報保護法に基づいた考え方でお客様の大切な個人情報を取り扱っております。 また、クレジットフォームや入力情報はSSLによって保護されます。 営業時間について お問い合わせ 営業時間は平日の10時〜18時 営業時間は土曜日、日曜日、祝祭日、当社特定の休日をのぞき午前10時から午後6時までとさせていただきます。 営業時間外でもメールでお問い合わせいただければ、確認後必ずお返事をさせていただきます。 お問い合わせは シートカバーのZ-style【ジィースタイル】 株式会社ケアスター 〒544-0015 大阪市生野区巽南3丁目10-21 お電話 06-6756-5566 Eメール info z-style. その場合商品は欠品となり、大変ご迷惑をお掛けしますが、別途メールにてご連絡致しまして、欠品商品を除いた内容で商品発送させていただきますので、どうかご了承くださいませ。 また、当店にてキャンセル処理を実行させて頂く際にご利用ポイントの返還がされない場合がございますので ご了承ください。 ただ、定休日を除きこれらの返信が私どもからない場合は、何らかの通信上の問題があるものと考えられます。 特に携帯電話からの場合は「PCからのメール指定受信拒否設定」をされていたり「フリーメールなどをご利用の方」またPCでも「迷惑メールフォルダへの受信」などがほとんどです。 ご注文やご質問後に連絡が来ない場合は、楽天の受信メールのドメイン指定や弊社からの受信メールのドメイン指定をご確認いただき、改めてメールや電話でのお問い合わせをお願いいたします。 シートカバー カー用品の Z-style | | | | | | | | | | | | シートカバー カー用品の Z-style Copyright C 2009 CARESTAR CO. ,LTD. All Rights Reserved.

次の