モンテルカスト チュアブル 味。 『キプレス』の「チュアブル錠」を噛まずに飲みこんでしまった。どうしよう?

モンテルカストチュアブルの味一覧表

モンテルカスト チュアブル 味

Contents• モンテルカストチュアブル・細粒は処方頻度が少なければ沢井製薬がベストかな?【2017年6月収載】 今日は モンテスカルト細粒「サワイ」の味見です。 今まで、 高田製薬、武田テバファーマ、東和薬品、日医工、沢井製薬と 有力どころのモンテルカストを味見してきましたが 恐らく今回の味見でモンテルカストでは最後になるんじゃないか?と思っています。 というか、 その他多くのメーカーさんは味見本を持ってこないので味見ができない・・・ 正直なところ、 すでに味見しているメーカーは、どのメーカーを採用しても美味しい味付けになっています (個々の評価は過去記事読んでくださいな〜) その中で 味が同じレベルであれば 『患者さんや調剤薬局に優しいメーカーを採用したい』 というのが個人的に思うことです。 時にMRさんの対応や人柄かもしれないですし、薬価差益かもしれません。 前置きが長くなりましたが早速味見をしていきましょう。 実際に味見してみた 沢井製薬はもちろん 先発品と同じような スティック包装になっています。 先発品とほぼ同じ細さなんですが、 他ジェネリックメーカーと比べると少しだけ細い気がする・・・ このスティック包装を見て 先発品よりも改良されていることに気がつきますか? その辺りも後ほどふれていきたいと思います。 強い甘みというよりも、 ほんのりと甘い感じで後味もスッキリ 口に含んだ直後は他の細粒同様にざらつく感じがあるけれど しばらくすると溶けるような感じでザラつきを感じなくなります。 ちょっと ドライシロップみたいな印象を受けました。 ここからは モンテルカスト細粒「サワイ」のお薦めポイントを3つ紹介します。 モンテルカスト細粒「サワイ」のお薦めポイント1 1点目、 開封口がマジックカットになっており100%開く 薬局にいるひとは先発品をよ~く見て欲しいんです。 「開け口」のところに少し切り込みが入ってませんか? そして、その部分が接着されていませんか? そう、先発品(キプレス・シングレア)の細粒を開けると本体の幅に対して8割ぐらいしか開かないんです。 私も沢井製薬のMRさんに言われて初めて知りました。 今まで調剤していて患者さんから言われたことはないんですが この開け口が完全に開かないことで お薬が全量飲めていないケースがあるのかな・・・?って少しだけ心配です。 味見した後発メーカーは記憶にある限りではマジックカットで 完全に口の部分が開いていたと思います。 この辺りは沢井製薬に限らず 後発品が改良した点だといえます。 モンテルカスト細粒「サワイ」のお薦めポイント2 2点目、粉薬を水に溶かして飲ませようとしたときに 意外と 苦労するのが粉が水面に浮くことなんです。 モンテルカストではないのですが、 うちの娘がザジテンD.Sを服用しており このザジテンD.Sが 恐ろしく水面に浮くんです。 そして 静電気なのか(?)縁の方に「す~~」って滑って、容器(小さいお椀)の縁につくんです。 スポイトを使って全量しっかりと溶かそうとすると 結構イライラします。 急いでいるのに!って・・・なります。 モンテルカスト細粒「サワイ」は 粉が水に沈むように設計されており 水に溶かしたときに水面に浮くことなく 扱いやすいそうなんです。 先発の キプレス・シングレア細粒を水に溶かしたことはないので分からないのですが 沢井製薬はこの点を付加価値としてお薬を作っているそうで 「 扱いやすいですよ!」とMRさんもアピールしていました。 モンテルカスト細粒「サワイ」のお薦めポイント3 3点目、包装が14包・28包・140包 なんといっても 14包の包装があるんです。 後発品って包装の種類が少ないOR包装が大きいってイメージがあるのですが モンテルカスト細粒に関しては シングレア細粒と同じ14包からあります。 キプレス細粒の14包包装作ってくれ~って言いたい(代わりに28包は無くしてもいいと思う) この辺りも沢井製薬らしいなぁ~と感じるポイントでした。 大手で細粒が14包、チュアブル錠が28錠の包装は第一三共エスファ(DSEP)もあります。 まとめ 味わってみた結果は 採用問題なしという評価です。 また、細粒の味だけでなく 実際に取り扱う患者さん(今回は親御さん)の利便性の良い製剤 また、 在庫を持つ調剤薬局にも優しい包装となっています。 この辺りは流石、 沢井製薬だなと感心しますね。 店舗単独で決定権があれば処方頻度が低いので モンテルカストに関してはチュアブル錠・細粒まとめて沢井製薬にします。 多く使っている薬局であれば、高田製薬を選ぶのも手かと思います。 それだけで決まらないのがチェーン店の原理ですね。 スポンサードリンク 味見ページのまとめ 味見のまとめページを作ってみたのでよかったら見てね~.

次の

【味見】モンテルカスト細粒「トーワ」は斬新な服用感!6月16日発売予定だってね~

モンテルカスト チュアブル 味

Contents• モンテルカストチュアブル・細粒は処方頻度が少なければ沢井製薬がベストかな?【2017年6月収載】 今日は モンテスカルト細粒「サワイ」の味見です。 今まで、 高田製薬、武田テバファーマ、東和薬品、日医工、沢井製薬と 有力どころのモンテルカストを味見してきましたが 恐らく今回の味見でモンテルカストでは最後になるんじゃないか?と思っています。 というか、 その他多くのメーカーさんは味見本を持ってこないので味見ができない・・・ 正直なところ、 すでに味見しているメーカーは、どのメーカーを採用しても美味しい味付けになっています (個々の評価は過去記事読んでくださいな〜) その中で 味が同じレベルであれば 『患者さんや調剤薬局に優しいメーカーを採用したい』 というのが個人的に思うことです。 時にMRさんの対応や人柄かもしれないですし、薬価差益かもしれません。 前置きが長くなりましたが早速味見をしていきましょう。 実際に味見してみた 沢井製薬はもちろん 先発品と同じような スティック包装になっています。 先発品とほぼ同じ細さなんですが、 他ジェネリックメーカーと比べると少しだけ細い気がする・・・ このスティック包装を見て 先発品よりも改良されていることに気がつきますか? その辺りも後ほどふれていきたいと思います。 強い甘みというよりも、 ほんのりと甘い感じで後味もスッキリ 口に含んだ直後は他の細粒同様にざらつく感じがあるけれど しばらくすると溶けるような感じでザラつきを感じなくなります。 ちょっと ドライシロップみたいな印象を受けました。 ここからは モンテルカスト細粒「サワイ」のお薦めポイントを3つ紹介します。 モンテルカスト細粒「サワイ」のお薦めポイント1 1点目、 開封口がマジックカットになっており100%開く 薬局にいるひとは先発品をよ~く見て欲しいんです。 「開け口」のところに少し切り込みが入ってませんか? そして、その部分が接着されていませんか? そう、先発品(キプレス・シングレア)の細粒を開けると本体の幅に対して8割ぐらいしか開かないんです。 私も沢井製薬のMRさんに言われて初めて知りました。 今まで調剤していて患者さんから言われたことはないんですが この開け口が完全に開かないことで お薬が全量飲めていないケースがあるのかな・・・?って少しだけ心配です。 味見した後発メーカーは記憶にある限りではマジックカットで 完全に口の部分が開いていたと思います。 この辺りは沢井製薬に限らず 後発品が改良した点だといえます。 モンテルカスト細粒「サワイ」のお薦めポイント2 2点目、粉薬を水に溶かして飲ませようとしたときに 意外と 苦労するのが粉が水面に浮くことなんです。 モンテルカストではないのですが、 うちの娘がザジテンD.Sを服用しており このザジテンD.Sが 恐ろしく水面に浮くんです。 そして 静電気なのか(?)縁の方に「す~~」って滑って、容器(小さいお椀)の縁につくんです。 スポイトを使って全量しっかりと溶かそうとすると 結構イライラします。 急いでいるのに!って・・・なります。 モンテルカスト細粒「サワイ」は 粉が水に沈むように設計されており 水に溶かしたときに水面に浮くことなく 扱いやすいそうなんです。 先発の キプレス・シングレア細粒を水に溶かしたことはないので分からないのですが 沢井製薬はこの点を付加価値としてお薬を作っているそうで 「 扱いやすいですよ!」とMRさんもアピールしていました。 モンテルカスト細粒「サワイ」のお薦めポイント3 3点目、包装が14包・28包・140包 なんといっても 14包の包装があるんです。 後発品って包装の種類が少ないOR包装が大きいってイメージがあるのですが モンテルカスト細粒に関しては シングレア細粒と同じ14包からあります。 キプレス細粒の14包包装作ってくれ~って言いたい(代わりに28包は無くしてもいいと思う) この辺りも沢井製薬らしいなぁ~と感じるポイントでした。 大手で細粒が14包、チュアブル錠が28錠の包装は第一三共エスファ(DSEP)もあります。 まとめ 味わってみた結果は 採用問題なしという評価です。 また、細粒の味だけでなく 実際に取り扱う患者さん(今回は親御さん)の利便性の良い製剤 また、 在庫を持つ調剤薬局にも優しい包装となっています。 この辺りは流石、 沢井製薬だなと感心しますね。 店舗単独で決定権があれば処方頻度が低いので モンテルカストに関してはチュアブル錠・細粒まとめて沢井製薬にします。 多く使っている薬局であれば、高田製薬を選ぶのも手かと思います。 それだけで決まらないのがチェーン店の原理ですね。 スポンサードリンク 味見ページのまとめ 味見のまとめページを作ってみたのでよかったら見てね~.

次の

モンテルカスト錠10mg「KN」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

モンテルカスト チュアブル 味

副作用 (添付文書全文) 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。 1.重大な副作用(頻度不明) 1).アナフィラキシー:アナフィラキシーが現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し適切な処置を行う。 2).血管浮腫:血管浮腫が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し適切な処置を行う。 3).劇症肝炎、肝炎、肝機能障害、黄疸:劇症肝炎、肝炎、肝機能障害、黄疸が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し適切な処置を行う。 5).血小板減少:血小板減少(初期症状:紫斑、鼻出血、歯肉出血等の出血傾向)が現れることがあるので、このような症状が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 2.その他の副作用:次のような症状又は異常が現れた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。 1).過敏症:(頻度不明)皮疹、そう痒、蕁麻疹、肝臓好酸球浸潤。 2).精神神経系:(頻度不明)頭痛、傾眠、情緒不安、不眠、幻覚、眩暈、感覚異常(しびれ等)、異夢、易刺激性、痙攣、激越、振戦、夢遊症、失見当識、集中力低下、記憶障害、譫妄、強迫性症状。 3).呼吸器:(頻度不明)肺好酸球増多症。 4).消化器系:(頻度不明)下痢、腹痛、胃不快感、嘔気、胸やけ、嘔吐、便秘、口内炎、消化不良。 6).筋骨格系:(頻度不明)筋痙攣を含む筋痛、関節痛。 7).その他:(頻度不明)口渇、尿潜血、血尿、尿糖、浮腫、倦怠感、白血球数増加、尿蛋白、トリグリセリド上昇、出血傾向(鼻出血、紫斑等)、動悸、頻尿、発熱、脱毛、挫傷、脱力、疲労、遺尿。 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 (重要な基本的注意) 1.本剤は、喘息の悪化時ばかりでなく、喘息が良好にコントロールされている場合でも継続して服用するよう、喘息患者に十分説明しておく。 2.本剤は気管支拡張剤、ステロイド剤等と異なり、すでに起こっている喘息発作を緩解する薬剤ではないので、このことは患者に十分説明しておく必要がある。 3.気管支喘息患者に本剤を投与中、大発作をみた場合は、気管支拡張剤あるいはステロイド剤を投与する必要がある。 4.長期ステロイド療法を受けている患者で、本剤投与によりステロイドの減量をはかる場合は十分な管理下で徐々に行う。 5.本剤投与によりステロイド維持量を減量し得た患者で、本剤の投与を中止する場合は、原疾患再発の恐れがあるので注意する。 6.モンテルカスト製剤との因果関係は明らかではないが、うつ病、自殺念慮、自殺及び攻撃的行動を含む精神症状が報告されているので、患者の状態を十分に観察する。 7.モンテルカスト製剤を含めロイコトリエン拮抗剤使用時に好酸球性多発血管炎性肉芽腫症様の血管炎を生じたとの報告があり、これらの症状は、おおむね経口ステロイド剤の減量・中止時に生じているので、本剤使用時は、特に好酸球数の推移及びしびれ、四肢脱力、発熱、関節痛、肺浸潤影等の血管炎症状に注意する。 8.本剤投与により効果が認められない場合には、漫然と長期にわたり投与しないように注意する。 併用注意:フェノバルビタール[本剤の作用が減弱する恐れがある(フェノバルビタールがCYP3A4を誘導し、本剤の代謝が促進される)]。 (妊婦・産婦・授乳婦等への投与) 1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない(海外の市販後において、妊娠中にモンテルカスト製剤を服用した患者から出生した新生児に先天性四肢奇形がみられたとの報告がある。 これらの妊婦のほとんどは妊娠中、他の喘息治療薬も服用していた。 モンテルカスト製剤とこれらの事象の因果関係は明らかにされていない)]。 2.授乳中の婦人に投与する場合は慎重に投与する[動物実験(ラット)で乳汁中への移行が報告されている]。 (小児等への投与) 1.気管支喘息: 1).6歳以上の小児の気管支喘息に対しては、モンテルカストチュアブル錠5mgを1日1回就寝前に投与する。 2).1歳以上6歳未満の小児の気管支喘息に対しては、モンテルカスト細粒4mgを1日1回就寝前に投与する。 3).1歳未満の乳児の気管支喘息、新生児の気管支喘息、低出生体重児の気管支喘息に対するモンテルカスト製剤の安全性は確立していない[国内でのモンテルカスト製剤の使用経験がない]。 2.アレルギー性鼻炎:小児のアレルギー性鼻炎等に対するモンテルカスト製剤の安全性は確立していない[国内でのモンテルカスト製剤の使用経験がない]。 (適用上の注意) 1.薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。 2.食事の有無にかかわらず投与できる。 (その他の注意) 他社が実施したプラセボ対照臨床試験41試験を対象に統合解析を行った結果、モンテルカスト製剤投与群9,929例中1例において自殺念慮が認められたのに対して、プラセボ群7,780例において自殺念慮は認められなかった。 また、他社が実施したプラセボ対照臨床試験46試験を対象に統合解析を行った結果、行動変化に関連する事象(不眠、易刺激性等)が、モンテルカスト製剤投与群11,673例中319例(2. (保管上の注意) 遮光、気密容器。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の