ベイサイド マリーナ プレ オープン。 【リニューアル情報】横浜ベイサイド(オープン予定日・テナント・店舗数等)│三井アウトレットパーク

三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド、4月13日に開業日を変更

ベイサイド マリーナ プレ オープン

三井不動産は10月9日、横浜市で全面建替え工事を推進している「三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド」を2020年4月10日にグランドオープンすると発表した。 <三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド> 敷地面積は約3万2000m2と建替え前と同じだが、延床面積を約1万9700m2から約5万3000m2と約2. 7倍に増床、店舗数は約80店から2倍となる約170店に拡大する。 駐車台数は約1200台から約3000台に増強する。 施設コンセプトは、「NEW MARINA LIFE」で、アジア最大級のマリーナを眺めながらのショッピングや食事、広場でのアウトドア体験イベントなど海辺の環境ならではの上質なライフスタイル提案をする。 横浜や湘南、葉山・逗子、鎌倉といった地域色を取り入れ、海辺の心地よさと賑わいを感じてもらえる滞在価値の高い施設づくりを目指す。 <施設全体図> 最大街区となるA ブロックでは、サーキット型にモールを配置し、2 階には他ブロックとの行き来をスムーズにするブリッジを設置するなど、ショッピングを充実させる回遊性を強化した。 Aブロック2・3 階は、空がひらけマリーナの空気を感じられるオープンモール、1階は季節や天候に左右されない室内型のエンクローズドモールとした。 異形態のモール空間を同ブロックに配置し、屋外の開放感と屋内の快適性の両方を享受できるショッピング環境を実現する。 <オープンモール> <エンクローズドモール> モール通路には「garage YOKOHAMA」のオリジナルプランターを配置し、洗練された感度の高い空間を演出する。 マリーナに面したCブロックは、海辺の倉庫をイメージした三角の切妻屋根が連続した外観デザインを採用する。 東側にはフードコートを配置、西側には「BAYSIDE FOOD HALLが出店するなど飲食機能を集積する。 海側の飲食店舗とフードコートには、潮風を感じられる開放的なテラス席を設け、海辺の環境ならではの賑わいを演出する。 <海沿いのテラス席> マリーナの魅力を最大限に活かし、海に面したエリアを中心に、飲食機能を充実・強化。 商業施設初出店店舗や、横浜・湘南・鎌倉など地元の人気店など、「ここならでは」の店舗を集積。 ランチからディナーまで、幅広い世代のお客さまにくつろいでいただける、新たな滞在価値を提供する。 江の島・鎌倉の人気店や、横浜エリアで話題のラーメン店など商業施設初出店3店を含む10店が集結。 テイクアウトメニューも充実し、屋内だけでなく、テラス席や広場などでも自由に食事が楽しめる。 <フードコート> 「ここに訪れる楽しさ」「海辺の賑わい」を提供する、これまでにないフードホール「BAYSIDE FOOD HALL」が出店。 アウトレット初出店の高品質な食品を取り扱うグローサリーショップや、こだわりの食材を使ったSNSで人気のスイーツショップなど、日常を豊かに彩る話題の食物販店舗が出店する。 専門店では、アウトレット日本初出店12店、関東初出店3店のほか、人気海外ブランド、セレクトショップ、上質なライフスタイルを提案するブランドや地元の名店、幅広い世代が楽しめる飲食店舗が多数出店する。 DIESELのカフェ併設新業態「DIESEL/Glorious Chain Cafe」、日本初出店の「FREDY&GLOSTER OUTLET」、関東商業施設初出店で、「植物と暮らす」をコンセプトに、植物とそれに合うインテリアを扱うグリーンショップ「garage YOKOHAMA」などを誘致する。 アウトドアの「mont-bell/mont-bell factory outlet」は、施設中心部に位置する中庭のボルダリングウォールで、ボルダリング教室を開催する。 ワイングラスのリーデルの新業態「RIEDEL THE CELLAR Ginza」では、ワインのテイスティングセミナーを開催し、好みやスタイルに合うワイングラスを提案する。 キッチン用品の「COOK&DINE HAYAMA」では、鉄鍋を使った料理の美味しさ・楽しさを体感できる、手作りベーコン講座やローストビーフ講座のほか、溶接体験講座やペイント教室など、アウトドア系イベントも開催する予定だ。 <セントラルコート> ショッピングの途中やお帰り前に一息つきたいお客さまや、外で遊びたい子どもたちを迎える2000m2超の大規模な中庭「セントラルコート」を配置。 大きな桟橋のデザインを中心に、3つのゾーンを形成する。 コンテナをイメージしたカラフルな外壁によって、マリーナに隣接する施設にふさわしい賑わいの空間を演出する。

次の

横浜ベイサイドマリーナへ♪:2020年6月25日|わたしのハイフ 関内店のブログ|ホットペッパービューティー

ベイサイド マリーナ プレ オープン

三井不動産は10月9日、横浜市で全面建替え工事を推進している「三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド」を2020年4月10日にグランドオープンすると発表した。 <三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド> 敷地面積は約3万2000m2と建替え前と同じだが、延床面積を約1万9700m2から約5万3000m2と約2. 7倍に増床、店舗数は約80店から2倍となる約170店に拡大する。 駐車台数は約1200台から約3000台に増強する。 施設コンセプトは、「NEW MARINA LIFE」で、アジア最大級のマリーナを眺めながらのショッピングや食事、広場でのアウトドア体験イベントなど海辺の環境ならではの上質なライフスタイル提案をする。 横浜や湘南、葉山・逗子、鎌倉といった地域色を取り入れ、海辺の心地よさと賑わいを感じてもらえる滞在価値の高い施設づくりを目指す。 <施設全体図> 最大街区となるA ブロックでは、サーキット型にモールを配置し、2 階には他ブロックとの行き来をスムーズにするブリッジを設置するなど、ショッピングを充実させる回遊性を強化した。 Aブロック2・3 階は、空がひらけマリーナの空気を感じられるオープンモール、1階は季節や天候に左右されない室内型のエンクローズドモールとした。 異形態のモール空間を同ブロックに配置し、屋外の開放感と屋内の快適性の両方を享受できるショッピング環境を実現する。 <オープンモール> <エンクローズドモール> モール通路には「garage YOKOHAMA」のオリジナルプランターを配置し、洗練された感度の高い空間を演出する。 マリーナに面したCブロックは、海辺の倉庫をイメージした三角の切妻屋根が連続した外観デザインを採用する。 東側にはフードコートを配置、西側には「BAYSIDE FOOD HALLが出店するなど飲食機能を集積する。 海側の飲食店舗とフードコートには、潮風を感じられる開放的なテラス席を設け、海辺の環境ならではの賑わいを演出する。 <海沿いのテラス席> マリーナの魅力を最大限に活かし、海に面したエリアを中心に、飲食機能を充実・強化。 商業施設初出店店舗や、横浜・湘南・鎌倉など地元の人気店など、「ここならでは」の店舗を集積。 ランチからディナーまで、幅広い世代のお客さまにくつろいでいただける、新たな滞在価値を提供する。 江の島・鎌倉の人気店や、横浜エリアで話題のラーメン店など商業施設初出店3店を含む10店が集結。 テイクアウトメニューも充実し、屋内だけでなく、テラス席や広場などでも自由に食事が楽しめる。 <フードコート> 「ここに訪れる楽しさ」「海辺の賑わい」を提供する、これまでにないフードホール「BAYSIDE FOOD HALL」が出店。 アウトレット初出店の高品質な食品を取り扱うグローサリーショップや、こだわりの食材を使ったSNSで人気のスイーツショップなど、日常を豊かに彩る話題の食物販店舗が出店する。 専門店では、アウトレット日本初出店12店、関東初出店3店のほか、人気海外ブランド、セレクトショップ、上質なライフスタイルを提案するブランドや地元の名店、幅広い世代が楽しめる飲食店舗が多数出店する。 DIESELのカフェ併設新業態「DIESEL/Glorious Chain Cafe」、日本初出店の「FREDY&GLOSTER OUTLET」、関東商業施設初出店で、「植物と暮らす」をコンセプトに、植物とそれに合うインテリアを扱うグリーンショップ「garage YOKOHAMA」などを誘致する。 アウトドアの「mont-bell/mont-bell factory outlet」は、施設中心部に位置する中庭のボルダリングウォールで、ボルダリング教室を開催する。 ワイングラスのリーデルの新業態「RIEDEL THE CELLAR Ginza」では、ワインのテイスティングセミナーを開催し、好みやスタイルに合うワイングラスを提案する。 キッチン用品の「COOK&DINE HAYAMA」では、鉄鍋を使った料理の美味しさ・楽しさを体感できる、手作りベーコン講座やローストビーフ講座のほか、溶接体験講座やペイント教室など、アウトドア系イベントも開催する予定だ。 <セントラルコート> ショッピングの途中やお帰り前に一息つきたいお客さまや、外で遊びたい子どもたちを迎える2000m2超の大規模な中庭「セントラルコート」を配置。 大きな桟橋のデザインを中心に、3つのゾーンを形成する。 コンテナをイメージしたカラフルな外壁によって、マリーナに隣接する施設にふさわしい賑わいの空間を演出する。

次の

三井アウトレットパーク/170店集積「横浜ベイサイド」来年4月10日開業

ベイサイド マリーナ プレ オープン

2017年に横浜市が三井不動産に土地の売却を決定し、2018年9月から同社が建て替えをおこなうため閉館していた。 三井アウトレットパーク横浜ベイサイドの施設コンセプトは、「 NEW MARINA LIFE」。 アジア最大級のマリーナを眺めながらのショッピングや食事、広場でのアウトドア体験イベントなど海辺の環境ならではの上質なライフスタイル提案をするとしている。 当初は4月8日にプレオープン、4月10日に開店する予定であったが、感染症予防のために13日に延期、のちに無期限延期されることとなった。 面積は2. 7倍に-成城石井はアウトレット初 新店舗の敷地面積は建替え前と同様の約3万2000㎡だが、延床面積は約1万9700㎡から約5万3000㎡に、店舗数は約80店から約170店に大幅拡大される。 そのうち、アウトレット日本初出店は「 成城石井」など12店舗、関東初出店は「 メルセデスベンツ」など3店舗。 また「DEASEL」はカフェ併設の新業態「 DIESEL/Glorious Chain Cafe」となる。 3つの街区に分けられる新店舗 三井アウトレットパーク横浜ベイサイドのうち最大街区となる「A ブロック」は、1階は季節や天候に左右されない室内型のエンクローズドモール、2階・3 階はマリーナの空気を感じられるオープンモールとなる。 また、2000㎡の広さがある中庭「 セントラルコート」では出店店舗との連携イベントなどがおこなわれる。 この中庭では、アウトドアの「 mont-bell/mont-bell factory outlet( モンベル)」によるボルダリング教室も開催される。 Aブロック。 マリーナに面した「Cブロック」はおもに飲食店街。 海辺の倉庫をイメージした三角の切妻屋根が連続した外観デザインとなり、東側はフードコート、西側は「 BAYSIDE FOOD HALL」となる。 海側の飲食店舗とフードコートには、海沿いにテラス席が設けられる。 「Bブロック」は立体駐車場となる。 館内全体の総駐車台数は3000台で、以前(1200台)の倍以上となる。 海側から見た店舗(Cブロック)。 飲食街となる。 このほか、隣接地にはUNIQLO・GUの旗艦店が4月13日に開店する予定となっている。 ユニクロパーク横浜ベイサイド店。 三井アウトレットパーク横浜ベイサイド 住所:神奈川県横浜市金沢区白帆5-2 営業時間 物販・サービス:10:00~20:00 飲食:11:00~21:00 フードコート:10:30~21:00 関連記事: 関連記事: 都商研ニュース検索 検索: 最新のニュース• 2020年6月29日• 2020年6月29日• 2020年6月29日• 2020年6月29日• 2020年6月28日• 2020年6月28日• 2020年6月28日• 2020年6月27日• 2020年6月26日• 2020年6月25日• 2020年6月24日• 2020年6月22日• 2020年6月21日• 2020年6月19日• 2020年6月18日• 2020年6月18日• 2020年6月18日• 2020年6月17日• 2020年6月17日• 2020年6月17日• 2020年6月17日• 2020年6月16日• 2020年6月16日• 2020年6月14日• 2020年6月13日• 2020年6月13日• 2020年6月13日• 2020年6月12日• 2020年6月12日• 2020年6月12日• 2020年6月12日• 2020年6月11日• 2020年6月11日• 2020年6月10日• 2020年6月10日• 2020年6月9日• 2020年6月9日• 2020年6月9日• 2020年6月8日• 2020年6月6日• 2020年6月5日• 2020年6月4日• 2020年6月3日• 2020年6月3日• 2020年6月3日• 2020年6月2日• 2020年6月1日• 2020年5月30日• 2020年5月29日• 2020年5月29日• 2020年5月28日• 2020年5月28日• 2020年5月27日• 2020年5月27日• 2020年5月26日• 2020年5月26日• 2020年5月26日• 2020年5月25日• 2020年5月25日• 2020年5月24日• 2020年5月24日• 2020年5月23日• 2020年5月23日• 2020年5月22日• 2020年5月22日• 2020年5月21日• 2020年5月21日• 2020年5月21日• 2020年5月20日• 2020年5月19日• 2020年5月18日• 2020年5月18日• 2020年5月17日• 2020年5月17日• 2020年5月16日• 2020年5月16日• 2020年5月15日• 2020年5月14日• 2020年5月13日• 2020年5月12日.

次の