所存です。 「所存でございます」の意味と例文・間違えやすいポイント

敬語「所存」の意味と正しい使い方!類語「意向」「次第」「所在」との違い

所存です

「所存」とは、「思っていることがら」。 つまり、考えや意見を意味する言葉です。 「所存」は「しょぞん」と読み、ビジネスシーンで使う人も少なからず存在します。 存ずるは普段使うときに「存じます」と言いますが、「思います」という言葉の謙譲語、つまり敬語の一種です。 動詞として使う場合は「所存です」といいます。 「所存です」は「〜するつもりです」「〜しようと思います」「〜したいと思います」といった意味です。 しかし、「思います」とは違って「思っていることを常に持ち続けている」というニュアンスがあるため、強い意志を持って前進する気持ちが伝わります。 そのほか強く反省して、これから精進していく気持ちを表せます。 ビジネスシーンでの「所存」の正しい使い方 「所存」の使い方で一番頻度の高い使い方が「所存です」。 「ご」や「ございます」などを使わなくても「所存」だけでも大変丁寧な使い方です。 「所存」は敬語なのでむしろ余計なことを付け加える二重敬語になる可能性が出てきます。 また、 所存は自分自身の意思ですから「ご」を使うのはNGです。 自分のしたいこと、しようと思っていることを表す文章の動詞の原型に「所存です」をつけます。 「ますます仕事を頑張る所存です」というような使い方です。 「所存」の使い方では一番一般的で、ビジネスシーンでメールでも会話でもよく使われます。 履歴書などで入社したときの展望などを「所存です」使って表明すると社会人らしい印象です。 「ござる」は「ある」の敬語ですから、敬語である「所存」と一緒に使うと二重敬語だと指摘する人もいます。 しかし、ビジネスシーンでもよく使われるため市民権を得ている使い方です。 そのため、 丁寧な文章で上司や取引先など目上の人にメールを送るときなどに使うと良いでしょう。 ただし、文章を書き終えたあとで「ございます」があまりに多く使われすぎていないかチェックしましょう。 「ございます」で終わる文章が続くと読みにくい上、わかりにくくなってしまいます。 ビジネスでのメールは相手に言いたいことがちゃんと伝わることが大事です。 【シーン別】「所存」を使った丁寧な例文 【履歴書の場合】所存の丁寧な例文• I will try and do my best. (これからも努力しベストを尽くします)• I will make further efforts in our projecto. (私たちのプロジェクトのために一層の努力をしてまいります)• I constantly strive to improve my work. (一層の努力をしてまいります)• I put more effort in my work. (仕事に努力を注ぎます)• I will do my best. (最善を尽くします)• I'd like to visit you so that I apologize to you. (お詫びに行く所存です).

次の

「貴社に貢献」で人事の心を掴む!伝わる志望動機のつくり方|ハタラクティブ

所存です

「所存」の読み方・意味 「所存」の読み方は「しょぞん」 「所存」は 「しょぞん」と読みます。 「しょそん」は誤読になるので注意しましょう。 「所存」の意味は「思うところ、考え」のい敬語表現 「所存」は、 「心中に思うところ・思惑・考え」という意味です。 「所存」は「存ずるところ」を省略した表現で、「存ずる(ぞんずる)」は、「知る」「承知する」の謙譲語です。 そのため「所存」は 「思う」の謙譲語になります。 「所存です」と言う場合は、「〜するつもりです」「〜したいと思っています」といった意味合いになります。 「所存」は「思います」「考えます」と同義ですが、「思いを常に持ち続けている」「思いを常に持ち続けたい」といったニュアンスを持つため、自分の考えや思いを伝える際は「所存です」と使う方が適切です。 「所存」の使い方 一般的に「〜する所存です」と使われる 「所存」は、 「〜する所存です」「所存でございます」「所存の外」といったように使います。 「所存の外」は、「考えていたこととは違っていること・意外なこと」を意味しています。 「所存」は、決意や意向を伝える際に使用するのが適切です。 例えば、 ・新しい役職に就くとき ・今後の方向性を話すとき ・自分の考えを述べるとき といったような場面で使います。 「所存」は目上の人に使うことができる 「所存」は、日常会話ではなく、改まった言い方として書簡文などで用いる言葉です。 ビジネスシーンでは「思います」と使っても問題ありませんが、少々軽い感じの表現です。 そのため、堅い挨拶をしたり、ビジネス文書で使う際は「思います」の代わりに「所存」を使うのが無難です。 「所存」は、謙譲語です。 謙譲語は、自分の動作をへりくだって表現するので目上の相手に敬意を示します。 相手に対してへりくだった表現になるので、 大抵目上の相手に使用します。 「所存」の使用上の注意点 「所存」を使用する上でいくつかの注意点があります。 「ご所存」は二重敬語 「所存」を丁寧にしようと「ご所存」と言ってしまう場合がありますが、これは間違いになります。 「所存」は謙譲語になるので、謙譲を表す「ご」を付けて「ご所存」にしてしまうと 二重敬語になってしまいます。 二重敬語であっても慣例的に使われる言葉も場合によってはありますが、なかには違和感を感じたり、失礼だと感じてしまう人もいるので注意が必要です。 「と思う所存です」は誤用 「〜と思う所存です」や「〜と考えていく所存です」は誤りになります。 なぜなら「所存」は「思うこと・考えること」を指しているため、 二重表現になるからです。 二重表現とは、「筋肉痛が痛い」や「本を読書する」といったように、同じ意味の語を重ねる表現のことです。 例えば、「私は彼女の提案が良いと思う所存です」といった場合、「私は彼女の提案が良いと思い思います」といった意味で、明らかにおかしい表現になってしまいます。 「所存」を使用する際は、「考える」や「思う」といった言葉を補足しないように注意しましょう。 「所存」の例文 ビジネスシーンで「所存」を使う場合 ・一生懸命、仕事に専念する所存です。 ・品質向上のため努力いたす所存でございます。 ・退院しましたら、改めてご挨拶に伺う所存でございます。 ・都合が合えば、近々お見舞いに参上する所存です。 ・リーダーとして精一杯努力していく所存です。 ・社員一同、プロジェクト成功のため一致団結して取り組む所存です。 ・これからもお客様にご満足いただけるサービスを提供するべく努めて参る所存でございます。 ・今回のようなミスを二度と起こさないよう、厳重に注意いたす所存でございます。 ・今後はこのようなご迷惑をおかけしないよう誠心誠意努力いたす所存でございますので、何卒ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。 挨拶で「所存」を使う場合 本日よりこちらに配属になりました山田と申します。 まだ環境の変化に追い付けず、ご迷惑をおかけすることもあると思いますが、精一杯皆さまから学び、一日も早く追いつけるように努力する所存でございます。 何卒ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 謝罪で「所存」を使う場合 この度は当社のサービスに不備があったことでご迷惑をおかけすることになり、大変申し訳ございませんでした。 貴社に多大なるご迷惑をおかけしたこと、謹んでお詫び申し上げます。 今後はこのような不手際のないよう、十分に注意してまいる所存でございます。 どうか今後とも変わらぬご愛顧のほどを、心よりお願い申し上げます。 専門的なスキルは入社後に教わる部分も多いですが、一日も早く戦力となれるよう努力していく所存でございます。 「所存」と「意向」の違いのポイントとしては、「誰の考え・思い」かということです。 「所存」は、自分の考えを指しているのに対して、「意向」は、相手側の考えを指しています。 「所存」は謙譲語のため、目上の相手に対して自分の考えを伝える際に使い、 「意向」は敬語ではないため、目上の相手に対して使う際は「ご意向」とします。 目上の相手に対して使う場合は、「私の意向としては〜」と使うよりも「私の所存は〜でございます」と使った方が適切になります。 自分の考えを目上の方に伝える際は「所存」、相手の考えを伺う場合は「意向」を使用しましょう。 <「所存」と「意向」の正しい使い方> ・(正)「社会貢献に尽力する所存です」 (誤)「社会貢献に尽力する意向です」 ・(正)「そちらのご意向に沿うよう調整いたします」 (誤)「そちらのご所存に沿うよう調整いたします」 ・(正)「今後も精進していく所存です」 (誤)「今後も精進していく意向です」 「意向」の意味 「意向」は、 「どうしたいか、どうするつもりなのかという考え」を意味しています。 「意向」は「心の向かうところ」と書くように、「考えの方向性」や「本心」といった意味合いになります。 「意向」は敬語ではないので、目上の相手に対して使う場合は丁寧を表す接頭語「ご」を付けて「ご意向」とします。 「ご意向」は、「その人が物事をどう対処するか、どうするつもりなのか」という意味で使います。 「意向」の前には「誰の考え・思惑か」ということを表す言葉が入ります。 例としては「先方のご意向」「上層部の意向を受け」「上司の意向を踏まえて」といったようになります。 また「私の意向」「我々の意向」といったように、 自分自身に使う場合は「ご」を付けず「意向」のまま使います。 「意向です」「意向でございます」といった使い方はしません。 「意向」の例文 「意向」の例文を紹介します。 ・先方の意向に従ってこの依頼は断念することにした。 ・どうやら彼はこの契約を更新する意向は皆無のようだ。 ・こちらとしては相手の意向を尊重したい。 ・転勤について本人の意向を打診する。 ・ご意向をお伺いしてもよろしいでしょうか。 ・なんとかこちらの意向も汲んでいただけないでしょうか。 ・皆様のご意向をぜひ伺っておきたいと存じます。 ・電話で構わないので、ご意向をお聞かせください。 「所存」は自分の考えを伝える際に使う表現で、「次第」は物事の報告や説明をする際に使う表現になります。 自分の意志を相手に伝えたい場合は、「次第です」と言うよりも「所存です」と言った方が適切です。 <「所存」と「次第」の正しい使い方> ・(正)「電車が遅延したため、出社が遅れた次第です」 (誤)「電車が遅延したため、出社が遅れた所存です」 ・(正)「精一杯仕事に取り組む所存です」 (誤)「精一杯仕事に取り組む次第です」 ・(正)「近日中にご挨拶に伺う所存です」 (誤)「近日中にご挨拶に伺う次第です」 「次第」の意味は名詞「順序、事情」や接尾語「成り行きに任せる」などがある 「次第(しだい)」という言葉には名詞と接尾語(語基の後ろに付く語)の2つの品詞があります。 「次第」のそれぞれの品詞の意味をまとめると、 名詞「次第」の意味 ・順序 ・事情、状況、経過、成り行き、由来 ・(「次第に」という形で副詞として)だんだんに 接尾語「次第」の意味 ・(名詞の後について)物事または事柄のなりゆきに任せる、その物事によってどうにでもなる。 「君次第だ」など ・(動詞の後について)したらすぐに。 「終り次第、向かいます」など となります。 「次第」の使い方 職場では、原因や理由、状況、経過などを報告する場面がたくさんあります。 そんなときに便利でよく使う言葉が「次第」です。 ビジネスシーンで「〜という次第です」「〜を実施した次第です」などと使う場合の「次第」の意味は「事情、状況」という意味です。 基本的に立場の上の人に対して使います。 「〜という状況です」「〜という事情です」などと言ってももちろん問題ありません。 が、「次第」の方が堅い言葉なので、ビジネスシーンにはより適切です。 顧客や上司など目上の立場の人に対して「〜したわけです」「〜となっています」を使うのはフランク過ぎるので避けた方がよいでしょう。 「会議次第(議事次第)」という言葉も職場であるかもしれません。 この「次第」は「順序」の意で、「会議や会合の進行する順番のこと」を指します。 「次第」の例文 「次第」の例文について紹介します。 ・大変恐縮ですが、メールにてご連絡させていただいた次第です。 ・弊社は海外進出に積極的に取り組んでいる次第です。 ・幸い納期への影響はなく、先方からお許しを頂けた次第です。 ・このような次第ですので、明日予定されていたイベントは延期いたします。 ・次第に従業員が増えてきた。 ・次第に新しい職場に慣れてきた。 ・説明会が終り次第、個別面談を開始します。 ・書類が届き次第、精査いたします。 「所存」は自分の考えを伝える際に使う表現で、「所在」は物や人が存在すること・行為に使う表現です。 例えば、「責任の所在」と使うことができますが、「責任の所存」とは使うことができません。 「所存」と「所在」は間違えないように気をつけましょう。 「所在」の意味は「物や人が存在すること、仕業、身分」など 「所在(しょざい)」とは、 ・物や人が存在すること ・すること、仕業、行為 ・身分、職業、境遇 を意味しています。 「所」は「場所・ところ」を、「在」は「そこにある・いること」を表しています。 「所在」の使い方 先程も説明しましたが「所在」は物や人が存在すること・行為に使う表現です。 よく使われている「県庁所在地」は「県庁が存在する場所」といった意味で使われています。 また 「所在ない」という言葉がよく使われます。 「所在ない」は、 「やることがなく退屈である・手持ち無沙汰である」という意味で、「所在ない〜」や「所在なく〜する」といった形で使います。 「所在」の例文 「所在」の例文を紹介します。 ・彼は昨日から所在が不明である。 ・所在なさを紛らわすために部屋のあちこちを歩き回った。 ・彼女の所在を突き止める ・所在ないので本を読む。 ですが、「存じます」は自分の思っていることや知っているということを伝える場合に使いますが、「所存です」は「〜をしたいと思っている」などただ思っていることを話すというよりも決意表明に近い言い回しとなっています。 「存じます」の意味は「思います」「知っています」の謙譲語 「存じます」は 「思います」「知っています」の謙譲語になります。 「存じる」が「思う」「知る」の謙譲語で、それに丁寧語の「ます」を付けた敬語です。 「存じます」の使い方 「存じます」は謙譲語なので目上の相手にも使うことができます。 「知っています」という意味で使う場合は 「存じ上げます」が主に使われています。 ただし、「上げます」を用いる場合は、「知っている」対象が「人」に限定されます。 物事には使われないので注意しましょう。 その場合は「その件は存じております」など使いましょう。 「will」は学校では「未来」という意味だと習ったと思いますが、主語が第一人称のときの「will」は「強い決意」を表します。 ですから、「will」で「所在」というニュアンスをちゃんと表現することができます。

次の

完成度をグッと上げる職務経歴書の締め・終わりの言葉とは

所存です

高価なものではありませんが、とても気に入っている中国茶器のセット。 小説の中の彼女たちのように。 ことあるごとに思い出す小説の中の風景。 昼下がりに女友だちと麻雀をしながら家族の話や若い頃の話をして、笑ったり憂いたり真剣になったりしてみたい。 そんな憧れをつのらせながら30代の後半に差し掛かったある日、友人の母上と麻雀をする機会を得ました。 揃え方を教わり、少し覚えると、これはおもしろい。 それから更に十数年、今年に入ってきちんと教えてくれる方が現れたので、母と一緒に教わることになったのです。 四角い机を挟んで、母の性格や、わたしの苦手なことも見えてきて、奥の深い遊びです。 憧れの日も遠くないかも知れません。 若い頃から時折訪れる中華料理店。 マダムが映画の登場人物のようなのです。 中国の友人のお宅を訪ねたような気分になるお店です。 「食事の後に麻雀でもする?」 ボタンダウンシャツの男の子。 春と夏の間はシャツが活躍します。 メンズの小さいサイズのシャツを選ぶことが多いのですが、その良さと言えば、レディースよりも袖と身頃が細くて長いこと。 私服の学校に通っていた中学生の頃、同級生の男の子が白いボタンダウンのシャツにピンクのケーブルニットの薄いセーターとチノパンツを合わせていたのが印象的で、あの雰囲気を真似たいと、シャツの季節になると思い出します。 男の子みたいに、白いシャツにパンツにスニーカー、シンプルですがとても好きなスタイルです。 風が吹いて、緑が揺れて、散歩しながら自然と頬の緩む季節です。

次の