霊感 ある 人 の 特徴。 霊感が強い人の特徴や性格9選

霊感がある人の特徴!性格・手相・チェックする方法は?

霊感 ある 人 の 特徴

よくあの彼女は霊感のある人だ、といわれる人が周りにいないだろうか? なぜかと言えば、彼女にはそういう目の特徴があるとか言っていたり。 目力(めぢから)などという言葉もあるけれど、もともと霊感のある人の目の特徴を言うわけではなく、私の知る限りはメイクのポイントの一つとして言われていたはずだ。 だがそういう目力というのは霊感のある人の一つの特徴でもある。 本当に普通の人よりも何か異なる目の特徴があるし、それを多分普通の人では感知できないかもしれない。 私の経験則のようなものなのだが、目力というものがどんなものか? そして霊感のある人はそういうもので本当に超常的な何かを目にすることができるのだろうか? スポンサードリンク 霊感のある人の目の特徴ー目力はどんなもの? 私も多少そういうことに勘が働くたちなので、そういう霊感のある人の見分けのようなこともしたりすることがあったりする。 霊感のある人の目の特徴というのは、いろいろな印象があったりするので一口に言えないところがあるのだが、共通して言えるのは、 「何もこちらが語っていないうちから、こちらのことを多かれ少なかれ感知しているような、そういう洞察力のあるような目力がある」 とでもいうべきものだ。 不思議なのだが、そういう人に接したりすると、お互いすごく言葉を語ることのないうちから何となしに色々とおたがいに理解し合えているような気持ちになることもあったりする。 そういう人の目の特徴は、大まかに言えば普通の一人よりは目力というか、むしろ目がすごく澄み切っている印象があったりする。 逆に普通の人の目というのは何となくどこか濁りがあって、あまり霊感のある人によくあるような目の特徴、詳しくいうと、例えば 「こちらが何だか吸い込まれていきそうになるような気持ちになる」。 そのような目の澄み切った感じがしない。 もちろんこういう印象は、おそらくだけれど霊感のある人でそれぞれ異なる印象があるかもしれないので、私ごときが決定的な断定を下せるわけではない。 ただ、それにしても霊感のある人というのは普通に考えれば、一般的な人たちよりも何かそういう意識とか感性、そして何より直感力が秀でていることとなるに違いない。 それがとりもなおさず、人間の顔の中で一番心の有り様を映し出す部分である目に現れる、つまり目力となるのではないだろうか? 霊感のある人の目の特徴を普通の人に説明するのは難しい? ところでそういう目力、言葉を尽くせば上のような表現になるのだろうと思うけれど、じゃあ具体的にどういう人がそういう目の特徴があるのか、 霊感のある人の目というのは普通の人が見てわかるものなのか? 一番多くの方々が知りたいのがこの疑問の回答になるのではないだろうか? 実のところあくまでも私の認識を出ないのだが、はっきり言ってしまうとそういう人の目の特徴、目力を普通の人が見分けるのは難しいはずだ。 その一番の理由は、あくまでもそのような目力などというものは、直感的に理解するしか方法がないからだ。 だからもし霊感のある人かどうか、その目の特徴を見分けようと普通の人たちが願いたいというのならば、結局のところ自分たちもまた霊感や直感を研ぎ澄まして高める以外にないと思う。 私は専門家に聞いたわけではないけれど、ほぼこれで間違いないはずだ。 スポンサードリンク 目力をつけて霊感を磨く必要はあるのだろうか? そしてもう一つの疑問。 おそらくこちらの方が先の疑問よりもある意味重大かもしれないけれど、誰もがこう思うのでHないだろうか? 「目力をつけたりして霊感を高めていく必要があるのだろうか?」。 この回答、同じく私の個人的な思考になるけれど、必要はある、と考えた方が良い。 これは単に目力というものをコスメやメイクという美容方面のみに限っていうわけではもちろんない。 はっきりと霊感を高める必要性を主張したいのだ。 霊感などを高めなくとも、人間的に立派な人はいくらでもいるし、毎日を幸せにいきている人たちも無数にいる。 これは私も認めている。 だが、霊感を高めるという行為は、同時に神仏や自分の先祖などからの庇護を十二分に受けることができるようになる、そういうメリットを作りやすくするためでもある。 神仏や先祖の自分たちに対する働きや作用をあくまでも信じないのならそれでも構わないし、別に押し付けるつもりも毛頭ないのだが、はっきり言えるのは、ゆくゆく今後数十年後には私たちにも臨終がやってくる。 これは間違いないはずだろう。 その時、私たちはぶっちゃけ言ってしまえば死んで幽霊になるわけだ。 その時に神仏や先祖から可愛がられていれば、どれだけ心強いものがあることだろうか? また、今現在生きている時点でも、そういう目力などという目の特徴を始め、霊感をある程度開発して、そういう見えない力をしっかりと受けて味方にしておければ、とっさの場合や苦難におちいった時などに非常に心強いものとなる。 霊感のある方が得?無理強いはしないが、長い目で人生を見て考えること 霊感のある人はそういうわけで、何よりも目の特徴が顕著なことをお伝えして見た。 同時にそういう目力、目の特徴を感知できるのは、同じように霊感のある人の方がわかりやすいこともご理解いただけたと思う。 目の特徴がそういうものであることから想像はつくかもしれないけれど、霊感のある人というのはすごく純粋な部分が大きかったりすることも特徴だ。 普通の人よりも感性が豊かであるからこそ、そういう目力もそうだし、霊的な危険も察知できる。 だから繰り返すけれど、霊感はないよりもあった方が良いと、ごく大まかには言えると思う。 もちろんそういう力があったらあったで、普通の人よりも苦労が倍増することもある。 他の人には見えないのに、自分だけが幽霊を見えてしまう、霊の声が聞こえてしまう。 ちょっと見では普通の人にとって羨ましいと感じる場合もあるかもしれないし、だからこそ心霊スポットに行きたくなる人だって出てくるわけだ。 でも、私が言えた立場ではないにしろ、人間として成長する上でそういう苦労はどこかで必ず必要になる種類のものではないだろうか? 目力を捉えて霊感のことを語って見た。 怪しげな勧誘などではない限り、そういうわけで目に見えないものが大切になる場合だってある。 ぜひそういうこの世の色々なあり様をじっくり捉えていただきたい。 遠藤朱夏(えんどう あやか).

次の

霊感がある人の共通点13選。霊感がある人の特徴を徹底解説!

霊感 ある 人 の 特徴

霊感の強い人は、ある種の動物的な勘があるともいえ、見えない世界が見えるとともに、危険を回避する力やチャンスを手にする力が、人一倍強いのが特徴といえます。 一部の抜きん出た霊能者は、計り知れない程のずば抜けた霊能力を持っていて、霊界とも通じていて、例えば誰かの背後霊や守護霊とも会話ができます。 そのずば抜けた霊感は天性のもので、いわば使命感をもって生まれてきた人といえます。 世間一般に霊力があると自他ともに認める人は、直観力や第六感が働き、危険を回避できる能力を持つ人のことを言います。 また、幽霊によく遭遇したり、心身の不調に悩ませられるのは、霊力が強いというよりも、運を下げてしまう霊とかかわっているからです。 知らず知らずに仲良くなってしまった悪霊とは縁を切り、運を下げるような行動を慎むだけでも、良い霊を味方につけることができます。 あなたのことを守ってあげたいと心底思っている守護霊は誰にでも憑いているといわれています。 その霊を大切にすることで、つまらない霊に惑わされることなく、強く生きていくことができます。 他人には見えないものが見える洞察力のある人は目力があり、目が鋭い人です。 見つめられると、こちらの心の中まで見透かされているような気持になることがありますが、そんな気持ちにさせる人は霊感の強い人です。 感覚でいえば、「第三の目」が働く人です。 第三の目とはサードアイとも呼ばれ、内なる目とも言われていますが、眉間の上あたりにあると言われています。 このサードアイから入ってくる直観力はかなり正確で、真実を見抜くことができます。 サードアイは鍛えることもできます。 静かな落ち着ける場所でゆっくりと深呼吸をくり返し、意識を眉間のあたりに集中する瞑想法を毎日おこなうとよいようです。 サードアイは鍛えることで活性化され、霊感力だけでなくひらめきや直感力が鍛えられるので、今後の人生に活かせるようになります。 頭痛持ちや肩こり症の人は、霊感が強いといわれます。 知らず知らずのうちに霊力を引き寄せて、血や気の流れが滞ってしまっている場合があります。 その症状として頭痛や肩こりがあらわれますが、このような不定愁訴に悩まされる場合は高級霊がついておらず、中途半端な霊にとりつかれている場合が多いので、本物の霊力が強い人とは言い切れません。 このような症状で、霊能力がある人は運動や食べ物で体や心を強靭にすることが必要です。 すると、肩の力が抜けた生き方ができるようになり、より高級な霊が味方につきます。 しかし、安易な素人判断は禁物です。 頭痛や肩こりの裏側に病気が隠れている場合もあるので、まずは病院で見てもらうようにしましょう。 第六感が働く人は霊感がある人です。 第六感とは、視覚、聴覚、味覚、臭覚、触覚に次ぐ感覚のことで、霊感や直感のことを言います。 一般的に感受性に優れた人は、霊感をキャッチ しやすく、音や色、風や光にも敏感に反応すると言われています。 自然界を感じる力の強い人は、第六感が働く人が多いようですが、これは「間脳」と関係があります。 感じる力は、自律神経系の中枢である間脳の活性能力で決まり、間脳が活性化していると予感や直感、第六感が働きます。 森の中に入ると、木の精と普通に対話できることもあるようです。 しかしながら、現代では情報が多すぎて、昔のように森に入っても木々の声を聴けるほどの第六感を持った人は少ないようです。 右脳がよく働く人に霊感が強い人が多いといわれています。 右脳の働きが活発な人には、画家や音楽家など芸術家に多いといわれますが、芸術的に優れている人は直観力があり、霊的な能力もある人が多いようです。 ひらめきや直感を大事にするタイプなので、思いついたらとにかく行動に移すことが多く、 チャンスに気付く天性のカンを持っており、霊感も優れています。 右脳の働きが強い人は、脳の松果体が活性化しており、イメージ脳が発達しており、視覚もよいようです。 右脳の発達した人は、創造的思考が強いため一瞬の間にイメージできることが多く、死者の霊と交信する心霊現象を体験したり、予知や透視ができる超常現象に遭遇することがあるようです。 感情の起伏の激しい人にも霊感が強い人が多いのですが、霊感のある人の中には、常にテンションが高い人も見られます。 しかし、高級霊を味方につけている人は、心は清浄で平静です。 もし、自分に霊感があることを自慢したり、霊力を過信すると運を下げてしまう恐れがあります。 テンションが高いことは悪いことではありませんが、あまり感情の起伏が激しいと、よくない霊にもとりつかれるやすくなるようです。 何事も感情のおもむくままに動いていると、仕事運のかなめでもある人間関係でトラブルをおこしてしまうこともあります。 自分が、「ちょっと感情の起伏がはげしいかな?」と思う一方で、「私って霊感が強いかも」とも思えるなら、感情をコントロールできるようになれば、今よりもう一段上の霊力が身につき、今よりも幸運が引き寄せられます。 感情のコントロールのしかたは、とにかく動くことです。 イラっとしたりムカっとしたらオフィスでも、階段を昇り降りしたりするだけでも気分がある程度落ちつきます。 人や霊も一緒で、本能的にエネルギーの大きい人に引き寄せられます。 知らない人によく道を聞かれたり、なにかを尋ねられる人は、オーラが人並み以上に出ています。 そのため、この人なら頼れそうと思えてしまうようです。 オーラといえばなんとなく霊的な感じがしますが、微風とか香気という意味もあります。 知らない人からよく話しかけられる人は、その人の体の周りから発する色や光や風がさわやかな人ですが、そんな人には高級霊がつきます。 反対になんとなく不安で不健康なオーラを漂わせている人は、低級霊にとりつかれてしまい、人とのつながりも悪縁やくされ縁に悩ませられることになります。 低級霊でなく高級霊を味方につけることは「笑顔」です。 誰でも何かを尋ねるときに、不機嫌そうな顔をした人より笑顔の人に声をかけてしまいますよね。 つとめて笑顔でいるだけで、エネルギーは大きくなり、オーラは輝いてきます。 人は本能的にエネルギーの強い人に惹かれますが、高級霊も一緒です。 高級霊とは信仰の対象となるくらい高貴な霊です。 道を尋ねられて、もし分からなくても親切に受け答えができる人は、きっと立派な守護霊が守っていてくれているに違いありません。 以前は電球などが切れやすかったのですが、最近はLEDが増えたため、これはあまり目安にならなくなりました。 しかしパソコンや電子レンジ、スマホなどが動作が鈍くなったりうまく作動しないことは現在でもあります。 こういった場合、霊が何らかの邪魔している可能性があり、霊感の強い人は、電化製品のトラブルが多いとされます。 霊的な能力を持っている人は、微弱な電流のようなエネルギー波を発しているので、電化製品との相性が悪いこともあります。 酷い場合ですと電化製品が壊れることも考えられます。 またこういった霊障の他に静電気を溜め込みやすい面もあります。 静電気に霊が近寄って来ることもあるので、適度に放電しておいた方が良いかもしれません。 霊的なものを引き寄せる力を持つ人は、人を引き寄せる力も持っています。 霊感の強い人は必要以上の見返りを求めないため、例えば講演会などで大きな会場を満員にさせる力や、寄付金をたくさん集める力があります。 また、思いやりや優しさを普通の人より多く持ち合わせていることが多く、霊も人も居心地がよいので集まってきます。 霊感の強い人のほとんどは、「なるようにしかならない」といった考え方で、流れに身を任せる自然体の生き方です。 しかし、平静な心の状態が保たれないで、体や心のコンディションが下降したときには、さまざまな霊を引き寄せてしまうことがあります。 それを防ぐためには、生き生きとした躍動的なエネルギーを体内に満ちさせることが必要となります。 本当の意味で霊感の強い人は、自分のことをある程度客観的に見ることができ、マイナスのエネルギーをプラスに変えることができる人のようです。 霊感チェックを診断する質問を紹介します。 以下の質問31個のうち、16個当てはまるようなら、霊感があると言えるでしょう。 質問1. 他家の前を通ると暖気や冷気を感じますか? 質問2. 人の放つオーラが見えますか? 質問3. 神社などに惹かれますか? 質問4. 手相で霊感が分かる 質問5. 生年月日から、生まれ持った霊感が分かる 質問6. 両手を組むと霊感が強いか弱いかが分かる 質問7. 小指が薬指の第二関節より長いですか? 質問8. 第三の目が自分にあると思いますか? 質問9. 他人の考えていることが分かることがありますか? 質問10. 部屋の空気は入れ替えていますか? 質問11. 植物を育てていますか? 質問12. 悪縁と良縁が瞬時に分かりますか? 質問13. 先祖の供養をする方ですか? 質問14. 人といると気疲れするタイプですか? 質問15. クリスタルや光物のアクセサリーに惹かれますか? 質問16. ひとりっ子ですか? 質問17. 人混みの中にいると、人に酔ってしまうことがありますか? 質問18. 見る夢は色付きですか? 質問19. 五感が発達しすぎていると思うことがありますか? 質問20. 病気や事故で生死をさまよったことがありますか? 質問21. 予知夢を見たことがありますか? 質問22. デジャヴュと呼ばれる既視体験をしたことがありますか? 質問23. 幽体離脱のようなことを体験したことがありますか? 質問24. 金縛りにあったことがありますか? 質問25. 直感で買った馬券が大当たりしたことはありますか? 質問26. 動物に異様に好かれたことはありますか? 質問27. 動物に異様に嫌われたことはありますか? 質問28. プレゼントの箱の中身を当てたことがありますか? 質問29. 危険を回避したことがありますか? 質問30. 嘘を見抜いたことがありますか? 質問31. 人を占って的中させたことがありますか? 霊感の強い人はたいていのことは自分で解決できるので、人に悩みを打ち明けたりしません。 そのため、人づき合いが悪く心の底からうち解け合える友達がいない場合が多いようです。 ただし、高級霊がついている使命感を持った霊能者は、そうとも言えません。 普通に霊力がある人は、知らず知らずのうちに精神をすり減らしていることが多く、一度疲れると疲れを引きずることもあります。 たとえば風邪が治らず、1ヵ月も2ヵ月も続く場合や、頭痛や肩こりが続く場合があります。 類は友を呼ぶとも言いますが、同じような霊感を持つ人と交流する機会が多くなると、第6感や霊感が伝染し合い、よい霊も悪い霊も身にまとわりついてしまいます。 救世主のようなパワーを持った守護霊がついていない場合は、悪い霊がつく場合もあります。 霊感を持っている人は、同じたぐいの人とあまり交流せず、まったく鈍感な人と交流する方が幸せともいえます。 霊感とは決して別世界のものでも、関係ない話でもありません。 10人のうち1人は霊力を持っているとも言われています。 霊感のある人には、メリットもデメリットもありますが、特別霊感が強く使命感を持った霊能者以外は、アンケートによると「霊感がない方が生きやすいと思う」と答えているようです。 霊感を鍛えるためには、いつも心を平常に保つことです。 瞑想や精神統一による訓練がよいようですが、人を幸せに導くような高級霊は、鍛えたからといって、そう誰にでも授かることができるものではありません。 常に心を平静で清浄に保つことを意識して、穏やかな日々を過ごすことが、人にも自分にもプラスになる霊力を身につけることになります。 人格者と言われる人は、安定した霊能力をブレることなく発揮できますが、中途半端に霊能力を鍛えて、霊能者になろうと言った安直な考えは身を亡ぼすことになりかねません。 霊感を鍛える方法は、体と心の気の通りをよくすることで無の境地になることですが、仙人でもない普通の人は、鍛え方を間違えると本来持っている精気まで亡くしてしまうことになりかねません。 あまり深入りせずに、自分のためや人のためになることを前提として、今持っている霊感を大事に育てましょう。 持っている霊感を正しく育てる方法は、精気を抜かれるような人とは付き合わないことです。 例えば、常に顔色が悪く口角が下がり、表情が乏しい人や、口ぐせが「私はついていない」「お金がない」「生きていてもつまらない」などと否定的なことばかり言う人は、運がないというより、悪い霊に憑かれている可能性もあります。 エネルギッシュで聡明なパワーが溢れる人には、高級霊が付いている人が多いと言われています。 良い意味で霊感を鍛えるには、幸運と強運を持ち合わせた人と付き合うことです。 例えば、目力があって声が響く、顔色がよくて落ち着いている、希望を人に語ることができる人は強い守護霊に守られているので、一緒にいるだけで霊力がレベルアップします。

次の

霊感が強い人の特徴や性格9選

霊感 ある 人 の 特徴

言葉は違うけど実はどちらも同じ意味• そして霊感が強い人とは普通の人には見えないものが見えたり、誰もいない場所で人の声が聞こえるなど霊的なものを感じ取れる人のことです。 実は言葉が違うだけで意味はどちらも同じです。 霊とはこの世に残る未練や恨みが形となったものです。 その未練や恨みといった想いは念そのものです。 つまり 「霊的なものを感じ取っている」ということは 「その場所に残る念を感じ取っている」と言い換えられるわけです。 これが「念の強い人=霊感の強い人」となる理由です。 これから念が強い人の特徴を紹介しますが、これは霊感が強い人の特徴にもなりますので「念」を「霊感」に置き換えて読んでも問題ありません。 念が強い人(霊感が強い人)の身体的特徴 念が強い人の特徴が一番わかりやすいのは 目です。 目は口ほどに物を言うとはまさにこのこと。 他にも体調の変化や手相からもわかります。 眼光が鋭い人 眼光が鋭い人とは、目の大きさや細さではなく 目力がある人のことです。 猫を思い浮かべると分かりやすいかと思います。 霊感の強い人が見えるものは幽霊だけではなく、人間の持つオーラやエネルギーも見えています。 そのため無意識に相手を凝視し観察するような視線になってしまうのです。 話してもいないのに「この人なんだか今日はイラついていそうだな~」とか「なんか悲しいことでもあったのかな」と顔を見ただけで感じたことはありませんか? 念が強い人は他人の感情もなんとなく見えるようになります。 眼光が鋭さを自分でチェックする方法眼光が鋭いかどうかを自分で判断するのは難しいですよね。 簡単にできるセルフチェックを紹介します。 眼光の鋭さチェックの結果• そういった心理的ストレスから逃れるために反射的に目を逸らしてしまうのです。 どんなに仲の良い相手でも自分の内面まで見られていると思うと嫌ですからね。 警察官を怖いと思うのと同じ心理外を歩いているときに目の前をパトカーが通り変に意識してソワソワしてしまったという経験がある方は多いと思います。 別に悪いことをしたわけでもないのになんとなく目を逸らしてしまう。 眼光の鋭い人から目を逸らすのはそういった心理と似ています。 顔色が悪い、頭痛になりやすい念が強い人は霊感も強いので知らないうちに 周囲の浮遊霊を引き寄せることがあります。 それが低級霊であれば力が弱いのでそれほど影響を与えることはありません。 しかしたちの悪い霊が憑いてしまうと体調に影響します。 すると顔色が悪くなったり、頭が痛くなるといった霊障が起きます。 つまり念の強い人は 常に霊の影響を受けているとも言い換えられます。 仏眼の手相がある人 手の親指を見てください。 指の先端側の第一関節に注目します。 丸く目が開いたような形になっていればそれが 仏眼相です。 仏眼相は念力相と呼ばれることもあり、この手相を持つ人は霊感が強いといわれています。 仏眼相があるからといって必ず霊が見えるというわけではありません。 あくまで素質がある程度です。 反対に霊能力者には必ず仏眼相があるというわけでもありません。 幽霊が嫌いな方には迷惑な話かもしれませんが、 仏眼相は記憶力にも優れている線なのでホラー好きな方以外にもあると嬉しい手相です。 ネットで手軽に手相を鑑定してもらう方法個人的に 手相鑑定は他の占いより信憑性が高いと感じています。 なぜなら手相は世界中を探しても同じものは存在しない オンリーワンなものだからです。 その手相からは霊感だけでなく運勢や未来まで診断することができます。 しかし手相鑑定士をわざわざ探すのもめんどくさいですよね。 そこで手相に興味を持っている方のためにスマホから簡単に手相鑑定をしてもらう方法を紹介します。 念が強い人はどうしても霊的影響も受けやすくなるので精神面での特徴が目立ちます。 特に会話をしているときはわかりやすいです。 会話に集中できていなかったり、まだ話していないことに気づいているなど。 他人の背後が気になる念の強い人は話をしているときに よく相手の背後をチラチラ見たり視線を泳がせたりします。 これは霊感が強いので語りかけてきた霊の念をキャッチしてつい視線を向けてしまうからです。 よく他人から「どこ見て喋ってるの?」「私の後ろに誰かいる?」と言われる人は、無意識のうちに霊の存在を感じているのかもしれません。 幽霊は念を送ってくるよく「霊が語りかけてくる」と表現されますが、 霊は本当に喋っているわけではありません。 音は空気の振動によって伝わるので発声のできない霊は喋ることができません。 ではどうやって霊は人に語りかけてくるのかというと、 頭の中に念を送って直接語りかけてくるのです。 テレパシーをイメージするとわかりやすいと思います。 電波をキャッチできない人には聞こえず、霊感の強い人にしかメッセージを受け取ることはできません。 より強力な霊感を持っている人なら幽霊に念を送ることができます。 自分の霊感の強さに気づかずに自分自身の考えと霊からの伝言がごちゃごちゃになって混乱する人もいます。 電話やメールの相手が分かる 念の強い人は 携帯の着信音が鳴っただけで相手が誰か分かります。 これは相手が送っている念をキャッチしているためです。 内容が重要であればあるほど念が強くなるのでより確実に分かります。 相手の念が重要なので、軽い気持ちの電話やメールだとよっぽど霊感が強くない限り相手を察知するのは難しいでしょう。 直感と霊感の違い 直感と霊感の察知能力の違い• 時間帯など状況から相手を判断することは可能です。 電話に出てその予想が当たっていたら「やっぱりな」となり、外れていれば特に何も感じません。 そのため 当たった経験は印象が強くいつまでも記憶に残り、外れた経験はすぐに忘れられます。 当たった記憶がどんどん溜まっていくと「私って不思議な力を持っているのかも」となります。 直感は状況から予測しているだけにすぎません。 反対に 意外な相手からの連絡を予測することができれば霊感があるといえます。 あまり連絡をよこさない人が連絡するということはそれだけ念も強くなりますからね。 自分の気持ちを相手に見破られる 霊感が強い人は念を送る力も強いので、自分の意思を念に込めて相手へ送ることができます。 それにより念の強い人と話している相手も「この人はこう考えているんだろうな」と気持ちを予測できます。 そういう意味では お互いの気持ちを察するので非常に会話が弾みやすいといえます。 ただし無意識に嫌いという念を相手に送っている場合は少々困った状況に。 相手はなんだかよく分からないけど嫌な感じを受け取ってしまいます。 もし自分は霊感が強いと認識している方は、相手に対するマイナスの気持ちを意識的に抑えたほうがいいかもしれません。 嫌いという気持ちを相手に悟られてしまいます。 自分からあえて念を送る 特定の相手に自分から念を送ることを送念といいます。 送念は相手にバレずに自分の気持ちを相手に伝えられます。 送念についてはこちらの記事で詳しく紹介しているので興味のある方は参考にしてみてください。 念が強くない人でも送念はできます。 人の影響を受けやすい念が強い人は、 他人の念もキャッチできるため周囲に流されやすい傾向にあります。 自分の気持ちが他人の気持ちに影響されてしまっているからです。 たとえば食べ放題のお店。 周りの「どんどん食べるぞ!」という気持ちに感化されて、本当はお腹いっぱいなのにもっと食べたくなってしまい、その結果食べ過ぎてしまいます。 お葬式や病院などに行くと、マイナスのエネルギーに感化されて自分まで調子が悪くなってしまいます。 悪霊が悪さをしているわけではないのでお祓いや除霊をしても意味がありません。 他人に影響されないように自分の意思を強くもっておかなければいけません。 相談役になることが多い念が強い人と霊感も強いので霊や人の影響を受けやすく 普通の人よりも苦難な道を進むことになったり、面倒に巻き込まる人生を歩んでいます。 そのため霊感が強い人は苦労人が多いといわれています。 だからと言って不幸な運命にあると悲観している人は少なく、 むしろ波乱の人生を歩んできたという事実を自信に変える人が多いです。 そのため霊感のある人に相談を持ち掛けると的確なアドバイスを返してくれます。 また他人の気持ちや念を受け取ることができるので、相手が今一番言ってほしい言葉を投げかけてくれます。 周りからは頼れる存在となり自然と人が集まってきます。 誰よりも苦難を知っているからこそ力強い助言ができるのでしょう。 最後に.

次の