ラスト・チャンス! あらすじ。 ラストチャンス再生請負人キャスト相関図とあらすじネタバレ!仲村トオルが主演!

ラストチャンス再生請負人|キャスト&相関図!あらすじネタバレも紹介!

ラスト・チャンス! あらすじ

CONTENTS• 映画『チャンス』の作品情報 【公開】 1979年(アメリカ) 【原作】 イエジー・コジンスキー『庭師 ただそこにいるだけの人』 【監督】 ハル・アシュビー 【キャスト】 ピーター・セラーズ、シャーリー・マクレーン、ジャック・ウォーデン、メルビン・ダグラス、リチャード・ダイサート、リチャード・ベースハート 【作品概要】 ジョージ・コジンスキー原作「庭師 ただそこにいるだけの人」の映画化。 数十年間も家から出たことがなく、読み書きも出来ない庭師が、ただそこにいるだけであれよあれよと、政治の表舞台へと駆り出されるコメディ作品。 主演は『博士の異常な愛情』『ピンクパンサー』シリーズでお馴染みの名コメディアン、ピーター・セラーズです。 ピーター・セラーズが死の直前に出演し、自身の代表作となりました。 映画『チャンス』のあらすじとネタバレ 知的障がいのあるチャンスは、読み書きが出来ず、屋敷の外に出たことがありませんでした。 チャンスは、庭の草花の手入れとテレビが何よりも大好き。 自分は庭師だと誇りを持っています。 いつも通りの朝、テレビを見ながら起き上がり、草花に水をやり、乗ったことがない車を磨き、朝食のテーブルに着きます。 やはりテレビを見ながらの朝食のはずでした。 そこに使用人のルイーズがやってきて、チャンスに主人の死を告げます。 しかしチャンスは、死を理解出来ませんでした。 テレビに夢中です。 いつも通り朝食を食べ終わり、主人の部屋に向かいます。 冷たくなった主人に触れるも、興味は部屋のテレビに。 そして、また庭のお手入れに向かいます。 古い邸は主人の死で手放され、使用人は解雇となりました。 ルイーズは、チャンスのことを心配しながらも、年上の女性と結婚しなさいとアドバイスを残して出ていきます。 残されたチャンスの元に、弁護人のトーマスとサリーが訪ねてきます。 庭師と自己紹介するチャンス。 弁護人とは、どうにも話がかみ合いません。 主人の血筋でもなければ、ただの庭師が居続ける理由が分からない弁護人は、とにかくここには居れない。 出ていくように告げます。 主人から貰った品の良いオーダーメイドのスーツにハットをかぶり、荷物を丸めて詰めたキャリーケースに傘を持って、チャンスは外への扉を開きます。 今まで屋敷から外に出たことがなかったチャンス。 初めて見る外の世界に戸惑います。 「お腹が空いているので何か下さい」「庭師の仕事はどこで出来ますか」街の人々に声をかけます。 身なりは紳士、中身は子供です。 店のショーウィンドウでテレビを見つけたチャンスは、熱中するあまり路肩に駐車してあった車どうしの間にはまり、誤ってバックした車に挟まれてしまいます。 その車に乗っていた貴婦人イブによって、手当のため自宅へと招かれます。 車に乗るのも初めてのチャンスは、イブの会話にも上の空、車内のテレビに夢中です。 名前を聞かれたチャンスは「チャンス、ガーデナー(庭師)」と自己紹介しますが、むせたチャンスの言葉をイブは勝手に「チャンシー・ガーディナー」と勘違いしてしまいます。 イブは、財界の大物ベンジャミン婦人でした。 主人のベンは重い病気にかかっており、邸宅には病室と主治医が揃っていました。 ベンの主治医ロバートに手当を受けるチャンス。 純真無垢で自然な彼の態度に、イブもロバートも初めは不信を抱きましたが、一心でユーモアがある人物と捉えます。 イブがベンにチャンスのことを伝えると、ベンは興味を持ち、夕食に招待しようと提案します。 夕食の席で身の上を聞かれたチャンスは、素直に答えます。 しかし、庭師の話を深く取ったベンによって、勝手に同じ財界の事業家だと勘違いされます。 自分の話に耳を傾け、率直な意見を述べ、いつも動じない自然体のチャンスを、ベンはいたく気に入り、常に側に置くようになります。 ある日、ベンの見舞いに大統領が来ることに。 大統領との面会の席にチャンスも同行することに。 チャンスはテレビで見たことがある場面に喜びます。 政治の判断をベンに仰ぐ大統領は、チャンスにも意見を求めてきました。 チャンスは同様もせず、庭のことを話します。 「庭の成長には四季があります。 春には芽が出ます」当たり前のことを堂々と話すチャンスに、意味がわからないと首をかしげる大統領。 しかしこれまた、頭の良い人たちの勝手な解釈で、意味深長なる言葉と捉えられます。 政治に置き換えられたその言葉は大統領演説にも使用され、たちまち助言の主「チャンシー・ガーディナー」に注目が集まります。 ワシントンポストやテレビ局から取材の依頼が入ります。 新聞を知らないチャンスは、テレビ局の取材にだけ答えます。 テレビ主演でも、動じず自然体で話すチャンスは評判も良く、政界のご意見番として人気物に成り上がっていきます。 有名になればなるほど、彼の経歴は?何者なんだ?と、チャンスの身元調査が至る方面で起こります。 しかし「チャンシー・ガーディナー」という人物は存在しません。 一方チャンスの本当の姿を知る人、元使用人仲間のルイーズ、弁護人のトーマスとサリーは「チャンス」と「チャンシー・ガーディナー」が同一人物だと気付きます。 本人は正直に生きているだけで、周りの騒動には気付いていませんが、本当のチャンスの正体がバレるのも時間の問題となりました。 チャンスを信頼し好んでいるベンは、自分の余命が残り少ないことを承知の上で、妻のイブとの仲を取り持とうとします。 自分の代わりに、イブを連れてパーティーに参加して欲しいとお願いをするベン。 イブも奥手で純粋なチャンスに惹かれていました。 経済界のパーティーに連れ立って登場するチャンスとイブ。 もはやチャンスは国民的な人気を得ていました。 次期大統領との呼び声も聞こえてきます。 そんな中ホワイトハウスでは、彼の素性がないことが憶測に憶測を呼び、CIAかFBIが彼の資料を消したのではないかと国家秘密張りの問題になっていました。 一方、主治医のロバートは彼の自然体すぎる態度に、どこか幼さを感じとっていました。 本当の彼を知る弁護人に会い、チャンスはただの知的障害を持った庭師であると確信したロバートはベンに打ち明けようとします。 しかし、ベンの死が迫っていました。 死の間際に「チャンシーのおかげで安心して死ねる」と言うベンに、ロバートは本当のことを打ち明けることは出来ませんでした。 とうとう、ベンの死が現実になりました。 枕元で涙を流すチャンス。 「老人は死ぬものだ」と重なる主人の死に少し成長したかに思われます。 「君は本物の庭師なんだろ」と声をかけるロバートに、「そうだよ」と当然のように答えるチャンス。 彼は何も悪くありません。 周りが勝手に純粋なチャンスに魅せられ、祭り上げただけ。 ベンの葬儀の日です。 陰では次期大統領候補チャンスの話題で持ち切りです。 そんな話に一切興味のないチャンスは途中で抜け出し、湖のほとりに向かいます。 枯れ木の多い中、緑の小さな木を見つけ大事に手をかけるチャンス。 その後、戸惑うことなく湖の中に入って行きます。 不思議と彼は沈みません。 試しに片手に持った傘で、湖の深さを測りますが、傘はどんどん沈んで行きます。 どこか嬉しそうにまた進んでいくチャンス。 彼が振り返ることはありませんでした。 映画『チャンス』の感想と評価 知的障がいのある男が、あれよあれよと政治の表舞台に駆り出され、人気物になっていくコメディ作品「チャンス」。 ジャンルはコメディとなっていますが、 メッセージ性の強い風刺映画と言えるでしょう。 すべてを知っている医者のロバートに「君は本物の庭師なんだろ」と、声をかけられ「そうだよ」と当然のように答えるチャンスの姿が、この映画のテーマを物語っていました。 彼は最後まで嘘はつきません。 一切計算なく正直に生きているだけです。 周りが勝手に純粋なチャンスに魅せられ、祭り上げただけです。 いかに政界、財界が欲の塊で嘘だらけの世界かという風刺になっています。 またラストは、湖の上を沈むことなく歩くチャンスの姿で物語は終わるのですが、 水の上を歩くキリストを彷彿させます。 純真無垢なチャンスの姿は、 利己主義な世の中を嘆くキリストの姿なのかもしれません。 嘘偽りのない純粋な心を持ち続けることが、人生のチャンスを掴む場面で大切なことなのかもしれません。 貴婦人イブとの恋愛は、中身が子供なチャンスだけに相思相愛とは行きませんが、 新たな形の愛の開放となりました。 イブ役は、まだまだ現役の大女優 シャーリー・マクレーンが演じています。 チャンスとの可笑しな恋愛で愛の開放を果たす、大女優の貴重な演技にも注目です。 日本では「馬鹿と天才は紙一重」などと言いますが、名コメディアンの ピーター・セラーズの演技がまさに、その言葉を表現したもので見極めが付きません。 彼の演技は間違いなく天才の方ですが。 エンドロールでは、彼の NGシーンが映ります。 何度も同じセリフでハマってしまい笑いが止まらないピーター・セラーズ。 お茶目な一面が見れます。

次の

ドラマ【ラストチャンス】最終回(8話)の動画見逃し無料視聴はこちら|9月3日配信

ラスト・チャンス! あらすじ

その主演が中村トオルさんで、その周りで働く椎名桔平さんや大谷亮平さんなど、大ベテランと人気沸騰中の俳優がドラマを盛り上げます! 初回は7月16日、月曜夜10時からの15分拡大スペシャルでの放送予定です。 原作は江上剛さんの小説で、自らも銀行支店長の経験があり、小説の内容に共感される社会人も多いです。 ラストチャンス再生請負人キャスト一覧 ラストチャンス再生請負人の気になるキャストを紹介します。 仲村トオル=樫村徹夫役 仲村トオルさん演じる樫村徹夫は、ちとせ銀行の行員。 会社が菱光銀行に吸収合併され別の道を模索している時、山本からデリシャス・フードを紹介される。 テレビ東京 ラストチャンス! あ、奥に、啓太くん!役者って、幕末の家老になれたり、現代の銀行マンになれたり、ラリーのメカニックになれたり、凄いなぁ。 — キオ kimako31 仲村トオルさんの最近の出演ドラマ 「弁護士 倉沢由法の事件ファイル」、「水晶の鼓動」、「家売るオンナ」、「石の繭」 今話題の映画「空飛ぶタイヤ」のドラマ版の主演を演じたトオルさん、「ラストチャンス」のイバラの道を選択するキャストの苦悩や葛藤を、全力の表現に期待したいですね! <> 椎名桔平=宮内亮役 椎名桔平さん演じる宮内亮は、樫村の同期で東大卒エリート。 ちとせ銀行の合併後、会社の方針に納得できず、退社後、独立して経営コンサルティングを立ち上げる。 和田正人=佐伯隆一役 和田正人さん演じる佐伯隆一は、デリシャス・フードの財務部員。 自社ブランドに力を入れる会社に対する熱意が人一倍熱い社員、樫村の就任を素直に受け止める。 」、「」 「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」でおちゃらけた人事部員を演じた和田正人さん、公式での教訓の様なコメントに経済をテーマにした「ラストチャンス」の意気込みを感じます。 <> <> 大谷亮平=山本知也役 大谷亮平さん演じる山本知也は、投資ファンドのジャパンリバイバルファンドの社長。 銀行のよしみで、樫村をデリシャス・フードの筆頭株主に依頼した、その会社の株価安定に力を注ぐ。 bizspafresh 大谷亮平さんの最近の出演ドラマ 「」、「ラブリラン」、「三島由紀夫 命売ります」、「我が家の問題」 次の朝ドラ「まんぷく」の出演も決定した破竹の勢いの大谷亮平さん、「ラストチャンス」のキャストもバッチリこなしドラマに刺激を与えるでしょう! 勝村政信=岸野聡役 勝村政信さん演じる岸野聡は、デリシャス・フードの財務部長。 会社の創業者らの一人で、会社への想いは厚く、樫村の就任を良く思わない。 「日本は のサッカーを目指してはいけないと思うんです」俳優の さんに、 が目指すべきサッカースタイルは何か、聞いてきました。 — 毎日新聞 mainichi 勝村政信さんの最近の出演ドラマ 「はぐれ署長の殺人急行 3」、「アガサ・クリスティ パディントン発4時50分~寝台特急殺人事件~」、「ドクターY〜外科医・加地秀樹〜2」、「屋根裏の恋人」 政信さんの公式のコメントで、この役は元々別の会社にいてその地位や行動に謎が多い人物らしいですね、その設定から演技を思い付く政信さんの発想力に驚かされます。 水野美紀=岡田十和子役 水野美紀さん演じる岡田十和子は、十和子フードの社長。 美しいやり手の経営者で、樫村に会社経営のヒントを与える。 2児の母であり、転職した夫を支えるしっかり者。 長谷川京子さんフジテレビ系ドラマ「 夏の終わりに、恋をした。 」(9月26日)で4年半ぶりにドラマ主演することが決まりましたね。 さらに美人になったような? — アラフォー美人女優応援中 omosiroloop 長谷川京子さん最近の出演ドラマ 「」、「KISSしたい睫毛」、「セシルのもくろみ」、「本日は、お日柄もよく」 「シグナル」では自己顕示が強い犯罪者を怪しい色香を漂わせ演じた京子さん、「ラストチャンス」ではしっかり者の妻がどう演技されるか楽しみです! <> 本田博太郎=大友勝次役 本田博太郎さん演じる大友勝次は、デリシャス・フードの最高経営責任者。 トップでありながら飲食フランチャイズ経営に意欲がない元銀行員。 会社の再建を目指し、樫村らと共に奮闘する。 昨日、アベプラ前に事務所に行ったんですけど、映画「キスできる餃子」のキャンペーンで宇都宮「みんみん」の餃子を配っていて、いただいちゃいました!宇都宮には何年もラジオでお世話になっていたので「みんみん」の餃子もよく食べてました!ぜひ映画観てください! — 石井正則 masanoriishii 石井正則さんの最近の出演ドラマ 「VTR」、「おかしな弁護士」、「マッサージ探偵ジョー」、「こんにちは、女優の相楽樹です。 」 「古畑任三郎シリーズ」のレギュラーからドラマに進出された正則さん、今回の不穏な動きをしそうなキャストを演じドラマを盛り上げてくれそうです。 町田啓太=杉山誠三役 町田啓太さん演じる杉山誠三は、樫村の銀行での部下。 樫村の転職後も銀行で働き、貸付担当で樫村と交流がある。 劇団EXILE・町田啓太、テレ東ドラマ初出演! <> 嶋田久作=塩田和男役 嶋田久作さん演じる塩田和男は、樫村の御用達ジャズバーの店主。 樫村とはマラソンで一緒に走る仲で、幅広い人脈を持つ謎めいた人物。 」、「パディントン発4時50分」、「猫とコワモテ2 にゃん 」 「モンテクリスト伯」で訳アリの政治家を演じ、頼ってくる娘の夫を一喝する迫力ある演技から、「ラストチャンス」でも熟練の演技が期待できそうです! < > ミッキー・カーチス=占い師役 占い師。 突然、樫村の前に現れ、この先の運命を予言する。 ニンジャも大きくなってきたし!もう犬だらけ夜はこれにカミさんとベッドが混み合ってる — ミッキー• カーチス MICKEYCURTIS ミッキー・カーチスさんの最近のドラマ出演 「」、「やすらぎの郷」、「カルテット」、「クロスロード」 「」では妻に先立たれ、その事からゴミ出しが出来なくなった老人の役が切なくもとぼけた感じが良いキャラでした、「ラストチャンス」でも良い味を出した演技に期待です! <> 竜雷太=小沢幸太郎役 竜雷太さん演じる小沢幸太郎は、伊坂商事の常務取締役。 デリシャス・フードに関心を示し、その中で働く樫村に注目する。 「太陽にほえろ!」で通称・ゴリさんの役を演じてたのはあまりにも有名です、最近のドラマでも活躍されるバイタリティーは驚きで、「ラストチャンス」を引き締める卓越した演技が楽しみです! <> <> <> ラストチャンスあらすじ 「ラストチャンス」は都市銀行に22年間勤めてきた樫村が、会社の合併から立場を危うくする所から始まります。 合併の影響により同期の宮内を始め、仲間の行員が次々と会社から去るのを見る樫村は、迫りくる人事の影に怯えます。 将来に不安を抱く樫村は、ある占い師に出会い、これからの人生を七味とうがらし例えた予言を受けます。 悩んだ末に樫村は、同僚と同じく銀行を辞め、別の働き口を探す中、投資会社の社長・山本に会います。 その山本から飲食フランチャイズ企業への誘いを受けます。 しかし、そこの経営状態は厳しく、最高財務責任者を任された樫村の苦難の日々が始まるのでした。 「ラストチャンス」のライバルは「ハゲタカ」? テレビ朝日の7月に放送される「ハゲタカ」は、「ラストチャンス」と同じく経済をテーマにしたドラマです。 真山仁さんの小説を原作の「ハゲタカ」は、バブル崩壊後の日本で、立ち行かなくなった大銀行や大企業を買収する外資系投資ファンド代表・鷲津政彦を描いた作品です。 ハゲタカの如く買収劇を展開するダークヒーローの鷲津を演じる綾野剛さん、それに立ちふさがる渡部篤郎さんと小林薫さん、他、池内博之さん、杉本哲太さん、光石研さん、など重厚で渋いドラマが予想されます! 対する「ラストチャンス」はフレッシュな若手の演技がドラマに花を添えそうですね。 突然の状況の変化にもくじけず前向きに進む主人公が、仲村トオルさんの経歴ドラマや演技がピッタリですね! それを陰で見守るベテランの竜雷太さん、嶋田久作さん、などの渋い演技も見逃せません! 長谷川京子さんと仲村トオルさんの日常パートも楽しみですね。 ラストチャンス再生請負人まとめ 膨大な経験と実績を残す江上剛さん原作の「ラストチャンス」、ドラマがどうなるか楽しみで仕方ありませんね! 落ち着いた感じで経験のある仲村トオルさんや、水野美紀さん、などの演技がドラマの進行をグイグイ引っ張ってくれそうですね。 今人気上昇中の町田啓太さんや、和田正人さん、など若手の成長や存在感をどれぐらいアピールできるか楽しみです。 そして、竜雷太さんをはじめとした大ベテランの演技が「ラストチャンス」にどんな刺激を与えるか、ドラマへの期待が膨らみます! 先行きがわからない現在の日本に、「ハゲタカ」など経済をテーマをしたドラマが増えてきましたね。 会社の再生を謳った「ラストチャンス」で、前向き気持ちを呼び起こす展開に期待したいです。 最近の投稿• 最近のコメント• に camurio より• に 三輪貞一 より• に オットドッコイ より• に オットドッコイ より• に camurio より アーカイブ• カテゴリー• 今週の人気記事ランキング.

次の

ラストチャンス(韓国ドラマ)あらすじ・ネタバレはココ!動画視聴の裏技あり!

ラスト・チャンス! あらすじ

7月クールのドラマではテレビ朝日系の 「ハゲタカ」と今作の 「ラストチャンス再生請負人」がビジネスドラマの代表作となりそうです。 最強の名医? しかし、菱光銀行との合併が発表され、人生が一変する。 人生の行き先を見失った樫村に「デリシャス・フード」という大手飲食フランチャイズ企業の再建に声が掛かるが… <本人コメント> 今回は大手飲食チェーンの社長の役ですが、これだけの大企業の社長の役は初めてです。 多くの社員と家族の生活や人生を背負っている立場の重みや、扱っている金額の規模の重みが肩や背中に載ってきたように感じられ、自分の人生や生活のすぐそばに経済・ビジネスの動きがあったことに気づくようになりました。 大企業の買収や大きな金額の向こう側には「人」がいる。 社長や社員やその家族がいる。 「ラストチャンス」というドラマはその人たちの心の動きや感情の動きを描いています。 一生懸命働いた先には明るい未来、今日より良い明日がある。 デリシャス・フードの様々な所で働いている人たちを見てそんな風に感じてもらえたらいいなと思いました。 今の時代、有名企業に入ったから安定だとか、終身雇用が当たり前という時代ではないかもしれませんが、一生懸命働くことがよりよい人生につながると、ドラマを見て感じてもらいたいです。 宮内亮役:椎名桔平 ちとせ銀行で樫村と同期の東大卒エリート。 菱光銀行との合併決定後、合併準備室のメンバーに選ばれるが、業務の進め方に納得がいかず、経営コンサルティングの会社を立ち上げ独立する。 <本人コメント> 社会派のドラマは骨太すぎて見る人を選ぶ傾向にありますが、このドラマは視聴者がわかり易く見やすいエンターテインメントの要素があるので、見る人を選ばず、たくさんの方に楽しんで頂けるドラマになっていると思います。 宮内亮という役は、主人公樫村のサポート的な役回りなのですが、視聴者の方にも樫村にどっぷり感情移入していただいて、応援するような気持ちで見て頂けたらと思います。 宮内のネクタイの色の変化にも注目してください。 佐伯隆一役:和田正人 「デリシャス・フード」財務部員 突如現れた樫村へ反発する社員が多い中、垣根なく接するまっすぐな性格。 会社への思いが熱く、自社ブランドを盛り上げようと奮闘する。 <本人コメント> 人生は挑戦と苦難、そしてほんの僅かな喜びの連続。 人はその僅かな喜びを求めて、再び挑戦と苦難に立ち向かっていくのだと私は思います。 その度重なる苦難を乗り越え、家族や社員やお客さまの喜びの為に挑戦を続けるのが、仲村トオルさん演じる樫村社長。 私はそのカッコいい生き様を一番そばで見続けている佐伯という青年を演じています。 爽やかでありながらも、樫村社長に負けじと、心に熱さを秘めています。 本作が、視聴者の皆さまにとって日々の喜びとなれますよう、私たちの挑戦と苦難の物語をご覧頂けると幸いです。 山本知也役:大谷亮平 投資ファンド「ジャパン・リバイバル・ファンド(JRF)」社長。 銀行時代に共に仕事をした樫村に「デリシャス・フード」筆頭株主として、CFOへの就任を依頼。 「デリシャス・フード」の株価下落を阻止するために奮闘する。 <本人コメント> 山本知也という役を演じる上で、経済・銀行・再建など知識の壁はありましたが、台本を読み進めるうち、組織で生きる男性の心の荒れ具合や、熱い思いといった人間らしい部分に魅力を感じました。 最初から最後まで崖っぷちのドラマなので、視聴者の方にも一緒に熱い気持ちになって見てもらいたいと思います。 岸野聡役:勝村政信 「デリシャス・フード」財務部長。 「デリシャス・フード」の創業メンバーの一人。 会社への愛情にあふれ、畑違いの業種からやってきた樫村への不信感を抱く。 <本人コメント> 社会派の大人な作品に、この年齢で出会えた事を凄く幸せに思います。 岸野という役はもともと別の会社に勤めていたのに、部下に誘われてデリシャス・フードに移ってきた人物。 なぜ安定した生活だったのに転職したのか、株はどのくらい持っているのか、なぜ財務部長なのか?謎な部分が多く、そこから自由な発想で役に逆からアプローチしました。 企業の再生を成功させるトップはエリートで、素晴らしいヒーローのように言われることもありますが、実際には人員整理などリストラもあり、そうした痛みを伴って会社をたて直したということを絶対忘れてはならない、リーダーって非常に難しいんだということを描いた作品でもあります。 主人公樫村が、周りに突き動かされて最終的にどういう決断を下し、どういう結果を残したのかが、ドラマのみどころだと思います。 岡田十和子役:水野美紀 「十和子フード」という外食企業を運営する社長。 美しく凛としたやり手経営者。 自分の店に信念と愛情を持ち、樫村にとって会社経営のよきアドバイザー。 <本人コメント> テレビ東京さんの新しいドラマ枠だと聞き、わくわくしました。 演じる岡田十和子は、少しミステリアスなところのある人物です。 考えてみると「社長」役は初めてです。 飲食業界という馴染みのない世界の事を色々と知る事が出来て、難しくも楽しいです。 撮影はほとんどが仲村トオルさんと二人のシーン。 何度もご一緒しているトオルさん。 役者としても人間としても、温かく安心感を与えて下さる方です。 今回は私がママになったばかりというタイミングだったので、合間には子育ての話で盛り上がりました。 トオルさんがかなりイクメンパパだった事が窺い知れました。 このドラマは、見応えのある骨太なビジネスドラマです。 飲食業界という、身近にありながら知る事のない裏の世界を覗けます。 お楽しみに。 樫村明子役:長谷川京子 樫村の妻。 樫村とは職場結婚。 2人の子供がいる。 銀行合併で先行きが見えない中、転職した夫を心強く支える。 いざという時に頼りになるしっかり者。 <本人コメント> 外で起きている事件に直接関わっているわけではないのですが、毎日会社のため、仲間のために必死で尽力している夫の安らぎの場になれればと、家のシーンではカラッと明るく接するように心がけました。 明子は名前の通り明るく、人の気持ちや空気を読める、私が男性だったら妻にしたいと思う最高の女性だと思います。 現実のわたしは未熟でこんな台詞は言えないなと、明子から学ぶ事がたくさんありました。 主演の仲村トオルさんは穏やかな方で、ハードなスケジュールの中でもいつも変わらない、お芝居にも何事にも真摯に取り組む方だと思いました。 男性の方はもちろん、女性の方に観てもらいたいです。 男社会が垣間見られる。 パートナーや旦那さんに普段頑張って外で働いて来てくれているのだな、と優しく接する事ができるかもしれません 笑。 大友勝次役:本田博太郎 「デリシャス・フード」CEO 最高経営責任者。 樫村と同じ元銀行マンでプライドが高い。 飲食フランチャイズ経営にはあまり興味がない。 <本人コメント> 大友という人間の奥底にある毒とユーモアで言えば、「戦い抜いてきた男の風が吹けばよい。 しなやかにしたたかに・・・」という思いです。 連続ドラマは1話から最終話までトータルで出しているメッセージがあるので、最初から最後まで見て頂きたいですね。 渋川栄一郎役:石井正則 「デリシャス・フード」社員。 樫村や他の社員と共に、再建を目指し、奮闘するが… <本人コメント> 出演が決まってから撮影までが、わりとすぐでしたので、固くなることなく、一気に気持ちよく入れた感じでした。 渋川は「きっと実際にこういう人いるんだろうなぁ」という、本当によくも悪くも「普通の人」なので、共感できる、というか、切ないなぁという人物です。 現場はとてもアットホームで、いろいろな角度からの話題が自然と飛び交う現場でしたので、そんな何気ない会話が、お芝居に結びついていく、面白い現場でした。 このドラマは、大きなうねり、大きな決断がダイナミックに展開していく物語です。 渋川に関しては、その大きなうねりの中で1人の人物がどう飲み込まれて、どう動いていくのか、を観ていただきたいです。 杉山誠三役:町田啓太 ちとせ銀行時代の樫村の部下。 樫村が「デリシャス・フード」へ転職してからは貸付担当として、関わりを持つ。 <本人コメント> 今までのテレビ東京のドラマとは違って、社会派で挑戦的なドラマだと思いました。 テレビ東京のドラマに出演するのは初めてで、そしてベテランの方々とも共演できるという事で、凄く楽しみにしていました。 杉山という青年がドラマの中で成長し変化していく姿をきちんと伝えられたらと思います。 また、主人公の樫村と杉山が、どういう風に関わっていくのかというところを見て頂きたいですね。 塩田和男役:嶋田久作 樫村行きつけのジャズバーの店主。 樫村とはマラソン仲間でもある。 幅広い人脈を持った少し謎のある人物。 <本人コメント> ビジネスドラマは「ハゲタカ」以来10年ぶりです。 今回はジャズバーの店主役なのですが、ジャズバーというのは、社会的な地位を忘れて人々が対等につきあえる場なので、居る人がリラックスできる柔らかい空気感が、視聴者の方にも伝わればいいなと思います。 占い師役:ミッキー・カーチス ある日、樫村の前に現れた占い師。 意味深な助言をする不思議な老人。 「デリシャス・フード」に興味を持ち、樫村を陰で見守る存在。 <本人コメント> ビジネスドラマは好きですね。 小沢幸太郎という役は主人公・樫村の味方なのか敵なのか・・・。 こういう役がドラマに面白みと深みを出すという意味では、サスペンスの仕掛け人の一人になれるという事で嬉しいですね。 果たして小沢は善なのか悪なのか…注目して頂けたらと思います。 結城伸治役: 池田成志 デリシャス・フード前社長 <本人コメント> 学生時代から演劇をはじめた自分にとって、会社、経済、経営などというものは言葉でしか理解できてないものだと思います。 なので、会社経営者として、リアリティがあるかどうか?甚だ自信がありませんが、熱だけある、ちょっとダメな経営者というところを拠り所にやらせていただきました。 どうか、ご笑覧ください。 山根役: 荒井敦史 ジンギスカン料理店「モンゴルの空」 店員 <本人コメント> 荒井敦史として初の社会派ドラマへの参加。 嬉しさしかありませんでした!私は、「モンゴルの空」で働く山根という青年を演じています。 エプロンにバンダナという姿は中々新鮮でしたね。 人生の七味を乗り越えていく、樫村社長の活躍に胸を打たれること間違いないと思います!社長に出会ってモンゴルの空がどう変わっていくのか、このドラマの結末…是非最後まで見届けて下さいませ。 久原佳奈役: 中川知香 デリシャス・フード 総務 <本人コメント> 初めに共演者の方々の名前を聞いたとき、緊張と不安と喜びが一気に押し寄せてきました。 私の演じる久原佳奈は、まだ経験が浅く突然のトラブルに対処できないようなところがありますが、まさに「頼れる上司」というような俳優の先輩方に囲まれ、佳奈としては心の底から上司に頼ることができました。 現場では皆さんから教わることが多く、今回この作品に携わることができて良かったです。 稲垣役: 佐伯大地 経営コンサルタント宮内の部下 <本人コメント> 本格的な社会派ビジネスドラマに初めて出演させていただきます。 それに加え、憧れの大先輩の皆様とこの作品に携われることが幸せです。 誠心誠意演じますので宜しくお願い致します。 樫村幸太郎役: 渡邉蒼 樫村家 長男 <本人コメント> 今回、今まであまり演じたことのなかった、「今時の中学生」を演じさせていただきました。 本作はビジネスドラマであるため、普通に生活していてもわからないような、ビジネスの裏で起こっている問題や、葛藤などが多く描かれています。 しかし、僕が出演する家族のシーンでは、そんな辛いことを忘れて、純粋な家族の絆などを、見ている人に感じていただけるのではないかと思います。 普段一緒にいる家族や、自分のために働いてくれている方たちに、「ありがとう」と言いたくなるようなドラマに仕上がっていると思います。 ぜひ家族や仕事仲間と一緒に見て欲しいです。 片平耕介役: 岩松了 カタヒラ食品 社長 <本人コメント> 役者はいろんな人物になれる職業だと言われますがそんなことはないだろう、別に違う人間になるわけじゃないんだからと思うことが多いのですが、このドラマの片平という役は外食産業のフランチャイズ制に通じてしかも確たる思想をもって仕事をしていて明らかに自分にはないものをもっている人物だったので役者本来の、つまり違う人間になる、という楽しみを味合わせていただけた作品でした。 あらすじネタバレ 樫村(仲村トオル)は順調な人生を送ってきたが、勤務先の銀行が吸収合併されて、運命が一転。 同期の宮内 椎名桔平 ら行員たちは次々と辞めていく。 そんな中、樫村は占い師(ミッキー・カーチス)から「七味とうがらしをきかせた、味に深みのある人生になる」と予言される。 やがて樫村も銀行を辞め、職探しをする中、投資会社社長の山本(大谷亮平)から飲食フランチャイズ会社の再建の仕事を持ち掛けられて…。 第一線で活躍していた銀行マンが、長年勤めた銀行の合併を機に人生を見つめなおし、転職を決意。 異業界で会社再建に奮闘する波乱万丈な日々をドラマチックに描きます。

次の