ダイオウドウ レイド 対策。 マックスレイドバトル (まっくすれいどばとる)とは【ピクシブ百科事典】

【ポケモン剣盾】キョダイマックスを解説!キョダイマックス可能なポケモンと技【ポケモンソードシールド】

ダイオウドウ レイド 対策

こんにちは、いもづるしきの読書です。 捕まえたキョダイポケモンのランクバトルでの運用方法も、こそこそっと書いています。 ・想定するレイドバトルはソロとする。 ・使用ポケモンはLv100付近まで上げ、努力値を攻撃または特攻、素早さに振り切ったレイド用のものを使おう。 前回のイベントと比べ技構成が大きく変動し、 全体攻撃をしなくなったようだ。 かなりクリア難度が落ちたため、ソロプレイヤーには朗報である。 弱点を突け、リフレクターでNPCを守れる エルレイド、ザマゼンタが有効。 これはA0やS0を狙いたいメタモンのレイドバトルにも言える。 しかし、真剣に戦うランクマッチで、カビゴンがS0である理由がなければ夢特性のS0個体は無理して狙わなくていいと筆者は考える。 ダイマックス権が再び回ったときにダイマックスをしよう。 夢特性のズルズキンでもよい。 難しいという意見が多く寄せられたのか難易度に調整が入り、第一弾以降は最大でLv60となった。 ダイロックで生じる砂嵐状態では、岩タイプのカジリガメは特防が1. 5倍になる。 よって、 物理の草タイプがおすすめ。 キョダイコワクは毒、麻痺、眠り状態のうち一つが決められ、そのあとにタイプ相性で無効になるかを決めている。 したがって、 電気タイプで飛んでいないポケモンが 麻痺、エレキフィールドで 眠り状態を無効にできるのでおすすめ。 ダイサイコでフィールドを書き換えられるとき用に備え、ラムの実を持たせておくのもアリ。 ダブルバトルでは 複眼眠り粉でヘイトを稼ぐことができるため、いるだけで隣のポケモンを守れる。 怒りの粉で相手の「正義の心袋叩きコンボ」、「味方攻撃弱点保険」を阻止したり、集中攻撃を見計らって守るを撃つと相手の攻撃を無に帰すこともできる。 需要のあるポケモンなので、募集をかけてソードのトレーナーにもお裾分けしてあげよう。 4倍弱点である 地面、水タイプの特殊型ポケモンがおすすめ。 ダブルバトルでは ドラパルトの波乗りで相手のタスキを削りつつ、蒸気機関と弱点保険を同時発動させるコンボが有名。 ドラパセキタンの並びは相手に選出誘導を強いるため、試合前から相手の選出を予測できる良さもある。 「テンバツ」による混乱自傷を防ぐなら、 ラムの実またはキーの実を持たせよう。 運便りになるが、ザシアン、ザマゼンタで巨獣斬、巨獣弾を打っていれば倒せる。 混乱に翻弄されたくないなら、木の実持ちダイマックスポケモンで挑もう。 4ターン目以降にゴーストダイブを撃たないようにしよう。 猫騙しなどの先制技をサイコフィールドで無効にし、「この指止まれ」でトリックルームを張らせやすくできる。 岩雪崩の怯みが唯一の弱点と言えるが、隣に弱点保険トゲキッスを並ばせると相手の意表を突くことができる。 「 避雷針ドサイドン」が最もおすすめ。 単体攻撃であるキョダイカンデンは無効化できるが、全体攻撃である放電やオーバードライブは誘引できない。 「ステータスリセット」をされてしまうと、そのターンは避雷針を無視してカンデンを他のポケモンに撃たれることもあるが、リセットは3ターン目以降となるので心配ご無用。 サイドンでもよい。 ダブルバトルでは キョダイバンライの仕様と同じく、地面タイプ以外にカンデンを打つと隣の地面タイプを麻痺に出来ることもある。 ドリュウズが天敵だが、相手にドリュウズを先発させるパーティを組み、ドリュウズを倒した後にストリンダーを繰り出すと活躍してくれる。 ビルドアップを積み続けるので 特殊型のエスパー、フェアリーのポケモンが有効。 爆裂パンチの混乱自傷を防ぐなら、キーのみを持たせるか、ダイフェアリーでミストフィールドにするといいだろう。 ムゲンダイナでダイマックス砲を打っていれば倒せる。 ダイストリームで雨を降らせることで、2バリア目以降に放ってくる熱風の威力を落とすことが出来る。 入手が難しいが、水特殊では最も火力が出るポケモン。 アシレーヌでもよい。 最初のターン、ダイロックは撃たずにダイアタックなどから入って砂嵐を起こさないようにしたい。 ダブルバトルでは 悪戯心エルフーンやヤミラミと組んだり、キョダイマックスせずとも日照りキュウコンとのダブル熱風で負担を強いる戦法などで活躍する。 現在のリザードンは初手熱風で相手を疲弊させ、後発のフシギバナで打開ダイマックスする動きが流行している。 ダイソウゲンで発生する グラスフィールド下では地ならし、地震の威力を半減にできる。 3倍の火力が出る。 ダブルバトルでは カジリガメと同様、トゲデマルのボルトチェンジで弱点保険を発動させ、雨降らしペリッパーと交代すると炎技の火力も落とせるので強力。 キョダイ個体は相手の技構成依存となるのであまり採用されない。 パーティがトリックルームに弱いなら、キョダイ個体にするのもアリ。 ソロとは言わずにまだ入手していない誰かのために募集をかけてあげよう。 ラプラスは特防の方がやや高いので、 物理型の格闘、電気タイプのポケモンがおすすめ。 ダブルバトルでは エルフーンと組んだ追い風キョダイセンリツが強力。 ラプラスより1速くしたヤレユータンでラプラスに瓦割りして、弱点保険を発動、特性の共生で光の粘土を渡すコンボも面白い。 ドリュウズとバンギラスの地震ダイロックコンボ、電撃クチバシが天敵だが、ラプラスはダイウォール、隣のサマヨールのトリックルームで素早さ反転をすることで対抗出来る。 確実に倒すならダイマックスポケモン、手早く倒したいならザシアン、ザマゼンタを使おう。 ダイフェアリーが撃てて、一致ダイスチルが強いため。 キョダイイーブイレイドで入手した危険予知イーブイから卵を孵化させるのがおすすめ。 ローな姿と同様に 避雷針ドサイドンが活躍する。 タイプ相性が良く、凍える風でA2上昇ができる 負けん気キリキザンが特に有効。 メイン攻撃は2種揃えておき、 拘り系の持ち物は控えよう。 呪われていると悪あがきしかできなくなるからだ。 この期間中は持ち物を替えるか、新しく別個体を育成するか、選出しないようにしよう。 遺伝技の不意打ちを覚えさせるとオンラインで活躍できたり、凍える風を撃たれすぎて先制され、NPCが壊滅するという場面も無くせる。 ダイサイコによるサイコフィールドが展開されていると、 不意打ちが無効になるので注意。 地震は味方を巻き込む技なので使わないようにしよう。 ダブルバトルでは キョダイゲンエイでは相手の「勝ち気、負けん気」は起動しない。 したがって、あの有名なミロカロス、サマヨールの並びでも安心してサマヨールを倒すことができる。 準速のゲンガーでも、手助けダイホロウでD特化奇石サマヨールを確1。 ムゲンダイナでダイマックス砲を打っていれば倒せる。 ダブルバトルでは スカーフドラパルトのサイコファングで、砕ける鎧弱点保険というコンボが出来る。 ダストダスは元々の火力が低いため、確実に倒せるポケモンを倒して数の優位を掴む立ち回りが要求される。 特防が低いので特殊型のポケモンであれば地面、格闘タイプでなくてもよい。 ゲスト参加のときに有用。 ダイマックス砲のPPは最大まで増やしておこう。 今回はここまでです。 いつも読んでくださり、本当にありがとうございます。 素敵なワイルドエリアライフを楽しめますように。

次の

#ポケモン剣盾 ソロでやるマックスレイドバトル 〜期間限定(ピックアップ)キョダイマックス 23種|いもづるしきの読書|note

ダイオウドウ レイド 対策

7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるダイオウドウの育成論と対策について掲載しています。 ダイオウドウのおすすめ技や性格、もちものについてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 育成論 目次• 3倍になる 隠 自分の重さが2倍に増える ダイオウドウの特徴 超重量級のアタッカー 体重650kgと重いポケモンですが、夢特性のヘビィメタルによってさらに重く 1300kgにもなります。 この重さは全ポケモンの中でも最も重く、この体重を活かした技を主体として立ち回ることで多くのポケモンに対して優位に立ち回ることができます。 キョダイコウジンではがねタイプのステロを ダイオウドウはキョダイマックスの姿を持っています。 ダイオウドウがキョダイマックスする事ではがねタイプの技が「キョダイコウジン」というはがねタイプのキョダイマックス技に変化します。 キョダイコウジンは攻撃しつつ はがねタイプ版のステルスロックを撒けるので削りやタスキ潰しを違ったタイプから展開していくことが可能です。 攻撃に最大まで振りながら、HPを奇数、残りを防御と特防に耐久値を重視して振り分けています。 ダブルバトル用に育成している型のため10まんばりきになっていますが、シングルバトルで使用する場合にはじしんがおすすめです。 トリル下で強力なアタッカー トリル運用を前提としているアタッカーです。 苦手とするじめん、かくとう、ほのおタイプの弱点を突ける技を覚えるので相性補完もしやすく、耐久を活かして多くのポケモンを文字通り潰していくアタッカーです。 2種類の体重技と相性補完ができる技を使いこなすことで広範囲に殴り合いができるアタッカーになっています。 調整について 素早さ激戦区のポケモンなので受けとして出てくるドヒドイデに対して上を取れるように素早さを調整しています。 また、特防44に振ることでトリルアタッカーである特化ブリムオンのマジカルフレイムでさえも確定3発までに抑え込める耐久があります。 攻撃を効率の良い11nに調整をし、残りを防御、HPを奇数に調整しています。 防御と特防のステータスはいずれも平均よりも低めですが、HPが高いため一撃を耐えられる耐久力があります。 一撃で倒し切らないとヘビーボンバーやじしんなど高い攻撃の値を生かした物理技を反撃で受けてしまいます。 対策方法 物理受けのポケモンで受ける ダイオウドウは攻撃がかなり高く、対して特攻は控えめなので、物理アタッカーとして採用されることが多いです。 はがねタイプを半減で受けられる物理受けポケモンや数値受けできるポケモンで対応しましょう。 弱点を突いた高火力で一気に倒す ダイオウドウはHPのステータスが高いですが、防御と特防のステータスが低いので数値以上に柔らかいです。 耐久に特化している可能性も考え高火力の弱点技で攻め切るのがいいでしょう。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は特攻を除く5V。 トリル運用では素早さは最遅にしておきましょう。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。

次の

【剣盾】【対戦】トリルパ使ってるけど、こんな感じでは上じゃ通用しないかな??

ダイオウドウ レイド 対策

小数点以下は切り捨て また、 相手の場に対しての技であるため、 みがわりや まもるで防ぐことはできません。 似た技に まきびしがあります。 これも相手の場に設置してダメージを与える技ですが、地面タイプや空を飛んでいる相手にはダメージがありません。 つまり、ステルスロックが設置してある場に、特性ひでりのコータスを出してHPが0になった場合、 特性が発動せずにひんしになります。 ダメージ順についてくわしくはこちら ダイマックスした場合 ステルスロックをダイマックスして使う場合、 ダイウォールという技になり、相手の攻撃を防ぎます。 攻撃側のステルスロックに対して防御側がダイウォールを使っても、防ぐことはできません。 ピクシー ダグトリオ 原種 ウソッキー ハガネール ツボツボ サニーゴ 原種 サニーゴ ガラル バンギラス クチート コータス ルナトーン ソルロック ネンドール ドータクン カバルドン ドサイドン マンムー ギガイアス ドリュウズ ガマゲロゲ イワパレス ナットレイ マッギョ 原種 マッギョ ガラル ゴルーグ キリキザン ガメノデス バンバドロ ジャラランガ カジリガメ セキタンザン サダイジャ サニゴーン デスバーン ダイオウドウ イシヘンジン ジュラルドン 赤字は岩・地面タイプ以外でステルスロックを習得できるポケモンです。 ステルスロックを覚えるポケモン 鎧の孤島 2020年6月に、 エキスパンションパス・鎧の孤島が発売されました。 サンドパン サンドパン アローラ プクリン ダグトリオ アローラ ガラガラ ガラガラ アローラ カイロス ラッキー エアームド ミルタンク ハピナス クリムガン ルガルガン まひる ルガルガン まよなか ルガルガン たそがれ シロデスナ テラキオン ビリジオン 赤字は岩・地面タイプ以外でステルスロックを習得できるポケモンです。 入手方法 わざレコード76で習得できます。 わざレコード76はワイルドエリアのワットショップや、岩タイプや地面タイプとのレイドバトルで入手可能です。 キョダイガンジン キョダイマックスカジリガメが、みずタイプの攻撃技を使うと キョダイガンジンになります。 相手にダメージを与え、相手の場にステルスロックを設置する追加効果があります。 キョダイコウジン キョダイマックスダイオウドウが、はがねタイプの攻撃技を使うと キョダイコウジンになります。 相手にダメージを与え、相手の場に 鋼版のステルスロックを設置する追加効果があります。 これはステルスロックとの両立も可能です。 ステルスロックの対策 ステルスロックの対策方法は、以下のいずれかが考えられます。 相手からステルスロック自体を受けないようにする• 自分の場のステルスロックを解除する• 相手のステルスロックを受けた上で戦略でカバーする 具体的な方法をいくつか紹介します。 HP調整で対策 例えばリザードンやマルヤクデは、岩が4倍弱点です。 この計算は小数点以下は切り捨てのため、 努力値を調整してHPを奇数にしておきましょう。 ステルスロックのダメージを2度受けても、 HPが1残ることになります。 特性による対策 マジックミラー 相手から受ける 変化技を跳ね返す特性で、ステルスロックを跳ね返すことができます。 しかし、自分が場にいるときに相手からの変化技を跳ね返すため、 すでに設置されているステルスロックを無効化することはできません。 この特性を持つポケモン: ネイティオ、 エーフィ、 ブリムオンなど マジックガード 攻撃技以外でダメージを受けない特性のため、ステルスロックでダメージは受けません。 この特性を持つポケモン: ピクシー、 シンボラー、 ランクルスなど 技による対策 ちょうはつ 役立つ場面は ステルスロックをされる前に限りますが、ちょうはつで変化技を封じることができます。 ステルスロック以外にも変化技全般に有効なため、変化技が主体の相手には、かなりの圧力をかけることができます。 こうそくスピン 威力50の攻撃と同時に、自身の場のステルスロックを解除できます。 他にもしめつけるなどのバインド状態や、やどりぎのタネを解除することもでき、自身の素早さを1段階上げる効果があります。 ダメージ・ 能力アップ・ 場の状態解除と、1つの技で3つの要素を持っているため、なんだかお得な感じがします。 この技を覚えるポケモン: カポエラー、 コータス、 ドリュウズ、 クレベース、 セキタンザンなど こうそくスピンについてはこちらで詳しく解説しています。 コートチェンジ お互いの場の状態を入れ替える技です。 リフレクターや おいかぜなど、相手に有利な状態も入れ替えられるので、一気に形成逆転も狙えます。 ただし、 自分が相手に放ったステルスロックなども入れ替えてしまうので、使い時には注意が必要です。 この技を覚えるポケモン: エースバーン マジックコート 対戦で使うには高度な読みが必要ですが、相手から受ける変化技を無効化し、相手にその技を使い返す技です。 この技を覚えるポケモン: ムシャーナ、 イオルブなど きりばらい 相手の回避率を1段階下げ、相手の場のリフレクター、ひかりのかべや、お互いの場の設置技、フィールドの状態を打ち消します。 相手の場に設置したステルスロックも解除されてしまうので注意! この技を覚えるポケモン: ファイアロー、 アーマーガア、 バルジーナなど キョダイフウゲキ アーマーガアのキョダイマックス技です。 相手にダメージを与えたあと、相手の場のリフレクター、ひかりのかべや、お互いの場の設置技、フィールドの状態を打ち消します。 この技を覚えるポケモン: アーマーガアの飛行技(キョダイマックス) 持ち物による対策 あつぞこブーツ フィールドに設置された技の効果を受けない道具ですが、役に立つ機会は限定的です。 ステルスロックのダメージを受けませんが、解除できるわけではありません。 プレイングで対策• ステルスロックのダメージのみでHPが満タンから0になることは無いので、相手に攻撃される前に相手のポケモンのHPを先に削り切ることを考えましょう。 高耐久のポケモンで回復技を使えば、ステルスロックのダメージを回復して、無かったことにもできます。 相手がステルスロックを使う前に、一撃で倒すことができれば、問題ありません。 ただし、ステルスロックを使うポケモンは耐久が高かったり、きあいのタスキを持っている場合が多いため、なかなか難しいかもしれません。 ステルスロックを使われても、そのターン自分は別の行動ができます。 ほぼ確実にステルスロックと予想できるなら、積み技やみがわりなどを使うチャンスとも言えます。 おわりに 私は炎統一パーティを使っており、いままで数百回ステルスロックを受け続けてきました。 自身の研究のために今回の記事を書きましたが、ステルスロック対策が広まれば、やがて世の中からステルスロックを使う人が少なくなるだろうと願っています。 今後も新たな対策が見つかれば、追記していきたいと思います。

次の