明治 なるほど ファクトリー 坂戸。 工場見学(株式会社 明治 坂戸工場)

明治なるほどファクトリー坂戸チョコレートの工場見学へ行ってきた!予約方法・お土産・駐車場情報も│みんなの工場見学

明治 なるほど ファクトリー 坂戸

お菓子事業に取り組む、 株式会社明治。 坂戸工場では、馴染み深い 明治ミルクチョコレートや プッカ、冬季限定の メルティーキッスなどが作られています。 今回は、 見学施設長の 栗原信彦さん、 見学アテンド担当の 上田由里子さんにポイントを伺いながら、 誰でも楽しめる工場見学をご紹介します! 「みなさんこんにちは!坂戸工場は広さ約10万㎡、東京ドーム2個分の広さです。 製造工程を知ることで、 明治のお菓子をもっと身近に感じていただければと思います。 」 明治なるほどファクトリー坂戸 工場に到着すると、早速お土産をいただけます。 「工場見学で一番喜んでいただけるのが、お土産、試食があるところです。 お店などでまた出会った時に、 明治だ!と思っていただきたいです。 」 早速、明治の歴史についてビデオを見ます。 部屋の中には、かわいい仕掛けが見られましたよ。 キャラクター達! カール、アポロ、マーブルなど…見覚えのあるお菓子でキャラクターが作成されていました。 「可愛らしいキャラクターがお出迎えすることで、 明治の世界へ入り込みやすくしています。 」 明治は2016年、 創立100周年を迎えました。 長い歴史の中で商品も工夫が重ねられています。 昔懐かしいパッケージなども飾られていました。 「時代とともに商品は変わっています。 新しいものが出ると古いものは忘れられてしまいますが、昔はこんなだったなぁ、と思い出していただけると嬉しいです。 」 続いて、 チョコレートの製造工程の見学です。 見学アテンドの方が丁寧に説明をしてくださいます。 可愛いらしい入り口がお出迎えです。 まずは、 チョコレートの歴史について学習します。 五感を使って体験できます。 ビデオを使って学習する場面も。 「美味しいイメージから入り、チョコレートの栄養や健康効果などもお知らせできるので、 『楽しい+健康効果』をお伝えできるのが見学アテンドとしてやりがいです。 」 チョコレート製造ラインの入り口です。 ここから、実際にチョコレートを機械で製造しているところの見学です。 ロースト前と後の、ほのかな匂いの違いを体験できます。 締めは チョコレートの試食です。 工場では 1日3回の見学を設けています。 見学施設長の栗原さんご自身も、小さい頃明治の工場を訪れたそうです。 「北九州出身なのですが、当時の明治製菓戸畑工場へ社会科見学で行きました。 小さい頃見たものは、 何十年も印象強く覚えているものです。 」 「普段お菓子売り場へ行っても企業の名前を意識することはないと思いますが、 工場見学がきっかけで 明治の商品だ!とか、 もっと知りたいなと思っていただくことが工場見学を行う目的です。 」 フォトスポットもたくさん! インスタ映え間違えなし!です。 五感を使った体験、試食など、充実した見学をすることができます。 お友達同士で訪れてみてはいかがでしょうか?.

次の

【見学レポ】チョコレート工場「明治なるほどファクトリー坂戸」の工場見学に行ってきました

明治 なるほど ファクトリー 坂戸

カカオ体験までできる!チョコレート工場「明治なるほどファクトリー坂戸」 おなじみの製品が作られている工程を間近で見られるとあって、 「工場見学」は大人にも子どもにも大人気。 「ミルクチョコレート」や「きのこの山」といったお菓子や、 「ブルガリアヨーグルト」などの乳製品を多数製造する明治では、全国にある7つの工場で施設を公開しています。 「明治なるほどファクトリー」として、 明治の「おいしさ・楽しさ・健康・安心」へのこだわりを伝えています。 「ミルクチョコレート」や「ツインクル」、チョコレートなら坂戸工場! 今回ご紹介するのは、都内からも比較的訪れやすい埼玉・坂戸市にある 「明治なるほどファクトリー坂戸」。 「ミルクチョコレート」や 「ブラックチョコレート」はもちろん、 「プッカ」、 「アポロチョコレート」、 「ツインクル」といったチョコレートのお菓子、そして 「果汁グミ」や 「ポイフル」、「マクビティビスケット」などグミキャンディーやビスケットも生産しています。 「カール」の製造は8月まで 2017年8月で生産分をもって東日本での販売を終了するとされているスナック菓子 「カール」。 坂戸工場でも生産されていて、見学スポットとしても人気を集めていましたが、 8月下旬にてカールの製造ライン見学は終了。 チョコレートの原料である カカオのことや、 チョコレートの栄養素・健康効果などを楽しく学ぶことができます。 カカオの香りを知る貴重な体験も! 〇見学ライン チョコレートに詳しくなったら、いよいよ製造ラインに。 見学前の予習に最適です! 「なるほどファクトリー坂戸」のガイドはチョコレート担当の「ジャック」。 「明治なるほどファクトリー坂戸」予約方法 見学予約は、月~金9:30〜/11:30〜/14:00〜の1日3回。 お盆やゴールデンウィーク、年末年始、工場休業日は見学を行っていません。 入館料は 無料で、1回あたり最大120名受け入れます。 注意したいのは、小学校の社会科見学など、 通常は団体をメインに実施しているということ。 9名以下の参加は、1ヶ月先まで掲載された または電話で予約をすることになります。 1~9名までの家族や友達と参加したい場合は、春休み・夏休み・冬休みと一部祝日に実施する少人数見学会(ファミリーデー見学会)がおすすめ。 約2ヶ月前から、Webサイトにて先着順で予約受付が始まります。 おしらせをこまめにチェックしてくださいね! 〇入場できるのは4歳から! 「一般合同見学会」も「ファミリーデー見学会」も、安全上の理由から入場できるのは4歳以上。 4歳未満は入れませんのでご注意ください。 休館日:土曜日、日曜日および工場の休日 入館料:無料 アクセス:【電車】東武東上線若葉駅から徒歩15分またはタクシーで5分 【車】関越道鶴ヶ島インターから3Km 15分 まとめ おでかけしよう!おすすめ工場見学まとめ「明治 なるほどファクトリー 坂戸」いかがでしたか? 小学校の社会科見学のために行われていた工場見学も、Webサイトからの予約システムを導入したり、少人数でも参加できる見学日を設けたりと、一般からも参加しやすくなっている印象。 ただし申込みは先着順の場合が多いので、お目当ての工場のWebサイトはお早めにチェックしてくださいね。 次回もお楽しみに!.

次の

明治なるほどファクトリー坂戸チョコレートの工場見学へ行ってきた!予約方法・お土産・駐車場情報も│みんなの工場見学

明治 なるほど ファクトリー 坂戸

車で9:10位に到着、工場正門の警備に要件を伝え、敷地内に入場となりました。 その際、『車は空いているところに駐車可、車を降りたら歩道を歩くこと、正面右の建物の2階のホールに行くように』と、案内がありました。 車から降りるや『ぷぅーん』とチョコの匂いがしてきて、なんともたまりませんwww で、ホールに着くや『本日の案内係』がおりまして、9:30から開始する旨の案内があり、その場で『本日のお土産 果汁グミ とパンフレット類にカールおじさんが印刷されたビニール袋』を頂きました。 本日9:30からの部は、2組4名様だけとのこと。 やはり個人見学が『可』になったことがまだ知れ渡ってないのでしょう、、、 9:30になり案内係から挨拶があり、工場見学の開始です! まずは工場の案内や、明治の安全・安心・環境保全などの姿勢・取り組みなどについて、説明とビデオで勉強します。 その後、見学用通路から『板チョコとカール』が出来るまでを見ていきます! 2階の【板チョコとツインクル】の製造工程を見学している最中も、『チョコ』の匂いがしていて何ともたまりませんwww 見学通路は『meiji milk chocolate』の色 茶 や、包装しているアルミ箔の色 銀 になっていたりして、面白さも演出しております。 壁に手を触れることは不可 2階の板チョコを見学し終えると、1階に降りて【カール】の製造工程の見学になります。 1階のカールの見学通路も『カールおじさんの一日をあらわした風景』で、演出をしております。 そのベルトコンベアーからちょこっと分岐して、見学用通路の小窓までたどりついている部分があります。 その形の変わったカールですが、案内係曰く『通常品とは違う食感』との、お声が多いとのこと。 真面目な製品作りを感じさせる【板チョコ】の製造工程に、面白さと演出で遊び心を感じさせる【カール】の製造工程を見学し、終了になりました。 10:40頃 ・・・・・ 自宅に戻り、さっそく【出来立てカール】を頂くことに! 『うんうん この味!』『昔のカールはもっと大きかった感じがする』などと、帰り道に買ってきた【meiji milk chocolateやツインクル】も食べながら、久々に味わっていたら、出てきたのです!【カールおじさん形のカール】が!!! これ、【必然】ではなく【偶然】ですよね 笑 !!! その【カールおじさん形のカール】ですが、通常品の食感が『サクッ!』とした感じだとすると、これは『ザクッ!』といった感じ、、、 通常品と同等の【美味しさ】ではありませんでした。 これも驚きです そんなこともあり、なるほど!も発見!も楽しさ!も【カール】が出来るように増えて、大変満足な一日となりましたwww 今度は、【明治守谷工場 乳業 】に行ってみたいと思います。

次の