セルフ ホワイトニング マシン レンタル。 セルフホワイトニング開業・機器導入なら「プラチナムGE」【公式】

【格安】業務用歯のホワイトニング機器・卸販売

セルフ ホワイトニング マシン レンタル

2015年5月18日~20日の三日間、東京ビックサイトにて日本最大の美容展示会「ビューティワールドジャパン2015」が開催され、数百社ある出展社の中から今後注目のサービスとしてWHITENING NET ホワイトニングネット がTBS系情報番組「応援!日本経済-がっちりマンデー!! 」内にて取り上げられました。 また、日本テレビ系「ダウンタウンDX」でもタレントの吉木りささんが普段から足しげく通われている美容方法のひとつとして、セルフホワイトニングを紹介くださいました。 TBS 特大がっちりマンデー!! にて セルフホワイトニング紹介• 吉木りさ様が「ダウン タウン DX 」で セルフホワイトニングを紹介!• 通常のホワイトニングに比べ、一回あたり5,000円前後の料金でホワイトニングが可能で、回数券の購入によって、3,000円台での施術も可能になりました。 一回あたりの施術時間は約30分。 一回の施術でも効果は感じられますが、初めは1~2週間に一回、その後は1カ月に1回などを目安で効果を持続させることができます。 施術に使われる溶剤は、食品や化粧品などでも使われている無機化合物で作られており、LEDライトも安全な波長域を使用しているため安心して施術を受けられます。 予め施術回数が決まったものではなく、一回単位での施術が可能で、ご自身のペースに合わせて好き時間に、また好みの白さになるまでといった融通が利きます。 業界最多、4000を超える店舗にご利用されるWHITENING NET。 選ばれる理由があります。 少額の初期投資 弊社独自のルートにより、安心してご使用いただける機器をパック化し低価格でご案内させて戴きます。 導入決定からサービス提供開始まで、2週間前後のスピード対応で機器のご用意を致します。 省スペースで導入可能 マシンは約18. 5m程度のスペースがあれば施術が可能なため、店舗内を自由に移動させることが可能です。 現在営業中の店舗 サロン の一角で始められます。 技術・資格が不要 お客様自身の手で行っていただくセルフ施術なので医療行為 お口に手を入れる等 は一切ございません。 歯科医師免許等、特別な資格は要りませんのでどなたでも始めて戴くことが可能です。 安心のサポート体制 サービス導入までのオペレーションはもちろん、導入後の機器メンテナンス、溶液備品等のリピート対応その他様々な問題点なども一つの窓口でサポート致します。 アップセールによる収益アップ お客様と長時間を共にする美容サービスにおいて、ホワイトニングは施術中に紹介をしやすく、既存のお客様へ無理のない誘導から単価アップを図ることが可能になります。 集客間口の拡大による顧客獲得 トータルビューティへの意識向上から、セルフホワイトニングは注目度の高い市場にあり ホワイトニング利用から既存サービスへの顧客獲得も可能になります。 実務の少ないサービス提供 セルフというサービス提供スタイルから、カウンセリングや説明などの実務は初回のみで2回目以降はサポートのみで提供可能なため、既存のスタッフ様で対応が可能です。 スタッフ様へ福利厚生としての活用 お客様に限らず、店舗スタッフ様への提供により、スタッフ様からの満足指数向上のほか店舗雰囲気の向上、お角様へご案内戴く際の成約率アップなど様々な利点が発生します。 導入に至った経緯を教えてください。 原価も安くリピートの方にはほとんど接客をすることが無いので、スタッフ人数の少ない当サロンでもご提供できています。 また、リピート率が高いだけではなく、口コミによる新規の方の割合も高く話題性も感じることができました。 原価も安くリピートの方にはほとんど接客をすることが無いので、スタッフ人数の少ない当サロンでもご提供できています。 また、リピート率が高いだけではなく、口コミによる新規の方の割合も高く話題性も感じることができました。 ホワイト溶液の安全性は大丈夫? ホワイト溶液の主成分である酸化チタンは歯磨き粉やホワイトチョコレート、化粧品等にも使用されている無機化合物です。 酸化チタンと一概に言っても、塗料の酸化チタンを使用しては、口の中に入れられませんが、弊社は材料メーカーを選び、食品の安全基準をクリアした特殊な酸化チタン原料を使用しております。 また、より安全性を保つため化粧品登録を行っているものになります。 どのくらいの回数を行えば見た目の違いがわかりますか? お客様による個人差がございますが、多くの方は1回でも効果をご実感いただけます。 それを繰り返し行っていただく事でその方本来の歯の明るさに限りなく近づきます。 歯そのものを明るくするのではなく、歯の表面の着色をクリーニングするという特性上、効果が表れない方や、頑固な着色の場合は複数回繰り返すことで初めて効果が実感いただけるという例もあります。 本当に白くなりますか? 光触媒はクリーニングするという特性上、元々歯が黄色くみえてしまう方は効果がご実感いただきづらくなります。 ただし、頑固な着色の場合は複数回繰り返すことで初めて効果が実感いただけたという例もあります。 水場 洗面スペース が施術スペースから離れていても問題ありませんか? 1回の施術行程の中で計3回歯磨きをしていただく必要がありますので、水廻りは近くにあることが望ましいですが、難しい場合は簡易 洗面台がございます。 弊社までご連絡いただけましたら推奨の製品をご案内させていただきます。 施術椅子はどのような物を使えばいいですか? クライニング不可の椅子の場合は、LED照射中にホワイト溶液や口内に溜まった唾液がこぼれてしまう可能性もある為、リクライニングするタイプの椅子が好ましいです。 また、オットマンやオットマン仕様の椅子の方がお客様もよりリラックスして施術をお受け頂けるため推奨いたします。 施術部屋のスペースはどれぐらいの広さがいいですか? 特に決まりはありませんが、LEDマシンが安定して設置でき、お客様も脚を伸ばして頂く余裕がある方が好ましいです。 またお客様はお口を開けていただく時間がありますので、なるべく他のお客様の視界に入らないよう、半個室スペースが望ましいです。 個室、半個室が難しい場合はパーテーションなどで専用スペースを区切っていただくことをお薦め致します。 人口歯のお客様でも大丈夫ですか? 光触媒は人口の歯の汚れも落ちますのでとても喜んでいただいております。 ただし、人口歯も付けていただいた時の色に近づくのみで、それ以上白くなることはありません。 研修とはどれぐらいの時間ですか? 研修はセルフホワイトニングのデモも含めて約2時間程になります。 お客様に何かあった際の保険はありますか? ホワイトニングネットでは生産物賠償責任保険 PL保険 に加入をしておりますので、万が一の際は弊社までお問い合わせください。 お客様単価はいくらでしょうか? 3000~5000円が一般的ですが、回数券 5回:15000円 など回数券によるビジネスモデルが成り立つ為、 ご提供価格は加盟店様にてお決めいただけます。 ヒアリング Webサイトまたはお電話でお問合せいただき、 ご要望や貴社のブランド戦略、設備の規模など細かくお伺いさせて頂きます。 お試し施術体験 ご要望があれば、弊社オフィスにて無料でホワイトニングを体験して頂くことが可能です。 実際の施術方法に沿って弊社スタッフが対応させて頂きます。 お申込み お申込書に記入頂き、FAXまたは担当者宛てに直接ご連絡ください。 初期費用お支払い ご請求内容をご確認頂き、弊社指定口座までお支払いただきます。 サービス開始 初期費用のお支払が完了し、かつ研修が終わっていればすぐにでもサービスを開始頂けます。 アフターフォロー 弊社の担当スタッフより店舗内外で使える販促用ポスターやPOPデータ、または上りや物販品等の提供を行います。 ご要望があれば他店舗の成功事例も共有させて頂き、導入店舗様が継続的に売上UP出来るよう、フォローさせて頂きます。

次の

セルフホワイトニングで粗利80%を実現する企業・店舗が使っているセルフホワイトニングマシン

セルフ ホワイトニング マシン レンタル

セルフホワイトニングと歯医者さんでのホワイトニング…これらは一体何が違うのでしょうか。 今回の記事では歯医者さんで行うホワイトニングとセルフホワイトニングの違い、メリット・デメリットを紹介します。 事前に知っておくことで、選択する際の基準になりますね。 是非最後まで読んでください。 必ず各院の治療方針をお確かめの上、ご自身の症例にあった歯医者さんをお選びください。 セルフホワトニングは医療行為ではない オフィスホワイトニング(歯医者さんでのホワイトニング)は、歯科医院で施術される医療行為です。 医療行為かどうか、という観点で見ると、セルフホワイトニングは医療行為に当たりません。 これは、自分でホワイトニングをおこなうか、歯医者さんにおこなってもらうかという違いがあるだけではありません。 実は、セルフホワイトニングサロンや専門店では、歯医者さんと同じ薬剤や機械を扱うことが認められていません。 その理由を詳しく解説していきます。 1-1スタッフに国家資格を持つ人がいない セルフホワイトニングサロンや専門店では、スタッフがお客さんのお口の中に触れることができません。 現在の日本の法律では、歯科医師や歯科衛生士以外の人がお口の中に触れると違法と見なされます。 国家資格を保持していないスタッフが薬剤を塗ったり、洗浄したりすることができないため、「セルフホワイトニング店」=「お客さん自身にホワイトニングをしてもらうお店」という形態を取っています。 1-2歯医者さんで扱う薬剤は使えない 歯医者さんのホワイトニングでは、主に「過酸化水素」や「過酸化尿素」が主成分の薬剤を用いて歯を漂白しています。 これらは医薬品に分類されるため、歯科医師や歯科衛生士がいないお店(セルフホワイトニングサロン・専門店など)では扱うことができません。 万が一扱っていた場合には違法となるため、注意してください。 セルフホワイトニングで扱っている薬剤は、店によって違いがあるようです。 主に重曹やポリリン酸、炭酸カルシウム、メタリン酸などを用いることが多くあります。 これらの薬剤は、ホワイトニング効果のある市販の歯みがき粉にも配合されている成分で、資格がなくても扱うことができます。 1-3歯医者さんで扱う機械は扱えない セルフホワイトニングでは、LEDで照射することで歯を白くしていきます。 一方、オフィスホワイトニング(歯医者さんで行うホワイトニング)では、医療機器として認められた機械(ハロゲンライトやレーザーなど)を歯に照射し、歯を白くする効果を高めます。 医療機器の管理・販売については薬事法で規制されているため、サロンや専門店に医療機器を設置することはできません。 話題のセルフホワイトニングとは 2-1 セルフホワイトニングは自分ですべて行う 歯医者さんで行うホワイトニングは、歯科医師や歯科衛生士がホワイトニング薬剤を塗り、照射します。 一方、セルフホワイトニングは患者さん(お客さん)自身がすべての施術をおこないます。 ホワイトニングの質が自分の手に委(ゆだ)ねられることになりますが、歯医者さん独特の雰囲気は少なく、リラックスできるかもしれません。 2-2 安価に治療できる セルフホワイトニングは自費診療であるため、クリニックによって値段に差があります。 費用目安は 1 回で 3000 円~5000 円程度とオフィスホワイトニングに比べて安価です。 費用が安価であれば、定期的に施術を受けやすいのではないでしょうか。 セルフホワイトニングに配合されているポリリン酸やメタリン酸といった成分は、とても穏やかに作用します。 食品添加物としても用いられていますので、刺激を与えづらいです。 飲食物や喫煙により、ステインが付着してしまった人は 1 度でも効果を感じやすいでしょう。 元から歯の色が黄ばんでいる人や、加齢で歯の色がくすんでしまった人が、セルフホワイトニングのみで歯を真っ白にすることは難しいでしょう。 均一に薬剤が塗布できないことが原因で、場合によってはムラができてしまいます。 虫歯や歯周病があった状態でホワイトニングをすると、薬剤が刺激になり痛みが発生する場合もあります。 セルフホワイトニングの施術の流れ セルフホワイトニングの施術内容はお店によってそれぞれ異なりますので、ここでは基本的な流れを説明します。 ホームページに記載していることもあるので、詳しく知りたい場合は、セルフホワイトニング店のHPをチェックしましょう。 分からない点、不安な点、悩んでいる点などをカウンセリングで話します。 歯の表面や歯間の汚れをしっかり落として、セルフホワイニング効果を高めます。 水でゆすいだ後はティッシュなどでしっかり水気を取り除きます。 薬剤の厚みが変わらないように丁寧に塗ることで、ムラになりません。 照射時間は機械やサロンによって異なります。 ライトを照射中に痛みや違和感が出たら、無理をせずスタッフに相談するようにしましょう。 ティッシュで落とす、水でゆすぐ…など、セルフホワイトニングのお店によって違いがあります。 回数はクリニックによって違うので、あらかじめ聞いておくと良いでしょう。 このときに、薬剤が歯や歯茎に残らないようにしっかり磨きましょう。 薬剤の残りがあると、後々その刺激によって痛みが発生することもあるので気を付けてください。 歯医者さん でのホワイトニングを勧める3 つの理由 6-1 セルフホワイトニングは自己責任 基本的にセルフホワイトニングサロンには、お口の状態を診てくれる歯科医師や歯科衛生士がいません。 そのため、虫歯や歯周病があったとしても、自分では気付かず施術してしまうことも少なくありません。 もし、治療中や治療後に異変が出たとしても「自己責任」となります。 歯医者さんによるホワイトニングであれば、歯科医師や歯科衛生士がいるので、必ず治療前にお口の中の検査をおこないます。 治療中や治療後に何か異変を感じれば、その原因を探し治療をしてくれるでしょう。 一部のセルフホワイトニング店には、歯科医師や歯科衛生士がいることがあります。 セルフホワイトニングを受けたい場合は、事前に問い合わせてみるのも良いですね。 6-2 ある一定以上は効果を感じづらい セルフホワイトニングはオフィスホワイトニングと比べると漂白作用は少なく、歯の表面の汚れを取ることが主な作用となります。 そのため、ステインなどの汚れは取れるものの、本来の歯より白くすることは難しいでしょう。 元の歯の色よりも白くキレイな歯を目指すのであれば、歯医者さんでのホワイトニングをおすすめします。 6-3 歯や歯茎にダメージを与えることも セルフホワイトニング店ではすべて自分で施術するため、人によっては歯や歯茎にダメージを与えることもあります。 特に薬剤が歯茎に付着することで、痛みが出やすくなるためです。 薬剤を塗るときに厚みに差が出てムラになってしまうと、それをキレイにするのに費用と回数がかかってしまうケースも考えられます。 ホワイトニング方法を検討するために 7-1 オフィスホワイトニングのデメリット セルフホワイトニングについて詳しく紹介しましたが、オフィスホワイトニング(歯医者さんでのホワイトニング)にもデメリットがないわけではありません。 濃度の強い薬剤は歯を白くする効果も期待できますが、デメリットとなる場合もあるということです。 薬剤によって知覚過敏が悪化するきっかけには、以下のものが考えられます。 ・ホワイトニング前の歯の象牙質が露出している ・虫歯や歯周病 ・詰め物や被せ物にひび割れやすき間がある 基本的に、上記の問題を解決してからホワイトニングを開始します。 しかし、施術中や施術後に知覚過敏を引き起こした場合、いったんホワイトニングを中断し、知覚過敏に対する治療をおこないます。 知覚過敏の原因がない人でも、強い薬剤の塗布によって歯の神経が過敏になり、知覚過敏と同様の症状を感じる場合があります。 ホワイトニングの薬剤が原因の知覚過敏は、数ヶ月で回復するとされています。 歯医者さんでのホワイトニングも自費診療に当たるため、医院によって値段が異なります。 ・歯の質によっては色ムラが出る ・1回の施術では想定していたより白くならない これらは、歯の質や特徴が人によって異なるため発生します。 歯に厚みがあったり効果が出にくい歯質だったりすることで、想定した均一な白さにならないことがあるためです。 それほど頻繁に起こることではありませんが、実際に施術してみないとわからない部分でもあります。 ・被せ物や詰め物が多い ・入れ歯、差し歯など人工の歯がある ・歯にヒビがある ・歯の神経を抜いてしまった、または、神経が死んでしまっている ・抗生物質の影響で歯の変色が強い 歯医者さんで受けられる2種類のホワイトニングのデメリットについては、以下の記事でも詳しく解説しています。 2種類のホワイトニングとは、オフィスホワイトニングと、ホームホワイトニングのことです。 また、歯医者さんで受けられるホワイトニングの費用については、以下の記事で詳しく解説しています。 ホームホワイトニングの基本知識、メリット・デメリットに関しては、以下の記事で確認することができます。 まとめ 白い歯は清潔感や明るいイメージにつながります。 せっかく顔の印象を明るくできるホワイトニングで、後悔したくないですよね。 様々なホワイトニング方法を比較して、納得できる方法で歯が白くできたらベストですよね。 「どれくらい白くしたいか」「いつまでに白くしたいか」「いくらまでに費用を抑えたいか」など、ホワイトニングする上で譲れない条件を定めるのも一つの方法です。 なお、歯医者さんによっては「ホワイトニングコーディネーター」というスタッフがいるところもあります。 これは歯科医師や歯科衛生士が取れる資格のひとつで、ホワイトニング専門の講習と試験を合格した者のみが有する資格です。 一概に、資格ある方の施術が良いとは言えませんが、さまざまな見解から貴方にあった施術を提案してくれるのではないでしょうか。 ホワイトニングコーディネーターに相談するのも、様々な選択肢を得る手段かもしれません。

次の

セルフホワイトニング開業・機器導入なら「プラチナムGE」【公式】

セルフ ホワイトニング マシン レンタル

これまで歯のホワイトニングは、以下の2つの方法が主流でした。 1つめは、歯の表面に付着した歯垢や歯石、ステインを専用の道具で擦り落としていく、 PMTC プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング と呼ばれるホワイトニングです。 もう1つは、歯のエナメル質の中に薬品を浸透させて、エナメル質の結晶の隙間に入り込んだ色素を漂白し、 結晶の形を変えることによって光の乱反射を利用し白く見せる方法です。 このやり方は刺激性のある薬品を使い、さらに薬をエナメル質に浸透させるために強い光を当てなければいけません。 場合によっては歯に痛みを感じたり、歯茎を火傷したり、歯科医師による厳密な管理と安全への配慮が求められるという問題があります。 以上2つの方法は、患者様の状態によって施術ができない場合もあり、また費用と時間がかかるため患者様にとっては大きな負担となっていました。 しかし、KOBEホワイトニングのセルフホワイトニングシステムは、従来の擦って汚れを落とすクリーニングと漂白するホワイトニングの間に位置し、 良いとこどりを実現システムです。 食品や歯磨き剤に含まれているようなとても安全な素材を使用していて、歯の表面のエナメル質を傷つけることなく汚れや黄ばみを浮かせ取り除きます。 痛みが出たり歯茎を傷つける心配はまったくありません。 このシステムを、SCTC(セルフ・ケミカル・トゥース・クリーニング)といいます。 SCTCは、ご自身でホワイトニング溶液を歯の表面に塗り、光を当てるだけです。 これだけで、エナメル質の表面にこびり付いた汚れや黄ばみなどが表面から浮き上がり、うがいをすれば歯の表面の汚れが取れるという、とてもシンプルで画期的なシステムです。 歯が自然に白く、綺麗にになるだけでなく、歯の表面の汚れ防止効果がありますので歯に汚れが付きにくくなる効果も期待できます。 歯の汚れや白さでお悩みの方はKOBEホワイトニングのセルフホワイトニングシステムをお試しください。

次の